大阪市立大学 研究者要覧


高田 洋吾(タカダ ヨウゴ)TAKADA Yogo

  • 所属研究科・専攻:工学研究科 機械物理系専攻(機械工学) 職名:教授
更新日:2016/03/16

プロフィール

主な取得学位

  • 博士(工学)

主な専門分野

  • 知能機械学・機械システム

主な経歴

取得学位

  • 博士(工学)

学歴

  • 大阪市立大学 工学研究科 機械工学専攻 修士課程
  • 大阪市立大学 工学部 機械工学科

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 知能機械学・機械システム
  • 動力システム工学
  • 燃料電池システム

現在の研究課題

  • 課題名:橋梁検査ロボットの開発
    研究分野:知能機械学・機械システム、機械力学・制御
    キーワード:ロボット工学
  • 課題名:調査用魚ロボットの実現に向けた研究
    研究分野:知能機械学・機械システム、機械力学・制御、生物・生体工学
    キーワード:アクアロボット、魚、遊泳メカニズム
  • 課題名:血流シミュレーション
    研究分野:流体工学、血液内科学
    キーワード:血流、CFD、生体機能

主要な研究業績

著書・論文

  • Development of Fish Robots Powered by Fuel Cells : Improvement of Swimming Ability by a Genetic Algorithm and Flow Analysis by computational Fluid Dynamics
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Springer : Bio-mechanisms of Swimming and Flying
    巻/号、頁:233-245頁
    著者名:Yogo Takada, Toshiaki Tamachi, Toshinaga Ishii, Kazuaki Ebita, Tomoyuki Wakisaka, et al.
  • 垂直壁面検査ロボットHORNETにおける消費電力低減策
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年03月
    出版社:日本機械学会論文集(C編)
    巻/号、頁:82巻835号1-12頁
    著者名:都倉 悠平,高田 洋吾
  • レーザレンジセンサを搭載した橋梁検査ロボットを用いた複雑環境場の立体地図作成
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年01月
    出版社:日本機械学会論文集(C編)
    巻/号、頁:82巻833号1-12頁
    著者名:今城 直人,田尻 智紀,樫木 幹司,高田 洋吾
    ISSN:2187-9761
  • Performance of Very Small Robotics Fish Equipped with CMOS Camera
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年08月
    出版社:MDPI ・Robotics
    巻/号、頁:4巻4号421-434頁
    著者名:Yang Zhao, Masaaki Fukuhara, Takahiro Usami, Yogo Takada
    ISSN:2218-6581
  • Development and Evaluation of Compact Robot Imitating a Hermit Crab for Inspecting the Outer Surface of Pipes
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年05月
    出版社:Journal of Robotics
    巻/号、頁:2015巻1-7頁
    著者名:Naoto IMAJO, Yogo TAKADA, and Mikiji KASHINOKI
  • High-resolution in-situ LDV monitoring system for measuring velocity distribution in blood vessel
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年05月
    出版社:Optics Communications
    巻/号、頁:353巻122-132頁
    著者名:T. Kyoden, S. Abe, H. Ishida, S. Akiguchi, T. Andoh, Y. Takada, T. Teranishi, T. Hachiga
  • 立体的な環境で活動できる橋梁検査ロボットの開発(永久磁石式移動機構の走行性能評価)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年09月
    出版社:日本機械学会論文集(C編)
    巻/号、頁:79巻805号3135-3146頁
    著者名:高田洋吾,桐本浩介,田尻智紀,川合忠雄
  • Position Estimation of Small Robotic Fish Based on Camera Information and Gyro Sensors
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年04月
    出版社:Robotics
    巻/号、頁:3巻2号149-162頁
    著者名:Y. Takada, K. Koyama, T. Usami
  • 鋼鉄製橋桁向け小型点検ロボット『バイリム』の開発
    種別:著書
    単著・共著別:単著
    出版年月:2015年03月
    出版社:株式会社エヌ・ティー・エス・巨大構造物ヘルスモニタリングにおける第3編、第1章、第2節
    著者名:高田洋吾
  • Robotics Fish
    種別:Development Report
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年06月
    出版社:Journal of Robotics and Mechatronics
    巻/号、頁:26巻3号391-393頁
    著者名:Y. Takada, K. Koyama, T. Usami
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • Development of Fish Robots Powered by Fuel Cells : Improvement of Swimming Ability by a Genetic Algorithm and Flow Analysis by computational Fluid Dynamics
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Springer : Bio-mechanisms of Swimming and Flying
    巻/号、頁:233-245頁
    著者名:Yogo Takada, Toshiaki Tamachi, Toshinaga Ishii, Kazuaki Ebita, Tomoyuki Wakisaka, et al.
  • 垂直壁面検査ロボットHORNETにおける消費電力低減策
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年03月
    出版社:日本機械学会論文集(C編)
    巻/号、頁:82巻835号1-12頁
    著者名:都倉 悠平,高田 洋吾
  • レーザレンジセンサを搭載した橋梁検査ロボットを用いた複雑環境場の立体地図作成
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年01月
    出版社:日本機械学会論文集(C編)
    巻/号、頁:82巻833号1-12頁
    著者名:今城 直人,田尻 智紀,樫木 幹司,高田 洋吾
    ISSN:2187-9761
