大阪市立大学 研究者要覧


幸田 正典(コウダ マサノリ)KOHDA Masanori

  • 所属研究科・専攻:理学研究科 生物地球系専攻(自然誌機能生物学) 職名:教授
更新日:2016/01/20

プロフィール

主な取得学位

  • 博士(理学)

主な専門分野

  • 行動生態学

主な経歴

取得学位

  • 博士(理学)

学歴

  • 京都大学 理学研究科 動物学 博士課程
  • 鹿児島大学 水産学部 増殖学科

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 行動生態学
  • 動物生態学

現在の研究課題

  • 課題名:魚類における協同繁殖の解明:特に協同的一妻多夫魚における雌雄の対立.注目している点は雄間の競争と協調および雌による雄の受精の操作である
    研究分野:生態
    キーワード:協同繁殖、雄間競争、雌による受精の操作
  • 課題名:魚類の環境性決定機構とその適応的意義
    研究分野:生態、動物生理・代謝
    キーワード:環境、性決定
  • 課題名:熱帯湖における魚類群集の多様性に関する研究
    研究分野:生態
    キーワード:種多様性、生態的地位、適応放散

主要な研究業績

著書・論文

  • Individual Specialized foraging repertoires in the piscivorous cichlid fish Lepidiolamprologus profundicola
    出版年月:1994年
    出版社:Animal Behavior
    巻/号、頁:48巻1123-1131頁
  • The effect of feeding habitats on dietary shifts during the growth in a benthophagous suction-feeding fish.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:Zoological Science
    巻/号、頁:19巻709-714頁
    共著者名:Matsumoto K., Kohda M.
  • Seasonal sex role changes in the blenniid Petroscirtes breviceps, a nest brooder with paternal care.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:J Fish Biol
    巻/号、頁:69巻203-214頁
  • The effect of body size on mating system and parental roles in a biparental cichlid fish (Julidochromis transcriptus): a preliminary laboratory experiment.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Journal of Ethology
    巻/号、頁:24巻125-132頁
    共著者名:Awata S, Takeuchi H, Kohda M
  • Testis size depends on social status and the presence of male helpers in the cooperatively breeding cichlid Julidochromis ornatus.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Behavioral Ecology
    巻/号、頁:17巻372-379頁
    共著者名:Awata S, Heg D, Munehara H, Kohda M
  • Description of alternative male reproductive tactics in a shell-brooding cichlid, Telmatochromis vittatus, in Lake Tanganyika.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Journal of Ethology
    巻/号、頁:24巻9-15頁
    共著者名:Ota K, Kohda M
  • Nest use by territorial males in a shell brooding cichlids: the effect of reproductive parasitism.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Journal of Ethology
    巻/号、頁:24巻91-95頁
    共著者名:Ota K, Kohda M
  • Alternative male mating tactics of the substrate brooding cichlid elmatochromis temporalis in Lake Tanganyhika.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Zoological Science
    巻/号、頁:22巻555-561頁
    共著者名:Katoh R, Munehara H, Kohda M
  • Social system and reproduction of helpers in a cooperatively breeding cichlid fish (Julidochromis ornatus) in Lake Tanganyika: field observations and parentage analyses.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Behavioural Ecology Sociobiology
    巻/号、頁:58巻506-516頁
    共著者名:Awata, S., Munehara, H., Kohda, M.
  • Preliminary study on female choice of mates versus sites in a wrasse Cirrhilabrus temminckii
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Ichthyological Research
    巻/号、頁:52巻406-409頁
    共著者名:Kohda M, Sasaki K, Sakai Y, Ohnishi N, Matsumoto K
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • Individual Specialized foraging repertoires in the piscivorous cichlid fish Lepidiolamprologus profundicola
    出版年月:1994年
    出版社:Animal Behavior
    巻/号、頁:48巻1123-1131頁
