大阪市立大学 研究者要覧


田中 俊雄(タナカ トシオ)TANAKA Toshio

更新日:2016/01/20

プロフィール

主な取得学位

  • 理学博士

主な専門分野

  • 応用微生物学・応用生物化学

現在の研究概要

  • 天然に存在する種々の化合物およびその構造を化学的に変化させた化合物を対象に、抗菌活性や抗がん活性などの有用な活性の有無を明らかにする。併せて、その活性が現れるメカニズムを明らかにする。

個人URL HP

主な経歴

取得学位

  • 理学博士

学歴

  • 大阪市立大学 理学研究科 生物学 修士課程
  • 大阪市立大学 理学部 生物学

大阪市立大学経歴

  • 1980年 助手
  • 1991年 講師
  • 1994年 助教授
  • 2002年 教授

受賞学術賞

  • 1999年 市村学術賞
  • 2000年 日本生物工学会論文賞

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 応用微生物学・応用生物化学
  • 機能生物化学

現在の研究課題

  • 課題名:天然物および天然物誘導体の生理活性
    研究分野:応用微生物学・応用生物化学、機能生物化学
    キーワード:ヌクレオチド、脂質、イソプレノイド
  • 課題名:微生物のアミノ酸代謝
    研究分野:応用微生物学・応用生物化学、機能生物化学
    キーワード:微生物、アミノ酸、代謝
  • 課題名:微生物の糖代謝
    研究分野:応用微生物学・応用生物化学、機能生物化学
    キーワード:微生物、糖、代謝

現在の研究概要

  • 天然に存在する種々の化合物およびその構造を化学的に変化させた化合物を対象に、抗菌活性や抗がん活性などの有用な活性の有無を明らかにする。併せて、その活性が現れるメカニズムを明らかにする。

