大阪市立大学 研究者要覧


米谷 紀嗣(コメタニ ノリツグ)KOMETANI Noritsugu

  • 所属研究科・専攻:工学研究科 化学生物系専攻(化学バイオ工学) 職名:准教授
更新日:2017/03/14

プロフィール

主な取得学位

  • 博士(理学)

主な専門分野

  • 物理化学

主な経歴

取得学位

  • 博士(理学)

学歴

  • 京都大学 理学研究科 化学 博士課程
  • 京都大学 理学部 化学

大阪市立大学経歴

  • 1997年 助手

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 物理化学
  • 工業物理化学

現在の研究課題

  • 課題名:高温高圧水中における光触媒反応
    研究分野:工業物理化学、触媒・化学プロセス
    キーワード:光触媒、超臨界水、亜臨界水
  • 課題名:超臨界流体中における微粒子の合成
    研究分野:物理化学、工業物理化学
    キーワード:超臨界流体、微粒子
  • 課題名:有機/無機複合ナノ微粒子
    研究分野:応用物性・結晶工学、固体物性I(光物性・半導体・誘電体)
    キーワード:ナノ微粒子、金属

主要な研究業績

著書・論文

  • Enhancement of Hydrothermal Oxidation of Chlorobenzene by the Fenton-type Reaction Using Cu(II)-grafted Tungsten Trioxide Catalyst
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年08月
    出版社:Chemistry Letters
    巻/号、頁:42巻8号804–806頁
    共著者名:Yasuaki Sumiyoshi
  • Photocatalytic Activity of TiO2 Nanoparticles in Hydrothermal and Supercritical Water
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:J. Chem. Eng. Jpn.
    巻/号、頁:40巻6号463-467頁
    共著者名:K. Sugimoto, A. Fujita, Y. Yonezawa
  • WD-XRF Imaging With Polycapillary Optics Under Glancing Incidence Geometry
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2017年01月
    出版社:Advances in X-ray Analysis
    巻/号、頁:in press巻
    共著者名:Y. Takimoto, M. Yamanashi, S. Kato, T. Shoji, K. Tsuji
  • Sample Preparation for TXRF Analysis of Metal Particles in Used Machine Oils and Preliminary Research for Application of Principal Component Analysis
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2017年01月
    出版社:Advances in X-ray Analysis
    巻/号、頁:in press巻
    共著者名:Tsuyoshi Matsuno, Yuri Tabuchi, Ryohei Hosomi, Takeshi Hasegawa, Kouichi Tsuji
  • Photocatalytic Reduction of CO2 by Pt-Loaded TiO2 in the Mixture of Sub- and Supercritical Water and CO2
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2017年01月
    出版社:J. Supercritical fluids
    巻/号、頁:120巻443-447頁
    共著者名:Shoutarou Hirata, Masashi Chikada
  • 酸化銅触媒を用いたフェントン・水熱酸化法による汚染水高度処理技術
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2015年07月
    出版社:ケミカルエンジニアリング
    巻/号、頁:60巻7号20-24頁
  • 酸化銅触媒を用いた水熱酸化法による有機塩素系汚染水の高度処理
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年10月
    出版社:混相流
    巻/号、頁:29巻4号302-308頁
    共著者名:高見玲奈,中尾恭平
  • New developments of X-ray fluorescence imaging techniques in laboratory
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年09月
    出版社:Spectrochimica Acta Part B: Atomic
    巻/号、頁:113巻43–53頁
    共著者名:K. Tsuji, T. Matsuno, Y. Takimotoa, M. Yamanashi, Y. Sasaki, T. Hasegawa, S. Kato, T. Yamada, T. Shoji, N. Kawahara
  • In Situ Observations of Thermoreversible Gelation and Phase Separation of Agarose and Methylcellulose Solutions under High Pressure
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年05月
    出版社:J. Phys. Chem. B
    巻/号、頁:119巻22号6878–6883頁
    共著者名:Masahiro Tanabe, Lei Su, Kun Yang, Katsuyoshi Nishinari
  • 共焦点型蛍光X 線分析法による置換めっきプロセスのモニタリング
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年04月
    出版社:X線分析の進歩
    巻/号、頁:46巻269-276頁
    共著者名:北戸雄大,平野新太郎,辻 幸一
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • Enhancement of Hydrothermal Oxidation of Chlorobenzene by the Fenton-type Reaction Using Cu(II)-grafted Tungsten Trioxide Catalyst
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年08月
    出版社:Chemistry Letters
    巻/号、頁:42巻8号804–806頁
    共著者名:Yasuaki Sumiyoshi
  • Photocatalytic Activity of TiO2 Nanoparticles in Hydrothermal and Supercritical Water
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:J. Chem. Eng. Jpn.
    巻/号、頁:40巻6号463-467頁
    共著者名:K. Sugimoto, A. Fujita, Y. Yonezawa
  • WD-XRF Imaging With Polycapillary Optics Under Glancing Incidence Geometry
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2017年01月
    出版社:Advances in X-ray Analysis
    巻/号、頁:in press巻
    共著者名:Y. Takimoto, M. Yamanashi, S. Kato, T. Shoji, K. Tsuji
  • Sample Preparation for TXRF Analysis of Metal Particles in Used Machine Oils and Preliminary Research for Application of Principal Component Analysis