  • The effect of feeding habitats on dietary shifts during the growth in a benthophagous suction-feeding fish.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:Zoological Science
    巻/号、頁:19巻709-714頁
    共著者名:Matsumoto K., Kohda M.
  • Seasonal sex role changes in the blenniid Petroscirtes breviceps, a nest brooder with paternal care.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:J Fish Biol
    巻/号、頁:69巻203-214頁
  • The effect of body size on mating system and parental roles in a biparental cichlid fish (Julidochromis transcriptus): a preliminary laboratory experiment.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Journal of Ethology
    巻/号、頁:24巻125-132頁
    共著者名:Awata S, Takeuchi H, Kohda M
  • Testis size depends on social status and the presence of male helpers in the cooperatively breeding cichlid Julidochromis ornatus.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Behavioral Ecology
    巻/号、頁:17巻372-379頁
    共著者名:Awata S, Heg D, Munehara H, Kohda M
  • Description of alternative male reproductive tactics in a shell-brooding cichlid, Telmatochromis vittatus, in Lake Tanganyika.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Journal of Ethology
    巻/号、頁:24巻9-15頁
    共著者名:Ota K, Kohda M
  • Nest use by territorial males in a shell brooding cichlids: the effect of reproductive parasitism.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Journal of Ethology
    巻/号、頁:24巻91-95頁
    共著者名:Ota K, Kohda M
  • Alternative male mating tactics of the substrate brooding cichlid elmatochromis temporalis in Lake Tanganyhika.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Zoological Science
    巻/号、頁:22巻555-561頁
    共著者名:Katoh R, Munehara H, Kohda M
  • Social system and reproduction of helpers in a cooperatively breeding cichlid fish (Julidochromis ornatus) in Lake Tanganyika: field observations and parentage analyses.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Behavioural Ecology Sociobiology
    巻/号、頁:58巻506-516頁
    共著者名:Awata, S., Munehara, H., Kohda, M.
  • Preliminary study on female choice of mates versus sites in a wrasse Cirrhilabrus temminckii
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Ichthyological Research
    巻/号、頁:52巻406-409頁
    共著者名:Kohda M, Sasaki K, Sakai Y, Ohnishi N, Matsumoto K
  • Why egg-guarding males of Isaza (Gymnogobius isaza Gobiidae) refuse additional females: preliminary field observations.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Journal of Ethology
    巻/号、頁:22巻155-159頁
    共著者名:Takahashi D, Asada H, Takeyama T, Takahata M, Katoh R, Awata, S, Kohda M.
  • Parental roles and the amount of care in a bi-parental substrate brooding cichlid: The effect of size differences within pairs
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Behaviour
    巻/号、頁:141巻1135-1149頁
    共著者名:Awata S., Kohda M.
  • A new hypothesis for species coexistence: male-male replusion promotes coexistence of competing species.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Population Ecology
    巻/号、頁:46巻213-217頁
    共著者名:Mikami O., Kohda M., kawata M.
  • Courtship in fast water currents by a male stream goby communicates the paternal quality.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Behavioural ecology and Sociobiology
    巻/号、頁:55巻431-438頁
    共著者名:Takahashi D., kohda M.
