大阪市立大学 研究者要覧


小柳 光正(コヤナギ ミツマサ)KOYANAGI Mitsumasa

更新日:2016/01/20

プロフィール

主な取得学位

  • 博士(理学)

主な専門分野

  • 分子進化学

現在の研究概要

  • 動物は光を視覚や生物時計のリセットなど様々な形で利用しています。私は、光感覚の進化や多様性に興味をもって研究を行っています。動物はいつから光感覚を持ったのか?、最初はどのようなシステムだったのか?。また、私たちは視覚以外にも光や色を感じて何かに利用しているのではないか?といった疑問にDNAやタンパク質の解析からアプローチしています。

個人URL HP

主な経歴

取得学位

  • 博士(理学)

学歴

  • 京都大学 理学研究科 生物物理学専攻 博士課程
  • 京都大学 理学部

職歴

  • 2004-2006年 大阪大学/助手
  • 2006-年 大阪市立大学/講師

受賞学術賞

  • 2006年 日本比較生理生化学会 吉田奨励賞

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 分子進化学
  • 光生物学

現在の研究課題

  • 課題名:動物の光受容システムの起源及び多様性の解明
    研究分野:動物生理・代謝
    キーワード:光受容、ロドプシン
  • 課題名:視覚以外での色識別メカニズムとその生理的役割の解明
    研究分野:動物生理・代謝
    キーワード:眼外光受容、ロドプシン、色覚

現在の研究概要

  • 動物は光を視覚や生物時計のリセットなど様々な形で利用しています。私は、光感覚の進化や多様性に興味をもって研究を行っています。動物はいつから光感覚を持ったのか?、最初はどのようなシステムだったのか?。また、私たちは視覚以外にも光や色を感じて何かに利用しているのではないか?といった疑問にDNAやタンパク質の解析からアプローチしています。

