大阪市立大学 研究者要覧


溝端 康光(ミゾバタ ヤスミツ)MIZOBATA Yasumitsu

  • 所属研究科・専攻:医学研究科 臨床医科学専攻(病態診断・生体機能管理医学講座) 職名:教授
更新日:2016/01/20

プロフィール

主な取得学位

  • 医学博士

主な専門分野

  • 救急医学

主な経歴

取得学位

  • 医学博士

学歴

  • 大阪市立大学 医学部

職歴

  • 1994-2005年 大阪府立泉州救命救急センター

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 救急医学

現在の研究課題

  • 課題名:外傷医療の質改善についての研究
    研究分野:外科学一般
    キーワード:外傷、医療の質
  • 課題名:病院前救急救護活動の質改善についての研究
    研究分野:麻酔・蘇生学
    キーワード:病院前救護、救急救命士、メディカルコントロール

主要な研究業績

著書・論文

  • 地域規模調査にもとづく外傷搬送先選定基準の評価
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2005年
    出版社:日本外傷学会雑誌
    巻/号、頁:19巻3号247-254頁
  • 傷病者の明確な搬送先選定基準の導入は外傷死亡率を低下させる
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:日本救急医学会雑誌
    巻/号、頁:16巻5号209-217頁
    共著者名:横田順一朗、石川和男、井戸口孝二、西内辰也、上野正人
  • 外傷初期診療ガイドライン
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:へるす出版
    巻/号、頁:1-頁
  • 外傷病院前救護ガイドライン
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:プラネット
    巻/号、頁:222-227頁
  • 【指標と数値算出法;定義と使い方】 中毒 有機リン中毒の重症度指標
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2007年
    出版社:救急医学
    巻/号、頁:31巻3号355頁
  • 新たに考案したトリアージタッグ書式の有用性 消防庁書式との比較検討
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2006年
    出版社:日本救急医学会雑誌
    巻/号、頁:17巻5号183-191頁
  • 【多発外傷 preventable trauma deathの回避をめざして】 総論 多発外傷と画像診断
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2006年
    出版社:救急医学
    巻/号、頁:30巻5号511-516頁
  • 【外科救急処置アトラス】 呼吸・循環系の術技 中心静脈路確保と中心静脈圧測定
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2006年
    出版社:外科治療
    巻/号、頁:94巻454-460頁
  • 【救急処置トラブルシューティング】 輪状甲状靱帯穿刺
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2006年
    出版社:救急医学
    巻/号、頁:30巻3号257-259頁
  • 【腹部外傷 JATECTM時代の外傷外科】 腸管・腸間膜損傷
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2005年
    出版社:救急医学
    巻/号、頁:29巻8号953-957頁
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • 地域規模調査にもとづく外傷搬送先選定基準の評価
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2005年
    出版社:日本外傷学会雑誌
    巻/号、頁:19巻3号247-254頁
  • 傷病者の明確な搬送先選定基準の導入は外傷死亡率を低下させる
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:日本救急医学会雑誌
    巻/号、頁:16巻5号209-217頁
    共著者名:横田順一朗、石川和男、井戸口孝二、西内辰也、上野正人
  • 外傷初期診療ガイドライン
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:へるす出版
    巻/号、頁:1-頁
  • 外傷病院前救護ガイドライン
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:プラネット
    巻/号、頁:222-227頁
  • 【指標と数値算出法;定義と使い方】 中毒 有機リン中毒の重症度指標
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2007年
    出版社:救急医学
    巻/号、頁:31巻3号355頁
  • 新たに考案したトリアージタッグ書式の有用性 消防庁書式との比較検討
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2006年
    出版社:日本救急医学会雑誌
    巻/号、頁:17巻5号183-191頁
  • 【多発外傷 preventable trauma deathの回避をめざして】 総論 多発外傷と画像診断
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2006年
    出版社:救急医学
    巻/号、頁:30巻5号511-516頁
  • 【外科救急処置アトラス】 呼吸・循環系の術技 中心静脈路確保と中心静脈圧測定
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2006年
    出版社:外科治療
    巻/号、頁:94巻454-460頁
  • 【救急処置トラブルシューティング】 輪状甲状靱帯穿刺
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2006年
    出版社:救急医学
    巻/号、頁:30巻3号257-259頁
  • 【腹部外傷 JATECTM時代の外傷外科】 腸管・腸間膜損傷
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2005年
    出版社:救急医学
    巻/号、頁:29巻8号953-957頁

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本救急医学会
    2001年 評議員
  • 学会名:日本集団災害医学会
  • 学会名:日本外傷学会
    2002年 評議員

教育活動

担当教育の概要

  • 救急医療制度、救急医学全般、外傷医学について教育を行っている。

担当講義

  • 授業科目名:救急医学
    講義区分:大学院

産学官連携可能情報

専門分野

  • 救急医学

所属研究部門

  • 医学研究科 臨床医科学専攻(病態診断・生体機能管理医学講座)

現在の研究課題

  • 課題名:外傷医療の質改善についての研究
    研究分野:外科学一般
    キーワード:外傷、医療の質
  • 課題名:病院前救急救護活動の質改善についての研究
    研究分野:麻酔・蘇生学
    キーワード:病院前救護、救急救命士、メディカルコントロール

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。