  • Territorial defense against various food competitors in the Tanganyikan benthophagous cichlid Neolamprologus tetracanthus.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Ichthyological Research
    巻/号、頁:51巻354-359頁
    共著者名:Matsumoto K., Kohda M.
  • Male reproductive success in a promiscuous armoured catfish Corydoras aeneus (Callichthidae).
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:Environmental Biology of Fishes
    巻/号、頁:63巻281-287頁
    共著者名:Kohda M., Yonebayashi K., Nakamura M., Ohnishi N., Seki S., Takahashi D., Takeyama T.
  • Female preference for nest size in the stream goby Rhinogobius sp. DA.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:Zoological Science
    巻/号、頁:19巻1241-1244頁
    共著者名:Takahashi D., Kohda M.
  • Females of a stream goby choose mates that court in fast water current.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Behaviour
    巻/号、頁:138巻937-946頁
    共著者名:Takahashi D., Kohda M.
  • Effect of changing harem on timing of sex change in female cleaner fish Labroides dimidiatus.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Animal Behaviour
    巻/号、頁:62巻251-257頁
    共著者名:Sakai Y., Kohda M., Kuwamura T.
  • Piracy mating by large males in a monogamous substrate-breeding cichlid in Lake Tanganyika
    出版年月:1999年
    出版社:Journal of Ethology
    巻/号、頁:17巻51-59頁
  • Spawning timing and sites of parturition of the viviparous scorpionfish ┣DBSebastiscus(/)-┫DB ┣DBmarmoratus(/)-┫DB
    出版年月:1998年
    出版社:Environmental Biology of Fishes
    巻/号、頁:52巻225-229頁
  • Inter-population variation in the mating system of a substrate-breeding cichlid in Lake Tanganyika
    出版年月:1998年
    出版社:Journal of Ethotogy
    巻/号、頁:16巻123-127頁
  • Asymmetry of mouth-opening of a small herbivorous cichlid fish ┣DBTelmatochromis(/)-┫DB ┣DBtemporalis(/)-┫DB in Lake Tanganyika
    出版年月:1998年
    出版社:Zoological Science
    巻/号、頁:15巻405-408頁
  • 奈良県及びその周辺域での移入魚タウナギの分布拡大
    出版年月:1998年
    出版社:日本生態学会誌
    巻/号、頁:48巻107-116頁
  • Harem structure of the protogynous angelfish, centropyge ferrugatus(Pomacanthidae)
    出版年月:1997年
    出版社:Environmental Biology of Fishes
    巻/号、頁:49巻333-339頁
  • Fish communities in Lake Tanganyika
    種別:著書
    出版年月:1997年
    出版社:京都大学出版会
  • Spawning behavior and reproductive isolation of two species of ┣DBPseudolabrus(/)-┫DB
    出版年月:1997年
    出版社:Ichthyological Research
    巻/号、頁:44巻379-384頁
  • Sneaking by harem masters of the sandperch, ┣DBParapercis(/)-┫DB ┣DBsnyderi(/)-┫DB
    出版年月:1997年
    出版社:Environmental Biology of Fishes
    巻/号、頁:49巻333-339頁
  • Geographical colour variation of cichlid fishes at the southern and of Lake Tanganyika
    出版年月:1996年
    出版社:Environmental Biology of Fishes
    巻/号、頁:45巻13-20頁
  • Overlapping territory of the benthophagous cichlid, Lobochilotes labiatus in Lake Tanganyika.
    出版年月:1996年
    出版社:Environmental Biology of Fishes
    巻/号、頁:45巻13-20頁
  • Male mating effort in the viviparous scorpionfish, Sebastiscus marmoratus
    出版年月:1996年
    出版社:Ichtyological Research
    巻/号、頁:43巻3号247-255頁
  • Group foraging by the herbivorous cichlid fish, Petrochromis fasciatus in Lake Tanganyika.
    出版年月:1996年
    出版社:Ichthyological Research
    巻/号、頁:43巻55-63頁
  • A damselfish living for more than 15 years : a longevity record for small reef fishes
    出版年月:1996年
