大阪市立大学 研究者要覧


中尾 正喜(ナカオ マサキ)NAKAO Masaki

  • 所属研究科・専攻:複合先端研究機構 職名:特命教授
更新日:2016/04/11

プロフィール

主な取得学位

  • 博士(工学)

主な専門分野

  • 都市エネルギー消費・省エネルギー

主な経歴

取得学位

  • 博士(工学)

学歴

  • 東京工業大学 工学研究科 制御工学専攻 修士課程
  • 早稲田大学 理工学部 機械工学科

職歴

  • 1973-1984年 日本電信電話公社、武蔵野電気通信研究所
  • 1985-1991年 日本電信電話株式会社、建築部
  • 1992-1994年 ㈱NTTファシリティーズ、研究開発部
  • 1995-1998年 日本電信電話株式会社、不動産企画部
  • 1998-1999年 ㈱NTTファシリティーズ、研究開発部
  • 2000-2003年 ㈱総合設備コンサルタント

大阪市立大学経歴

  • 2004年 教授

受賞学術賞

  • 1996年 第34回空気調和・衛生工学会賞論文賞  熱源駆動一重二重効用併用型吸収式冷凍機の特性
  • 2010年 日本冷凍空調学会学術賞 ミストの蒸発冷却特性測定と制御方式の提案
  • 2009年 日本建築学会賞(技術)  データセンター空調システムの信頼性評価ツールの研究開発
  • 1998年 第36回空気調和・衛生工学会賞技術賞(技術開発部門) 電算機室における空調気流方式の開発 (研究・開発)
  • 1996年 第24回日本冷凍空調学会学術賞受賞 熱源駆動一重二重効用併用型吸収式冷凍機の特性
  • 1990年 第28回空気調和・衛生工学会賞 技術開発部門 高発熱通信機室用空調システムの開発 (研究・開発)

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 都市エネルギー消費・省エネルギー

現在の研究課題

  • 課題名:都市におけるエネルギー需給システムの最適化
    研究分野:建築環境・設備、熱工学、システム工学
    キーワード:排熱、搬送動力、未利用エネルギー
  • 課題名:帯水層を利用した昼夜間蓄熱システムの研究帯水層を利用した昼夜間蓄熱システムは建物下の帯水層を蓄熱槽として利用するため,蓄熱空調システムの欠点である槽構築のコストやスペースを必要としないため,既存建物への導入可能性で優れている.しかし,導入事例や既往研究のほとんどが季節間利用を前提としており,昼夜間利用を扱った例は尐ない.また我が国で普及していない原因は設計手法が確立されていないためだと考えられる.そこで本研究では前例の尐ない昼夜間蓄熱システムに焦点を当て,性能予測ツールの1要素となる帯水層の温度応答を予測する集中定数モデルを構築することで,設計手法確立に貢献することを目的としている.
    研究分野:熱工学、建築環境・設備
    キーワード:帯水層、蓄熱、電力負荷平準化
  • 課題名:都市域における下水管路網を活用した下水熱利用・熱融通技術
    研究分野:建築環境・設備、熱工学
    キーワード:下水熱、ヒートポンプ、熱輸送

