大阪市立大学 研究者要覧


柵山 徹也(サクヤマ テツヤ)SAKUYAMA Tetsuya

  • 所属研究科・専攻:理学研究科 職名:准教授
更新日:2016/01/21

プロフィール

主な取得学位

  • 博士(理学)

主な専門分野

  • マグマ学、地球化学

現在の研究概要

  • 2011年の霧島連山新燃岳の噴火は記憶に新しく、また、ハワイ・キラウエア火山で赤熱した溶岩が水飴のように流れている映像をテレビで見たことがある人もいるかもしれません。火山の噴火は、普段の生活では決して意識することがない程に地球内部が高温であることを、改めて私たちに教えてくれます。地震波、音波、電磁気、重力、宇宙線など地球内部を探る手法は様々ありますが、それらは全て現在の地球の状態しか教えてくれません。一方岩石には、これまでの地球内部で起こった事象が、様々な形で保存されています。特に溶岩には、マグマが地下深くで生まれてから地表に噴出するまでに経験した、様々なプロセスやマグマの起源物質に関する情報が化学組成として残されており、地球の熱史や物質分化を探る大変有力なツールです。私は火成岩の化学組成から地球内部での熱や物質の循環過程を明らかにする研究を行っています。

主な経歴

取得学位

  • 博士(理学)

職歴

  • 2014-年 公立大学法人 大阪市立大学
  • 2009-2014年 独立行政法人 海洋研究開発機構

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • マグマ学、地球化学

現在の研究課題

  • 課題名:プレート沈み込み開始期の火成活動とテクトニクス
    研究分野:地質学、岩石・鉱物・鉱床学、地球化学
    キーワード:プレート沈み込み、火成活動、岩石学
  • 課題名:プレート内火山の成因
    研究分野:地質学、岩石・鉱物・鉱床学、地球化学
    キーワード:プレート内火山、岩石学、地球化学

現在の研究概要

  • 2011年の霧島連山新燃岳の噴火は記憶に新しく、また、ハワイ・キラウエア火山で赤熱した溶岩が水飴のように流れている映像をテレビで見たことがある人もいるかもしれません。火山の噴火は、普段の生活では決して意識することがない程に地球内部が高温であることを、改めて私たちに教えてくれます。地震波、音波、電磁気、重力、宇宙線など地球内部を探る手法は様々ありますが、それらは全て現在の地球の状態しか教えてくれません。一方岩石には、これまでの地球内部で起こった事象が、様々な形で保存されています。特に溶岩には、マグマが地下深くで生まれてから地表に噴出するまでに経験した、様々なプロセスやマグマの起源物質に関する情報が化学組成として残されており、地球の熱史や物質分化を探る大変有力なツールです。私は火成岩の化学組成から地球内部での熱や物質の循環過程を明らかにする研究を行っています。

