大阪市立大学 研究者要覧


北村 昌也(キタムラ マサヤ)KITAMURA Masaya

更新日:2017/03/24

プロフィール

主な取得学位

  • 博士(工学)

主な専門分野

  • 応用微生物学・応用生物化学

現在の研究概要

  • 遺伝子工学を用いて生物の持つ遺伝情報を解析したり、有用タンパク質を生産しています。また、その生産系の効率化を目指しています。

個人URL HP

主な経歴

取得学位

  • 博士(工学)
  • 工学修士

学歴

  • 東京大学 工学系研究科 工業化学専攻 博士課程
  • 東京大学 工学部 工業化学科

職歴

  • 2000-2005年 大阪電気通信大学総合情報学部
  • 2001-2002年 大阪電気通信大学工学部第1部
  • 2000年 東北大学大学院工学研究科

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 応用微生物学・応用生物化学
  • 分子生物学

現在の研究課題

  • 課題名:酸化還元タンパク質のタンパク質工学的研究
    研究分野:分子生物学、構造生物化学、応用微生物学・応用生物化学
    キーワード:酸化還元タンパク質、タンパク質工学
  • 課題名:遺伝子工学を用いた有用物質生産
    研究分野:生物・生体工学
    キーワード:遺伝子工学、生産
  • 課題名:硫酸還元菌の遺伝子の解析
    研究分野:分子生物学、応用微生物学・応用生物化学
    キーワード:硫酸還元菌、遺伝子