主要な研究業績

著書・論文

  • ミストの蒸発冷却特性測定と制御方式の提案
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年03月
    出版社:日本冷凍空調学会・日本冷凍空調学会論文集
    巻/号、頁:26巻1号105-112頁
    著者名:FARNHAM CRAIG,中尾正喜,西岡真稔,鍋島美奈子,水野毅男
    ISSN:13444905
  • 年間冷房空調機の高効率制御 第1報
    最適化制御の定式化と空調機のシミュレーションモデル作成
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1995年
    出版社:空気調和・衛生工学会論文集
    巻/号、頁:59号83-93頁
    著者名:植草常雄,河合素直
    ISSN:0385275X
  • EvaporativeMist Cooling for Humid Urban Spaces – Simulation and Validation with Fire Dynamics Simulator
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年09月
    出版社:PALENC 2010
    著者名:FARNHAM CRAIG, NAKAO MASAKI, NISHIOKA MASATOSHI, NABESHIMA MINAKO
  • Study of mist cooling for semi-enclosed spaces in Osaka, Japan
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年01月
    出版社:ELSEVIER・Procedia Environmental Sciences
    巻/号、頁:4巻228-238頁
    著者名:FARNHAM CRAIG, NAKAO MASAKI, NISHIOKA MASATOSHI, NABESHIMA MINAKO, MIZUNO TAKEO
    ISSN:1878-0296
  • Evaporative cooling of humid urban spaces with fine water mist, Energy Efficiency and New Approaches
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年07月
    出版社:4th Intl. Building Physics Conferenc
    巻/号、頁:4巻
    著者名:FARNHAM CRAIG, SUENAGA NAOYUKI, NAKAOMASAKI, NISHIOKA MASATOSHI,NABESHIMA MINAKO, MIZUNO TAKEO
  • 年間冷房空調機の高効率制御 第2報
    評価関数が単調性を有する場合の制約条件付き準最適化制御とその応用
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:空気調和・衛生工学論文集
    巻/号、頁:60号29-37頁
    著者名:植草常雄、河合素直
    ISSN:0385275X
  • 渦巻ポンプの特性近似式の提案
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:空気調和・衛生工学会論文集
    巻/号、頁:126号19-26頁
    著者名:三毛 正仁,中尾 正喜,西岡 真稔,鍋島美奈子
    ISSN:0385275X
  • 高発熱機器室用空調気流方式の研究 第1報
     気流方式の比較と機器吸い込み平均温度モデルの実験検討
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1994年02月
    出版社:空気調和・衛生工学会論文集
    巻/号、頁:54号77-88頁
    著者名:西岡真稔、羽山広文、松尾陽
    ISSN:0385275X
  • 高発熱機器室用空調気流方式に関する研究 
    第2報 温度差比の垂直分布モデル
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1994年
    出版社:空気調和・衛生工学会
    巻/号、頁:56号87-97頁
    著者名:西岡真稔、羽山広文、松尾陽
    ISSN:0385275X
  • 熱通過率可変の外壁(熱制御壁体)の性能シミュレーション方法と実験
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:空気調和・衛生工学会
    巻/号、頁:74号1-11頁
    著者名:大島一夫、山浦富雄
    ISSN:0385275X
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • ミストの蒸発冷却特性測定と制御方式の提案
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年03月
    出版社:日本冷凍空調学会・日本冷凍空調学会論文集
    巻/号、頁:26巻1号105-112頁
    著者名:FARNHAM CRAIG,中尾正喜,西岡真稔,鍋島美奈子,水野毅男
    ISSN:13444905
  • 年間冷房空調機の高効率制御 第1報
    最適化制御の定式化と空調機のシミュレーションモデル作成
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1995年
    出版社:空気調和・衛生工学会論文集
    巻/号、頁:59号83-93頁
    著者名:植草常雄,河合素直
    ISSN:0385275X
  • EvaporativeMist Cooling for Humid Urban Spaces – Simulation and Validation with Fire Dynamics Simulator
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年09月
    出版社:PALENC 2010
    著者名:FARNHAM CRAIG, NAKAO MASAKI, NISHIOKA MASATOSHI, NABESHIMA MINAKO