  • Performance of Very Small Robotics Fish Equipped with CMOS Camera
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年08月
    出版社:MDPI ・Robotics
    巻/号、頁:4巻4号421-434頁
    著者名:Yang Zhao, Masaaki Fukuhara, Takahiro Usami, Yogo Takada
    ISSN:2218-6581
  • Development and Evaluation of Compact Robot Imitating a Hermit Crab for Inspecting the Outer Surface of Pipes
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年05月
    出版社:Journal of Robotics
    巻/号、頁:2015巻1-7頁
    著者名:Naoto IMAJO, Yogo TAKADA, and Mikiji KASHINOKI
  • High-resolution in-situ LDV monitoring system for measuring velocity distribution in blood vessel
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年05月
    出版社:Optics Communications
    巻/号、頁:353巻122-132頁
    著者名:T. Kyoden, S. Abe, H. Ishida, S. Akiguchi, T. Andoh, Y. Takada, T. Teranishi, T. Hachiga
  • 立体的な環境で活動できる橋梁検査ロボットの開発(永久磁石式移動機構の走行性能評価)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年09月
    出版社:日本機械学会論文集(C編)
    巻/号、頁:79巻805号3135-3146頁
    著者名:高田洋吾,桐本浩介,田尻智紀,川合忠雄
  • Position Estimation of Small Robotic Fish Based on Camera Information and Gyro Sensors
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年04月
    出版社:Robotics
    巻/号、頁:3巻2号149-162頁
    著者名:Y. Takada, K. Koyama, T. Usami
  • 鋼鉄製橋桁向け小型点検ロボット『バイリム』の開発
    種別:著書
    単著・共著別:単著
    出版年月:2015年03月
    出版社:株式会社エヌ・ティー・エス・巨大構造物ヘルスモニタリングにおける第3編、第1章、第2節
    著者名:高田洋吾
  • Robotics Fish
    種別:Development Report
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年06月
    出版社:Journal of Robotics and Mechatronics
    巻/号、頁:26巻3号391-393頁
    著者名:Y. Takada, K. Koyama, T. Usami
  • Multi-channel laser Doppler velocimetry using a two-dimensional optical fiber array for obtaining instantaneous velocity distribution characteristics
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年03月
    出版社:IOP science, Japanese Journal of Applied Physics
    巻/号、頁:54巻012501号1-6   頁
    著者名:T. Kyoden, Y. Yasue, H. Ishida, S. Akiguchi, T. Andoh, Y. Takada, T. Teranishi , T. Hachiga
  • A milliliter-scale yeast-based fuel cell with high performance
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年02月
    出版社:Biochemical Engineering Journal
    巻/号、頁:83巻90-96頁
    著者名:Hiroyuki Kaneshiro, Kosuke Takano, Yogo Takada, Tomoyuki Wakisaka, Taro Tachibana, Masayuki Azuma
  • 視覚障碍者の移動支援に有効な不整地環境の立体占有格子地図作成
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年12月
    出版社:ライフサポート
    巻/号、頁:25巻4号116-123頁
    著者名:田尻智紀,高田洋吾, 川合忠雄
  • レーザードップラー流速分布測定装置の生体計測への応用(皮膚癌の早期血流画像診断)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年06月
    出版社:日本機械学会論文集(B編)
    巻/号、頁:79巻802号1095-1105頁
    著者名:高田洋吾,寺西恒宣,石田弘樹,秋口俊輔,安東嗣修,八賀正司
  • Evaluation of Artificial Caudal Fin for Fish Robot with Two Joints by Using Three-dimensional Fluid-structure Simulation
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年04月
    出版社:Advances in Mechanical Engineering, Hindawi Publishing
    巻/号、頁:2013巻9頁
    著者名:Y. Takada, N. Fukuzaki, T. Ochiai, T. Tajiri, T. Wakisaka
  • 車輪移動機構を持つ農用ロボットの自律作業用経路作成
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年05月
    出版社:農業機械学会誌
    巻/号、頁:75巻3号175-180頁
    著者名:田尻智紀,高田洋吾,川合忠雄
  • Analysis of Flow around Robotic Fish by Three-dimensional Fluid-structure Interaction Simulation and Evaluation of Propulsive Performance
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年03月
    出版社:Journal of Aero Aqua Bio-mechanisms
    巻/号、頁:3巻1号57-64頁
    著者名:Y. Takada, T. Ochiai, N. Fukuzaki, T. Tajiri, T. Wakisaka
  • 色情報に基づく小型魚ロボットFOCUSの目標追従制御
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年08月
    出版社:日本機械学会論文集(C編)
    巻/号、頁:Vol.78巻No.792号205-215頁
    著者名:高田洋吾,中村毅志,小山圭介,田尻智紀
  • 小型魚ロボットFOCUSの目標追従と自己位置推定
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年09月
    出版社:日本マリンエンジニアリング学会誌