主要な研究業績

著書・論文

  • ニンニク成分の新たな機能性 -アリシンによって増幅されるアンホテリシンBの抗真菌活性ー
    種別:解説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年
    出版社:食品と開発
    巻/号、頁:46巻8号12-14頁
    共著者名:荻田亮, 藤田憲一, 田中俊雄
  • Evaluation of uridine 5’-eicosylphosphate as a stimulant of cyclic AMP dependent cellular function
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年
    出版社:Gen. Physiol. Biophys.
    巻/号、頁:30巻106-109頁
    共著者名:Yutani,M., Ogita, A., Fujita, K., Usuki, Y., and Tanaka, T.
  • Enhancement effect of N-methyl-N″-dodecylguanidine on the vacuole-targeting fungicidal activity of amphotericin B against the pathogenic fungus Candida albicans.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年
    出版社:J. Antibiot
    共著者名:Yutani, M. Bordihan, B., Ogita, A., Fujita, K. and Tanaka T.
  • Alliinase from Ensifer adhaerence and its use fro generation of fungicidal activity.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年
    出版社:AMB Express
    巻/号、頁:1巻2号
    共著者名:109. Yutani, M., Taniguchi, H., Borjihan, H., Ogita, A., Fujita, K. and Tanaka, T.
  • Isolation of a copper-resistant sake yeast mutant with improved flavor compound production.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:Inst. Brew. Distil.
    巻/号、頁:116巻261-264頁
    共著者名:Hirooka, K., Ogita, A., Fujita, K., Yamamoto, Y. and Tanaka, T.
  • Dependence on vacuole disruption and independence of potassium ion efflux in fungicidal activity induced by combination of amphotericin B and allicin against Saccharomyces cerevisiae.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:J. Antibiot.
    巻/号、頁:63巻989-692頁
    共著者名:Ogita, A., Yutani, M., Fujita, K. and Tanaka, T.
  • The cyclic organosulfur compound zwiebelane A from onion (Allium cepa) functions as an enhancer of polymyxin B in fungal vacuole disruption.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:Planta Med.
    巻/号、頁:76巻1-3頁
    共著者名:Borjihan, B., Ogita A., Fujita, K., Doe, M.,Tanaka, T.
  • Targeted yeast vacuole disruption by polyene antibiotics with a macrocyclic lactone ring
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:Int.J. Antimicrobiol. Agents
    巻/号、頁:35巻85-92頁
    共著者名:Ogita, A, Fujita, K., Usuki, Y., Tanaka, T.
  • イソプレノイドアナログ耐性清酒酵母における酢酸イソアミルの高生産とアルコールアセチルトランスフェラーゼ活性の相関
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:醸造論文集
    巻/号、頁:64巻24-29頁
    共著者名:廣岡青央、山本佳宏、筒井延男、田中俊雄
  • The Vacuole-targeting fungicidal activity of amphotericin B against the pathogenic fungus Candida albicans and its enhancement by allicin
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:.J. Antibiotics
    巻/号、頁:6巻691-697頁
    共著者名:Borjihan, H., Ogita, A., Fujita, K., Hirasawa, E., Tanaka, T.
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • ニンニク成分の新たな機能性 -アリシンによって増幅されるアンホテリシンBの抗真菌活性ー
    種別:解説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年
    出版社:食品と開発
    巻/号、頁:46巻8号12-14頁
    共著者名:荻田亮, 藤田憲一, 田中俊雄
  • Evaluation of uridine 5’-eicosylphosphate as a stimulant of cyclic AMP dependent cellular function
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年
    出版社:Gen. Physiol. Biophys.
    巻/号、頁:30巻106-109頁
    共著者名:Yutani,M., Ogita, A., Fujita, K., Usuki, Y., and Tanaka, T.
  • Enhancement effect of N-methyl-N″-dodecylguanidine on the vacuole-targeting fungicidal activity of amphotericin B against the pathogenic fungus Candida albicans.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年
    出版社:J. Antibiot
    共著者名:Yutani, M. Bordihan, B., Ogita, A., Fujita, K. and Tanaka T.
  • Alliinase from Ensifer adhaerence and its use fro generation of fungicidal activity.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年
    出版社:AMB Express
    巻/号、頁:1巻2号
    共著者名:109. Yutani, M., Taniguchi, H., Borjihan, H., Ogita, A., Fujita, K. and Tanaka, T.
  • Isolation of a copper-resistant sake yeast mutant with improved flavor compound production.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:Inst. Brew. Distil.
    巻/号、頁:116巻261-264頁
    共著者名:Hirooka, K., Ogita, A., Fujita, K., Yamamoto, Y. and Tanaka, T.