    出版社:Ichthyological Research
    巻/号、頁:43巻4号459-462頁
  • Is the cichlid fish Julido chromis marlieri polyandrous?
    出版年月:1996年
    出版社:Ichthyological Research
    巻/号、頁:43巻4号469-471頁
  • Sperm drinking by female catfishes : a novel mode of insemination
    出版年月:1995年
    出版社:Environmental Biology of Fishes
    巻/号、頁:42巻1-6頁
  • Does male-mating attack in the herbivorous cichlid Petrochromis polyodon facilitate the coexistence of herbivorous congeners?
    出版年月:1995年
    出版社:Ecology of Freshwater Fish
    巻/号、頁:4巻152-159頁
  • Territoriality of male cichlid fishes in Lake Tanganyika.
    出版年月:1995年
    出版社:Ecology of Freshwater Fish
    巻/号、頁:4巻180-184頁
  • Anti-egg predator behaviors of the small angelfish, Centropygy ferrugatus.
    出版年月:1995年
    出版社:Environmental Biology of Fishes
    巻/号、頁:43巻401-405頁
  • Pale and dark dichromatism related to microhabitat in a herbivorous Tanganyikan cichlid fish, Telmatochromis temporalis
    出版年月:1995年
    出版社:J. of Ethology
    巻/号、頁:13巻77-82頁
  • Foraging by mixed-species groups involving small angelfish, Centropygy ferrugatus(Pomacanthidae)
    出版年月:1995年
    出版社:Japanese J. of Ichthyology
    巻/号、頁:41巻429-435頁
  • Territorial attacks against larger heterospecific intruders in cichlid fishes in Lake Tanganyika.
    出版年月:1994年
    出版社:African study Monograph
    巻/号、頁:15巻69-75頁
  • Dichromatism in relation to the trophic biology of predatory cichlid fishes in Lake Tanganyika, East Africa.
    出版年月:1993年
    出版社:J. zoology, London
    巻/号、頁:229巻447-455頁
  • タンガニイカ湖の魚たち-多様性の謎を探る
    種別:著書
    出版年月:1993年
    出版社:平凡社
  • Vertical distributions of two herbivorous cichlid fishes of the genus Tropheus in Lake Tanganyika, Africa.
    出版年月:1992年
    出版社:Ecology of Freshwater Fish
    巻/号、頁:1巻99-103頁
  • Interspecific society among herbivorousfishes in a tropial area
    出版年月:1991年
    出版社:Intecol. Bull.
    巻/号、頁:19巻79-88頁
  • Intra-and interspecific Social organization among three herbivorous cichlid fishes in Lake Tanganyika
    出版年月:1991年
    出版社:Japanese J. Ichthyology
    巻/号、頁:38巻147-163頁
  • Diurnal periodicity of spawning activity of permanently territorial damselfishes(Teleostei : Pomacentridae)
    出版年月:1988年
    出版社:Environmental Biology of Fishes
    巻/号、頁:21巻91-100頁
  • Primate play vocalizations and their functional significance
    出版年月:1988年
    出版社:Folia Primatologica
    巻/号、頁:50巻152-156頁
  • Allomothering behaviour of New and Old World monkeys
    出版年月:1985年
    出版社:Primates
    巻/号、頁:26巻28-44頁
  • Aggresive behaviour of the damselfish Eupomacentrus altus (Teleostei : Pomacentridae) toward the mullet Mugil cephalus.
    出版年月:1984年
    出版社:J. Ethology
    巻/号、頁:2巻141-143頁
  • Intra-and interspecific territoriality of a temperate damselfish, Eupomacentrus altus (Teleostei : Pomacentridae)
    出版年月:1984年
    出版社:Physiology and Ecology, Japan
    巻/号、頁:21巻35-52頁
  • Interspecific territorialily and agonistic behavior of a temperate Pomacentrid fish, Eupomacentrus altus (Pisces : Pomacentridae)
    出版年月:1981年
    出版社:Z. Tierpsychology
    巻/号、頁:56巻205-216頁
  • 魚類の繁殖行動
    種別:著書
    出版年月:0000年
    出版社:東海大学出版社
  • Coexistence of permanently terrilorial cichlids of the genus ┣DBPetrochromis(/)-┫DB through male-mating attack
    出版年月:0000年
    出版社:Environmental Biology of Fishes
    巻/号、頁:52巻231-242頁