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2017年01月
    出版社:Advances in X-ray Analysis
    巻/号、頁:in press巻
    共著者名:Tsuyoshi Matsuno, Yuri Tabuchi, Ryohei Hosomi, Takeshi Hasegawa, Kouichi Tsuji
  • Photocatalytic Reduction of CO2 by Pt-Loaded TiO2 in the Mixture of Sub- and Supercritical Water and CO2
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2017年01月
    出版社:J. Supercritical fluids
    巻/号、頁:120巻443-447頁
    共著者名:Shoutarou Hirata, Masashi Chikada
  • 酸化銅触媒を用いたフェントン・水熱酸化法による汚染水高度処理技術
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2015年07月
    出版社:ケミカルエンジニアリング
    巻/号、頁:60巻7号20-24頁
  • 酸化銅触媒を用いた水熱酸化法による有機塩素系汚染水の高度処理
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年10月
    出版社:混相流
    巻/号、頁:29巻4号302-308頁
    共著者名:高見玲奈,中尾恭平
  • New developments of X-ray fluorescence imaging techniques in laboratory
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年09月
    出版社:Spectrochimica Acta Part B: Atomic
    巻/号、頁:113巻43–53頁
    共著者名:K. Tsuji, T. Matsuno, Y. Takimotoa, M. Yamanashi, Y. Sasaki, T. Hasegawa, S. Kato, T. Yamada, T. Shoji, N. Kawahara
  • In Situ Observations of Thermoreversible Gelation and Phase Separation of Agarose and Methylcellulose Solutions under High Pressure
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年05月
    出版社:J. Phys. Chem. B
    巻/号、頁:119巻22号6878–6883頁
    共著者名:Masahiro Tanabe, Lei Su, Kun Yang, Katsuyoshi Nishinari
  • 共焦点型蛍光X 線分析法による置換めっきプロセスのモニタリング
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年04月
    出版社:X線分析の進歩
    巻/号、頁:46巻269-276頁
    共著者名:北戸雄大,平野新太郎,辻 幸一
  • Preliminary experiment of X-ray diffraction imaging
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年04月
    出版社:Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B
    巻/号、頁:355巻272–275頁
    共著者名:Masaki Yamanashi, Kouichi Tsuji
  • 金属ナノ粒子の水熱合成
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2012年08月
    出版社:JASCO Report
    巻/号、頁:11巻11-16頁
  • High Pressure Study of Rotational Dynamics of Perylene and Sodium 8-Methoxypyrene-1,3,6-Sulfonate in Imidazolium-based Ionic Liquids
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年05月
    出版社:Journal of Solution Chemistry
    巻/号、頁:43巻1529-1538頁
    共著者名:Atsuko Tai
  • クロロフェノールの水熱酸化分解に及ぼす酸化銅の触媒作用
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年09月
    出版社:材料
    巻/号、頁:63巻9号674-678頁
  • In situ observation of heat-and pressure-induced gelation of methylcellulose by fluorescence measurement
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年01月
    出版社:International Journal of Biological Macromolecules
    巻/号、頁:64巻409-414頁
    共著者名:L. Su Z. Wang K. Yang Y. Minamikawa, K. Nishinari
  • 高圧力下におけるイオン液体の溶媒和特性と二分子蛍光消光反応に関する分光学的研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年12月
    出版社:高圧力の科学と技術
    巻/号、頁:23巻4号332-338頁
    共著者名:南川善則
  • Catalytic Hydrothermal Oxidation of p-Chlorophenol with Cu or Fe-Grafted TiO2. Enhanced Decomposition by Fenton-Type Reaction
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年12月
    出版社:Journal of Chemical Engineering of Japan
    巻/号、頁:46巻12号821–826頁
    共著者名:Ai SHIMOKAWA, Hiroki HONDA,Kyohei NAKAO
  • 金属ナノ粒子の水熱合成
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2012年
    出版社:Jasco report 超臨界最新技術特集
    巻/号、頁:11巻11-16頁
  • ITOナノ粒子のソルボサーマル合成と透明導電膜への応用
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年
    出版社:高圧力の科学と技術
    巻/号、頁:22巻2号129-134頁
    共著者名:藤井雅也
  • 高温高圧水中の酸化チタンの光触媒活性 ―室温に匹敵する作用発揮―
    種別:解説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:セラミックス
    巻/号、頁:42巻9号684-685頁
    共著者名:Y. Yonezawa
  • Polar Solvation and Solvation Dynamics in Supercritical CHF3: Results from Experiment and Simulation
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:J. Phys. Chem. A
    巻/号、頁:110巻10号3405-3413頁
    共著者名:S. Arzhantzev, M. Maroncelli
  • Spectroscopic properties of the mixed J-aggregate of unsymmetric merocyanine dyes in wide temperature range