  • Dependence on vacuole disruption and independence of potassium ion efflux in fungicidal activity induced by combination of amphotericin B and allicin against Saccharomyces cerevisiae.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:J. Antibiot.
    巻/号、頁:63巻989-692頁
    共著者名:Ogita, A., Yutani, M., Fujita, K. and Tanaka, T.
  • The cyclic organosulfur compound zwiebelane A from onion (Allium cepa) functions as an enhancer of polymyxin B in fungal vacuole disruption.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:Planta Med.
    巻/号、頁:76巻1-3頁
    共著者名:Borjihan, B., Ogita A., Fujita, K., Doe, M.,Tanaka, T.
  • Targeted yeast vacuole disruption by polyene antibiotics with a macrocyclic lactone ring
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:Int.J. Antimicrobiol. Agents
    巻/号、頁:35巻85-92頁
    共著者名:Ogita, A, Fujita, K., Usuki, Y., Tanaka, T.
  • イソプレノイドアナログ耐性清酒酵母における酢酸イソアミルの高生産とアルコールアセチルトランスフェラーゼ活性の相関
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:醸造論文集
    巻/号、頁:64巻24-29頁
    共著者名:廣岡青央、山本佳宏、筒井延男、田中俊雄
  • The Vacuole-targeting fungicidal activity of amphotericin B against the pathogenic fungus Candida albicans and its enhancement by allicin
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:.J. Antibiotics
    巻/号、頁:6巻691-697頁
    共著者名:Borjihan, H., Ogita, A., Fujita, K., Hirasawa, E., Tanaka, T.
  • Enhancement of the fungicidal activity of amphotericin B by allicin: Effects on intracellular ergosterol trafficking
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:Planta medica
    巻/号、頁:75巻222-226頁
    共著者名:Ogita, A., Fujita, K., Tanaka, T.
  • Synergisitic fungicidal activities of polymyxin B and ionophores, and their dependence on direct disruptive action of polymyxin B on fungal vacuole
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:J. Antibiotics
    巻/号、頁:62巻81-87頁
    共著者名:Ogita, A., Konishi, Y., Borjihan, B., Fujita, K., Tanaka, T.
  • Amplification of vacuole-targeting fungicidal activity of antibacterial antibiotic polymyxin B by allicin, an allyl sulfur compoundfrom garlic
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:J. Antibiotics
    巻/号、頁:60巻8号511-518頁
    共著者名:「A. Ogita, Y. Nagao, K. Fujita, T. Tanaka」
  • Dependence of synergistic fungicidal activity of Cu2+ and allicin, an allyl sulfur compound from garlic, on selective accumulation of the ion in the plasma membrane fraction via allicin-mediated phospholipid peroxidation
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Planta Medica
    巻/号、頁:72巻10号875-880頁
    共著者名:A. Ogita, K. Fujita, M. Taniguchi, T. Tanaka
  • Synergistic fungicidal activity of Cu2+and allicin, an allyl sulfur compound from garlic, and its relation to the role of alkyl hydroperoxide reductase 1 as a cell surface defense in Saccharomyces cerevisiae
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2005年
    出版社:Toxicology
    巻/号、頁:215巻3号205-213頁
  • Inhibition of rabbit platelet aggregation by nucleoside 5'-alkylphosphate
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Biochem. Pharm.
    巻/号、頁:60巻197-205頁
    共著者名:「J. Sugatani, M. Watanabe, K. Machida, T. Maeda and M. Miwa」
  • Evidence for Farnesol Mediated Isoprenoid Synthesis Regulation in a Halophilic Archaeon, Haloferax volcanii
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:FEBS Letter
    巻/号、頁:379巻43-46頁
    共著者名:A. Tachibana, M. Taniguchi, S. Oi
  • Further Studies on Aspartate Aminotransferase of Thermophilic Metharogens by Analysis of General Properties, Bound Cofactors, and Subunit Stractures「(共著)」
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1992年
    出版社:Journal of Biochemistry
    巻/号、頁:112巻811-815頁
  • Involvement of Oxidative Stress Induction in Na Toxicity and Its Relation to the Inhibition of a Ca2+-Dependent but Calcineurin-Independent Mechanism in Saccharomyces cerevisiae
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:J. Biosci. Bioeng.
    巻/号、頁:101巻1号77-79頁
    共著者名:「T. Tanaka., K. Nishio, Y. Usuki, K. Fujita」
  • 糖リン酸エステルの溶菌活性
    単著・共著別:単著
    出版年月:1991年
    出版社:化学と生物
    巻/号、頁:29巻3号695-697頁
  • Inhibitory Effects of Nucleoside 5'-Alkylphosphates on Sexual Agglutination of Saccharomyces cerevisiae