    巻/号、頁:Vol.47巻No.5号108-113頁
    著者名:高田洋吾,中村毅志,小山圭介,福﨑昇,田尻智紀,脇坂知行
  • カメラ情報に基づく小型魚ロボットの自己位置推定
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年05月
    出版社:日本マリンエンジニアリング学会誌
    巻/号、頁:47巻3号138-146頁
    著者名:高田洋吾,中村毅志, 小山圭介,脇坂知行
  • 小型魚ロボットにおける尾ひれの柔軟性が推進性能に及ぼす影響(尾ひれの弾性変形を考慮した流体・構造連成計算による検討)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年06月
    出版社:日本機械学会論文集(C編)
    巻/号、頁:77巻778号2351-2362頁
    著者名:高田洋吾, 荒木良介, 落合利紀, 田尻智紀, 脇坂知行
  • Effect of Material and Thickness about Tail Fins on Propulsive Performance of a Small Fish Robot
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年02月
    出版社:Journal of Aero Aqua Bio-mechanisms
    巻/号、頁:1巻1号51-56頁
    著者名:Y. Takada, Y. Nakanishi, R. Araki, M. Nonogaki, T. Wakisaka
  • Development of Small Fish Robots Powered by Small and Ultra-Light Passive-Type Polymer Electrolyte Fuel Cells
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年04月
    出版社:Journal of Robotics and Mechatronics
    巻/号、頁:22巻2号150-157頁
    著者名:Y.Takada, R.Araki, Y.Nakanishi, M.Nonogaki, K.Ebita, T. Wakisaka
  • 凹凸を含んだ路面上における小型ヒューマノイドロボットの歩行の安定化
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年12月
    出版社:日本機械学会論文集(C編)
    巻/号、頁:76巻772号3622-3629頁
    著者名:田尻智紀,大神麗, 杉本和矢,高田洋吾, 脇坂知行
  • Walking Pattern Generation and Stabilization of Walking for Small Humanoid Robots
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年03月
    出版社:Intech: Biped Robots
    巻/号、頁:299-322頁
    著者名:Y. Takada, T. Tajiri, K. Ogawa, T. Wakisaka
  • 直接噴射式ディーゼル機関におけるSoot排出量の3次元化学動力学計算による予測
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年09月
    出版社:自動車技術会論文集
    巻/号、頁:41巻5号1083-1088頁
    著者名:高瀬秀樹,信田幸敏, 高田洋吾,脇坂知行
  • 小型・超軽量自立型固体高分子形燃料電池の開発と小型魚ロボットへの応用
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年04月
    出版社:日本機械学会論文集(B編)
    巻/号、頁:76巻764号650-659頁
    著者名:高田洋吾,荒木良介, 野々垣元博,海老田一章,石井利長,脇坂知行
  • PIV測定と3次元数値解析による小型魚ロボット周りの水の流動状態と推進能力の検討
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年03月
    出版社:日本機械学会論文集(C編)
    巻/号、頁:76巻763号665-672頁
    著者名:高田洋吾,中西志允, 荒木良介,脇坂知行
  • LPGとDMEの2種燃料を用いた火花点火機関における各燃料の空間的分布が燃焼に及ぼす影響-化学動力学モデルに基づく3次元燃焼解析-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年01月
    出版社:日本マリンエンジニアリング学会誌
    巻/号、頁:45巻1号103-108頁
    著者名:表洪志,山中雄市, 中園徹,高田洋吾, 脇坂知行
  • バイオロボティクスと燃料電池
    種別:解説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年05月
    出版社:機能材料・シーエムシー出版
    巻/号、頁:29巻5号64-75頁
    著者名:脇坂知行,高田洋吾
  • Glucose fuel battery powered by yeast-analysis of the battery for high performance(Section VIII Fermentation and Microbial Technology)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年11月
    出版社:Journal of bioscience and bioengineering
    巻/号、頁:108巻S1号S129-S130頁
    著者名:M.Azuma, Y.Ito, K.Takano, T.Tachibana, S.Koyama, Y.Takada, T.Wakisaka
  • LPGとDMEの混合燃料を用いた火花点火機関における燃焼室形状が機関性能に及ぼす影響-ノッキング限界に関する実験的検討-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年11月
    出版社:日本マリンエンジニアリング学会誌
    巻/号、頁:44巻6号941-946頁
    著者名:表洪志,中園徹, 高田洋吾,脇坂知行
  • DME噴霧着火バイオガス・都市ガス混合燃料エンジンにおける化学動力学に基づく3次元燃焼解析のための素反応スキームの構築
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年11月
    出版社:日本マリンエンジニアリング学会
    巻/号、頁:44巻6号934-940頁
    著者名:高瀬秀樹,吉原大祐, 高田洋吾,脇坂知行
  • 酵母を利用したバイオ燃料電池の発電特性と性能向上策
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年09月
    出版社:高温学会誌
    巻/号、頁:35巻5号283-290頁
    著者名:脇坂知行,高田洋吾, 東雅之
  • 筒内直接噴射ガソリン機関における混合気形成に及ぼす筒内ガス流動および燃料噴射条件の影響-ファンスプレー挙動の3次元数値シミュレーションによる検討-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年07月
    出版社:日本マリンエンジニアリング学会誌
    巻/号、頁:44巻4号641-647頁
    著者名:高瀬秀樹,小野敏顕, 高田洋吾,脇坂知行
  • ガソリンエンジンの排気浄化用三元触媒装置の浄化効率に及ぼす排気管および拡大部の形状の影響-熱流動・触媒反応の3次元数値シミュレーションによる検討-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年05月
    出版社:日本マリンエンジニアリング学会誌
    巻/号、頁:44巻3号477-483頁
    著者名:高瀬秀樹,小谷敏正, 高田洋吾,脇坂知行
