大阪市立大学 研究者要覧


森脇 祥太(モリワキ ショウタ)MORIWAKI Shota

  • 所属研究科・専攻:経済学研究科 現代経済専攻(地域・グローバル経済研究分野) 職名:教授
更新日:2017/03/17

プロフィール

主な取得学位

  • 博士(経済学)

主な専門分野

  • 開発経済学

現在の研究概要

  • アジア諸国の農業と環境問題に関心を持っています。①中国農業は先進国の段階に入ったか否かを検証する、②アジア諸国の農業由来の汚染物質の排出量の推計、③環境汚染物質を考慮した場合の経済発展のパフォーマンスの国際比較、等が近年の研究の具体的な中身です。

主な経歴

取得学位

  • 博士(経済学)
  • 修士(商学)

学歴

  • 早稲田大学 商学研究科 博士課程
  • 早稲田大学 商学部

職歴

  • 2002-2007年 拓殖大学国際開発学部/専任講師

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 開発経済学

現在の研究課題

  • 課題名:開発途上国の経済発展を対象とした実証分析
    研究分野:経済政策(含経済事情)
    キーワード:開発経済学、発展途上国

現在の研究概要

  • アジア諸国の農業と環境問題に関心を持っています。①中国農業は先進国の段階に入ったか否かを検証する、②アジア諸国の農業由来の汚染物質の排出量の推計、③環境汚染物質を考慮した場合の経済発展のパフォーマンスの国際比較、等が近年の研究の具体的な中身です。

主要な研究業績

著書・論文

  • Sustainable development in four East Asian countries’ agricultural sectors post-World War II: measuring nutrient balance and estimating the environmental Kuznets curve
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2017年03月
    出版社:Mimeo
  • Environmental Efficiency and Employment in China's Soybean Farming Sector
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2016年09月
    出版社:中国経済研究
  • Environmental efficiency and employment in the soybean sector
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2014年10月
    出版社:Takushoku University International Development Institute
    巻/号、頁:0014巻1号
  • からだで覚える経済学
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年09月
    出版社:日本評論社
    共著者名:江良亮
  • Effects of Structural Change on Economic Growth during Japan's and China's High-Growth Eras
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2013年09月
    出版社:Journal of International Development
    巻/号、頁:13巻1号179-195頁
  • Labor scarcity and the turning point in the Chinese rural sectors: empirical evidences from a frontier production function study
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年09月
    出版社:China Economic Journal
    巻/号、頁:6巻1号
    共著者名:江良亮
  • International Comparison of Environmental Efficiency(1990-2008)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年
    出版社:The International Journal of Economic Policy Studies
    巻/号、頁:7巻
    共著者名:清水政行
    ISSN:1881-4387
  • Effects of the Structural Change on Economic Growth in Japan and China during High Growth Era
    種別:proceedings
    単著・共著別:単著
    出版年月:2012年08月
    出版社:The 4th East Asian Economic Forum,Proceedings
  • An International Comparison of Environmental Efficiency (2001–2005):The Environmental Kuznets Curve Hypothesis Examined
    種別:proceedings
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年11月
    出版社:Proceedings of the 10th International Conference of the Japan Economic Policy Association
    共著者名:Shimizu,Masayuki
  • Has Been There the Over-Employment in Chinese Agricultural Sector during the 2000s?:An Analysis by the Method of the Stochastic Frontier Analysis (SFA)
    種別:proceedings
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年11月
    出版社:Proceedings of the 10th International Conference of the Japan Economic Policy Association
    共著者名:Era, Akira
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • Sustainable development in four East Asian countries’ agricultural sectors post-World War II: measuring nutrient balance and estimating the environmental Kuznets curve
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2017年03月
    出版社:Mimeo
  • Environmental Efficiency and Employment in China's Soybean Farming Sector
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2016年09月
    出版社:中国経済研究
  • Environmental efficiency and employment in the soybean sector
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2014年10月
    出版社:Takushoku University International Development Institute
    巻/号、頁:0014巻1号
  • からだで覚える経済学
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年09月
    出版社:日本評論社
    共著者名:江良亮
  • Effects of Structural Change on Economic Growth during Japan's and China's High-Growth Eras
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2013年09月
    出版社:Journal of International Development
    巻/号、頁:13巻1号179-195頁
  • Labor scarcity and the turning point in the Chinese rural sectors: empirical evidences from a frontier production function study
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年09月
    出版社:China Economic Journal
    巻/号、頁:6巻1号
    共著者名:江良亮
  • International Comparison of Environmental Efficiency(1990-2008)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年
    出版社:The International Journal of Economic Policy Studies
    巻/号、頁:7巻
    共著者名:清水政行
    ISSN:1881-4387
  • Effects of the Structural Change on Economic Growth in Japan and China during High Growth Era
    種別:proceedings
    単著・共著別:単著
    出版年月:2012年08月
    出版社:The 4th East Asian Economic Forum,Proceedings
  • An International Comparison of Environmental Efficiency (2001–2005):The Environmental Kuznets Curve Hypothesis Examined
    種別:proceedings
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年11月
    出版社:Proceedings of the 10th International Conference of the Japan Economic Policy Association
    共著者名:Shimizu,Masayuki
  • Has Been There the Over-Employment in Chinese Agricultural Sector during the 2000s?:An Analysis by the Method of the Stochastic Frontier Analysis (SFA)
    種別:proceedings
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年11月
    出版社:Proceedings of the 10th International Conference of the Japan Economic Policy Association
    共著者名:Era, Akira
  • きっちり学ぶ経済学入門
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年04月
    出版社:日本評論社
    共著者名:江良亮
    ISBN:4535556636

学会活動

所属学会

  • 学会名:中国経済学会
  • 学会名:日本国際経済学会
  • 学会名:日本経済政策学会

学会等における発表

  • 中国農業の転換点
    発表年月:2012年05月
    発表会議名:日本貿易学会英語セッション
    学会発表区分:国内
  • 環境効率性の国際比較
    発表年月:2011年11月
    発表会議名:日本経済政策学会国際会議
    学会発表区分:国内
  • 中国の農業部門に過剰労働力は存在しているか?
    発表年月:2011年11月
    発表会議名:日本経済政策学会国際会議
    学会発表区分:国内

教育活動

担当教育の概要

  • 発展途上国の経済発展のメカニズムを経済理論と統計データを使用して説明すること。特にアジア諸国の経済発展に注目した講義を行っている。

担当講義

  • 担当年度:2016年
    授業科目名:経済開発論研究
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:国際経済上級講義
    講義区分:専門
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:世界経済の論点
    講義区分:共通
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:経済開発論研究
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:経済開発論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:経済開発論研究
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:経済開発論研究
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:経済政策論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:環境経済学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:経済開発論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:世界経済の論点
    講義区分:共通
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:経済開発論研究
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:経済開発論特殊講義
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:経済開発論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:経済開発論研究
    講義区分:大学院

国際交流

国際シンポジウム活動

  • 交流年月:2011年10月
    内容:韓国の全南大学校で行われた中国の吉林大学、全南大学校、大阪市立大学の学術交流シンポジウムで発表した。

産学官連携可能情報

専門分野

  • 開発経済学

所属研究部門

  • 経済学研究科 現代経済専攻(地域・グローバル経済研究分野)

現在の研究課題

  • 課題名:開発途上国の経済発展を対象とした実証分析
    研究分野:経済政策(含経済事情)
    キーワード:開発経済学、発展途上国

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。