主要な研究業績

著書・論文

  • Petrological relationships among lavas, dikes, and gabbros from Integrated Ocean Drilling Program Hole 1256D: Insight into the magma plumbing system beneath the East Pacific Rise
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年
    出版社:Geochemistry Geophysics Geosystems
    巻/号、頁:12巻doi:10.1029/2011GC003548頁
    共著者名:Takashi Sano, Tetsuya Sakuyama, Stephanie Ingle, Sedelia Rodriguez, Toru Yamasaki
  • K-Ar ages of the Quaternary basalts in the Jeongok area, the central part of Korean Peninsula
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年
    出版社:Geoscience Journal
    巻/号、頁:15巻1-8頁
    共著者名:Sunyoung Ryu, Miho Oka, Koshi Yagi, Tetsuya Sakuyama, Tetsumaru Itaya
  • Drilling to Gabbro in Intact Ocean Crust
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Science
    巻/号、頁:312巻1016-1020頁
    共著者名:Douglas S. Wilson, Damon A. H. Teagle, Jeffrey C. Alt, Neil R. Banerjee, Susumu Umino, Sumio Miyashita, Takashi Sano, Tetsuya Sakuyama (40番目), et al. (他44名)
  • Progressive interaction between dry and wet mantle during high temperature diapiric upwelling: constraints from Cenozoic Kita-Matsuura intraplate basalt province, northwestern Kyushu, Japan
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年
    出版社:Journal of Petrology
    巻/号、頁:55巻1083-1128頁
    共著者名:Shun’ichi Nakai, Masako Yoshikawa, Tomoyuki Shibata, and Kazuhito Ozawa
  • Melting of the Uppermost Metasomatized Asthenosphere Triggered by Fluid Fluxing from Ancient Subducted Sediment: Constraints from the Quaternary Basalt Lavas at Chugaryeong Volcano, Korea
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年
    出版社:Journal of Petrology
    巻/号、頁:55巻499-528頁
    共著者名:Shinji Nagaoka, Takashi Miyazaki, Qing Chang, Toshiro Takahashi, Yuka Hirahara, Ryoko Senda, Tetsumaru Itaya, Jun-Ichi Kimura, and Kazuhito Ozawa
  • Melting of dehydrated oceanic crust from the stagnant slab and of the hydrated mantle transition zone: Constraints from Cenozoic alkaline basalts in eastern China
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年
    出版社:Chemical Geology
    巻/号、頁:359巻32-48頁
    共著者名:Wei Tian, Jun-Ichi Kimura, Yoshio Fukao, Yuka Hirahara, Toshiro Takahashi, Ryoko Senda, Qing Chang, Takashi Miyazaki, Masayuki Obayashi, Hiroshi Kawabata, and Yoshiyuki Tatsumi
  • ユーラシア大陸東縁部の新生代背弧域火山活動
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2013年
    出版社:岩石鉱物科学
    巻/号、頁:42巻68-82頁
  • 新生代北部九州のテクトニクス史と火山活動史:背弧火山岩区研究における重要性
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2010年
    出版社:地学雑誌
    巻/号、頁:119巻224-234頁
  • 新生代日本列島の火山活動とマントルダイナミクス –この10年における進展-
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2010年
    出版社:地学雑誌
    巻/号、頁:119巻1063-1078頁
  • Mantle upwelling with progressive melt extraction constrained by the Kita-Matsuura basalt, the northwestern Kyushu, southwestern Japan
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年03月
    出版社:Journal of Petrology
    巻/号、頁:50巻725-779頁
    共著者名:Kazuhito Ozawa, Hirochika Sumino, and Keisuke Nagao
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • Petrological relationships among lavas, dikes, and gabbros from Integrated Ocean Drilling Program Hole 1256D: Insight into the magma plumbing system beneath the East Pacific Rise
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年
    出版社:Geochemistry Geophysics Geosystems
    巻/号、頁:12巻doi:10.1029/2011GC003548頁
    共著者名:Takashi Sano, Tetsuya Sakuyama, Stephanie Ingle, Sedelia Rodriguez, Toru Yamasaki
  • K-Ar ages of the Quaternary basalts in the Jeongok area, the central part of Korean Peninsula
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年
    出版社:Geoscience Journal
    巻/号、頁:15巻1-8頁
    共著者名:Sunyoung Ryu, Miho Oka, Koshi Yagi, Tetsuya Sakuyama, Tetsumaru Itaya
  • Drilling to Gabbro in Intact Ocean Crust
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Science
    巻/号、頁:312巻1016-1020頁
    共著者名:Douglas S. Wilson, Damon A. H. Teagle, Jeffrey C. Alt, Neil R. Banerjee, Susumu Umino, Sumio Miyashita, Takashi Sano, Tetsuya Sakuyama (40番目), et al. (他44名)
  • Progressive interaction between dry and wet mantle during high temperature diapiric upwelling: constraints from Cenozoic Kita-Matsuura intraplate basalt province, northwestern Kyushu, Japan
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年
    出版社:Journal of Petrology
    巻/号、頁:55巻1083-1128頁
    共著者名:Shun’ichi Nakai, Masako Yoshikawa, Tomoyuki Shibata, and Kazuhito Ozawa
  • Melting of the Uppermost Metasomatized Asthenosphere Triggered by Fluid Fluxing from Ancient Subducted Sediment: Constraints from the Quaternary Basalt Lavas at Chugaryeong Volcano, Korea
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年
    出版社:Journal of Petrology
    巻/号、頁:55巻499-528頁
    共著者名:Shinji Nagaoka, Takashi Miyazaki, Qing Chang, Toshiro Takahashi, Yuka Hirahara, Ryoko Senda, Tetsumaru Itaya, Jun-Ichi Kimura, and Kazuhito Ozawa
  • Melting of dehydrated oceanic crust from the stagnant slab and of the hydrated mantle transition zone: Constraints from Cenozoic alkaline basalts in eastern China
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年
    出版社:Chemical Geology
    巻/号、頁:359巻32-48頁
    共著者名:Wei Tian, Jun-Ichi Kimura, Yoshio Fukao, Yuka Hirahara, Toshiro Takahashi, Ryoko Senda, Qing Chang, Takashi Miyazaki, Masayuki Obayashi, Hiroshi Kawabata, and Yoshiyuki Tatsumi
  • ユーラシア大陸東縁部の新生代背弧域火山活動
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2013年
    出版社:岩石鉱物科学
    巻/号、頁:42巻68-82頁
  • 新生代北部九州のテクトニクス史と火山活動史:背弧火山岩区研究における重要性
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2010年
    出版社:地学雑誌
    巻/号、頁:119巻224-234頁
  • 新生代日本列島の火山活動とマントルダイナミクス –この10年における進展-
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2010年
    出版社:地学雑誌
    巻/号、頁:119巻1063-1078頁
  • Mantle upwelling with progressive melt extraction constrained by the Kita-Matsuura basalt, the northwestern Kyushu, southwestern Japan
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年03月
    出版社:Journal of Petrology
    巻/号、頁:50巻725-779頁
    共著者名:Kazuhito Ozawa, Hirochika Sumino, and Keisuke Nagao