  • ガソリン圧縮自着火燃焼の燃焼過程における初期化学組成の影響
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年03月
    出版社:自動車技術会論文集
    巻/号、頁:40巻2号369-374頁
    著者名:高瀬秀樹,高田洋吾, 脇坂知行
  • 化学動力学に基づく3次元数値シミュレーションによるガソリンHCCI機関の着火・燃焼過程の予測
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年03月
    出版社:日本マリンエンジニアリング学会誌
    巻/号、頁:44巻2号298-303頁
    著者名:脇坂知行,藤本英史, 伊藤和真,高田洋吾
  • LPGとDMEの混合燃料を用いた火花点火機関におけるノッキングに及ぼす燃焼室形状の影響 -化学動力学モデルに基づく3次元燃焼解析
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年01月
    出版社:日本マリンエンジニアリング学会誌
    巻/号、頁:44巻1号150-156頁
    著者名:表洪志,高井清誠, 高田洋吾,脇坂知行, 中園徹
  • 高EGR直接噴射式ディーゼル機関における燃焼過程の化学動力学モデルに基づく3次元数値解析
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年11月
    出版社:日本マリンエンジニアリング学会誌
    巻/号、頁:43巻6号971-976頁
    著者名:脇坂知行,藤本英史, 松川洋介,高田洋吾
  • 直接噴射式ディーゼル機関の3次元燃焼解析へのガスパーセル法および改良液滴分裂モデルの適用
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年09月
    出版社:日本マリンエンジニアリング学会誌
    巻/号、頁:43巻5号151-157頁
    著者名:藤本英史,高田洋吾, 脇坂知行
  • エタノール直接発電型固体高分子燃料電池のアノード側流路内における流動と副生成物の挙動の解析
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年09月
    出版社:日本機械学会論文集(B編)
    巻/号、頁:74巻745号2040-2048頁
    著者名:高田洋吾, 谷中悟史, 石井利長,脇坂知行
  • DME予混合圧縮着火機関の燃焼シミュレーションのためのDME詳細素反応スキームの自動簡略化
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年05月
    出版社:日本マリンエンジニアリング学会誌
    巻/号、頁:43巻3号124-131頁
    著者名:山内豊誠,松本敦考, 高田洋吾,脇坂知行
  • ファンスプレー直接噴射ガソリン機関における混合気形成のガス流動および燃焼室形状による制御 –3次元数値シミュレーションによる検討-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年05月
    出版社:日本マリンエンジニアリング学会誌
    巻/号、頁:43巻3号132-138頁
    著者名:山内豊誠,松本敦考, 高田洋吾,脇坂知行
  • 化学動力学モデルに基づくLPG-DME火花点火機関の3次元ノッキングシミュレーション
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年03月
    出版社:自動車技術会論文集
    巻/号、頁:39巻2号147-152頁
    著者名:高田洋吾,脇坂知行, 高井清誠,表洪志, 中園徹,西村章広
  • 化学種履歴を考慮した詳細素反応スキーム自動簡略化
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年03月
    出版社:自動車技術会論文集
    巻/号、頁:39巻2号183-188頁
    著者名:山内豊誠,松本敦考, 高田洋吾,脇坂知行
  • ガスパーセル法の導入と液滴分裂モデルの改良による噴霧解析精度改善
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年11月
    出版社:自動車技術会論文集
    巻/号、頁:38巻6号23-28頁
    著者名:藤本英史,高田洋吾, 脇坂知行
  • 予混合圧縮着火機関における燃料濃度分布の不均一性とガス流動が燃焼に及ぼす影響 -化学動力学を考慮した燃焼過程の三次元数値解析-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:日本マリンエンジニアリング学会誌
    巻/号、頁:42巻4号125-132頁
    著者名:金尚奎,高田洋吾,脇坂知行
    ISSN:1346-1427
  • Construction of a Chemical Kinetic Model for Three-dimensional Numerical Analysis of the Combustion in a Natural Gas Engine Ignited with Gas Oil
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Review of Automotive Engineering, JSAE
    巻/号、頁:28巻3号337-344頁
    著者名:Y.Takada, D.Yoshihara, T.Yamauchi, S.K.Kim, A.Matsumoto, T.Wakisaka
    ISSN:1349-4724
  • ガス燃料噴射エンジンにおけるガス噴流解析精度向上のためのガスパーセル法の提案
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:日本マリンエンジニアリング学会誌
    巻/号、頁:42巻4号197-202頁
    著者名:藤本英史,高田洋吾,脇坂知行
    ISSN:1346-1427
  • 質量保存性に優れた気液2相流の数値解析手法の開発 -液滴の相互衝突現象の数値解析への適用-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:日本マリンエンジニアリング学会誌
    巻/号、頁:42巻3号144-151頁
    著者名:脇坂知行,高田洋吾,山内豊誠
    ISSN:1346-1427
  • 詳細化学反応スキームの自動簡略化ツールの開発 -3次元エンジン燃焼解析のための簡略化素反応スキームの自動的構築-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:自動車技術会論文集
    巻/号、頁:38巻4号133-138頁
    著者名:松本敦考,金尚奎,高田洋吾,脇坂知行
    ISSN:0287-8321
  • 農用電動車両を対象とした燃料電池ハイブリッドパワーシステムの高効率化の基礎的検討
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:農業機械学会誌
    巻/号、頁:69巻1号78-85頁
    著者名:今西啓之,高田洋吾,脇坂知行
    ISSN:0285-2543
  • Modeling of a Hybrid System for a Lightweight Electric Vehicle with Passive-type Polymer Electrolyte Fuel Cells and Electric Double-layer Capacitors– Application of a Fuel Cell Equivalent Circuit Model -
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:JSAE, Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing
    http://www.jstage.jst.go.jp/browse/jamdsm/1/1/_contents/-char/ja/
    巻/号、頁:1巻1号130-140頁