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Thin Solid Films
    巻/号、頁:513巻125-135頁
    共著者名:A. Yamaguchi, Y. Yonezawa
  • Spectroscopic properties of merocyanine mixed J-aggregate in wide temperature range
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2006年
    出版社:Collods Surf. A
    巻/号、頁:284巻285/号217-222頁
  • 極短パルスレーザー分光法による超臨界流体中のダイナミクス
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:高圧力の科学と技術
    巻/号、頁:16巻2号113-119頁
    共著者名:Y. Hoshihara,M. Maroncelli
  • 極短パルスレーザー分光を用いた高圧流体の研究
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:材料
    巻/号、頁:55巻3号248-253頁
    共著者名:K. Hara
  • Spectroscopic properties of persistence-type dye aggregate in wide temperature range
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Colloids Surf. A
    巻/号、頁:284巻285/号223-228頁
    共著者名:Y. Yonezawa, A. Yamaguchi
  • Spectroscopic properties of merocyanine J-aggregate in LB films
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:phys. stat. sol. (b)
    巻/号、頁:242巻4号810–814頁
    共著者名:A. Yamaguchi, Y. Yonezawa
  • Photoreduction of silver ions in a colloidal titanium dioxide suspension
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:J. Photochem. Photobiol. A Chem.
    巻/号、頁:171巻1号1-8頁
    共著者名:Y. Yonezawa, T. Sakaue, A. Yano
  • Luminescence Properties of the Mixed J-Aggregate of Oxacyanine Dye and Thiacyanine Dye - Formation of Persistence-type Aggregate –
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:J. Phys. Chem. B
    巻/号、頁:109巻4号1409-1414頁
    共著者名:A. Yamaguchi, Y. Yonezawa
  • Exciton delocalization of the J-aggregate of oxacyanine dye and thiacyanine dye in LB films
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:phys. stat. sol. (b)
    巻/号、頁:242巻4号803-806頁
    共著者名:Y. Yonezawa, A. Yamaguchi
  • Rotational Dynamics of Coumarin 153 in Supercritical Fluoroform
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:J. Phys. Chem. A
    巻/号、頁:108巻9479-9483頁
    共著者名:Y. Hoshihara, Y. Yonezawa, O. Kajimoto, K. Hara, N. Ito
  • UV Spectral Shift of Benzene in Sub- and Supercritical Water
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:UV Spectral Shift of Benzene in Sub- and Supercritical Water
    巻/号、頁:394巻1-3号85-89頁
    共著者名:K. Takemiya, Y. Yonezawa, F. Amita, O. Kajimoto
  • CO┣D22┫D2 reforming of CH┣D24┫D2 over Ceria-supported Metal Catalysts
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Catalysis Today
    巻/号、頁:84巻1-2号27-23頁
    共著者名:K. Asami, X. Li, K. Fujimoto, Y. Koyama, A. Sakurama, et al.
  • Formation of Metal Particles and Thin Films by Photolysis of Metal Salts of Polysaccharide Derivatives
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:Trans. Materials Res. Soc. Jpn
    巻/号、頁:27巻197-200頁
    共著者名:Y. Yonezawa, M. Seki, T. Sakagami, H. Tanaka, S. Koyanagi
  • Solvation Dynamics in a Microemulsion in Near-Critical Propane
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:Chem. Phys. Lett.
    巻/号、頁:361巻1-2号136-142頁
    共著者名:K. Bhattacharyya, K. Hara, Y. Uozu, O. Kajimoto
  • Laser Flash Photolysis Study of the Photochemical Formation of Colloidal Ag Nanoparticles in the Presence of Benzophenone
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:Phys. Chem. Chem. Phys.
    巻/号、頁:4巻5142-5147頁
    共著者名:H. Doi, K. Asami, Y. Yonezawa
  • Solvation Structure about 4-Dimethylamino(benzonitrile) in the Mixture of Supercritical CO2 and Methanol
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:J. Phys.: Condens. Matter
    巻/号、頁:14巻11437-11441頁
    共著者名:J. Okamoto, K. Asami, Y. Yonezawa
  • Ab Initio Calculation of the Torsional Potential in 2-Alkenylanthracene in the Ground and Excited States
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Chem. Phys. Lett.
    巻/号、頁:344巻1-2号185-192頁
    共著者名:K. Sakata, K. Hara
  • Excitation Energy Transfer Between J-aggregates in Layer-by-Layer Alternate Assemblies
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:J. Photochem. Photobiol. A: Chem.