現在の研究概要

  • 遺伝子工学を用いて生物の持つ遺伝情報を解析したり、有用タンパク質を生産しています。また、その生産系の効率化を目指しています。

主要な研究業績

著書・論文

  • The effects of disappearance of one charge on ultrafast fluorescence dynamics of FMN binding protein
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:J. Phys. Chem.
    巻/号、頁:B114巻18号6175-6182頁
    共著者名:H. Chosrowjan, S. Taniguchi, N. Mataga, M. Kitamura, F. Tanaka et al.
  • Mechanism of photoinduced electron transfer from tyrosine to the excited flavin in the flavodoxin from Helicobacter pylori. A comparative study with the flavodoxin and flavin mononucleotide binding protein from Desulfovibrio vulgaris (Miyazaki F)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年
    出版社:J. Photochem. Photobiol. A: Chem.
    巻/号、頁:268巻58-66頁
    共著者名:K. Lugsanangarm, S. Pianwanit, T. Nakanishi, M. Kitamura, Seiji Taniguchi, and H. Chosrowjan et al.
  • Bell-shape dependence of the rate of ultrafast photoinduced electron transfer from aromatic amino acids to the excited flavin on the donor-acceptor distance in FMN binding proteins
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年
    出版社:Computational and Theoretical Chem.
    巻/号、頁:1030巻9-16頁
    共著者名:N. Nunthaboot, K. Lugsanangarm, F. Tanaka, S. Taniguchi, H. Chosrowjan, T. Nakanishi, and M. Kitamura et al.
  • A key factor for ultrafast rates of photoinduced electron transfer among five flavin mononucleotide binding proteins: Effect of negative, positive, and neutral charges at resudue 13 on the rate
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年03月
    出版社:Bull. Chem. Soc. Jpn.
    巻/号、頁:86巻3号339-350頁
    共著者名:Seiji Taniguchi, Haik Chosrowjan, Fumio Tanaka, Takeshi Nakanishi, Shuta Sato, Yoshihiro Haruyama, and Masaya Kitamura
  • Crystal structure analysis of the translation factor RF3 (release factor 3)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年10月
    出版社:FEBS Lett.
    巻/号、頁:586巻3705-3709頁
    共著者名:Kiyohito Kihira, Yoshihiro Shimizu, Yasuhito Shomura, Naoki Shibata, Masaya Kitamura, Yoshiki Higuchi et al.
  • Flavin-binding of azoreductase: Direct evidences for dual-binding property of apo-azoreductase with FMN and FAD
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年04月
    出版社:J. Mol. Cat. B.
    巻/号、頁:74巻3-4号204-208頁
    共著者名:Toshihiko Ooi, Daiki Ogata, Ken’ichiro Matsumoto, Gen Nakamura, Jian Yu, Min Yao, Masaya Kitamura, and Seiichi Taguchi
  • 目的別で選べる核酸実験の原理とプロトコール
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年06月
    出版社:羊土社
    巻/号、頁:199-212, 213-220頁
    共著者名:平尾一郎, 胡桃坂仁志, 浅川修一, 鈴木勉, 田川陽一, 田口精一 他
    ISBN:4758101806
  • Structure analysis of the flavoredoxin from Desulfovibrio vulgaris Miyazaki F reveals key residues that discriminate the functions and properties of the flavin reductase family
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:FEBS J.
    巻/号、頁:276巻17号4840-4853頁
    共著者名:Naoki Shibata, Daisuke Takeuchi, Youichi Niimura, Masaya Kitamura, Yoshiki Higuchi et al.
  • Cloning and expression of the MutM gene from obligate anaerobic bacterium Desulfovibrio vulgaris (Miyazaki F)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:J. Biochem.
    巻/号、頁:145巻4号525-532頁
    共著者名:H. Sanada, T. Nakanishi, H. Inoue, M. Kitamura
  • Ultrafast Fluorescence Dynamics of FMN-binding Protein from Desulfovibrio vulgaris (Miyazaki F) and its Site-directed mutated Proteins
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:Chem. Phys. Lett.
    巻/号、頁:462巻1-3号121-124頁
    共著者名:H. Chosrowjan, S. Taniguchi, N. Mataga, F. Tanaka, M. Kitamura et al.
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • The effects of disappearance of one charge on ultrafast fluorescence dynamics of FMN binding protein
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:J. Phys. Chem.
    巻/号、頁:B114巻18号6175-6182頁
