大阪市立大学 研究者要覧


小山田 浩子(オヤマダ ヒロコ)OYAMADA Hiroko

  • 所属研究科・専攻:看護学研究科 職名:教授
更新日:2014/03/08

プロフィール

主な取得学位

  • 博士(医学)

主な専門分野

  • 臨床看護学

主な経歴

取得学位

  • 博士(医学)

学歴

  • 聖路加看護大学 衛生看護学部 衛生看護学科

受賞学術賞

  • 2008年 日本助産師会会長賞
  • 2011年 大阪母性衛生学会 竹村喬記念奨励賞受賞
  • 1998年 大阪母性衛生学会 学術奨励賞
  • 1997年 大阪母性衛生学会 竹村喬記念奨励賞

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 臨床看護学

現在の研究課題

  • 課題名:母子相互作用に関する研究
    研究分野:臨床看護学
    キーワード:母性発達、母子相互作用、母児同室制

主要な研究業績

著書・論文

  • 妊婦健診時の指導後における妊婦の能動的行動と最関心事に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年07月
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:49巻1号45-51頁
    著者名:玉上 麻美,竹内 利永子,堀 陽子
  • 流産経験妊婦のマタニティマーク表示状況と胎児への声かけに関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年07月
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:49巻1号77-82頁
    著者名:玉上麻美,堀陽子,竹内利永子
  • 妊婦の外来受診時の医療職者への自己表出と満足度に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年07月
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:48巻1号9-14頁
    著者名:玉上麻美、山口文月
    ISSN:02853655
  • 児の両親と看護者の看護評価に関する研究-NICU入院中の児の両親の希望と看護者自信の評価からの検討-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:43巻1号132-135頁
    著者名:玉上麻美,小山田浩子,石井京子,松本美知子,坂本三枝
  • 流産経験妊婦の胎児への声かけと流産時の家族関係に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年07月
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:48巻1号15-20頁
    著者名:玉上麻美、井上佳子
    ISSN:02853655
  • 思春期保健相談士・支援者が思春期から妊娠・産褥期までのい一貫した母性・父性育成ケアプログラムを実践展開するための開発プログラム構築
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年03月
    出版社:大阪市立大学看護学雑誌
    巻/号、頁:8巻65-67頁
    ISSN:1349-953X
  • 非喫煙妊婦の受動喫煙と関心事に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年07月
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:47巻1号90-94頁
    ISSN:0285-3655
  • 妊婦の妊娠判明時の気持ちと胎児への声かけに関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年07月
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    ISSN:0285-3655
  • 流産経験妊婦の外来受診時の自己表出と胎児感情に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年07月
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:47巻1号100-103頁
    著者名:「玉上麻美,」植田みゆき」
    ISSN:0285-3655
  • 思春期保健相談士・支援者の実践開発プログラム構築
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2011年03月
    出版社:大阪市立大学看護学雑誌
    巻/号、頁:7巻83-85頁
    ISSN:1349-953X
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • 妊婦健診時の指導後における妊婦の能動的行動と最関心事に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年07月
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:49巻1号45-51頁
    著者名:玉上 麻美,竹内 利永子,堀 陽子
  • 流産経験妊婦のマタニティマーク表示状況と胎児への声かけに関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年07月
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:49巻1号77-82頁