フィールドワーク、芸術活動、建築作品等

  • 協同的一妻多夫魚カリノクロミスの繁殖生態 -雄の生活史戦略について-
    研究年月:1999年
  • 協同的一妻多夫魚カリノクロミスの繁殖生態 -雌による授精の操作
    研究年月:1998年
  • タンガニイカ湖産基質産卵魚カリノクロミスの協同的一妻多夫制に関する研究
    研究年月:1996年
  • タンガニイカ湖岩礁域におけるなわばり性藻食魚の共存機構に関する研究
    研究年月:1994年
  • タンガニイカ湖の南端域におけるカワスズメ科魚類の地理的色彩変異に関する調査
    研究年月:1992年
  • タンガニイカ湖の魚食性魚の採食行動における個体変異に関する研究
    研究年月:1989年
  • タンガニイカ湖の藻食性カワスズメ類の種間関係に関する生態調査
    研究年月:1985年
フィールドワーク、芸術活動、建築作品等を全て表示する
フィールドワーク、芸術活動、建築作品等一覧閉じる
  • 協同的一妻多夫魚カリノクロミスの繁殖生態 -雄の生活史戦略について-
    研究年月:1999年
  • 協同的一妻多夫魚カリノクロミスの繁殖生態 -雌による授精の操作
    研究年月:1998年
  • タンガニイカ湖産基質産卵魚カリノクロミスの協同的一妻多夫制に関する研究
    研究年月:1996年
  • タンガニイカ湖岩礁域におけるなわばり性藻食魚の共存機構に関する研究
    研究年月:1994年
  • タンガニイカ湖の南端域におけるカワスズメ科魚類の地理的色彩変異に関する調査
    研究年月:1992年
  • タンガニイカ湖の魚食性魚の採食行動における個体変異に関する研究
    研究年月:1989年
  • タンガニイカ湖の藻食性カワスズメ類の種間関係に関する生態調査
    研究年月:1985年

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本進化学会
  • 学会名:日本魚類学会
    2004年~ 評議員
    2001年~ 編集委員
  • 学会名:日本動物行動学会
    1996年~2000年 編集委員
    2005年~ 運営委員
  • 学会名:日本生態学会
  • 学会名:日本魚類学会

産学官連携可能情報

専門分野

  • 行動生態学

所属研究部門

  • 理学研究科 生物地球系専攻(自然誌機能生物学)

交流可能研究テーマ

  • 河川・湖沼・海浜における生物多様性保全
    研究テーマの分野:環境科学

現在の研究課題

  • 課題名:魚類における協同繁殖の解明:特に協同的一妻多夫魚における雌雄の対立.注目している点は雄間の競争と協調および雌による雄の受精の操作である
    研究分野:生態
    キーワード:協同繁殖、雄間競争、雌による受精の操作
  • 課題名:魚類の環境性決定機構とその適応的意義
    研究分野:生態、動物生理・代謝
    キーワード:環境、性決定
  • 課題名:熱帯湖における魚類群集の多様性に関する研究
    研究分野:生態
    キーワード:種多様性、生態的地位、適応放散

電子メールアドレス

  • maskohda@sci.osaka-cu.ac.jp

交流研究テーマ情報

交流可能研究テーマ

  • 河川・湖沼・海浜における生物多様性保全
    研究テーマの分野:環境科学
    研究テーマの概要:河川や湖沼などの水域生態系における、特に魚類を中心とした多様な生物について、その保全を目的とした生態学的調査。
    交流可能な時期・期間:特に限定されない
    交流の種別:共同研究、調査、技術相談
    知識・技術の活用分野・応用方法等:生物多様性の保全を考える上で、生物の生態学的調査は不可欠であるが、生態調査法全般について。
    中核となる知識・技術・情報等:群集生態学、生態学の野外調査法
    波及効果:市民レベルでの野外調査が、より専門的なものになる。
    キーワード:生物多様性の保全、生態学、野外調査、水域の生物

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。