    巻/号、頁:143巻2-3号161-167頁
    共著者名:Hiroyoshi Nakajima, Kenji Asami, Yoshiro Yonezawa
  • Absorption Spectra Simulation of Persistence-Type Cyanine Dye Aggregates in LB Films
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Int. J. Mod. Phys. B
    巻/号、頁:15巻4017-4020頁
    共著者名:A. G. Vitukhnovsky, A. N. Lobanov, A. V. Pimenov, Y. Yonezawa
  • 超臨界二酸化炭素/メタノール混合流体中における4-ジメチルアミノベンゾニトリル(DMABN)の溶媒和構造
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Jasco Report超臨界最新技術特集
    巻/号、頁:5巻20-23頁
    共著者名:米澤義朗
  • Preparation and Spectroscopic Properties of the J-aggregate of Anionic Cyanine Dyes in LB Films
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:J. Soc. Photogr. Sci. Tech. Jpn. (Nippon Shashin Gakkaishi)
    巻/号、頁:64巻4号234-241頁
    共著者名:Y. Yonezawa, K. Asami, H. Nada, H. Kagotani, T. Uehigashi
  • Absorption Spectra Simulation of Amalgamation-Type Cyanine Dye Aggregates in LB Films
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:J. Lumin.
    巻/号、頁:87巻260-262頁
    共著者名:A. G. VITUKHNOVSKY, A. N. LOBANOV, A. PIMENOV, Y. YONEZAWA, N. KOMETANI, K. ASAMI, and J. YANO
  • Luminescence Properties of the J-Aggregate of Cyanine Dyes in Multilayer Assemblies
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:J. Lumin.
    巻/号、頁:87巻770-772頁
    共著者名:N. KOMETANI, H. NAKAJIMA, K. ASAMI, Y. YONEZAWA, I. G. SCHEBLYKIN, and A. G. VITUKHNOVSKY
  • Luminescence Properties of the Mixed J-Aggregate of Two Kinds of Cyanine Dyes in Layer-by-Layer Alternate Assemblies
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:J. Phys. Chem. B
    巻/号、頁:104巻41号9630-9637頁
    共著者名:N. Kometani, H. Nakajima, K. Asami, Y. Yonezawa, O. Kajimoto
  • Preparation and Optical Absorption Spectra of Dye-Coated Au, Ag and Au/Ag Colloidal Nanoparticles in Aqueous Solutions and in Alternate Assemblies
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Langmuir
    巻/号、頁:17巻3号578-580頁
    共著者名:M. Tsubonishi, T. Fujita, K. Asami, Y. Yonezawa
  • An Application of the Water/Supercritical CO2 Microemulsion to a Novel "Microreactor"
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2000年
    出版社:Chem. Lett.
    巻/号、頁:2000巻6号682-683頁
  • Photochemical Formation of Metal Nanoparticles
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Research Advances in Photochemistry and Photobiology, Global Research Network
    巻/号、頁:1巻105-128頁
    共著者名:Y. Yonezawa
  • 水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルジョンを反応場とした貴金属微粒子の合成
    種別:解説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Jasco Report 超臨界最新技術特集第4号
    巻/号、頁:45-52頁
    共著者名:米澤義朗
  • Excited-state dynamics of the mixed J-Aggregate of two kinds of cyanine dyes in layer-by-layer alternate assemblies
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:Chem. Phys. Lett.
    巻/号、頁:294巻6号619頁
    共著者名:N. Kometani, H. Nakajima, K. Asami, Y. Yonezawa, O. Kajimoto
  • High Pressure Studies on Excited Intramolecular Charge-Transfer Reactions and Solvation Dynamics
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:Rev. High Pressure Sci.
    巻/号、頁:7巻1219-1221頁
    共著者名:K. Hara, N. Kometani
  • Pressure Tuning of Solvent Relaxation Time for the Excited Intramolecular Charge-Transfer Kinetics in 4-(N, N-Dimethylamino)triphenylphosphine in Alcohol
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1997年
    出版社:J. Phys. Chem. A
    巻/号、頁:101巻27号4916頁
    共著者名:N. Kometani, O. Kajimoto, K. Hara
  • High-Pressure Studies on the Excited-State Intramolecular Charge Transfer of 4-(N, N-Dimethylamino)triphenylphosphine in Alcohols
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:J. Phys. Chem.
    巻/号、頁:100巻5号1488頁
    共著者名:Kimihiko HARA, Noritsugu KOMETANI, Okitsugu KAJIMOTO
  • Picosecord Kinetics of the Excited State of 4-(N, N-Dimethyl-amino)triphenylphosphine at High Pressures
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1994年
    出版社:Chem. Phys. Lett.
    巻/号、頁:225巻381頁
    共著者名:K. Hara, N. Kometani, O. Kajimoto