    著者名:玉上麻美,堀陽子,竹内利永子
  • 妊婦の外来受診時の医療職者への自己表出と満足度に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年07月
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:48巻1号9-14頁
    著者名:玉上麻美、山口文月
    ISSN:02853655
  • 児の両親と看護者の看護評価に関する研究-NICU入院中の児の両親の希望と看護者自信の評価からの検討-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:43巻1号132-135頁
    著者名:玉上麻美,小山田浩子,石井京子,松本美知子,坂本三枝
  • 流産経験妊婦の胎児への声かけと流産時の家族関係に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年07月
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:48巻1号15-20頁
    著者名:玉上麻美、井上佳子
    ISSN:02853655
  • 思春期保健相談士・支援者が思春期から妊娠・産褥期までのい一貫した母性・父性育成ケアプログラムを実践展開するための開発プログラム構築
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年03月
    出版社:大阪市立大学看護学雑誌
    巻/号、頁:8巻65-67頁
    ISSN:1349-953X
  • 非喫煙妊婦の受動喫煙と関心事に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年07月
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:47巻1号90-94頁
    ISSN:0285-3655
  • 妊婦の妊娠判明時の気持ちと胎児への声かけに関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年07月
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    ISSN:0285-3655
  • 流産経験妊婦の外来受診時の自己表出と胎児感情に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年07月
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:47巻1号100-103頁
    著者名:「玉上麻美,」植田みゆき」
    ISSN:0285-3655
  • 思春期保健相談士・支援者の実践開発プログラム構築
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2011年03月
    出版社:大阪市立大学看護学雑誌
    巻/号、頁:7巻83-85頁
    ISSN:1349-953X
  • 流産経験のある妊婦の現在のニーズと流産時の医療への満足度の関連についての研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年07月
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:46巻1号89-92頁
    著者名:「玉上麻美」「植田みゆき」
    ISSN:0285-3655
  • 母子保健教室参加妊婦の既受講の性教育、及び性生活指導内容等の有用性の関連に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年07月
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:46巻1号97-101頁
    著者名:「玉上麻美」「植田みゆき」
    ISSN:0285-3655
  • 妊婦の日常生活における既受講の保健指導内容の有用性について
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年07月
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:46巻1号
    著者名:「玉上麻美」「植田みゆき」
    ISSN:0285-3655
  • より良いセクシュアリティ支援・性教育を思春期対象に実践するプログラム構築
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2010年03月
    出版社:大阪市立大学看護学雑誌
    巻/号、頁:6巻72-74頁
    ISSN:1349-953X
  • 母子分離で入院中の児の看護を担う看護者のキャリアアップ(第1報)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:42巻1号71-75頁
    著者名:小山田浩子,玉上麻美,石井京子,松本美知子,坂本三枝
  • 母子分離で入院中の児の看護を担う看護者のキャリアアップ(第2報)-出生後、親子分離された母親・父親の心理と看護の評価から-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:42巻1号76-79頁
    著者名:小山田浩子,玉上麻美,石井京子,松本美知子,坂本三枝
  • 母子保健教室に参加した夫と妊婦の胎児への声かけ時の気持ちに関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:41巻1号11-15頁
