大阪市立大学 研究者要覧


山本 啓雅(ヤマモト ヒロマサ)YAMAMOTO Hiromasa

  • 所属研究科・専攻:医学研究科 臨床医科学専攻(病態診断・生体機能管理医学講座) 職名:准教授
更新日:2016/01/20

プロフィール

主な専門分野

  • 救急医学

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 救急医学
  • 外傷外科学
  • 外傷整形外科学

現在の研究課題

  • 課題名:外傷初期診療の質向上に関する研究
    研究分野:外科学一般
    キーワード:外傷、初期診療
  • 課題名:脊髄損傷患者の急性期治療とリハビリテーション
    研究分野:整形外科学
    キーワード:脊髄損傷、急性期治療、リハビリテーション

主要な研究業績

著書・論文

  • Effect of cyclo-oxygenase inhibition on in vitro B-cell function after burn injury.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:Journal of Trauma
    巻/号、頁:41巻4号612-9頁
  • Immediate burn wound excision restores antibody synthesis to bacterial antigen.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:Journal of Surgical Research
    巻/号、頁:63巻1号157-62頁
  • Burn injury induces a biphasic immunoglobulin M response to bacterial antigen.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1995年
    出版社:Journal of Trauma
    巻/号、頁:39巻2号279-84頁
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • Effect of cyclo-oxygenase inhibition on in vitro B-cell function after burn injury.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:Journal of Trauma
    巻/号、頁:41巻4号612-9頁
  • Immediate burn wound excision restores antibody synthesis to bacterial antigen.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:Journal of Surgical Research
    巻/号、頁:63巻1号157-62頁
  • Burn injury induces a biphasic immunoglobulin M response to bacterial antigen.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1995年
    出版社:Journal of Trauma
    巻/号、頁:39巻2号279-84頁

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本救急医学会
  • 学会名:日本外傷学会
  • 学会名:日本整形外科学会

産学官連携可能情報

専門分野

  • 救急医学

所属研究部門

  • 医学研究科 臨床医科学専攻(病態診断・生体機能管理医学講座)

現在の研究課題

  • 課題名:外傷初期診療の質向上に関する研究
    研究分野:外科学一般
    キーワード:外傷、初期診療
  • 課題名:脊髄損傷患者の急性期治療とリハビリテーション
    研究分野:整形外科学
    キーワード:脊髄損傷、急性期治療、リハビリテーション

電子メールアドレス

  • hyamamoto@med.osaka-cu.ac.jp

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。