    共著者名:H. Chosrowjan, S. Taniguchi, N. Mataga, M. Kitamura, F. Tanaka et al.
  • Mechanism of photoinduced electron transfer from tyrosine to the excited flavin in the flavodoxin from Helicobacter pylori. A comparative study with the flavodoxin and flavin mononucleotide binding protein from Desulfovibrio vulgaris (Miyazaki F)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年
    出版社:J. Photochem. Photobiol. A: Chem.
    巻/号、頁:268巻58-66頁
    共著者名:K. Lugsanangarm, S. Pianwanit, T. Nakanishi, M. Kitamura, Seiji Taniguchi, and H. Chosrowjan et al.
  • Bell-shape dependence of the rate of ultrafast photoinduced electron transfer from aromatic amino acids to the excited flavin on the donor-acceptor distance in FMN binding proteins
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年
    出版社:Computational and Theoretical Chem.
    巻/号、頁:1030巻9-16頁
    共著者名:N. Nunthaboot, K. Lugsanangarm, F. Tanaka, S. Taniguchi, H. Chosrowjan, T. Nakanishi, and M. Kitamura et al.
  • A key factor for ultrafast rates of photoinduced electron transfer among five flavin mononucleotide binding proteins: Effect of negative, positive, and neutral charges at resudue 13 on the rate
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年03月
    出版社:Bull. Chem. Soc. Jpn.
    巻/号、頁:86巻3号339-350頁
    共著者名:Seiji Taniguchi, Haik Chosrowjan, Fumio Tanaka, Takeshi Nakanishi, Shuta Sato, Yoshihiro Haruyama, and Masaya Kitamura
  • Crystal structure analysis of the translation factor RF3 (release factor 3)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年10月
    出版社:FEBS Lett.
    巻/号、頁:586巻3705-3709頁
    共著者名:Kiyohito Kihira, Yoshihiro Shimizu, Yasuhito Shomura, Naoki Shibata, Masaya Kitamura, Yoshiki Higuchi et al.
  • Flavin-binding of azoreductase: Direct evidences for dual-binding property of apo-azoreductase with FMN and FAD
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年04月
    出版社:J. Mol. Cat. B.
    巻/号、頁:74巻3-4号204-208頁
    共著者名:Toshihiko Ooi, Daiki Ogata, Ken’ichiro Matsumoto, Gen Nakamura, Jian Yu, Min Yao, Masaya Kitamura, and Seiichi Taguchi
  • 目的別で選べる核酸実験の原理とプロトコール
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年06月
    出版社:羊土社
    巻/号、頁:199-212, 213-220頁
    共著者名:平尾一郎, 胡桃坂仁志, 浅川修一, 鈴木勉, 田川陽一, 田口精一 他
    ISBN:4758101806
  • Structure analysis of the flavoredoxin from Desulfovibrio vulgaris Miyazaki F reveals key residues that discriminate the functions and properties of the flavin reductase family
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:FEBS J.
    巻/号、頁:276巻17号4840-4853頁
    共著者名:Naoki Shibata, Daisuke Takeuchi, Youichi Niimura, Masaya Kitamura, Yoshiki Higuchi et al.
  • Cloning and expression of the MutM gene from obligate anaerobic bacterium Desulfovibrio vulgaris (Miyazaki F)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:J. Biochem.
    巻/号、頁:145巻4号525-532頁
    共著者名:H. Sanada, T. Nakanishi, H. Inoue, M. Kitamura
  • Ultrafast Fluorescence Dynamics of FMN-binding Protein from Desulfovibrio vulgaris (Miyazaki F) and its Site-directed mutated Proteins
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:Chem. Phys. Lett.
    巻/号、頁:462巻1-3号121-124頁
    共著者名:H. Chosrowjan, S. Taniguchi, N. Mataga, F. Tanaka, M. Kitamura et al.
  • Crystallization and preliminary X-ray crystallographic study of flavoredoxin from Desulfovibrio vulgaris (Miyazaki F)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:Acta Cryst.
    巻/号、頁:F64巻9号851-853頁
    共著者名:Yasufumi Ueda, Naoki Shibata, Daisuke Takeuchi, Masaya Kitamura, Yoshiki Higuchi
  • Crystallization and preliminary X-ray analysis of a class II release factor RF3 from a sulfate-reducing bacterium
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:Acta Cryst.
    巻/号、頁:F64巻7号622-624頁
    共著者名:K. Kihara, S. Numata, M. Kitamura, N. Shibata Y. Higuchi et al.