研究費獲得実績

科研費補助金獲得実績

  • 研究課題名:水熱酸化法をベースとする複合プロセスによる有機ハロゲン汚染水の高度処理技術の開発
    研究種目:基盤研究(C)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2015年
    研究期間:2015年04月~2018年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1500(千円)
    2年目 1100(千円)
    3年目 1100(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 450(千円)
    2年目 330(千円)
    3年目 330(千円)
  • 研究課題名:水熱酸化法とフェントン型促進酸化による有機塩素化合物分解の反応機構の解明と応用
    研究種目:基盤研究(C)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2012年
    研究期間:2012年04月~2015年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1700(千円)
    2年目 1300(千円)
    3年目 1300(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 510(千円)
    2年目 390(千円)
    3年目 390(千円)
  • 研究課題名:酸化チタン光触媒作用と超臨界水処理の複合化によるバイオマスのガス化技術の開発
    研究種目:基盤研究(C)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2008年
    研究期間:2008年04月~2012年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1300(千円)
    2年目 600(千円)
    3年目 600(千円)
    4年目 600(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 390(千円)
    2年目 180(千円)
    3年目 180(千円)
    4年目 180(千円)

競争的研究資金獲得実績

  • 名称:戦略的省エネルギー技術革新プログラム/省エネルギー技術開発事業
    研究課題名:自動活性炭再生技術とフェントン水熱酸化処理法を複合化した省エネルギー先進排水・排ガス処理技術の開発に関する調査
    代表者区分:分担者
    研究期間:2017年01月~2017年06月
    形態:受託研究
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 0(千円)
    2年目 600(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
    2年目 90(千円)
  • 名称:マッチングプランナープログラム「企業ニーズ解決試験」
    研究課題名:フェントン・水熱酸化法による難分解性有機ハロゲン化合物の高度処理 技術の開発
    代表者区分:代表者
    研究期間:2016年06月~2017年03月
    形態:受託研究
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1800(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 540(千円)
  • 名称:関西アーバン共同研究助成金
    研究課題名:難分解性有機物を含む排水の革新的無害化処理技術開発
    代表者区分:分担者
    研究期間:2016年04月~2017年03月
    形態:補助事業
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 2000(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:JST A-STEP(FSステージ、探索タイプ)
    研究課題名:新規フェントン触媒と水熱酸化法による有機ハロゲン化合物の高度処理
    代表者区分:代表者
    研究期間:2013年08月~2014年03月
    形態:受託研究
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1700(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 170(千円)
  • 名称:JST A-step (FSステージ,探索タイプ)
    研究課題名:水熱酸化法をベースに独自のフェントン型促進酸化触媒を用いた有機ハロゲン化合物の高度処理法の開発
    代表者区分:代表者
    研究期間:2011年12月~2012年07月
    形態:受託研究
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 888(千円)
    2年目 575(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 97(千円)
    2年目 57(千円)

その他研究資金獲得実績

  • 名称:共同研究
    研究課題名:自動再生活性炭と水熱酸化法の複合技術を用いた省資源排水処理技術の開発
    代表者区分:代表者
    研究期間:2016年01月~2017年03月
    形態:共同研究
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 90(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 10(千円)
  • 名称:奨励寄付金
    研究課題名:自動再生活性炭と水熱酸化法の複合技術を用いた省資源排水処理技術の開発
    代表者区分:代表者
    研究期間:2016年05月~2017年03月
    形態:教育研究奨励寄附
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 810(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 90(千円)
  • 名称:工学研究科若手研究
    研究課題名:水熱酸化法による有機ハロゲン化合物の処理装置の耐食性の評価
    代表者区分:代表者
    研究期間:2012年09月~2013年03月
    形態:学内研究費
    資金区分:学内研究資金
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 900(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:奨励寄付金
    研究課題名:水熱法による廃食用油の再生技術に関する研究
    代表者区分:代表者
    研究期間:2012年05月~2013年03月
    形態:教育研究奨励寄附
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 450(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 50(千円)

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本化学会
  • 学会名:日本高圧力学会
  • 学会名:日本材料学会
    2001年~2003年 高圧力部門委員会庶務幹事
    2003年~ 会誌編集委員
  • 学会名:化学工学会