    著者名:小山田浩子、玉上麻美
    ISSN:0285-3655
  • 胎児への声かけ時の妊婦の気持ちに関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:39巻1号101-105頁
    著者名:小山田浩子,玉上麻美
  • 妊娠中の育児不安に影響する因子に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:39巻1号56-59頁
    著者名:玉上麻美,小山田浩子
  • 胎児への声かけ時の妊婦の気持ちとその背景に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:40巻1号58-65頁
    著者名:小山田浩子,玉上麻美
  • 阪神・淡路大震災の被災地における看護ボランティア活動の可能性と提言
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:日本災害看護学会誌
    巻/号、頁:5巻2号11-20頁
    著者名:小山田浩子,玉上麻美,青山実生子,三谷智子
  • 妊婦にとっての「胎児へのことばかけ」
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:38巻1号26-30頁
    著者名:小山田浩子,玉上麻美
  • 性教育の有効性と避妊法の選択
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:37巻1号11-16頁
    著者名:小山田浩子,玉上麻美
  • 思春期における妊娠前の保健指導
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:産婦人科治療
    巻/号、頁:85巻3号302-307頁
    著者名:竹村喬,水谷隆洋,甲村弘子,小山田浩子
    ISSN:0558-471X
  • 府下助産所における産褥入院取り扱い状況と「産後ケア事業」に対する助産所院長の意識調査
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:36巻1号60-62頁
    著者名:浅見恵梨子,張浩子,八幡佳子,小山田浩子,玉上麻美
  • 看護からみた思春期の問題点とケア
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2000年
    出版社:永井書店、産婦人科治療
    巻/号、頁:81巻2号163-167頁
    ISSN:0558-471X
  • 思春期外来と初期ケア-情報収集と看護面談-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:思春期学
    巻/号、頁:17巻2号230-239頁
    著者名:原口範子,小山田浩子,軸丸清子,田原正浩,米田美幸保
  • ひろがる助産婦活動 いま、こんなに求められている私たち<助産婦活動の実際>-思春期外来-
    出版年月:1999年
    出版社:ペリネイタルケア
    巻/号、頁:18(通225)巻夏季増刊号72-75頁
  • 思春期外来における看護の役割
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:思春期学(日本思春期学会)
    巻/号、頁:16巻2号214-219頁
    著者名:小山田浩子,山地建二,鈴木敦子,原口範子,軸丸清子
  • この母ありて
    種別:著書
    単著・共著別:単著
    出版年月:2003年
    出版社:星雲社
    巻/号、頁:74-76頁
    ISBN:4434030663
  • 母子看護学
    母子看護技術Ⅰ・母性看護技術
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:廣川書店
    巻/号、頁:85-130頁
  • 母性性などに関する不妊治療中の女性の意識
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:36巻1号125-128頁
    著者名:玉上麻美,小山田浩子
  • 電話相談からみえてきたもの -「問題行動」の電話相談内容の現状<電話相談事業の実態報告>-
    出版年月:1999年
    出版社:思春期学
    巻/号、頁:17巻1号153-160頁
  • (私たちの行った調査から)思春期外来の初期情報
    出版年月:1998年
    出版社:産婦人科治療(永井書店)
    巻/号、頁:76巻4号444-446頁
  • 思春期外来受診者の子供時代の嗜好品に関する研究-現在の栄養状態との関連-共著
    出版年月:1998年
    出版社:口頭発表
    巻/号、頁:30-33頁
  • JFPA/ハートブレイクの活動 共著
    出版年月:1998年
    出版社:思春期学(日本思春期学会)
    巻/号、頁:16巻2号207-213頁
  • 若い両親と児を支援するための地域社会システムの基礎的研究(第4報)-育児の現状・負担感について-共著
    出版年月:1998年
    出版社:口頭発表
    巻/号、頁:70-73頁
  • マタニティ・ドライビングに関する意識調査 共著
    出版年月:1998年
    出版社:口頭発表
    巻/号、頁:92-94頁
  • 思春期外来受診者へのカウンセリングマインドアプローチ
    出版年月:1998年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:34巻1号34-36頁
  • 若い両親と児を支援するための地域社会システムの基礎的研究