  • Study of mist cooling for semi-enclosed spaces in Osaka, Japan
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年01月
    出版社:ELSEVIER・Procedia Environmental Sciences
    巻/号、頁:4巻228-238頁
    著者名:FARNHAM CRAIG, NAKAO MASAKI, NISHIOKA MASATOSHI, NABESHIMA MINAKO, MIZUNO TAKEO
    ISSN:1878-0296
  • Evaporative cooling of humid urban spaces with fine water mist, Energy Efficiency and New Approaches
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年07月
    出版社:4th Intl. Building Physics Conferenc
    巻/号、頁:4巻
    著者名:FARNHAM CRAIG, SUENAGA NAOYUKI, NAKAOMASAKI, NISHIOKA MASATOSHI,NABESHIMA MINAKO, MIZUNO TAKEO
  • 年間冷房空調機の高効率制御 第2報
    評価関数が単調性を有する場合の制約条件付き準最適化制御とその応用
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:空気調和・衛生工学論文集
    巻/号、頁:60号29-37頁
    著者名:植草常雄、河合素直
    ISSN:0385275X
  • 渦巻ポンプの特性近似式の提案
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:空気調和・衛生工学会論文集
    巻/号、頁:126号19-26頁
    著者名:三毛 正仁,中尾 正喜,西岡 真稔,鍋島美奈子
    ISSN:0385275X
  • 高発熱機器室用空調気流方式の研究 第1報
     気流方式の比較と機器吸い込み平均温度モデルの実験検討
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1994年02月
    出版社:空気調和・衛生工学会論文集
    巻/号、頁:54号77-88頁
    著者名:西岡真稔、羽山広文、松尾陽
    ISSN:0385275X
  • 高発熱機器室用空調気流方式に関する研究 
    第2報 温度差比の垂直分布モデル
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1994年
    出版社:空気調和・衛生工学会
    巻/号、頁:56号87-97頁
    著者名:西岡真稔、羽山広文、松尾陽
    ISSN:0385275X
  • 熱通過率可変の外壁(熱制御壁体)の性能シミュレーション方法と実験
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:空気調和・衛生工学会
    巻/号、頁:74号1-11頁
    著者名:大島一夫、山浦富雄
    ISSN:0385275X
  • 水冷パッケージ空調システムの信頼性評価に基づく冷却塔設計手法の研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:日本建築学会環境系論文集
    巻/号、頁:617号57-63頁
    著者名:関口 圭輔,中尾 正喜,藁谷 至誠,植草 常雄,羽山 広文
    ISSN:13480685
  • 2熱源駆動一重二重効用併用型吸収式冷凍機の特性(第1報)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:日本冷凍協会論文集
    巻/号、頁:13巻2号67-77頁
    著者名:君島真仁、藁谷至誠、植草常雄、河合素直
  • 冷却水系統を考慮した年間冷房型水冷パッケージ空調システムの効率向上に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:日本建築学会環境系論文集
    巻/号、頁:598号45-50頁
    著者名:関口 圭輔,藁谷 至誠,植草 常雄,中尾 正喜
    ISSN:13480685
  • CONTROL METHOD OF A COOLING APPARATUS IN LOW OUTDOOR AIR TEMPERATURES
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1990年
    出版社:ASHRAE TRANSACTION
    巻/号、頁:96巻1号200-204頁
    著者名:植草常雄、大島一夫
  • THERMAL CONTROLWALL PROTOTYPE AND TEST RESULTS
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1986年
    出版社:ASHRAE TRANSACTION
    巻/号、頁:92巻2号111-120頁
    著者名:大島一夫、実川博史
  • 吸放湿を考慮した動的空調負荷計算法
    応答係数法による計算
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1983年
    出版社:空気調和・衛生工学会論文集
    巻/号、頁:23号47-55頁
    著者名:宮脇康雄
    ISSN:0385-275X
  • 建築材料の吸放湿特性の動的測定法
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1982年
    出版社:日本建築学会計画系論文報告集
    巻/号、頁:315号76-82頁
    著者名:大島一夫
  • 空調機と冷却塔の冗長性に関する検討
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:日本建築学会環境系論文集
    巻/号、頁:623号
    著者名:関口圭輔,中尾正喜,藁谷至誠,植草常雄,羽山弘文
  • 大学研究室紹介 大阪市立大学工学部環境都市工学科地域環境計画研究室
    単著・共著別:単著
    出版年月:2007年