学会等における発表

  • 水熱酸化法とオゾン分解法の複合プロセスによる高度汚染水処理
    発表年月:2017年03月
    発表会議名:日本化学会第97春季年会
    学会発表区分:国内
  • 緑色蛍光タンパク質の回転緩和を用いたカラギーナンのゾル-ゲル転移の研究
    発表年月:2016年11月
    発表会議名:第6回CSJ化学フェスタ2016
    学会発表区分:国内
  • 有機汚染物質の水熱酸化処理に用いられる Cu-Ni 二元系触媒の開発
    発表年月:2016年10月
    発表会議名:第57回高圧討論会
    学会発表区分:国内
  • 水熱酸化法とオゾン酸化法のハイブリッド化による難分解性有機物の高度処理
    発表年月:2016年10月
    発表会議名:第57回高圧討論会
    学会発表区分:国内
  • 高温高圧水中での紫外可視光照射による CO2 光触媒還元
    発表年月:2016年10月
    発表会議名:第57回高圧討論会
    学会発表区分:国内
  • キャビテーションをベースとした複合プロセスによる難分解性有機物分解処理
    発表年月:2016年09月
    発表会議名:化学工学会 第48回秋季大会
    学会発表区分:国内
  • 緑色蛍光タンパク質の回転緩和によるカラギーナンのゾル-ゲル転移の研究
    発表年月:2016年03月
    発表会議名:日本化学会第96春季年会
    学会発表区分:国内
  • キャビテーションをベースとした複合プロセスによる 3,4-ジクロロフェノール分解処理
    発表年月:2016年03月
    発表会議名:日本化学会第96春季年会
    学会発表区分:国内
  • 高温高圧下での水を還元剤とする白金担持酸化チタン によるCO2光触媒還元
    発表年月:2016年03月
    発表会議名:化学工学会第81年会
    学会発表区分:国内
  • 亜臨界水中のフェントン型反応による有機塩素化合物の酸化分解の反応機構
    発表年月:2015年11月
    発表会議名:AIChE 2015年会
    学会発表区分:アメリカ合衆国
  • 亜臨界・超臨界水とCO2混合流体中における白金担持酸化チタンによるCO2光触媒還元
    発表年月:2015年10月
    発表会議名:超臨界流体国際会議
    学会発表区分:大韓民国
  • 超臨界水・二酸化炭素混合流体中での二酸化炭素光触媒還元
    発表年月:2016年09月
    発表会議名:光化学討論会
    学会発表区分:国内
  • 難分解性有機塩素化合物の水熱酸化反応を促進するフェントン型触媒の開発
    発表年月:2015年03月
    発表会議名:日本化学会 第95春季年会
    学会発表区分:国内
  • フェントン法と水熱酸化法の複合プロセスによる難分解性有機汚染水の高度処理
    発表年月:2015年03月
    発表会議名:日本化学会 第95春季年会
    学会発表区分:国内
  • カラギーナンヒドロゲル中での緑色蛍光タンパク質の回転緩和
    発表年月:2015年03月
    発表会議名:日本化学会 第95春季年会
    学会発表区分:国内
  • 超臨界水/CO2混合流体中でのCO2光触媒還元
    発表年月:2015年03月
    発表会議名:化学工学会 第80年会
    学会発表区分:国内
  • 亜臨界水中のフェントン型反応による有機塩素化合物の酸化分解
    発表年月:2014年09月
    発表会議名:化学工学会 第46回秋季大会
    学会発表区分:国内
  • 高圧力下における多糖類水溶液のゾル―ゲル相転移
    発表年月:2014年11月
    発表会議名:高圧討論会
    学会発表区分:国内
  • 高温高圧水中における二酸化炭素の光触媒還元反応
    発表年月:2014年11月
    発表会議名:高圧討論会
    学会発表区分:国内
  • 亜臨界水中のフェントン型反応による有機塩素化合物の酸化分解における反応機構解析
    発表年月:2014年11月
    発表会議名:高圧討論会
    学会発表区分:国内
  • フェントン-水熱酸化ハイブリッド法による汚染水処理法の開発
    発表年月:2014年11月
    発表会議名:高圧討論会
    学会発表区分:国内
  • イオン液体中の分子回転ダイナミクスに対する圧力効果
    発表年月:2014年11月
    発表会議名:高圧討論会
    学会発表区分:国内
  • 高温高圧水中でのCO2光触媒還元
    発表年月:2014年03月
    発表会議名:日本化学会春季年会(名古屋大学)
    学会発表区分:国内
  • 高圧力下におけるメチルセルロース溶液のゾル-ゲル相転移
    発表年月:2014年03月
    発表会議名:日本化学会春季年会(名古屋大学)
    学会発表区分:国内
  • 酸化銅触媒による水熱酸化の促進と反応機構の解明
    発表年月:2014年03月
    発表会議名:化学工学会年会(岐阜大学)
    学会発表区分:国内
  • 高圧力下における室温イオン液体の分子回転緩和
    発表年月:2013年07月
    発表会議名:溶液化学国際会議(京都)
    学会発表区分:日本
  • 高圧力下でのイオン液体の分光学的研究