  • Comparison between Ultrafast Fluorescence Dynamics of FMN Binding Protein from Desulfovibrio vulgaris, Strain Miyazaki, in Solution vs Crystal Phases
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:J. Phys. Chem. Lett
    巻/号、頁:111巻30号8695-8697頁
    共著者名:H. Chosrowjan, N. Mataga, F. Tanaka, D. Todoroki, M. Kitamura et al.
  • Determination of the Role of the Carboxyl-terminal Leucine-122 in FMN-binding protein by Mutational and Structural Analysis
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:J. Biochem.
    巻/号、頁:141巻5号459-468頁
    共著者名:M. Kitamura, K. Terakawa, T. Hayashida, K. Suto, Y. Higuchi et al.
  • Detection of Structural Changes in a Cofactor Binding Protein by Using a Wheat Germ Cell-Free Protein Synthesis System Coupled With Unnatural Amino Acid Probing
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:PROTEINS: Structure, Function, and Bioinfomatics
    巻/号、頁:67巻3号643-652頁
    共著者名:M. Abe, T. Yokogawa, M. Kitamura, H. Hori, Y. Endo et al.
  • Cloning and Expression of the Enolase Gene from Desulfovibrio vulgaris (Miyazaki F)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Biochim. Biophys. Acta
    巻/号、頁:1676巻2号172-181頁
    共著者名:M. Kitamura, Y. Takayama, H. Ogata, Y. Higuchi, H. Inoue et al.
  • Cloning and Expression of the Superoxide Dismutase Gene from the Obligate Anaerobic Bacterium Desulfovibrio vulgaris (Miyazaki F)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:J. Biochem.
    巻/号、頁:133巻3号387-393頁
    共著者名:T. Nakanishi, H. Inoue, M. Kitamura
  • Highly efficient catalytic RNA cleavage by the cooperative action of two Cu(II) complexes embodied within an antisense oligonucleotide
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Nucl. Acids Res.
    巻/号、頁:31巻5号1416-1425頁
    共著者名:S. Sakamoto, Y. Komatsu, E. Ohtsuka, M. Kitamura, H. Inoue et al.
  • Femtosecond Fluorescence Dynamics of Flavoproteins: Comparative Studies on Flavodoxin, Its Site-Directed Mutants and Riboflavin Binding Protein Regarding Ultrafast Electron Transfer in Protein Nanospaces
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:J. Phys. Chem.
    巻/号、頁:B106巻35号8917-8920頁
    共著者名:N. Mataga, H. Chosrowjan, S. Taniguchi, F. Tanaka, M. Kitamura et al.
  • Cloning and Expression of the Catalase Gene from the Anaerobic Bacterium Desulfovibrio vulgaris (Miyazaki F)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:J. Biochem.
    巻/号、頁:129巻3号357-364頁
    共著者名:M. Kitamura, T. Nakanishi, S. Kojima, I. Kumagai, H. Inoue
  • Electroluminescent Devices Based on Polymers Forming Hole-Transporting Layers. II. Polyimides containing beta-naphthyldiphenylamine units
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:J. Polym. Sci. Part:A Polym. Chem.
    巻/号、頁:38巻11号2032-2040頁
    共著者名:Y. -F. Wang, K. Okada, M. Uekawa, M. Kitamura, H. Inoue et al.
  • How do the X-ray Structure and the NMR Structure of FMN-binding Protein Differ?
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Acta Cryst.
    巻/号、頁:D56巻6号368-371頁
    共著者名:K. Suto, K. Kawagoe, Y. Higuchi, M. Kitamura, N. Yasuoka et al.
  • Bright Red Light-Emitting Organic Electroluminescent Devices Based on a Novel Thiophene-Containing Europium Complex as an Emitting Layer
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:J. Mater. Chem.
    巻/号、頁:9巻12号3023-3026頁
    共著者名:K. Okada, Y. -F. Wang, T. -M. Chen, M. Kitamura, H. Inoue et al.
  • Crystallization and Preliminary Crystallographic Studies of FMN-binding Protein from Desulfovibrio vulgaris Miyazaki F
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:Acta Cryst.
    巻/号、頁:D55巻5号1089-1090頁
    共著者名:K. Suto, K. Kawagoe, Y. Morimoto, M. Kitamura, N. Yasuoka et al.
  • Expression of a Model Peptide of Marine Mussel Adhesive Protein in Escherichia coli and Characterization of its Structural and Functional Properties