    著者名:Hiroyuki Imanishi, Taichi Yoshii, Takuji Nakamura, Yogo Takada, Tomoyuki Wakisaka
    ISSN:1881-3054
  • エタノール直接発電型固体高分子燃料電池のアノード側流路形状の検討 (遺伝的アルゴリズムを用いた数値流動解析による屈曲部形状の最適化)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:日本機械学会論文集B編
    巻/号、頁:72巻720号182-189頁
    著者名:谷中悟史,高田洋吾,脇坂知行,古市紀之,八賀正司,他
    ISSN:0387-5016
  • 排気浄化用三元触媒装置における熱流動・触媒反応数値解析への遺伝的アルゴリズムの応用
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:自動車技術会論文集
    巻/号、頁:37巻2号55-60頁
    著者名:高田洋吾,小谷敏正,伊藤和真,金尚奎,脇坂知行
    ISSN:0287-8321
  • 農用電動車両用トラクションコントロール –駆動力頂点探索法による滑り制御-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:農業機械学会誌68巻第2号
    巻/号、頁:68巻2号69-76頁
    著者名:今西啓之,高田洋吾,脇坂知行
    ISSN:0285-2543
  • 自立型固体高分子燃料電池と電気二重層キャパシタを用いた電動軽車両用ハイブリッドシステムのモデリング(燃料電池等価回路モデルの適用)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:日本機械学会論文集(C編)
    巻/号、頁:71巻708号177-183頁
    著者名:今西啓之,吉井大智,中村拓司,高田洋吾,脇坂知行 
    ISSN:0387-5024
  • 自立型固体高分子燃料電池と電気二重層キャパシタを用いたハイブリッドシステムの電動軽車両への応用 (時分割方式によるパワー制御)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:日本機械学会論文集(B編)
    巻/号、頁:71巻702号300-307頁
    著者名:今西啓之,中村拓司,高田洋吾,脇坂知行
    ISSN:0387-5016
  • Fundamental Study on a Hybrid Power System of Passive-type Polymer Electrolyte Fuel Cells and Capacitors
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Journal of Asian Electric Vehicles
    巻/号、頁:1巻2号463-470頁
    著者名:Imanishi,H., Nakamura,T., Takada,Y., Wakisaka,T.
    ISSN:1348-3927
  • Turning Behavior of a Power-distributed Parallel Hybrid Electric Vehicle
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Journal of Asian Electric Vehicles
    巻/号、頁:1巻1号157-164頁
    著者名:高田洋吾,脇坂知行
  • 電気モータ駆動車における消費電力を抑えた加速制御アルゴリズム
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:日本機械学会論文集C編
    巻/号、頁:68巻669号1512-1517頁
    著者名:今西啓之,高田洋吾,脇坂知行
  • 駆動力頂点探索法による電気モータ駆動車のトラクションコントロール
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:日本機械学会論文集(C編)
    巻/号、頁:67巻655号739-742頁
    著者名:瀬戸圭介 守田栄之
  • 動力分散型並列ハイブリッド自動車の走行シミュレーション
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:自動車技術会論文集
    巻/号、頁:32巻2号55-60頁
    著者名:守田栄之
  • DBWによるAT車の発進時燃費の改善
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:日本機械学会論文集(B編)
    巻/号、頁:67巻658号1591-1597頁
    著者名:谷英明 守田栄之 瀧山武
  • トルクデマンド方式によるCVT変速アルゴリズム
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:自動車技術会論文集
    巻/号、頁:31巻4号37-42頁
    著者名:辻井秀仁 守田栄之
  • Effect and Limitation of Tuning Accelerator Pedal Sensitivity by DBW(共著)
    出版年月:1999年
    出版社:JSAE Technical Notes
    巻/号、頁:20巻1号120-122頁
  • DBW自動車における車軸出力トルクと外乱負荷トルクの推定(共著)
    出版年月:1999年
    出版社:日本機械学会論文集(C編)
    巻/号、頁:65巻629号244-248頁
  • トルクデマンド方式によるアクセルペダル感度の設定と評価(直接法MRACSとの比較)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:日本機械学会論文集(C編)
    巻/号、頁:65巻639号4409-4414頁
    著者名:守田栄之
  • 適応観測器を用いた自動車車軸ソフトウェア・トルク計 (共著)
    出版年月:1998年
    出版社:日本機械学会論文集(B編)
    巻/号、頁:64巻624号2710頁
  • Automobile Simulation Model andits Identification
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:Proc. of The IASTED, AMS 98
    巻/号、頁:220-224頁
    著者名:S.Morita H.Suzuki Y.Matsuura T.Takiyama H.Katashiba
  • ソフトウェアトルク計を用いた自動車アクセルペダル感度の設定(共著)
    出版年月:1998年
    出版社:日本機械学会論文集(C編)
    巻/号、頁:64巻628号4751-4755頁
  • ドライブバイワイヤによるアクセル感度設定の望ましい範囲と限界(共著)
    出版年月:1998年
    出版社:自動車技術会論文集
    巻/号、頁:29巻4号89-93頁
  • 過渡時排気ガス浄化テーブルの作成システム(共著)
    出版年月:1998年
    出版社:自動車技術会論文集
    巻/号、頁:29巻4号47-51頁
  • 自動車のアクセル感度の任意設定(車重と道路勾配の変化の補償)(共著)
    出版年月:1998年
    出版社:日本機械学会論文集(B編)
    巻/号、頁:64巻628号4267-4272頁
  • Investigation of Accelerator Pedal Sensitivity by DBW (共著)
    出版年月:1996年
    出版社:Proc. of IASTED
    巻/号、頁:/242-381巻
  • ドライブバイワイヤによる任意アクセルペダル感度の実現 (共著)
    出版年月:1995年
    出版社:自動車技術会論文集
    巻/号、頁:26巻4号130頁
  • 機関・負荷系における回転運動の挙動特性について(線形・離散系の場合) (共著)
    出版年月:1993年
    出版社:日本機械学会論文集
    巻/号、頁:59巻567号96頁