    出版年月:1998年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:34巻1号70-73頁
  • マタニティ・ドライビングに関する意識調査
    出版年月:1998年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:34巻1号92-94頁
  • 妊娠中の自転車運転が子宮収縮に及ぼす影響に関する研究
    出版年月:1998年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:34巻1号88-91頁
  • 妊娠・出産に伴う腹部の変化に関する研究
    出版年月:1998年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:34巻1号49-51頁
  • 思春期外来受診者の子供時代の嗜好品に関する研究
    出版年月:1998年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:34巻1号30-33頁
  • 妊娠中の自動車運転が子宮収縮に及ぼす影響に関する研究(第一報) 共著
    出版年月:1998年
    出版社:口頭発表
    巻/号、頁:88-91頁
  • 妊娠・出産に伴う腹部の変化に関する研究(第2報)-産後の腹部のたるみについて-共著
    出版年月:1998年
    出版社:口頭発表
    巻/号、頁:49-51頁
  • 思春期外来受診者へのカウンセリングマインドアプローチ-家族看護の視点から- 共著
    出版年月:1998年
    出版社:口頭発表
    巻/号、頁:34-37頁
  • 思春期外来における援助に関する研究-初期情報からみた受診者の自己像-共著
    出版年月:1997年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:33巻1号86-91頁
  • 里帰り分娩に関する考察 共著
    出版年月:1997年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:33巻1号65-67頁
  • 思春期外来受診者の栄養摂取とライフスタイル-栄養・生活調査から-共著
    出版年月:1997年
    出版社:思春期学(日本思春期学会)
    巻/号、頁:15巻3号309-315頁
  • JFPA/ハートブレイクの活動 共著
    出版年月:1997年
    出版社:口頭発表1997、8月第17回日本思春期学会
  • <思春期外来における看護の役割>
    出版年月:1997年
    出版社:口頭発表1997、8月.第17回日本思春期学会
  • 思春期外来を受診する患者がもつ健康上の問題と看護-こころのケアの視点から-共著
    出版年月:1997年
    出版社:母性衛生(日本母性衛生学会)
    巻/号、頁:38巻3号313頁
  • 妊娠・出産に伴う腹部の変化について 共著
    出版年月:1997年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:33巻1号55-57頁
  • 若い両親と児を支援するための地域社会システムの基礎的研究(第3報)-大都市における乳児を持つ母親の意識調査-
    出版年月:1997年
    出版社:母性衛生(日本母性衛生学会)
    巻/号、頁:38巻3号366頁
  • 妊娠末期(36週)における膣内細菌叢スクリーニングの意義 共著
    出版年月:1997年
    出版社:母性衛生(日本母性衛生学会)
    巻/号、頁:38巻3号236頁
  • 思春期外来における栄養調査と援助に関する研究-骨粗鬆病予防の看護-
    出版年月:1996年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:32巻102-106頁
  • 思春期の骨粗鬆症予防と保健活動
    出版年月:1996年
    出版社:Osteoporosis Japan
    巻/号、頁:4巻3号532-536頁
  • 思春期外来における骨粗鬆症予防の視点からの援助
    出版年月:1996年
    出版社:思春期学
    巻/号、頁:14巻3号303-308頁
  • 妊娠中から産後にかけての保健行動の変化-小豆島における調査-
    出版年月:1996年
    出版社:大阪母性衛生学会誌
    巻/号、頁:32巻30-33頁
  • 独身男性と乳児の父親の保健行動の比較
    出版年月:1996年
    出版社:大阪母性衛生学会誌
    巻/号、頁:32巻122-125頁
  • 糖尿病患者の妊娠・出産に際しての治療と看護
    種別:著書
    出版年月:1996年
    出版社:メディカ出版クリニカルナーシングガイド
    巻/号、頁:213-222頁
  • 保健指導の意義と歴史的推移
    出版年月:1996年
    出版社:ペリネタルケア(185)夏季増刊号
    巻/号、頁:185巻14-24頁
  • 独身女性と乳児の母親の保健行動の比較
    出版年月:1996年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:32巻126-129頁
  • 産後ケア事業に関する意識調査-大阪府下の母親を対象に-
    出版年月:1996年
    出版社:大阪母性衛生学会誌
    巻/号、頁:32巻102-106頁
  • 妊娠中から産後にかけての保健行動の変化-大阪府における研究-
    出版年月:1996年
    出版社:大阪母性衛生学会誌
    巻/号、頁:32巻26-29頁