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1997年
    出版社:FEMS Microbiology Letter
    巻/号、頁:147巻17-22頁
    共著者名:「K. Machida, K. Shibata, M. Taniguchi」
  • Biosynthesis of polyglutamic acid in plants. I: Transient expression of poly-γ-glutamate synthetase complex in tobacco leaves
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Journal of Bioscience and Bioengineering
    巻/号、頁:100巻4号43-448頁
    共著者名:「Y. Tarui, H. Iida, T. Tanaka, M. Taniguchi et al.」
  • Aspartate Aminotransferase from a Thermophilic Formate-Utilizing Methanogen,Strain SF-4 : Relation to Serine and Phosphoserine Aminotransferase, but not to the Aspartate Aminotransferase Family(共著)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1994年
    出版社:Journal of Biochemistry
    巻/号、頁:115巻309-317頁
  • Salinomycin and citric acid in combination demonstrate bactericidal activity against Gram-negative bacteria
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:Annals Microbiol.
    巻/号、頁:53巻611-614頁
    共著者名:Ogita, A., Fujita, K., Tanaka, T.
  • Antimycin A-induced cell death depends on AIF translocation through NO production and PARP activation and is not involved in ROS generation, cytochorme c release and caspase-3 activation in HL-60 cells
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:J. Antibiotics
    巻/号、頁:62巻145-152頁
    共著者名:Ogita, M., Ogita, A., Usuki, Y., Fujita, K., Tanaka, T.
  • Synergistic combination of direct plasma membrane damage andoxidative stresss as a cause of antifungal activity of polyol macrolide antibiotic niphimycin.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:J. Biosci. Bioeng.
    巻/号、頁:94巻207-211頁
    共著者名:K. Nakayama, T. Yamaguchi, T. Doi, Y. Usuki, M. Taniguchi
  • Microstructure of poly(γ-glutamic acid) produced by Bacillus subtilis consisting of clusters of D- andL-glutamic acid repeating units
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:J. Agricultural Food Chemistry
    巻/号、頁:56巻4225-4228頁
    共著者名:Wang, F., Ishiguro, M., Mutukado, M., Fujita, K., Tanaka, T.
  • Isolation of an Acremonium sp. capable of liquefying cross-linked poly(γ-glutamic acid) hydrogels and the fungal enzyme involved in its disruption of γ-ray irradiation-mediated cross-linking
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:J. Biosci. Bioeng.
    巻/号、頁:105巻4号422-424頁
    共著者名:Matsui, O., Fujita, K.,Nakayama, H., Taniguchi, Tanaka, T., et al.
  • 酵素ハンドブック
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:朝倉書店
    巻/号、頁:3巻848-852頁
    共著者名:「田中俊雄、谷口誠」
  • Identification of phoslactomycin E as a metabolite inducing hyphal morphological abnormlities in
    Aspergillus fumigatus IFO 5840
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:J. Antibiotics
    巻/号、頁:60巻762-765頁
    共著者名:「Mizuhara, N., Usuki, Y., Ogita, M., Fujita, K., Tanaka, T., et al.」
  • Purification and Some Properties of β-Trans-glycosyalse of Sclerotinia libertiana Having the Ability to Synthesize Higher Cellooligosaccharides. (共著)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1982年
    出版社:Carbohydrate Research
    巻/号、頁:106巻131-142頁
  • Synergistic fungicidal activities of amphotericin B and N-methyl- N''-dodecylguanidine: A constituent of polyol macroride antibiotic niphimycin
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:J. Antibiotics
    巻/号、頁:60巻13号27-35頁
    共著者名:「A. Ogita A, K. Matsumoto. K. Fujita, Y. Usuki, Y. Hatanaka, T. Tanaka」
  • Inhibitory activity of 1-farnesylpyridinium on the spatial control over the assembly of cell wall polysaccharides in Schizosaccharomyces pombe
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:J. Biochemistry
    巻/号、頁:140巻6号851-859頁
    共著者名:「M. Hamada., I. Ohata, K. Fujita, A. Ogita A, T. Tanaka et al.」
  • Enhancement of the fungicidal activity of amphotericin B by allicin, an allyl-sulfur compound from garlic, against the yeast Saccharomyces cerevisiae as a model system
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Planta Medica
    巻/号、頁:72巻13号1247-1250頁
    共著者名:「A. Ogita, K. Fujita, M. Taniguchi, T.Tanaka」