研究費獲得実績

科研費補助金獲得実績

  • 研究課題名:動脈硬化を診断・予知するための近赤外レーザ血管血流画像情報計測技術の臨床応用
    研究種目:基盤研究C
    代表者区分:分担者
    申請年度:2014年
    研究期間:2014年04月~2017年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 100(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 30(千円)
  • 研究課題名:遠隔操縦で検査できるコンクリート壁面検査ロボットの開発
    研究種目:基盤研究C
    代表者区分:代表者
    申請年度:2015年
    研究期間:2015年04月~2018年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1700(千円)
    2年目 1300(千円)
    3年目 800(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 510(千円)
    2年目 390(千円)
    3年目 240(千円)
  • 研究課題名:微振動および刷毛刺激による副交感神経賦活が生体に及ぼす影響
    研究種目:挑戦的萌芽研究
    代表者区分:分担者
    申請年度:2013年
    研究期間:2013年04月~2015年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 100(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 30(千円)
  • 研究課題名:カメラとFPGAを搭載した小型魚ロボットによる淡水魚調査の実現
    研究種目:基盤研究(C)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2012年
    研究期間:2012年04月~2015年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 2600(千円)
    2年目 800(千円)
    3年目 800(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 780(千円)
    2年目 240(千円)
    3年目 240(千円)

競争的研究資金獲得実績

  • 名称:橋梁検査ロボットにおける全領域移動手法の確立
    研究課題名:研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム フィージビリティスタディ【FS】ステージ 探索タイプ
    代表者区分:代表者
    研究期間:2012年11月~2013年10月
    形態:受託研究
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 909(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 91(千円)

その他研究資金獲得実績

  • 名称:HORNETによるマンション壁面の主にタイル浮きなどの診断の可能性検討
    研究課題名:HORNETによるマンション壁面の主にタイル浮きなどの診断の可能性検討
    代表者区分:代表者
    研究期間:2015年04月~2017年03月
    形態:教育研究奨励寄附
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 900(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 100(千円)
  • 名称:バイリムによる鋼床版Uリブ溶接部の疲労損傷を検知・撮影する技術開発
    研究課題名:バイリムによる鋼床版Uリブ溶接部の疲労損傷を検知・撮影する技術開発
    代表者区分:分担者
    研究期間:2014年04月~2016年03月
    形態:共同研究
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1218(千円)
    2年目 600(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 243(千円)
    2年目 120(千円)

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本機械学会
  • 学会名:自動車技術会
    2012年04月~ 関西支部 編集委員会委員
  • 学会名:日本マリンエンジニアリング学会
  • 学会名:エアロ・アクアバイオメカニズム学会
    2015年10月~ 幹事
  • 学会名:日本水中ロボネット
  • 学会名:日本船舶海洋工学会
  • 学会名:ライフサポート学会
  • 学会名:電気化学会
  • 学会名:農業機械学会
  • 学会名:電気自動車研究会
  • 学会名:アジアEV学会