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:J. Polym. Sci. Part A Polym. Chem.
    巻/号、頁:37巻6号729-736頁
    共著者名:M. Kitamura, K. Kawakami, N. Nakamura, K. Tsumoto, I. Kumagai et al.
  • Sequence Analysis of Two Ferredoxin Genes and their Flanking Regions from Desulfovibrio vulgaris(Miyazaki F)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:J. Biochem. Mol. Biol.& Biophys.
    巻/号、頁:2巻2号147-154頁
    共著者名:M. Kitamura, T. Konishi, K. Kawanishi, K. Ohashi, M. Kishida et al.
  • Cloning and Expression of the Gene Encoding Flavodoxin from Desulfovibrio vulgaris(Miyazaki F)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:J. Biochem.
    巻/号、頁:123巻5号891-898頁
    共著者名:M. Kitamura, M. Taniguchi, M. Ashida, H. Akutsu, I. Kumagai et al.
  • Pathway of Chymotrypsin Evolution Suggested by the Structure of the FMN-binding Protein from Desulfovibrio vulgaris (Miyazaki F)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1997年
    出版社:Nature Struct. Biol.
    巻/号、頁:4巻12号975-978頁
    共著者名:E. Liepinsh, M. Kitamura, T. Murakami, T. Nakaya, G. Otting
  • Membrane-Bound Cytochromes in a Sulfate-Reducing Strict Anaerobe Desulfovibrio vulgaris Miyazaki F
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1997年
    出版社:Anaerobes
    巻/号、頁:3巻5号339-346頁
    共著者名:K. Ozawa, T. Mogi, M. Kitamura, Y. Anraku, H. Akutsu et al.
  • Studies on Syntheses and Properties of Novel Polyamides Containing Phosphatidylcholine Analogous Moieties by Interfacial Polycondensation
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1997年
    出版社:J. Polym. Sci. : Part A : Polym. Chem.
    巻/号、頁:35巻14号3065-3074頁
    共著者名:Y. -F. Wang, Y. -J. Li, M. Kitamura, I. Sakurai, T. Nakaya et al.
  • Cloning and Expression of the Rubredoxin Gene from Desulfovibrio vulgaris(Miyazaki F)-Comparison of the Primary Structure of Desulfoferrodoxin-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1997年
    出版社:Biochim. Biophys. Acta
    巻/号、頁:1351巻1-2号239-247頁
    共著者名:M. Kitamura, Y. Koshino, Y. Kamikawa, K. Miura, I. Kumagai et al.
  • Synthesis and Properties of Amphiphilic Phospholipid Analogous Polyacrylamidic Gels
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1997年
    出版社:Eur. Polym. J.
    巻/号、頁:33巻3号273-276頁
    共著者名:T. -M. Chen, Y. -F. Wang, Y. -J. Li, M. Kitamura, I. Sakurai et al.
  • Synthesis of Comb-like Polyurethanes Containing Hydrophilic Phosphatidylcholine Analogues in the Main Chains and Hydrophobic Long Chain Alkyl Groups in the Side Chains
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:Macromol. Rapid Commun.
    巻/号、頁:17巻10号737-744頁
    共著者名:Y. -J. Li, N. Nakamura, T. -M. Chen, M. Kitamura, T. Nakaya et al.
  • Synthesis and Properties of New Poly(Acrylamide) Containing Phosphatidylcholine Analogue and Cholesterol Group in the Side Chains
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:Eur. Polym. J.
    巻/号、頁:32巻11号1263-1268頁
    共著者名:T. -M. Chen, T. Sakaguchi, Y. -J. Li, M. Kitamura, I. Sakurai et al.
  • Amphiphilic Poly(acrylamide)s Having Saturated and Unsaturated Dialkyl Chains and Phosphatidylcholine Groups in the Side Chains
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:Macromolecules
    巻/号、頁:29巻18号5810-5817頁
    共著者名:Y. -F. Wang, Y. -J. Li, M. Kitamura, T. Nakaya, I. Sakurai et al.
  • A New Haemocompatible Phospholipid Polyurethane Based on Hydrogenerated Poly(isoprene)Soft Segment
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:J. Biomater. Sci. Polym. Ed.
    巻/号、頁:7巻10号893-904頁
    共著者名:Y. -J. Li, R. Bahulekar, Y. -F. Wang, M. Kitamura, M. Kodama et al.
  • Synthesis and Polymerization of a Hydrophilic Phospholipid Analogue : 2-(Methacrylamide)ethyl-2'-(trimethylammonio)ethyl Phosphate
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:J. Macromol. Sci.-Pure Appl. Chem.