    出版社:都市環境エネルギー
    巻/号、頁:87号39-42頁
  • 移動観測によるヒートアイランド現象の実測
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:大阪平野の夜間気温分布、ヒートアイランド学会創立記念特集号
    巻/号、頁:51-56頁
    著者名:鍋島美奈子,古崎靖朗,中尾正喜,西岡真稔
  • 高発熱機器室用空調システム
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:日本冷凍空調学会
    巻/号、頁:75巻874号738-738頁
    著者名:植草 常雄,羽山 広文,中尾 正喜
    ISSN:00343714
  • 高発熱機器室用空調システム
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:日本冷凍空調学会論文集
    巻/号、頁:17巻2号105-117頁
    著者名:植草 常雄,羽山 広文,中尾 正喜
    ISSN:13444905
  • 電算機室における空調気流方式の開発
    種別:解説
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:空気調和・衛生工学
    巻/号、頁:72巻11号953-961頁
    著者名:羽山 広文,木下 学,高草木 明,中尾 正喜,山田 勇司
    ISSN:03864081
  • 年間冷房型パッケージ空調機の効率向上に関する研究 : 許容最低圧縮比と膨張弁容量の影響
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:日本機械学會論文集. B編
    巻/号、頁:64巻622号1889-1896頁
    著者名:植草 常雄,中尾 正喜,河合 素直
    ISSN:03875016
  • 2熱源駆動一重二重効用併用型吸収式冷凍機の特性 第3報 : 吸収溶液循環流量の操作による高効率運転に関する検討
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:日本冷凍空調学会論文集
    巻/号、頁:15巻1号85-96頁
    著者名:君島 真仁,藁谷 至誠,植草 常雄,中尾 正喜,河合 素直
    ISSN:13444905
  • 2熱源駆動一重二重効用併用型吸収式冷凍機の特性 第2報 : 2熱源の相互干渉ならびに温水の有効利用に関する検討
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:日本冷凍空調学会論文集
    巻/号、頁:15巻1号73-83頁
    著者名:君島 真仁,藁谷 至誠,植草 常雄,中尾 正喜,河合 素直
    ISSN:13444905
  • 建築におけるライフサイクルアセスメントの動向
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:1996年
    出版社:油圧と空気圧
    巻/号、頁:127巻3号347-350頁
    ISSN:02866900
  • 高顕熱用エアコン (特殊用途パッケ-ジエアコンディショナ<特集>) -- (対物用)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1994年
    出版社:冷凍
    巻/号、頁:169巻801号719-723頁
    著者名:中尾 正喜 他
    ISSN:00343714
  • 高発熱通信機室用空調システムの開発 (第28回〔空気調和・衛生工学会〕学会賞・第4回技術振興賞受賞物件)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1990年
    出版社:空気調和・衛生工学
    巻/号、頁:64巻12号1063-1071頁
    著者名:中尾 正喜,羽山 広文
    ISSN:03864081
  • 熱交換器のエクセルギによる評価法
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:1986年
    出版社:空気調和・衛生工学会論文集
    巻/号、頁:31号1-10頁
    ISSN:0385275X
  • 建築材料の吸放湿特性の動的測定法 : その3 測定実験
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:1985年
    出版社:日本建築学会計画系論文報告集
    巻/号、頁:348号1-10頁
    ISSN:09108017
  • 建築材料の吸放湿特性の動的測定法 : その 2 シミュレーションによる測定精度の検討
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:1984年
    出版社:日本建築学会論文報告集
    巻/号、頁:341号83-90頁
    ISSN:03871185
  • 吸放湿を考慮した動的空調負荷計算法-1-応答係数による計算法
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1983年
    出版社:空気調和・衛生工学会論文集
    巻/号、頁:23号47-56頁
    著者名:中尾 正喜,宮脇 康雄
    ISSN:0385275X
  • 空間フィルタ効果を利用した空気温度測定法
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1982年
    出版社:日本建築学会論文報告集
    巻/号、頁:311号50-56頁
    著者名:中尾 正喜,大島 一夫
    ISSN:03871185
  • 空調機器特性デ-タの多項式近似
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1979年
    出版社:空気調和・衛生工学会論文集
    巻/号、頁:11号55-63頁
    著者名:中尾 正喜,大島 一夫
    ISSN:0385275X
  • 壁体の応答係数推定法
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1979年
    出版社:空気調和・衛生工学会論文集
    巻/号、頁:9号97-108頁
    著者名:中尾 正喜,宮脇 康雄
    ISSN:0385275X

