大阪市立大学 研究者要覧


中村 英樹(ナカムラ ヒデキ)NAKAMURA Hideki

  • 所属研究科・専攻:経済学研究科 現代経済専攻(市場・制度経済研究分野) 職名:教授
更新日:2016/01/20

プロフィール

主な取得学位

  • 学術博士

主な専門分野

  • 計量経済学

主な経歴

取得学位

  • 学術博士

学歴

  • 筑波大学 社会工学研究科 計量計画学 博士課程

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 計量経済学

現在の研究課題

  • 課題名:経済学成長に関する実証分析
    研究分野:経済理論、経済統計学

主要な研究業績

著書・論文

  • 国際マクロ経済学における実証分析
    種別:論文
    出版年月:1995年
    出版社:筑波大学博士論文
  • An Empirical Reexamination of the Solow Growth Model
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2001年
    出版社:The Journal of the Japanese and International Economies
    巻/号、頁:15巻3号323-340頁
  • Testing the structural stability of a risk aversion parameter in the forcign exchange market
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:1996年
    出版社:The Japanese Economic Review
    巻/号、頁:47巻3号286-296頁
  • The "Spite" dilemma in voluntary contribution mechanism experiments
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1995年
    出版社:The Journal of Conflict Resolution
    巻/号、頁:39巻3号535-560頁
    共著者名:Tatsuyoshi Saijo
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • 国際マクロ経済学における実証分析
    種別:論文
    出版年月:1995年
    出版社:筑波大学博士論文
  • An Empirical Reexamination of the Solow Growth Model
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2001年
    出版社:The Journal of the Japanese and International Economies
    巻/号、頁:15巻3号323-340頁
  • Testing the structural stability of a risk aversion parameter in the forcign exchange market
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:1996年
    出版社:The Japanese Economic Review
    巻/号、頁:47巻3号286-296頁
  • The "Spite" dilemma in voluntary contribution mechanism experiments
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1995年
    出版社:The Journal of Conflict Resolution
    巻/号、頁:39巻3号535-560頁
    共著者名:Tatsuyoshi Saijo

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本経済学会

産学官連携可能情報

専門分野

  • 計量経済学

所属研究部門

  • 経済学研究科 現代経済専攻(市場・制度経済研究分野)

現在の研究課題

  • 課題名:経済学成長に関する実証分析
    研究分野:経済理論、経済統計学

電子メールアドレス

  • hnakamur@econ.osaka-cu.ac.jp

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。