    巻/号、頁:A33巻3-4号197-207頁
    共著者名:T. -M. Chen, A. Kuriu, Y. -J. Li, M. Kitamura, T. Nakaya et al.
  • Synthesis and Properties of New Segmented Block Poly(urethane-urea)s Containing Phosphatidylcholine Analogues and Polybutadienes
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:Macromol. Chem. Phys.
    巻/号、頁:197巻5号1587-1597頁
    共著者名:T. -M. Chen, Y. -F. Wang, Y. -J. Li, M. Kitamura, T. Nakaya
  • Synthesis and Properties of Poly(acrylamide)s Containing both Long Alkyl Groups and Phosphatidylcholine Analogues in the Side Chains
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:J. Polym. Sci.:Part A:Polym. Chem.
    巻/号、頁:34巻7号1155-1164頁
    共著者名:T. -M. Chen, Y. -F. Wang, M. Kitamura, T. Nakaya, I. Sakurai
  • Preparation and Properties of Phospholipid Modified Polypeptide
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:Macromolecules
    巻/号、頁:29巻7号2372-2377頁
    共著者名:H. Matsumoto, Y. -J. Li, Y. -F. Wang, T. -M. Chen, M. Kitamura et al.
  • Syntheses and Properties of a Series of Amphiphilic Polyacrylamides Bearing Two Long Alkyl Chains and Phosphatidylcholine Analogous Groups in the Side Chains
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:J. Polym Sci.:Part A:Polym. Chem.
    巻/号、頁:34巻3号449-460頁
    共著者名:Y. -F. Wang, T. -M. Chen, M. Kitamura, T. Nakaya
  • Preparation and Characterization of Amphiphilic Acrylamidic Polymers with Lipid Side Chains
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1995年
    出版社:Macromolecules
    巻/号、頁:28巻23号7711-7716頁
    共著者名:T. -M. Chen, Y. -F. Wang, M. Kitamura, T. Nakaya, I. Sakurai
  • A Gene Encoding a Cytochrome c Oxidase-Like Protein Is Located Closely to the Cytochrome c-553 Gene in the Anaerobic Bacterium, Desulfovibrio vulgaris (Miyazaki F)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1995年
    出版社:Microbiol. Immunol.
    巻/号、頁:39巻1号75-80頁
    共著者名:M. Kitamura, K. Mizugai, M. Taniguchi, H. Akutsu, I. Kumagai et al.
  • Purification and Substrate Specificity of Chlorophyllase from Chlorella regularis
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1994年
    出版社:Chem. Lett.
    巻/号、頁:1号69-72頁
    共著者名:Y. Nishiyama, M. Kitamura, S. Tamura, T. Watanabe
  • Novel FMN-binding Protein from Desulfovibrio vulgaris (Miyazaki F)-Cloning and Expression of its Gene in Escherichia coli
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1994年
    出版社:J. Biol. Chem.
    巻/号、頁:269巻8号5566-5573頁
    共著者名:S. Kojima, K. Ogasawara, K. Miura, H. Akutsu, I. Kumagai et al.
  • The Primary Structure of Pre-cytochrome c┣D23┫D2 from Desulfovibrio vulgaris (MiyazakiF) as Determined by Nucleotide Sequencing of its Gene and Partial Amino Acid Sequencing
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1993年
    出版社:Protein Seq. Data Anal.
    巻/号、頁:5巻5号193-196頁
    共著者名:M. Kitamura, K. Ozawa, S. Kojima, I. Kumagai, K. Miura et al.
  • 硫酸還元菌の酸化還元タンパク質の遺伝子とそのタンパク質の構造
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:生物物理
    巻/号、頁:44巻5号206-211頁
    共著者名:北村 昌也、樋口 芳樹
  • Common Ancestor of Serine Proteases and Flavin-binding Domains
    種別:解説
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:Nature Struct. Biol.
    巻/号、頁:5巻2号102-103頁
    共著者名:E. Liepinsh, M. Kitamura, T. Murakami, T. Nakaya, G. Otting
  • FMNとタンパク質の結合領域の解析
    種別:解説
    単著・共著別:単著
    出版年月:1994年
    出版社:ビタミン
    巻/号、頁:68巻5&6号333-335頁
  • 生物工学ハンドブック
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:株式会社コロナ社
    巻/号、頁:129-131頁
    共著者名:塩谷 捨明、五十嵐 泰夫、加藤 滋雄、小林 達彦、北村 昌也 他
  • カラー生化学
    種別:翻訳
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:西村書店
    巻/号、頁:3-22, 46-63頁
    共著者名:清水 孝雄、中谷 一泰、高木 正道、三浦 謹一郎 北村 昌也 他
  • プロテインエンジニアリングII
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:1990年
    出版社:株式会社シーエムシー
    巻/号、頁:169-232頁
    共著者名:渡辺 公綱、熊谷 泉、小島 修一、横山 茂之、北村 昌也 他