  • ループ スアンチコアグラント&アネキシンVの関連
    出版年月:1995年
    出版社:大阪母性衛生学会誌
    巻/号、頁:31巻42-43頁
  • 思春期外来における看護介入-体重減少を伴った続発性無月経について-
    出版年月:1995年
    出版社:母性衛生
    巻/号、頁:36巻3号250頁
  • 妊娠中及び産後における保健行動の比較
    出版年月:1995年
    出版社:大阪母性衛生学会誌
    巻/号、頁:31巻79-82頁
  • 医療技術短期大学部最終入学生の受験時の志望動機について
    出版年月:1995年
    出版社:大阪母性衛生学会誌
    巻/号、頁:31巻101-105頁
  • 出産と家族形態に関する研究
    出版年月:1995年
    出版社:母性衛生
    巻/号、頁:36巻3号253頁
  • 看護学生の小児感染症の羅患,抗体検査および予防接種に関する調査
    出版年月:1994年
    出版社:大阪大学医療技術短期大学部紀要(1993)
    巻/号、頁:21巻53-60頁
  • 反復流産・死産とLupus Anticagulant-症例から病態へのアプローチ-
    出版年月:1994年
    出版社:母性衛生
    巻/号、頁:35巻3号149頁
  • 出産についての家族内情報伝達に関する研究
    出版年月:1994年
    出版社:母性衛生
    巻/号、頁:35巻3号223頁
  • 看護学生の自己記憶による風疹の罹患,および予防接種に関する調査報告
    出版年月:1994年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:30巻22-26頁
  • ループスアンチコアグ ラントのヒトモノクローナル抗体産生細胞の作成
    出版年月:1994年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:30巻122-123頁
  • 出産施設選択に関する妊婦の意識調査-1975年周辺の妊婦-
    出版年月:1994年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:30巻66-71頁
  • 正期産分娩における羊水混濁と新生児仮死-新生児仮死に影響する因子-
    出版年月:1993年
    出版社:母性衛生
    巻/号、頁:34/2巻
  • 看護学生の行う婦人科手術看患者への性生活指導-患者及び看護学生への質問紙調査から-
    出版年月:1993年
    出版社:大阪大学医療技術短期大学部研究紀要1992
    巻/号、頁:90,15-23巻
  • 妊婦の胎教に関する意識調査
    出版年月:1993年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:29,56-59巻
  • 胎教に関する助産婦の意識調査-妊婦の指導者として-
    出版年月:1993年
    出版社:大阪大学医療技術短期大学部研究紀要1992
    巻/号、頁:20,25-33巻
  • 乳房の手入れ(搾乳時の介助)搾乳
    出版年月:1993年
    出版社:メヂカルフレンド社クリニカルスタディ"93-5増
    巻/号、頁:14巻6号30-32頁
  • 沐浴
    出版年月:1993年
    出版社:メヂカルフレンド社クリニカルスタディ"93-5増
    巻/号、頁:14巻6号34-35頁
  • 看護学生の学生生活実態調査-他学部学生の調査結果との比較-
    出版年月:1993年
    出版社:母性衛生
    巻/号、頁:34/4巻
  • 早産時の気持ちと母性愛について
    出版年月:1993年
    出版社:大阪母性衛生学会雑誌
    巻/号、頁:29,88-92巻
  • アンケート調査よりみた低出生体重児の母児同室制について
    出版年月:1992年
    出版社:母性衛生
    巻/号、頁:33/1巻
  • 正期産分娩における羊水混濁の胎児仮死と新生児仮死-臍帯血の血液ガスからの評価-
    出版年月:1992年
    出版社:大阪大学医療技術短期大学部紀要 自然科学-医療科学編(1991)
    巻/号、頁:19巻
  • 妊産婦死亡調査の歴史
    出版年月:1992年
    出版社:産婦人科の実際
    巻/号、頁:41巻13号2047-2052頁
  • 最近2ヶ年の低出生体重児の母児同室の現況-過去6ヶ年と比較して-
    出版年月:1991年
    出版社:母性衛生
    巻/号、頁:32/2巻
  • 低出生体重児の母児同室の現況と今後の課題
    出版年月:1990年
    出版社:大阪府立母子保健総合医療センター雑誌
    巻/号、頁:6/1巻
  • 低出生体重児の母児同室の現況報告と今後の課題(第2報)-出生体重2200g~2500gの児について
    出版年月:1989年
    出版社:母性衛生
    巻/号、頁:30/3巻
  • ラマーズ法の新しい認識と妊産婦管理
    出版年月:1989年
    出版社:ペリネイタル ケア
    巻/号、頁:7巻
  • 低出生体重児の母児同室の現況報告と今後の課題-出生体重2200g未満の児について-
    出版年月:1988年
    出版社:母性衛生
    巻/号、頁:29/3巻
  • 待ち時間短縮を試みて-母性外来待ち時間実態調査-
    出版年月:1987年
    出版社:全国自治体病院協議会看護の研究
    巻/号、頁:21巻
  • 分娩第一期の浣腸の効用に関する研究-グリセリン浣腸と石鹸浣腸との効果、及び産婦に与える苦痛の比較
    出版年月:1978年
    出版社:助産婦雑誌
    巻/号、頁:32/6巻