知的財産権

  • 閉鎖性水域における人工排熱処理システム
    知的財産権区分:特許
    概要:【課題】陸上では効果が地理的に限定されていたヒートアイランド対策をより効果的に実現するとともに、閉鎖性水域内における貧酸素状態を改善することができる閉鎖性水域における人工排熱処理システムを提供する。【解決手段】閉鎖性水域外の底層部から底層水を取水する取水手段101と、上記取水手段が取水した底層水を熱源として用いる熱交換手段103と、上記熱交換手段で用いた後に排出される排熱温水を閉鎖性水域内の底層部に排出する排水手段105とを備える。
    発明者名:中尾 正喜 西岡 真稔 鍋島 美奈子 矢持 進 重松 真稔 遠藤 徹 貫上 佳則 森 信人
    出願日:2010年07月06日
    公開日:2012年01月26日
  • 反射材
    知的財産権区分:特許
    概要:【課題】底部に溜まる反射材料の深さを小さくすることができ、反射性を高めることができる反射材を提供することを課題とする。【解決手段】表面10a上に反射層30が形成された素地からなる反射材1であって、表面10aには、相互に直交する三つの側面22および底面23を有する三角錐台形状の凹部20が形成されている。また、表面10aには、二つの側面および底面を有し、各側面のなす角度が直角である台形状の凹部を形成してもよい。
    発明者名:大山 能永 外10名
    出願日:2010年07月23日
    公開日:2012年02月09日
  • ルーバー装置
    知的財産権区分:特許
    概要:【課題】周囲への熱拡散の抑制を図ることができるルーバー装置を提供する。【解決手段】鏡面反射性を備える複数の横板11,11,…を、太陽の動きに追従してスラット角の調整が可能となるように、鏡面反射性を備える縦板12,12間に組み付けることにより構成されたルーバー装置1と、複数の横板と複数の縦板とのいずれか一方が、2次元の再帰反射性を備えており、これらを組み合わせることにより横板のスラット角や縦板の水平方向の回転角によらずに再帰反射性が得られるルーバー装置。
    発明者名:梅田 和彦 外8名
    出願日:2010年05月27日
    公開日:2011年12月08日
  • 反射壁
    知的財産権区分:特許
    概要:【課題】反射光による周辺環境への影響を低減することができる反射壁を提供することを課題とする。【解決手段】反射壁1であって、反射面22aを有する反射部20が壁体10の外壁面10aに形成されており、反射面22aは、南中高度に位置している太陽に正対するように傾斜している。また、反射面22aの法線の水平面に対する傾斜角度を夏至の南中高度に合わせることが好ましい。さらに、反射部20に他の反射面22b,22cを形成し、他の反射面22b,22cの法線の傾斜角度を反射面22aの法線の傾斜角度よりも小さく形成することが好ましい。
    発明者名:反射壁
    出願日:2010年05月24日
    公開日:2011年12月08日
  • ノズルの噴霧制御方法
    知的財産権区分:特許
    概要:【課題】冷却用ノズルからの噴霧時期を好適な範囲とする。【解決手段】ノズルからの冷却用噴霧時期を、気温閾値と、乾球温度と湿球温度との温度差閾値とを基準として制御し、設定した気温閾値以上および温度差閾値以上でノズルを噴霧することを特徴とする。
    発明者名:水野 毅男 外4名
    出願日:2009年03月30日
    公開日:2010年10月21日

研究費獲得実績

科研費補助金獲得実績

  • 研究課題名:海水の熱ポテンシャルを利用した臨海都市の水圏・気圏環境の再生
    研究種目:基盤研究(B)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2007年
    研究期間:2008年04月~2011年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 7100(千円)
    2年目 5300(千円)
    3年目 1800(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 2130(千円)
    2年目 1590(千円)
    3年目 540(千円)

競争的研究資金獲得実績

  • 名称:独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
    研究課題名:次世代型ヒートポンプシステム研究開発/都市域における下水管路網を活用した下水熱利用・熱融通技術
    代表者区分:代表者
    研究期間:2010年04月~2013年02月
    形態:受託研究
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 9491(千円)
    2年目 33952(千円)
    3年目 39164(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 1423(千円)
    2年目 5092(千円)
    3年目 5874(千円)

その他研究資金獲得実績

  • 名称:大阪市水道局
    研究課題名:水道資源を有効活用した環境対策技術に関する調査研究
    代表者区分:代表者
    研究期間:2011年08月
    形態:共同研究
    資金区分:地方自治体
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 2703(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 294(千円)
  • 名称:関西電力株式会社 お客さま本部
    研究課題名:都市域帯水層を活用した昼夜間・季節間併用蓄熱空調システムの研究(その2)
    代表者区分:代表者
    研究期間:2011年09月~2012年03月
    形態:共同研究
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1890(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 210(千円)
  • 名称:日比谷総合設備株式会社
    研究課題名:ミスト装置による屋外機冷却に関する研究
    代表者区分:代表者
    研究期間:2011年12月~2012年03月
    形態:共同研究
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1350(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 150(千円)
  • 名称:関西電力株式会社 研究開発室 エネルギー利用技術研究所
    研究課題名:帯水蓄熱を利用した空調システムの評価研究
    代表者区分:代表者
    研究期間:2011年06月~2012年03月
    形態:共同研究
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 945(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 105(千円)