  • Structure-activity relationship studies on niphimycin, a guanidylpolyol macrolide antibiotic. Part 1: The role of the N-methyl-N''-alkylguanidium moiety
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Bioorganic& Medicinal Chemistry Letters
    巻/号、頁:16巻1553-1556頁
    共著者名:「Y. Usuki, K. Matsumoto, T. Inoue, K. Yoshioka, T. Tanaka et al.」
  • Synthesis and biological evaluation of γ-fluoro-β,γ-unsaturated acids
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Journal of Fluorine Chemistry
    巻/号、頁:127巻800-808頁
    共著者名:「N. Asakura, Y. Usuki, I. Hideo, T. Tanaka」
  • Improved production of isoamyl acetate by a Sake yeast mutant resistant to an isoprenoid analog and its dependence on alcohol acetyltransferase activity, but not on isoamyl alcohol production
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:J. Biosci.Bioeng.
    巻/号、頁:99巻125-129頁
    共著者名:「K. Hirooka. Y. Yamamoto, N. Tsutsui, T. Tanaka」
  • Flocculating activity of cross-linked poly-g-glutamic acid against bentonite and Escherichia coli suspension pretreated with FeCl3 and its interaction with Fe3+
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:J. Biosci. Bioeng.
    巻/号、頁:100巻207-211頁
    共著者名:M. Taniguchi, K. Fujita, Y. Tarui, T. Tanaka, E. Hirasawa et al.
  • Physicochemical properties of cross-linked poly-g-glutamic acid and its flocculating activity against kaolin suspension
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:J. Biosci. Bioeng.
    巻/号、頁:99巻130-135頁
    共著者名:M. Taniguchi, K. Fujita, Y. Tarui, T. Tanaka, H. Hirasawa et al.
  • Proposals for wastewater treatment by applying flocculating activity of cross-linked poly-gamma-glutamic acid
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:J. Biosci. Bioeng.
    巻/号、頁:99巻245-251頁
    共著者名:M. Taniguchi, K. Fujita, Y. Tarui, T. Tanaka, H. Hirasawa et al.
  • Screening for microtubule-disrupting antifungal agents by using a mitotic-arrest mutant of Aspergillus nidulans and novel action of phenylalanine derivatives accompanying tubulin loss.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Antimicrobial Agents and Chemotherapy
    巻/号、頁:48巻1739-1748頁
    共著者名:「T. Kiso, K. Fujita, S. Ping, T. Tanaka, M. Taniguchi」
  • Growth inhibition dependent on reactive oxygen species generated by C9-UK-2A, a derivative of the antifungal antibiotic UK-2A, in Saccharomyces cerevisiae.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:J. Antibiot.
    巻/号、頁:57巻511-517頁
    共著者名:「K. Fjita, K. Tani, Y. Usuki, T. Tanaka, M. Taniguchi」
  • Oxidative stress-dependent inhibition of yeast cell growth by farnesylamine and its possible relation to amine oxidase in the mitochondrial fraction
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:J. Biosci. Bioeng.
    巻/号、頁:98巻470-476頁
    共著者名:T. Tanaka, H. Hijioka, K.Fujita, Y. Usuki, H. Hirasawa et al.
  • UK-2A, B, C and D, Novel antifungal antibiotics from Streptomyces sp. 517-02 VI (3). Role of substituents on dilactone ring of UK-2A and antimycin A3 against generation of reactive oxygen speciesin porcine renal proximal tubule LLC-PK1 cells
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:J. Antibiot.
    巻/号、頁:57巻687-690頁
    共著者名:K. Fujita, T. Kiso, Y. Usuki, T. Tanaka, M. Taniguchi
  • Oxidative stress induction as a cause of Ba2+-dependent fungicidal action of UMP-derivative on the yeast Shizosaccharomyces pombe.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:J. Biosci. Bioeng.
    巻/号、頁:96巻500-502頁
    共著者名:T. Tanaka, Y. Usuki
  • Irreversible deacylation of plasma membrane phospholipids by the combined action of Mg2+ and long-chain acyl-CoA synthetase inhibitor in Saccharomyces cerevisiae
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:J. Biosci. Bioeng.
    巻/号、頁:94巻258-263頁
    共著者名:k. Nakayama, T. Nakamura, T., M. Taniguchi
  • Farnesylpyridinium, an analog of isopreneoid farnesol, induces apoptosis but suppresses apoptotic body formation in human promyelocytic leukemia cells
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:FEBS Letters
    巻/号、頁:514巻250-254頁
    共著者名:「M. Hamada, K. Nishio, M. Doe, Y. Usuki」