学会等における発表

  • 水面を遊泳する魚ロボットの遠隔操縦
    発表年月:2016年03月
    発表会議名:エアロ・アクアバイオメカニズム学会 第34回定例講演会
    学会発表区分:国内
  • 狭隘な環境で走行できる磁石式ロボットの開発
    発表年月:2016年03月
    発表会議名:日本機械学会関西支部 第91 期定時総会講演会
    学会発表区分:国内
  • 構造物壁面検査ロボットHORNET における目視検査実現へ向けた検討
    発表年月:2016年03月
    発表会議名:日本機械学会関西支部 第91 期定時総会講演会
    学会発表区分:国内
  • 添接部を走行可能な橋梁検査ロボット(BIREM–III)の開発
    発表年月:2015年11月
    発表会議名:第14回 評価・診断に関するシンポジウム
    学会発表区分:国内
  • CFD 解析による艪の断面形状が和船の推進性能に及ぼす影響の検討
    発表年月:2015年09月
    発表会議名:2015年度日本機械学会年次大会
    学会発表区分:国内
  • 構造物壁面検査ロボットHORNETの消費電力低減に向けた検討
    発表年月:2015年09月
    発表会議名:第15回建設ロボットシンポジウム
    学会発表区分:国内
  • 永久磁石式リムレスホイールを用いた移動ロボットの運動解析
    発表年月:2015年05月
    発表会議名:ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto
    学会発表区分:国内
  • 構造物壁面検査ロボット HORNET の開発
    発表年月:2015年05月
    発表会議名:ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto
    学会発表区分:国内
  • スピーカーとマイクロホンを用いた位置検出システムによるロボットの位置推定
    発表年月:2015年05月
    発表会議名:ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto
    学会発表区分:国内
  • 2 つの関節を持った小型魚ロボットにおける位相差が逆カルマン渦列に及ぼす影響
    発表年月:2015年05月
    発表会議名:ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto
    学会発表区分:国内
  • 艪の断面形状が和船の推進力に及ぼす影響
    発表年月:2015年05月
    発表会議名:ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 in Kyoto
    学会発表区分:国内
  • Study on Locomotion Mechanisms of an outer- pipe Inspection Robot
    発表年月:2014年11月
    発表会議名:The 6th International Conference on Positioning Technology (ICPT2014)
    学会発表区分:日本
  • 橋梁検査ロボット・バイリムと今後の展開
    発表年月:2014年12月
    発表会議名:関西大学研究拠点形成支援経費「脳認知ロボティクスによる橋梁診断スキームの構築」シンポジウム (招待講演)
    学会発表区分:国内
  • レーザーと小型カメラを搭載した魚ロボットの目標物検出
    発表年月:2015年03月
    発表会議名:日本機械学会関西支部第90 期定時総会講演会
    学会発表区分:国内
  • 小型魚ロボットに搭載したカメラによる淡水魚撮影の実現
    発表年月:2015年03月
    発表会議名:日本機械学会関西支部第90 期定時総会講演会
    学会発表区分:国内
  • コンクリート壁移動ロボットHORNETにおける壁面状態と消費電力の関係
    発表年月:2015年03月
    発表会議名:日本機械学会 関西学生会平成26年度学生員卒業研究発表講演会
    学会発表区分:国内
  • スピーカーとマイクロホンを用いたロボットの位置検出システム
    発表年月:2015年03月
    発表会議名:日本機械学会 関西学生会平成26年度学生員卒業研究発表講演会
    学会発表区分:国内
  • 永久磁石を用いた橋梁検査ロボット(BIREM)の実環境への適応可能性
    発表年月:2014年12月
    発表会議名:第13回評価・診断に関するシンポジウム
    学会発表区分:国内
  • 狭窄部のある矩形流路内の脈動流を対象とした流動解析
    発表年月:2014年10月
    発表会議名:日本伝熱学会北陸信越支部 秋季セミナー
    学会発表区分:国内
  • 永久磁石を用いた橋梁検査ロボットの走破能力向上
    発表年月:2014年05月
    発表会議名:ロボティクス・メカトロニクス講演会2014
    学会発表区分:国内
  • 尾ひれ推進の際に生じるヨー運動が魚ロボットの推進性能に与える影響の検討
    発表年月:2014年03月
    発表会議名:日本機械学会関西支部第 89 期定時総会講演会
    学会発表区分:国内
  • 小型魚ロボットFOCUS における目標物追従と遊泳経路取得の実現
    発表年月:2014年03月
    発表会議名:日本機械学会関西支部第 89 期定時総会講演会
    学会発表区分:国内
  • 水の脈動流を対象とした面計測MLDV 計測結果とCFD 解析結果の比較検討
    発表年月:2014年03月
    発表会議名:日本機械学会 関西学生会平成25年度学生員卒業研究発表講演会
    学会発表区分:国内
  • 永久磁石を用いた橋梁検査ロボットの走破能力評価
    発表年月:2013年12月
    発表会議名:第12回 評価・診断に関するシンポジウム
    学会発表区分:国内
  • レーザレンジセンサを搭載した橋梁検査ロボットによる橋梁環境場の立体格子地図作成法
    発表年月:2013年05月
    発表会議名:ロボティクス・メカトロニクス講演会2013
    学会発表区分:国内
  • 各アクチュエータの位相差と尾ひれの素材が魚ロボットの推進性能に及ぼす影響
    発表年月:2013年05月
    発表会議名:ロボティクス・メカトロニクス講演会2013
    学会発表区分:国内
  • レーザドップラー 流速分布測定装置の生体計測への応用(皮膚癌部位の早期画像評価)
    発表年月:2013年03月
    発表会議名:日本機械学会 北陸信越支部 第50期総会・講演会
    学会発表区分:国内
  • オフロード環境下における走行可能な経路の作成
    発表年月:2013年03月
    発表会議名:日本機械学会関西支部第 88 期定時総会講演会
    学会発表区分:国内
  • 永久磁石式橋梁検査ロボットにおける移動機構部の運動性能
    発表年月:2013年03月
    発表会議名:日本機械学会 関西学生会平成24年度学生員卒業研究発表講演会
    学会発表区分:国内
  • 複雑立体環境場を活動対象とする橋梁検査ロボットの運動機構に関する研究
    発表年月:2012年12月
    発表会議名:第11回 評価・診断に関するシンポジウム
    学会発表区分:国内
  • Analysis for Flow around a Fish Robot by Three-dimensional Fluid-structure Simulation and Evaluation of the Propulsive Performance
    発表年月:2012年08月
    発表会議名:ISABMEC2012
    学会発表区分:台湾
  • カメラ画像に基づいた遠隔制御が可能な小型魚ロボットの開発
    発表年月:2012年05月
    発表会議名:ROBOMEC2012
    学会発表区分:国内
  • 少数のアクチュエータで水陸両用が可能な小型イモリロボットの開発
    発表年月:2012年05月
    発表会議名:ROBOMEC2012
    学会発表区分:国内
  • カメラを搭載した車両型ロボットを用いた交差点での歩行者支援
    発表年月:2012年05月
    発表会議名:ROBOMEC2012
    学会発表区分:国内
  • 柔軟体を対象とする3次元流体・構造連成計算手法の確立(水棲動物の模擬ロボットの動作とその周りの流動解析)
    発表年月:2012年03月
    発表会議名:日本機械学会 関西支部第87期定時総会講演会
    学会発表区分:国内
  • 多管式熱交換器における管外壁のバイオフィルムを除去するアクアロボットの開発
    発表年月:2012年03月
    発表会議名:日本機械学会 関西学生会平成23年度学生員卒業研究発表講演会
    学会発表区分:国内
  • 小型魚ロボットFOCUSによる目標追従および自己位置推定
    発表年月:2012年03月
    発表会議名:日本機械学会関西支部第87期定時総会講演会
    学会発表区分:国内
  • 様々な手段で生成した計算格子による3 次元血流シミュレーション
    発表年月:2012年03月
    発表会議名:日本機械学会 関西支部第87 期定時総会講演会
    学会発表区分:国内
  • 高齢者補助ロボットによる夜間歩行時の危険認識
    発表年月:2012年03月
    発表会議名:日本機械学会 関西支部第87期定時総会講演会
    学会発表区分:国内
  • Development of Small Fish Robot with Built-in Fuel Cells
    発表年月:2010年10月
    発表会議名:Techno-Ocean2010
    学会発表区分:日本
  • 目標物探索を目的としたFPGAとCMOSカメラを搭載した小型魚ロボットの開発  (招待講演)
    発表年月:2011年10月
    発表会議名:第27回エアロ・アクアバイオメカニズム研究会講演会
    学会発表区分:国内
  • 小型魚ロボットにおける尾ひれの柔軟性と動作周波数が推進性能に及ぼす影響
    発表年月:2011年05月
    発表会議名:ROBOMEC2011
    学会発表区分:国内
  • 高低差情報を含む立体地図を用いた移動経路の作成
    発表年月:2011年05月
    発表会議名:ROBOMEC2011
    学会発表区分:国内