フィールドワーク、芸術活動、建築作品等

  • 母子分離で入院中の児の両親の看護に対する心理と看護者自身の評価に関する研究
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2006年
  • 流産経験妊婦の胎児への声かけと流産時の家族関係に関する研究
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2010年04月~2012年07月
  • 妊婦の外来受診時の医療職者への自己表出と満足度に関する研究
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2009年04月~2012年03月
  • 妊婦の日常生活における既受講の保健指導内容の有用性について
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2009年02月~2010年07月
  • 母子保健教室参加妊婦の既受講の性教育、及び性生活指導内容等の有用性の関連に関する研究
    種別:フィールドワーク
    研究年月:0220年09月~2010年02月
  • 流産経験のある妊婦の現在のニーズと流産時の医療への満足度の関連についての研究
    研究年月:2009年02月~2010年02月
  • 流産経験妊婦の流産時の医療者への満足度がレジリエンスに与える影響に関する研究-母子保健教室参加妊婦の質問紙調査から-
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2009年06月~2010年06月
  • 母子分離で入院中の児の看護を担う看護者のキャリアアップ(第2報)-出生後、親子分離された母親・父親の心理と看護評価から
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2006年
  • 母子分離で入院中の児の看護を担う看護者のキャリアアップ(第1報)
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2006年
  • 産褥期の母親の育児へのニーズに関する研究
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2004年
フィールドワーク、芸術活動、建築作品等を全て表示する
フィールドワーク、芸術活動、建築作品等一覧閉じる
  • 母子分離で入院中の児の両親の看護に対する心理と看護者自身の評価に関する研究
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2006年
  • 流産経験妊婦の胎児への声かけと流産時の家族関係に関する研究
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2010年04月~2012年07月
  • 妊婦の外来受診時の医療職者への自己表出と満足度に関する研究
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2009年04月~2012年03月
  • 妊婦の日常生活における既受講の保健指導内容の有用性について
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2009年02月~2010年07月
  • 母子保健教室参加妊婦の既受講の性教育、及び性生活指導内容等の有用性の関連に関する研究
    種別:フィールドワーク
    研究年月:0220年09月~2010年02月
  • 流産経験のある妊婦の現在のニーズと流産時の医療への満足度の関連についての研究
    研究年月:2009年02月~2010年02月
  • 流産経験妊婦の流産時の医療者への満足度がレジリエンスに与える影響に関する研究-母子保健教室参加妊婦の質問紙調査から-
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2009年06月~2010年06月
  • 母子分離で入院中の児の看護を担う看護者のキャリアアップ(第2報)-出生後、親子分離された母親・父親の心理と看護評価から
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2006年
  • 母子分離で入院中の児の看護を担う看護者のキャリアアップ(第1報)
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2006年
  • 産褥期の母親の育児へのニーズに関する研究
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2004年
  • 胎児への声かけ時の妊婦の気持ちとその背景に関する研究
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2004年
  • 胎児への声かけ時の妊婦の気持ちと母子保健教室参加妊婦の参加動機及びニーズの背景に関する研究
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2004年
  • 胎児への声かけ時の妊婦の気持ちと幼児との接触経験に関する研究
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2003年
  • 妊娠中の育児不安に影響する要因に関する研究2
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2003年
  • 妊娠中の保健指導に対する個別的ニーズと解決方法に関する研究
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2003年
  • 妊婦の育児に関する心配なことと専門職へのニーズ
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2002年
  • 母親教室への要望についての考察
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2002年
  • 思春期外来の初期ケア
    種別:フィールドワーク
    研究年月:1998年
  • 思春期外来における骨粗鬆症予防の視点からの援助
    研究年月:1995年
  • 将来の育児に関する調査
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2001年
  • 超未熟児の母親の母性愛について
    研究年月:1992年
  • 思春期外来における初期ケアの一考察 -一事例の経緯を辿って-
    種別:フィールドワーク
    研究年月:1998年
  • 育児不安軽減のための援助方法の検討
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2005年
  • 学生にとっての性教育 思春期学会
    研究年月:1998年
  • 電話相談からみえてきたもの 思春期学会
    研究年月:1998年
  • 性教育がめざすもの-受け手側のとらえ方- 日本母性衛生学会
    研究年月:1998年
  • JFPA/ハートブレイクの活動 共著
    研究年月:1997年
  • 思春期外来受診者の栄養摂取とライフスタイル-栄養・生活調査から-
    研究年月:1996年
  • 思春期外来受診者の栄養摂取と体重について-栄養・生活調査から-
    研究年月:1996年
  • 今こそ、「産後ケア事業」に関心を!-大阪府下の母親のニーズ調査より-
    研究年月:1996年
  • 産後の女性の保健行動に関する研究-独身時および妊娠中との比較(小豆島における調査)-
    研究年月:1996年
  • 若い両親と児を支援するための地域社会システムの基礎的研究(第1報)-子育てを終えた女性の意識調査-
    研究年月:1996年
  • 思春期外来における看護介入-体重減少を伴った続発性無月経例について-
    研究年月:1995年
  • 医療技術短期大学部最終入学生の学生生活実態調査-看護学生の特徴像-
    研究年月:1994年
  • 出産についての家族内情報伝達に関する研究
    研究年月:1994年
  • 反復流・死産とLupus Anti coagulant -症例から病態へのアプローチ-
    研究年月:1994年
  • 妊娠中および産後における保健行動の比較
    研究年月:1994年
  • ループ スアンチコアグラントとアネキシンVの関係
    研究年月:1994年
  • 医療技術短期大学部最終入学生の受験時の志望動機について
    研究年月:1994年
  • 婦人科疾患で生殖器摘出術を受けた患者の性生活について (-看護学生が受け持った患者へのアンケート調査より-)
    研究年月:1992年
  • 母体搬送され、早産した超未熟児の母親の母性形成について (-母親へのアンケート調査から-)
    研究年月:1992年