    発表年月:2012年03月
    発表会議名:鄭州軽工大学特別講演会(鄭州軽工大学)
    学会発表区分:中国
  • 亜臨界、超臨界水中における光触媒反応
    発表年月:2012年03月
    発表会議名:上海大学特別講演会(上海大学)
    学会発表区分:中国
  • 多糖類水溶液のゾル-ゲル相転移における圧力効果
    発表年月:2013年10月
    発表会議名:高圧討論会(新潟)
    学会発表区分:国内
  • 銅触媒を用いたp-クロロフェノールの水熱酸化分解
    発表年月:2013年10月
    発表会議名:高圧討論会(新潟)
    学会発表区分:国内
  • 酸化銅(Ⅰ)の触媒作用によるクロロフェノールの水熱酸化分解の向上
    発表年月:2013年10月
    発表会議名:高圧討論会(新潟)
    学会発表区分:国内
  • クロロフェノールの水熱酸化分解のフェントン型反応による促進
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:化学工学会第45回秋季大会(岡山大学)
    学会発表区分:国内
  • クロロフェノールの水熱酸化分解における酸化銅(Ⅰ)および酸化銅(Ⅱ)の触媒作用
    発表年月:2013年03月
    発表会議名:日本化学会春季年会(立命館大学)
    学会発表区分:国内
  • クロロフェノールの水熱酸化分解における銅担持酸化チタンの触媒作用
    発表年月:2013年03月
    発表会議名:日本化学会春季年会(立命館大学)
    学会発表区分:国内
  • アガロース水溶液でのゾル-ゲル相転移における圧力効果
    発表年月:2013年03月
    発表会議名:日本化学会春季年会(立命館大学)
    学会発表区分:国内
  • 酸化銅(Ⅰ)および酸化銅(Ⅱ)を触媒とするクロロフェノールの水熱酸化分解
    発表年月:2013年03月
    発表会議名:化学工学会年会(大阪大学)
    学会発表区分:国内
  • 超臨界エタノールを用いた銅・銀合金ナノ粒子のソルボサーマル法による合成
    発表年月:2013年03月
    発表会議名:化学工学会年会(大阪大学)
    学会発表区分:国内
  • 銅担持酸化チタンを触媒に用いたクロロフェノールの水熱酸化分解
    発表年月:2013年03月
    発表会議名:化学工学会年会(大阪大学)
    学会発表区分:国内
  • 亜臨界水処理による劣化食用油の再生
    発表年月:2013年03月
    発表会議名:化学工学会年会(大阪大学)
    学会発表区分:国内
  • セルロースの水熱ガス化におけるルテニウム担持酸化チタンの触媒効果
    発表年月:2012年11月
    発表会議名:高圧討論会(大阪大学)
    学会発表区分:国内
  • 高温高圧水中での銅担持酸化チタンによるクロロフェノールの高度分解処理
    発表年月:2012年11月
    発表会議名:高圧討論会(大阪大学)
    学会発表区分:国内
  • エタノール溶媒を用いた銅・銀合金ナノ粒子のソルボサーマル合成
    発表年月:2012年11月
    発表会議名:高圧討論会(大阪大学)
    学会発表区分:国内
  • クロロフェノールの水熱酸化分解における銅担持酸化チタンの触媒作用の解明
    発表年月:2012年11月
    発表会議名:高圧討論会(大阪大学)
    学会発表区分:国内
  • 高圧下におけるイオン液体中の分子回転緩和(2)
    発表年月:2012年11月
    発表会議名:高圧討論会(大阪大学)
    学会発表区分:国内
  • シアニン色素J凝集体のコヒーレント長の圧力依存性
    発表年月:2012年11月
    発表会議名:高圧討論会(大阪大学)
    学会発表区分:国内
  • 水熱酸化法をベースにフェントン型促進酸化触媒を用いた難分解性有機化合物の処理
    発表年月:2012年05月
    発表会議名:日本材料学会(岡山大学)
    学会発表区分:国内
  • シアニン色素J凝集体の吸収・発光特性の高圧下における変化
    発表年月:2012年03月
    発表会議名:日本化学会春季年会(慶応大学)
    学会発表区分:国内
  • ストーバー法を用いたダンベル型金ナノ粒子の効率的作製と有機色素との複合化
    発表年月:2012年03月
    発表会議名:日本化学会春季年会(慶応大学)
    学会発表区分:国内
  • 金属ドープ酸化チタン触媒を用いた水熱酸化法によるクロロフェノール類の分解処理
    発表年月:2012年03月
    発表会議名:日本化学会春季年会(慶応大学)
    学会発表区分:国内
  • 水熱法による AZOナノ粒子の合成
    発表年月:2011年11月
    発表会議名:高圧力討論会(沖縄キリスト教学院)
    学会発表区分:国内
  • 高圧下におけるイオン液体中の分子回転緩和
    発表年月:2011年11月
    発表会議名:高圧力討論会(沖縄キリスト教学院)
    学会発表区分:国内
  • グルコースの水熱ガス化におけるルテニウム担持酸化チタンの触媒効果
    発表年月:2011年11月
    発表会議名:高圧力討論会(沖縄キリスト教学院)
    学会発表区分:国内