学会活動

所属学会

  • 学会名:空気調和・衛生工学会
    2007年~ 理事
    2005年~2006年 近畿支部環境工学研究会委員長
  • 学会名:日本建築学会
  • 学会名:都市環境エネルギー協会
  • 学会名:日本ヒートアイランド学会
    2006年 理事

学会等における発表

  • 日本における下水熱利用研究
    発表年月:2011年09月
    発表会議名:第5回下水熱利用フォーラム
    学会発表区分:ドイツ
  • ミスト蒸発冷却の発電用熱交換機への応用
    発表年月:2011年09月
    発表会議名:空気調和・衛生工学会大会
    学会発表区分:国内
  • 下水管路を活用した下水熱利用・熱融通システムの研究 (第1 報)下水管路における下水流量・水温実測について
    発表年月:2011年09月
    発表会議名:空気調和・衛生工学会大会
    学会発表区分:国内
  • 下水管路を利用した下水熱利用・熱融通システムの研究 (第2 報)下水流量推定法の提案と下水熱利用・熱融通システムシミュレーションの方法
    発表年月:2011年09月
    発表会議名:空気調和・衛生工学会大会
    学会発表区分:国内
  • 都市内閉鎖帯水層を利用した蓄熱空調システムに関する研究-(その2)数値計算による蓄熱モデルのパラメータ同定と帯水層の閉鎖性効果の推定-
    発表年月:2011年09月
    発表会議名:2011年度日本冷凍空調学会年次大会
    学会発表区分:国内
  • 都市内閉鎖帯水層を利用した蓄熱空調システムに関する研究 -(その1)開放帯水層における蓄熱性能の測定-
    発表年月:2011年09月
    発表会議名:2011年度日本冷凍空調学会年次大会
    学会発表区分:国内
  • 都市内閉鎖帯水層を利用した蓄熱空調システムに関する研究 -(その3)複数の井戸を対象としたモデルの適合性-
    発表年月:2011年09月
    発表会議名:2011年度日本冷凍空調学会年次大会
    学会発表区分:国内
  • 空冷室外機のミスト冷却に関する研究-(その1)強制対流下におけるミスト蒸発量の計測方法と計測精度について-
    発表年月:2011年09月
    発表会議名:2011年度日本冷凍空調学会年次大会
    学会発表区分:国内
  • 空冷室外機のミスト冷却に関する研究 -(その2)実験結果と数値流体解析モデルの比較とシステム最適化-
    発表年月:2011年09月
    発表会議名:2011年度日本冷凍空調学会年次大会
    学会発表区分:国内
  • 舗装用ブロックの日射反射率測定における分光測色計利用
    発表年月:2011年08月
    発表会議名:日本建築学会2011年度大会
    学会発表区分:国内
  • 地域環境性能向上のための気候資源・既存インフラの有効活用に関する研究 その5 感潮河川の垂直・水平温度分布
    発表年月:2011年08月
    発表会議名:日本建築学会2011年度大会
    学会発表区分:国内
  • 中国上海市中心部における気温分布調査 その1 2010 年定点観測と移動観測の結果
    発表年月:2011年08月
    発表会議名:日本建築学会2011年度大会
    学会発表区分:国内
  • 下水管路を活用した下水熱利用・熱融通システムの研究 ~第2報 下水流量推定法の提案~
    発表年月:2011年08月
    発表会議名:日本建築学会2011年度大会
    学会発表区分:国内
  • 下水管路を活用した下水熱利用・熱融通システムの研究 ~第2報 下水流量推定法の提案~
    発表年月:2011年08月
    発表会議名:日本建築学会2011年度大会
    学会発表区分:国内
  • 下水管路を活用した下水熱利用・熱融通システムの研究 ~第3報 下水熱利用・熱融通システムシミュレーションの方法と試算~
    発表年月:2011年08月
    発表会議名:日本建築学会2011年度大会
    学会発表区分:国内
  • 下水管路を活用した下水熱利用・熱融通システムの研究 ~第3報 下水熱利用・熱融通システムシミュレーションの方法と試算~
    発表年月:2011年08月
    発表会議名:日本建築学会2011年度大会
    学会発表区分:国内