  • Evaluation of adenosine 5'-hexadecylphosphate as an inhibitor of acyl-CoA synthetase isozyme functional for phospholipid reconstitution in the yeast Saccaromyces cerevisiae
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:J. Biosci. Bioeng.
    巻/号、頁:92巻475-477頁
    共著者名:K. Nakayama
  • Farnesol-induced generation of reactive oxygen species dependent onmitochondrial transmembrane potential hyperpolarization
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:FEBS Letter
    巻/号、頁:462巻108-112頁
    共著者名:「K. Machida」
  • Functional interaction between membranous surface and colloidal inside of yeast cells as reflected by an isoprenoid-promoted mitochondrial generation ofreactive oxgen species
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Hydrocolloids
    巻/号、頁:2号113-118頁
    共著者名:「K, Machida, H. Nakamura and M. Taniguchi」
  • Long-chain alkyl ester of AMP acts as an antagonist of glucose-induced signal transduction that mediates plasma membrane proton pump in Saccharomyces cerevisiae
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Microbiology
    巻/号、頁:146巻377-384頁
    共著者名:「K. Nakayama, K. Machida and M. Taniguchi」
  • Protective effects of antioxidants against para-nonyophenol-induced inhibition of cell growth in Saccharomyces cerevisiae
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:FEMS Microbial. Lett.
    巻/号、頁:185巻65-70頁
    共著者名:「Y. Okai, K. Higashi-Okai, K. Machida, H. Nakamura, K. Nakayama et al.」
  • Protective effects of a-tpcophrol and b-carotene on para-nonylphenol-induced inhibition of cell growth, cellular respiration and glucose-induced proton extrusion of bacteria.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:FEMS Microbiology Lett.
    巻/号、頁:187巻161-165頁
    共著者名:「Y. Okai, K. Higashi-Okai, K. Machida, H. Nakamura, K. Nakayama et al.」
  • Farnesol-induced growth inhibition of Saccharomyces cerevisiae by a cell cycle mechanism
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:Microbiology
    巻/号、頁:145巻293-299頁
    共著者名:「K. Machida, Y. Yano, S. Otani, and M. Taniguchi」
  • Depletion of glutathione as a cause of the promotive effects of polygodial, a sesqueterpene on the production of reactive oxygen species in Saccharomyces cerevisiae
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:J. Biosci. Buoeng.
    巻/号、頁:88巻526-530頁
    共著者名:「K. Machida and M. Taniguchi」
  • UK-2A, B, C and D, Novel antifungal antibiotics from Streptomyces sp., 517-02. comparative studies of UK-2A with antimycin A3 on cytotoxic activity and reactive oxygen generation in LLC-PK1 cells
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:J. Antibiotics
    巻/号、頁:52巻5号480-484頁
    共著者名:「H. Takimoto, K. Machida, K. and M. Taniguchi」
  • Farnesol-induced generation of reactive oxygen species via indirect inhibition of mitochondrial electron transport chain in the yeast Saccharomyces cerevisiae
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:Journal of Bacteriology
    巻/号、頁:180巻4460-4465頁
    共著者名:「K. Machida, K. Fujita, K., M.Taniguchi」
  • UK-3A, a novel antifungal antibiotics from Streptimyces sp. 517-02 : Fermentation, isolation, structural elucidation and biological properties(共著)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1997年
    出版社:J. Antibiotics
    巻/号、頁:50巻7号551-555頁
    共著者名:M. Ueki, A. Kusumoto, M. Hanafi, K. Shibata, and M. Taniguchi
  • Exsistence of an optically heterogenous peptide unit in poly(gamma-glutamic acid)produced by Bacillus subtilis
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1997年
    出版社:J. Ferent. Bioeng.
    巻/号、頁:84巻4号361-364頁
    共著者名:「K. Fujita, S. Takenishi, M. Taniguchi」
  • Studies on the Linkage Specificity of a β-Trans-glycosylase of Sclerotinia libertiana (共著)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1983年
    出版社:Carbohydrate Research
    巻/号、頁:119巻292-299頁
  • Purification and Characterization of Poly(γ-glutamic acid)Hydrolase from a Filamentous Fungus,sp. TM-4222「(共著)」
    出版年月:1993年
    出版社:Biosci. Biotech. Biochem.
    巻/号、頁:57巻12号2148-2153頁