学会誌等の編集・審査

  • The European Physical Journal - Applied Physics(論文査読)
    活動年月:2011年05月

教育活動

担当教育の概要

  • 物理化学1
    物理化学序論
    演習物理化学
    応用化学実験
    レーザー化学特論

担当講義

  • 担当年度:2016年
    授業科目名:化学バイオ工学概論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:応用化学実験2
    講義区分:専門
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:物理化学1
    講義区分:専門
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:応用物理化学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:物理化学序論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:レーザー化学特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:前期特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:ゼミナール
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:後期特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:化学バイオ工学概論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:応用化学実験2
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:物理化学1
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:応用物理化学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:物理化学序論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:レーザー化学特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:前期特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:ゼミナール
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:後期特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:応用化学実験2
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:物理化学1
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:応用物理化学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:物理化学序論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:レーザー化学特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:前期特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:ゼミナール
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:後期特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:応用化学実験2
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:物理化学1
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:応用物理化学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:物理化学序論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:レーザー化学特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:前期特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:ゼミナール
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:後期特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:応用物理化学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:応用物理化学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:後期特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:ゼミナール
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:前期特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:レーザー化学特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:応用化学実験2
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:物理化学序論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:物理化学1
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:技術と環境
    講義区分:共通
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:後期特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:ゼミナール
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:前期特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:物理化学序論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:物理化学1
    講義区分:専門
  • 担当年度:2007年
    授業科目名:演習物理化学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:応用化学実験2
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:レーザー化学特論
    講義区分:大学院

教育活動実績

  • 担当年度:2012
    博士課程学生指導数【前期:5人】
    博士課程学生指導数【後期:1人】
    修士論文審査数【主査:3】
    修士論文審査数【副査:3】
    博士論文審査数【主査:0】
    博士論文審査数【副査:0】
    卒論指導数:4
    卒論審査数:7
    FD活動内容:工学部FD集会に参加

国際交流

学術交流協定校との連携内容

  • 交流年月:2013年03月
    内容:鄭州軽工大学のLei教授、Chen教授らを招き、講演会を開催した。

産学官連携可能情報

専門分野

  • 物理化学

所属研究部門

  • 工学研究科 化学生物系専攻(化学バイオ工学)

交流可能研究テーマ

  • 超臨界流体中の化学反応
    研究テーマの分野:化学

現在の研究課題

  • 課題名:高温高圧水中における光触媒反応
    研究分野:工業物理化学、触媒・化学プロセス
    キーワード:光触媒、超臨界水、亜臨界水
  • 課題名:超臨界流体中における微粒子の合成
    研究分野:物理化学、工業物理化学
    キーワード:超臨界流体、微粒子
  • 課題名:有機/無機複合ナノ微粒子
    研究分野:応用物性・結晶工学、固体物性I(光物性・半導体・誘電体)
    キーワード:ナノ微粒子、金属

電子メールアドレス

  • kometani@a-chem.eng.osaka-cu.ac.jp

交流研究テーマ情報

交流可能研究テーマ

  • 超臨界流体中の化学反応
    研究テーマの分野:化学
    研究テーマの概要:超臨界流体を利用した光化学反応に重点をおいて研究を行っている。
    超臨界流体中の分子のスペクトルを「その場観察」で測定することにより、
    溶媒が化学反応に与える影響を調べることができる。
    交流可能な時期・期間:随時
    交流の種別:技術相談
    知識・技術の活用分野・応用方法等:従来の有害な有機溶媒に代わる、クリーンな溶媒として超臨界二酸化炭素、超臨界水が注目されている。これらの特性を生かした、新しい利用法の確立を目指している。
    優位性・特徴:有害な溶媒の使用の低減
    キーワード:超臨界流体、化学反応、分光法

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。