主要な研究業績

著書・論文

  • Molecular evolution of arthropod color vision deduced from multiple opsin genes of jumping spiders
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:Journal of Molecular Evolution / Springer-Verlag New York Inc.
    巻/号、頁:66巻130-137頁
    共著者名: M. Koyanagi, T. Nagata, K. Katoh, S. Yamashita, F. Tokunaga
  • Immunohistochemical characterization of a parapinopsin-containing photoreceptor cell involved in the ultraviolet/green discrimination in the pineal organ of the river lamprey Lethenteron japonicum.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Journal of Experimental Biology / The Company of Biologists
    巻/号、頁:210巻3821-3829頁
    共著者名:E. Kawano-Yamashita, A. Terakita, M. Koyanagi, Y. Shichida, T. Oishi, S. Tamotsu
  • Cephalochordate melanopsin: Evolutionary linkage between invertebrate visual cells and vertebrate photosensitive retinal ganglion cells.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Curr. Biol.
    巻/号、頁:15巻11号1065-1069頁
    共著者名:Koyanagi M., Kubokawa K., Tsukamoto H., Shichida Y., Terakita A.
  • Bistable UV pigment in the lamprey pineal.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Proc. Natl. Acad. Sci. USA
    巻/号、頁:101巻17号6687-6691頁
    共著者名:Koyanagi M., Kawano E., Kinugawa Y., Oishi T., Shichida Y., Tamotsu S., Terakita A.
  • Counterion displacement in the molecular evolution of the rhodopsin family.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Nat. Struct. Mol. Biol.
    巻/号、頁:3巻284-289頁
    共著者名:Terakita A., Koyanagi M., Tsukamoto H., Yamashita T., Miyata T., Shichida Y.
  • Amphioxus homologs of Go-coupled rhodopsin and peropsin having 11-cis- and all-trans-retinals as their chromophores.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:FEBS Lett.
    巻/号、頁:531巻3号525-528頁
    共著者名:Koyanagi M., Terakita A., Kubokawa K., Shichida Y.
  • Extensive gene duplication in the early evolution of animals before parazoan-eumetazoan split demonstrated by G proteins and protein tyrosine kinases from sponge and hydra.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:J. Mol. Evol.
    巻/号、頁:48巻646-653頁
    共著者名:Suga H., Koyanagi M., Hoshiyama D., Ono K., Iwabe N., Kuma K., Miyata T.
  • Sponge Pax cDNA related to Pax-2/5/8 and ancient gene duplications in the Pax family.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:J. Mol. Evol.
    巻/号、頁:47巻640-648頁
    共著者名:Hoshiyama D., Suga H., Iwabe N., Koyanagi M., Nikoh N., Kuma K., Matsuda F., Honjo T., Miyata T.
  • Phospholipase C cDNAs from sponge and hydra: antiquity of genes involved in the inositol phospholipid signaling pathway.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:FEBS Lett.
    巻/号、頁:439巻66-70頁
    共著者名:Koyanagi M., Ono K., Suga H., Iwabe N., Miyata T
  • Ancient gene duplication and domain shuffling in the animal cyclic nucleotide phosphodiesterase family.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:FEBS Lett.
    巻/号、頁:436巻323-328頁
    共著者名:Koyanagi M., Suga H., Hoshiyama D., Ono K., Iwabe N., Kuma K., Miyata T.
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • Molecular evolution of arthropod color vision deduced from multiple opsin genes of jumping spiders
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:Journal of Molecular Evolution / Springer-Verlag New York Inc.
    巻/号、頁:66巻130-137頁
    共著者名: M. Koyanagi, T. Nagata, K. Katoh, S. Yamashita, F. Tokunaga
  • Immunohistochemical characterization of a parapinopsin-containing photoreceptor cell involved in the ultraviolet/green discrimination in the pineal organ of the river lamprey Lethenteron japonicum.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Journal of Experimental Biology / The Company of Biologists
    巻/号、頁:210巻3821-3829頁
    共著者名:E. Kawano-Yamashita, A. Terakita, M. Koyanagi, Y. Shichida, T. Oishi, S. Tamotsu
  • Cephalochordate melanopsin: Evolutionary linkage between invertebrate visual cells and vertebrate photosensitive retinal ganglion cells.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Curr. Biol.
    巻/号、頁:15巻11号1065-1069頁
    共著者名:Koyanagi M., Kubokawa K., Tsukamoto H., Shichida Y., Terakita A.
  • Bistable UV pigment in the lamprey pineal.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Proc. Natl. Acad. Sci. USA
    巻/号、頁:101巻17号6687-6691頁
    共著者名:Koyanagi M., Kawano E., Kinugawa Y., Oishi T., Shichida Y., Tamotsu S., Terakita A.
  • Counterion displacement in the molecular evolution of the rhodopsin family.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Nat. Struct. Mol. Biol.
    巻/号、頁:3巻284-289頁
    共著者名:Terakita A., Koyanagi M., Tsukamoto H., Yamashita T., Miyata T., Shichida Y.
  • Amphioxus homologs of Go-coupled rhodopsin and peropsin having 11-cis- and all-trans-retinals as their chromophores.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:FEBS Lett.
    巻/号、頁:531巻3号525-528頁
    共著者名:Koyanagi M., Terakita A., Kubokawa K., Shichida Y.
  • Extensive gene duplication in the early evolution of animals before parazoan-eumetazoan split demonstrated by G proteins and protein tyrosine kinases from sponge and hydra.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:J. Mol. Evol.
    巻/号、頁:48巻646-653頁
    共著者名:Suga H., Koyanagi M., Hoshiyama D., Ono K., Iwabe N., Kuma K., Miyata T.
  • Sponge Pax cDNA related to Pax-2/5/8 and ancient gene duplications in the Pax family.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:J. Mol. Evol.
    巻/号、頁:47巻640-648頁
    共著者名:Hoshiyama D., Suga H., Iwabe N., Koyanagi M., Nikoh N., Kuma K., Matsuda F., Honjo T., Miyata T.
  • Phospholipase C cDNAs from sponge and hydra: antiquity of genes involved in the inositol phospholipid signaling pathway.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:FEBS Lett.
    巻/号、頁:439巻66-70頁
    共著者名:Koyanagi M., Ono K., Suga H., Iwabe N., Miyata T
  • Ancient gene duplication and domain shuffling in the animal cyclic nucleotide phosphodiesterase family.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:FEBS Lett.
    巻/号、頁:436巻323-328頁
    共著者名:Koyanagi M., Suga H., Hoshiyama D., Ono K., Iwabe N., Kuma K., Miyata T.
  • Intermittent divergence of the protein tyrosine kinase family during animal evolution.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1997年
    出版社:FEBS Lett.
    巻/号、頁:412巻540-546頁
    共著者名:Suga H., Kuma K., Iwabe N., Nikoh N., Ono K., Koyanagi M., Hoshiyama D., Miyata T.

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本動物学会
    2007年~ 近畿支部委員
  • 学会名:日本比較生理生化学会
    2006年~ 評議員
  • 学会名:日本進化学会
  • 学会名:日本分子生物学会

教育活動

担当教育の概要

  • 生命機能に重要な役割を果たすタンパク質について、その多様性を系統的に理解することを目指す。

担当講義

  • 授業科目名:生物化学II
    講義区分:専門
  • 授業科目名:専門生物学実験
    講義区分:専門
  • 授業科目名:生物学実験B
    講義区分:共通

産学官連携可能情報

専門分野

  • 分子進化学

所属研究部門

  • 理学研究科 生物地球系専攻(生物分子機能学)

現在の研究課題

  • 課題名:動物の光受容システムの起源及び多様性の解明
    研究分野:動物生理・代謝
    キーワード:光受容、ロドプシン
  • 課題名:視覚以外での色識別メカニズムとその生理的役割の解明
    研究分野:動物生理・代謝
    キーワード:眼外光受容、ロドプシン、色覚

個人URL HP


Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。