教育活動

担当教育の概要

  • ロボット運動学、メカトロニクス、コンピュータプログラミングを担当しています。ロボットは各関節に駆動装置を備えた機械です。さて、駆動装置でロボットの各関節を動かしたら、その結果、ロボットはどのように動くのでしょうか、というところを考えるのがロボット運動学です。駆動装置を動かすために必要な知識がメカトロニクスで、さらに、マイコンなどでプログラム通りにロボットを動かすためには、当然ながらコンピュータプログラミングの知識も必要です。

担当講義

  • 担当年度:2015年
    授業科目名:特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:メカトロニクス特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:コンピュータプログラミング法
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:エンジニアリングデザイン
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:機械工学実験
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:機械設計製作実習
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:ロボット運動学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:メカトロニクス特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:コンピュータプログラミング法
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:エンジニアリングデザイン (まとめ役)
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:機械工学実験
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:機械設計製作実習
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:メカトロニクス工学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:ロボット運動学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:メカトロニクス特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:エンジニアリングデザイン
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:機械工学実験
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:機械設計製作実習
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:メカトロニクス工学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:ロボット運動学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:メカトロニクス特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:エンジニアリングデザイン
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:機械工学実験
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:機械設計製作実習
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:メカトロニクス工学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:ロボット運動学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:メカトロニクス特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:機械工学実験
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:機械設計製作実習
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:メカトロニクス工学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:ロボット運動学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:技術と環境
    講義区分:共通
  • 担当年度:2009年
    授業科目名:制御工学Ⅱ
    講義区分:専門

教育活動実績

  • 担当年度:2011
    博士課程学生指導数【前期:5人】
    博士課程学生指導数【後期:1人】
    修士論文審査数【主査:3】
    修士論文審査数【副査:2】
    博士論文審査数【主査:0】
    博士論文審査数【副査:0】
    卒論指導数:2
    卒論審査数:2
    FD活動内容:学部専門科目、ロボット運動学とメカトロニクス工学の立ち上げ時期に相当した。また、大学院講義科目メカトロニクス特論について、パソコン用DVDドライブ内に存在するDCブラシレスモータを各学生にマイコンで制御させる内容を実施した。

産学官連携可能情報

専門分野

  • 知能機械学・機械システム

所属研究部門

  • 工学研究科 機械物理系専攻(機械工学)

交流可能研究テーマ

  • 手のひらサイズで遠隔操縦できるロボット
    研究テーマの分野:機械工学

現在の研究課題

  • 課題名:橋梁検査ロボットの開発
    研究分野:知能機械学・機械システム、機械力学・制御
    キーワード:ロボット工学
  • 課題名:調査用魚ロボットの実現に向けた研究
    研究分野:知能機械学・機械システム、機械力学・制御、生物・生体工学
    キーワード:アクアロボット、魚、遊泳メカニズム
  • 課題名:血流シミュレーション
    研究分野:流体工学、血液内科学
    キーワード:血流、CFD、生体機能

電子メールアドレス

  • takada@mech.eng.osaka-cu.ac.jp

交流研究テーマ情報

交流可能研究テーマ

  • 手のひらサイズで遠隔操縦できるロボット
    研究テーマの分野:機械工学
    研究テーマの概要:手のひらサイズで遠隔操縦できるロボット
    交流可能な時期・期間:2016年から可能
    交流の種別:共同研究、講演、受託研究、技術相談
    知識・技術の活用分野・応用方法等:狭い所や高い所で検査できる小型軽量ロボットの開発を得意とします。
    キーワード:ロボット、メカトロ、FPGA、ハードウェア記述言語、遠隔操縦
    共同研究の希望:産学連携等、民間を含む他機関との共同研究を希望する

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。