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本母性衛生学会
    1993年~2005年 評議員
  • 学会名:聖路加看護学会
  • 学会名:大阪母性衛生学会
    1991年~1998年 幹事
    1999年~2008年 常任理事
  • 学会名:日本看護科学学会
  • 学会名:日本思春期学会
  • 学会名:日本災害看護学会
  • 学会名:日本看護学教育学会
  • 学会名:日本公衆衛生学会

学会等における発表

  • 妊婦の自己効力感に関する研究
    発表年月:2012年11月
    発表会議名:第53回日本母性衛生学会
    学会発表区分:国内
  • 思春期保健士・支援者がケアプログラムを実践展開するためのプログラム構築
    発表年月:2012年09月
    発表会議名:第31回日本思春期学会
    学会発表区分:国内
  • 妊婦健診時の指導後における妊婦の能動的行動と最関心事に関する研究
    発表年月:2012年02月
    発表会議名:第51回大阪母性衛生学会学術集会
    学会発表区分:国内

教育活動

担当教育の概要

  • 母性各期における看護学について、概論から臨床看護学、看護学実習において基礎的看護能力を養うことを目標に教授している。

担当講義

  • 担当年度:2013年
    授業科目名:看護理論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:母性看護学概論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:母性看護援助論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:母性看護学実習
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:統合看護実習
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:卒業研究Ⅰ・Ⅱ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:総合看護
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:母子関係論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:母性看護学援助特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:母性看護学特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:専門演習(母性看護学)
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:特別研究Ⅰ・Ⅱ(母性看護学)
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:看護支援システム特講(母性)
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:後期専門演習(母性)
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:後期特別研究(母性) Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
    講義区分:大学院

教育活動実績

  • 担当年度:2010
    博士課程学生指導数【前期:3人】
    博士課程学生指導数【後期:0人】
    修士論文審査数【主査:1】
    修士論文審査数【副査:0】
    博士論文審査数【主査:0】
    博士論文審査数【副査:0】
    卒論指導数:2
    卒論審査数:2
    FD活動内容:FD活動に参加した

産学官連携可能情報

専門分野

  • 臨床看護学

所属研究部門

  • 看護学研究科

現在の研究課題

  • 課題名:母子相互作用に関する研究
    研究分野:臨床看護学
    キーワード:母性発達、母子相互作用、母児同室制

電子メールアドレス

  • oyamada@nurs.osaka-cu.ac.jp

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。