  • AKD-2A,B,C and D,New Antibiotics from Streptomycse sp.OCU-42815 Taxonomy,Fermentation,Isolation,Structure Elucidation and Biological Activity
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1995年
    出版社:The Journal of Antibiotics
    巻/号、頁:48巻5号363-368頁
    共著者名:H. Takimoto, K. Machida, M. Ueki, and M. Taniguchi
  • Screening for Microorganism Having Poly(γ-glutamic acid)Endohydrolase Activity and the Enzyme Production bysp. TM-4222「(共著)」
    出版年月:1993年
    出版社:Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry.
    巻/号、頁:57巻10号1809-1810頁
  • オリゴ糖・多糖の酵素合成
    出版年月:1993年
    出版社:澱粉科学
    巻/号、頁:40巻2号203-208頁
  • Synthesis of Uridine 5'-monophosphate glucose as an inhibitor of UDP-glucose pyrophosphorylase
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:J. Ferment. Bioeng.
    巻/号、頁:86巻145-148頁
    共著者名:「K. Fujita, T. Tanigawa, K. Machida, M. Taniguchi」
  • A Bacteriolytic Effect of UDP-Sugar Hydrolase on Escherichia coil via Its Overproduction Using a Modified ushA Gene Expression System
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:Journal of Fermentation and Bioengineering
    巻/号、頁:81巻1号68-71頁
    共著者名:「K. Maeda, K. Fujita, M. Taniguchi, S. Oi」
  • Selective Cytotoxic Effects of 5-Fluorouridine 5"-Diphosphate Sugars on Virus-Transformed Molignant Cells of Mouse Fibroblast
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:Journal of Fermentation and Bioengineering
    巻/号、頁:81巻2号174-177頁
    共著者名:K. Fujita, M. Taniguchi
  • Microbial Synthesis of 5-Fluoruridine Monophosphate and 5-Fluoro-2"-deoxyuridine Monophosphate(共著)
    出版年月:1994年
    出版社:Journal of Fermentation and Bioengineering
    巻/号、頁:77巻696-699頁
  • Synthesis of 5-Fluorouridine 5'-diphosphate Galactose from 5-Fluorouridine by Chemical Phosphorylation and Microbial Urydyryl Transfer(共著)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1994年
    出版社:Carbohydrate Research
    巻/号、頁:265巻299-302頁
  • A Bacteriocidal Effect of 2-Deoxy-D-galactose ondue to Inhibition of Amino Sugar Metabolism(共著)
    出版年月:1994年
    出版社:Journal of General and Applied Microbiology
    巻/号、頁:80巻409-420頁
  • Characterization of L-Arabinose-induced Bulge Formation in Escherichia coli IFO 3545 Using L-Arabinose-nagative Mutants. (共著)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1988年
    出版社:Agricultural and Biological Chemistry
    巻/号、頁:52巻8号1929-1935頁
  • Determination of Effector Molecules in L-Arabinose-induced Bulge Formation and Lysis of Escherichia coli IFO 3545. (共著)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1991年
    出版社:Journal of General Microbiology
    巻/号、頁:137巻1163-1169頁
  • Studies on Cellular Response ofto UDP-Galactose Accumulation「(共著)」
    出版年月:1993年
    出版社:Biosci. Biotech. Biochem.
    巻/号、頁:57巻7号1166-1171頁
  • Bulge Formation in Escherichia coli Induced by L-Arabinose under Hypertonic Conditions with Sodium Chloride (共著)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1986年
    出版社:Agricultural and Biological Chemistry
    巻/号、頁:50巻10号2663-2665頁
  • Poly(g-glutamic acid) from Bacillus subtilis as an optically heterogeneous peptide in which D- and L-glutamic acid isomers are copolymerized into a single chain
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Hydrocolloids
    巻/号、頁:1号459-463頁
    共著者名:「M. Taniguchi」
  • Biosynthesis of Bacterial Glycogen (共著)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1988年
    出版社:The Journal of Biological Chemistry
    巻/号、頁:263巻14634-14639頁
  • Purification and Some Properties of β-Trans-glycosylase of Trichoderma longibrachiatum (共著)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1984年
    出版社:Journal of Biochemistry
    巻/号、頁:95巻847-854頁
  • The Molecular Structure of Low and High Molecular Weight Levans Synthesized by Levansucrase. (共著)
    出版年月:1980年
    出版社:Journal of Biochemistry
    巻/号、頁:87巻
  • Synthesis of Levan by Levansucrase. Some Factors Affecting the Rate of Synthesis and Degree of Polymerization.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1979年
    出版社:Journal of Biochemistry
    巻/号、頁:85巻287-293頁
    共著者名:T. Tanaka, S. Oi, Y. Yamamoto