研究費獲得実績

科研費補助金獲得実績

  • 研究課題名:高次構造を基礎としたFMN結合タンパク質の酸化還元活性の発現原理
    研究種目:基盤研究(C)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2002年
    研究期間:2002年~2003年
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 2400(千円)
    2年目 700(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 研究課題名:FMN結合タンパク質における特殊なFMN結合様式
    研究種目:奨励研究(A)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2000年
    研究期間:2000年~2001年
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1600(千円)
    2年目 500(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 研究課題名:FMNを結合するタンパク質の構造機能相関
    研究種目:奨励研究(A)
    代表者区分:代表者
    申請年度:1998年
    研究期間:1998年~1999年
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1200(千円)
    2年目 700(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 研究課題名:新規FMN結合タンパク質のNMRによる高次構造解析
    研究種目:国際学術研究ー共同研究ー
    代表者区分:代表者
    申請年度:1996年
    研究期間:1996年
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1400(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)

その他研究資金獲得実績

  • 名称:工学研究科萌芽研究
    研究課題名:金属結合タンパク質変異体ライブラリーを用いた金属イオン選択的回収システムの創出
    代表者区分:代表者
    研究期間:2009年04月~2011年03月
    形態:学内研究費
    資金区分:学内研究資金
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1000(千円)
    2年目 788(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
    2年目 0(千円)
  • 名称:受託研究
    研究課題名:バイオテクノロジーによる天然ゴムの生合成
    代表者区分:代表者
    研究期間:2007年06月~2010年05月
    形態:受託研究
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1800(千円)
    2年目 1800(千円)
    3年目 1800(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 200(千円)
    2年目 200(千円)
    3年目 200(千円)
  • 名称:奨励寄付金
    研究課題名:微生物による天然ゴムの生合成
    代表者区分:代表者
    研究期間:2006年06月~2007年05月
    形態:教育研究奨励寄附
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 2000(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:奨励寄付金
    研究課題名:バイオテクノロジーによる天然ゴムの生合成
    代表者区分:代表者
    研究期間:2005年06月~2006年05月
    形態:教育研究奨励寄附
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 2000(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:工学研究スカラシップ
    研究課題名:絶対嫌気性細菌の酸素防御に関する分子生物学的研究
    代表者区分:代表者
    研究期間:2002年05月~2003年03月
    形態:学内研究費
    資金区分:学内研究資金
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 2000(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:特定研究奨励費
    研究課題名:硫酸還元菌由来のタンパク質の遺伝子工学的研究と工学的応用
    代表者区分:代表者
    研究期間:1997年04月~1998年03月
    形態:学内研究費
    資金区分:学内研究資金
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1492(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本生化学会
    1992年~ 正会員
  • 学会名:日本分子生物学会
    1987年~ 正会員
  • 学会名:日本蛋白質科学会
    2001年~ 正会員
  • 学会名:日本化学会
    1987年~ 正会員
  • 学会名:日本アイソトープ協会

学会等における発表

  • がん関連抗原を標的とするリボヌクレアーゼ融合抗体の作製と評価
    発表年月:2011年09月
    発表会議名:第84回日本生化学会大会(京都)
    学会発表区分:国内
  • Pseudomonas aeruginosa由来組換えフラボドキシンの大腸菌内での生産とその性質
    発表年月:2011年09月
    発表会議名:第84回日本生化学会大会(京都)
    学会発表区分:国内
  • ペプチド移植による抗体様RNA分解酵素の作製
    発表年月:2012年03月
    発表会議名:日本農芸化学会2012年度大会(京都)
    学会発表区分:国内
  • 大腸菌由来ウンデカプレニル二リン酸合成酵素活性における二価金属イオンおよび界面活性剤濃度の影響
    発表年月:2012年03月
    発表会議名:日本農芸化学会2012年度大会(京都)
    学会発表区分:国内
  • Desulfovibrio vulgaris由来のフラボプロテインを用いたFMN結合反応の熱力学及び構造解析
    発表年月:2011年07月
    発表会議名:第17回フラビン及びフラボプロテイン国際シンポジウム
    学会発表区分:アメリカ合衆国
  • EGFRを標的としたRNase融合抗体の作製
    発表年月:2011年06月
    発表会議名:第11回日本蛋白質科学会
    学会発表区分:国内
  • へテロ会合ペプチドの融合による低分子化抗体の多機能化
    発表年月:2011年06月
    発表会議名:第11回日本蛋白質科学会
    学会発表区分:国内
  • 硫酸還元菌由来フラビンタンパク質を用いたFMN結合反応の熱力学・構造学的解析
    発表年月:2011年06月
    発表会議名:第11回日本蛋白質科学会
    学会発表区分:国内
  • 紫外光不活化による紫膜薄膜のパターニング
    発表年月:2013年03月
    発表会議名:第7回分子電子工学及び生物電気工学国際会議
    学会発表区分:国内
  • 紫外光照射による紫膜薄膜のパターニング
    発表年月:2012年12月
    発表会議名:第10回ナノ分子電子工学国際会議
    学会発表区分:国内
  • UV光による機能不活化を用いたバクテリオロドプシン薄膜のパターニング
    発表年月:2012年09月
    発表会議名:第73回応用物理学会学術講演会
    学会発表区分:国内
  • チロシン残基に着目した抗ムチン抗体Nd2の抗原認識機構の解析
    発表年月:2012年12月
    発表会議名:第85回日本生化学会大会(福岡)
    学会発表区分:国内
  • ルブレドキシン様タンパク質の金属イオン選択性におけるCP(V/I)C配列の役割
    発表年月:2012年12月
    発表会議名:第85回日本生化学会大会(福岡)
    学会発表区分:国内
  • FMN結合タンパク質におけるThr - Trp - Asn配列の役割
    発表年月:2012年12月
    発表会議名:第85回日本生化学会大会(福岡)
    学会発表区分:国内
  • 単一ドメイン抗体可変領域を用いて設計したRNase融合抗体の作製と機能評価
    発表年月:2012年06月
    発表会議名:第12回日本蛋白質科学会年会(名古屋)
    学会発表区分:国内
  • 安定性を高めたヘテロ会合ドメインの利用による抗体の高機能化
    発表年月:2012年06月
    発表会議名:第12回日本蛋白質科学会年会(名古屋)
    学会発表区分:国内
  • 乳酸菌のゲノム解析によりアノテーションされたFMN結合タンパク質の生産と性質
    発表年月:2012年06月
    発表会議名:第12回日本蛋白質科学会年会(名古屋)
    学会発表区分:国内