教育活動

担当教育の概要

  • 「都市エネルギー設備」:環境・エネルギー問題を扱う上で欠かせない熱力学の基本を理解した上で、地域冷暖房システムなど都市エネルギーシステムの企画力、基本設計能力を得ることが学習目標である。
    「都市環境システム制御」:都市の望ましい物理的環境を得るために、静的モデル、動的モデルのモデル化技術と同定されたモデルの最適化制御技術を学習する。
    大学院における提供科目「都市エネルギー工学特論」:都市設備に関わる熱エネルギー有効利用、都市の熱汚染の抑制技術など都市環境への負荷の小さな都市施設を実現させる技術体系について理解を深め、上下水道など既存都市インフラを活かした新たな都市内エネルギーシステムの計画能力を得ることを目標とする。

担当講義

  • 担当年度:2011年
    授業科目名:都市エネルギー設備
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:都市環境システム制御
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:都市エネルギー工学特論
    講義区分:大学院

国際交流

外国人受け入れ実績

  • 活動年度:2011年
    研究者受入数:1
    留学生受入数:2

学術交流協定校との連携内容

  • 交流年月:2012年03月
    内容:中国で最初に下水熱利用を実現したハルビン工業大学を訪問し,wangjiangホテルの下水熱利用システムを見学し,ハルビン工業大学庄兆意先生より説明を受けた.wangjiangホテルのシステムは2002年~2003年に建設され,中国における最初の下水熱利用システムである.熱交換器はシェルアンドチューブ型であり,チューブは鉄製である.洗浄は年に1回ないし2回行い,約10年運用されているが腐食はほとんど起きていない.中国の低コスト材料の使用を徹底した開発はわが国の高品質,高コスト開発とは異なる方向であり,参考になるが,耐久性も含めたバランスを取るべきと考える.・ハルビン工業大学の孙德兴教授,姜益强教授の開発した下水用スクリーン装置に構造と動作機構について説明を受けた.現在中国では下水熱利用が本格化しており,西安では57面万m2の集合住宅への熱供給事業が建設中である.
  • 交流年月:2012年03月
    内容:吉林建築工程学院にて日本の下水熱利用状況について講演した。また,下水熱利用について建築工程学院教授陣・研究者と下水熱用ヒートポンプについて意見交換した。3月15日に吉林工程学院白莉教授より中国に研究状況の説明を受けた.午後:白莉教授の実験施設を見学要点:・長春における下水熱利用の概要について,吉林建築工程学院の石岩先生より説明があった.銅製の熱交換器を用いており,下水管路の外部に設置する.銅の腐食は小さい.長春の下水温度は約10℃で安定しているが,冬季に5℃を下回るとヒートポンプが使用できなくなる.・白莉教授より,開発中の熱交換器について説明を受け,実験施設を見学した.白莉教授は,コストの観点からチタンやSUSを使わず,PPRやアルミ+プラスチックコーティング管を熱交換器の材料に選定していると説明があった.また腐食問題よりバイオフィルムの成長の制御が重要であり研究を進めている.

産学官連携可能情報

専門分野

  • 都市エネルギー消費・省エネルギー

所属研究部門

  • 複合先端研究機構

現在の研究課題

  • 課題名:都市におけるエネルギー需給システムの最適化
    研究分野:建築環境・設備、熱工学、システム工学
    キーワード:排熱、搬送動力、未利用エネルギー
  • 課題名:帯水層を利用した昼夜間蓄熱システムの研究帯水層を利用した昼夜間蓄熱システムは建物下の帯水層を蓄熱槽として利用するため,蓄熱空調システムの欠点である槽構築のコストやスペースを必要としないため,既存建物への導入可能性で優れている.しかし,導入事例や既往研究のほとんどが季節間利用を前提としており,昼夜間利用を扱った例は尐ない.また我が国で普及していない原因は設計手法が確立されていないためだと考えられる.そこで本研究では前例の尐ない昼夜間蓄熱システムに焦点を当て,性能予測ツールの1要素となる帯水層の温度応答を予測する集中定数モデルを構築することで,設計手法確立に貢献することを目的としている.
    研究分野:熱工学、建築環境・設備
    キーワード:帯水層、蓄熱、電力負荷平準化
  • 課題名:都市域における下水管路網を活用した下水熱利用・熱融通技術
    研究分野:建築環境・設備、熱工学
    キーワード:下水熱、ヒートポンプ、熱輸送

電子メールアドレス

  • nakao@urban.eng.osaka-cu.ac.jp

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。