研究費獲得実績

科研費補助金獲得実績

  • 研究課題名:背弧域上部マントルの熱・物質循環過程の解明
    研究種目:若手研究B
    代表者区分:代表者
    申請年度:2011年
    研究期間:2011年~2015年
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1000000(千円)
    2年目 800000(千円)
    3年目 800000(千円)
    4年目 500000(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 300000(千円)
    2年目 240000(千円)
    3年目 240000(千円)
    4年目 150000(千円)
  • 研究課題名:背弧域上部マントルの熱・物質循環過程の解明
    研究種目:若手研究(スタートアップ)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2009年
    研究期間:2009年~2010年
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1090000(千円)
    2年目 1210000(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 327000(千円)

学会活動

所属学会

  • 学会名:米国地球物理学連合
  • 学会名:日本地質学会
  • 学会名:日本火山学会

学会等における発表

  • Cenozoic volcanism and tectonic history of northern Kyushu
    発表年月:2009年05月
    発表会議名:日本地球惑星科学連合2009年大会
    学会発表区分:国内

教育活動

担当講義

  • 担当年度:2014年
    授業科目名:地質調査法
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:建設地学および同実習
    講義区分:共通
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:地球学実験
    講義区分:共通
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:一般地球学
    講義区分:共通

産学官連携可能情報

専門分野

  • マグマ学、地球化学

所属研究部門

  • 理学研究科

現在の研究課題

  • 課題名:プレート沈み込み開始期の火成活動とテクトニクス
    研究分野:地質学、岩石・鉱物・鉱床学、地球化学
    キーワード:プレート沈み込み、火成活動、岩石学
  • 課題名:プレート内火山の成因
    研究分野:地質学、岩石・鉱物・鉱床学、地球化学
    キーワード:プレート内火山、岩石学、地球化学

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。