教育活動

担当教育の概要

  • 生命現象を遺伝子とその情報発現という観点から分子レベルで解説する、基礎的な分子生物学。

担当講義

  • 担当年度:2013年
    授業科目名:ゼミナール
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:後期特別研究
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:前期特別研究
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:卒業研究Ⅱ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:卒業研究Ⅰ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:化学バイオ工学特論Ⅱ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:化学バイオ工学特論Ⅰ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:バイオ英語演習
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:バイオ工学実験Ⅱ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:バイオ工学実験Ⅰ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:化学バイオ工学概論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:遺伝子工学特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:蛋白質科学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:生化学II
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:分子生物学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:ゼミナール
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:後期特別研究
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:前期特別研究
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:卒業研究Ⅱ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:卒業研究Ⅰ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:化学バイオ工学特論Ⅱ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:化学バイオ工学特論Ⅰ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:バイオ英語演習
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:バイオ工学実験Ⅱ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:バイオ工学実験Ⅰ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:化学バイオ工学概論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:分子生物学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:生化学Ⅱ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:蛋白質科学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:遺伝子工学特論
    講義区分:大学院

産学官連携可能情報

専門分野

  • 応用微生物学・応用生物化学

所属研究部門

  • 工学研究科 化学生物系専攻(化学バイオ工学)

交流可能研究テーマ

  • 微生物の遺伝子工学的研究
    研究テーマの分野:基礎生物科学

現在の研究課題

  • 課題名:酸化還元タンパク質のタンパク質工学的研究
    研究分野:分子生物学、構造生物化学、応用微生物学・応用生物化学
    キーワード:酸化還元タンパク質、タンパク質工学
  • 課題名:遺伝子工学を用いた有用物質生産
    研究分野:生物・生体工学
    キーワード:遺伝子工学、生産
  • 課題名:硫酸還元菌の遺伝子の解析
    研究分野:分子生物学、応用微生物学・応用生物化学
    キーワード:硫酸還元菌、遺伝子

電子メールアドレス

  • kitamura@bioa.eng.osaka-cu.ac.jp

個人URL HP

交流研究テーマ情報

交流可能研究テーマ

  • 微生物の遺伝子工学的研究
    研究テーマの分野:基礎生物科学
    研究テーマの概要:微生物を遺伝子レベルで調べる、その遺伝子を取り出す、遺伝子工学を用いて遺伝子産物を作り出す。
    交流可能な時期・期間:特になし
    交流の種別:技術相談、受託研究、共同研究、講演
    知識・技術の活用分野・応用方法等:環境下に存在する微生物の有効利用
    中核となる知識・技術・情報等:遺伝子工学
    波及効果:環境改善
    優位性・特徴:遺伝子レベルでの解析
    キーワード:遺伝子、微生物
    交流に関するコメント:基礎的な生物学的知識を持っていること
    共同研究の希望:産学連携等、民間を含む他機関との共同研究を希望する

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。