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本生物工学会
    1997年~ 関西支部委員
    1997年~1999年 和文誌編集委員
    2001年~ 代議員
    1997年~1999年 関西支部副支部長
    2009年04月~2011年05月 関西支部長
  • 学会名:日本生化学会
    2003年~ 評議員
  • 学会名:日本農芸化学会
    2002年~ 関西支部評議員
  • 学会名:バイオ産業研究会
    2001年~ 幹事

学会等における発表

  • キチンへの結合を介してシクロチアゾマイシンB1は抗真菌作用を発揮する
    発表年月:2011年03月
    発表会議名:日本農芸化学会平成22年度大会
    学会発表区分:国内
  • 銅耐性を指標とした酢酸イソアミル高生産酵母の取得
    発表年月:2011年03月
    発表会議名:日本農芸化学会平成22年度大会
    学会発表区分:国内
  • アンホテリシンBによる液胞膜断片化作用の発現機構
    発表年月:2011年03月
    発表会議名:日本農芸化学会平成22年度大会
    学会発表区分:国内
  • ポリミキシンBとハイグロマイシンBの相乗的殺真菌作用
    発表年月:2011年03月
    発表会議名:日本農芸化学会平成22年度大会
    学会発表区分:国内
  • ポリミキシンBの真菌液胞膜断片化作用に関与する細胞内因子
    発表年月:2011年03月
    発表会議名:日本農芸化学会平成22年度大会
    学会発表区分:国内
  • イソプレノイド誘導体の抗真菌活性に関与するタンパク質の同定と解析
    発表年月:2011年03月
    発表会議名:日本農芸化学会平成22年度大会
    学会発表区分:国内
  • アンホテリシンBの抗真菌活性発現機構 ―液胞膜の断片化に影響を与える因子―
    発表年月:2010年10月
    発表会議名:日本生物工学会平成22年度大会
    学会発表区分:国内

教育活動

担当教育の概要

  • 微生物における一次および二次代謝産物の構造と機能について論じる。特に、ヌクレオチド、ヌクレオシド、糖、糖リン酸エステルおよび糖ヌクレオチドの代謝、生産ならびにそれらの生理活性について述べる。また、これら一次および二次代謝産物については、微生物変換、酵素変換および化学変換による種々誘導体の合成についてふれるとともに、これら誘導体が影響を及ぼす形態形成、細胞分化、あるいは認識応答や情報伝達など高次の生命現象の機構について話題を提供する。

担当講義

  • 授業科目名:微生物化学特論II
    講義区分:大学院
  • 授業科目名:生物分子機能学演習
    講義区分:大学院
  • 授業科目名:生物分子機能学ゼミナール
    講義区分:大学院
  • 授業科目名:微生物化学
    講義区分:専門
  • 授業科目名:生物学への招待
    講義区分:共通

産学官連携可能情報

専門分野

  • 応用微生物学・応用生物化学

所属研究部門

  • 理学研究科 生物地球系専攻(生物分子機能学)

交流可能研究テーマ

  • 薬理活性物質の開発
    研究テーマの分野:生物化学

現在の研究課題

  • 課題名:天然物および天然物誘導体の生理活性
    研究分野:応用微生物学・応用生物化学、機能生物化学
    キーワード:ヌクレオチド、脂質、イソプレノイド
  • 課題名:微生物のアミノ酸代謝
    研究分野:応用微生物学・応用生物化学、機能生物化学
    キーワード:微生物、アミノ酸、代謝
  • 課題名:微生物の糖代謝
    研究分野:応用微生物学・応用生物化学、機能生物化学
    キーワード:微生物、糖、代謝

電子メールアドレス

  • tanakato@sci.osaka-cu.ac.jp

個人URL HP

交流研究テーマ情報

交流可能研究テーマ

  • 薬理活性物質の開発
    研究テーマの分野:生物化学
    研究テーマの概要:微生物、特に酵母を用いて、動物に有効な薬理活性物質を検索あるいは合成する。
    交流可能な時期・期間:2001年から可能
    交流の種別:技術相談、受託研究、共同研究、講演
    知識・技術の活用分野・応用方法等:医薬品、食品業界
    中核となる知識・技術・情報等:新しいスクリーニング系
    キーワード:微生物、薬理活性、医薬、スクリーニング、合成
    共同研究の希望:産学連携等、民間を含む他機関との共同研究を希望する
    交流可能な研究テーマに関する詳細:薬理活性物質としては、制癌剤、アポトーシス誘導物質、アポトーシス阻止物質、免疫抑制剤などを候補としている。

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。