大阪市立大学 研究者要覧


渡辺 一志(ワタナベ ヒトシ)WATANABE Hitoshi

更新日:2017/02/16

プロフィール

兼担部署名

  • 生活科学研究科 生活科学専攻(食・健康科学講座)

主な取得学位

  • 博士(医学)

主な専門分野

  • 健康・スポーツ科学

現在の研究概要

  • スポーツや運動を実践したり生体のコンディショニングにおいては、さまざまな入力と出力が巧みに調節されています。この調節にはどのような仕組みがあるのか?それをコントロールしている体性神経系と自律神経系の連関という視点から研究を進めています。また、アーチェリーという標的競技のパフォーマンスに影響を及ぼす要因の解明および視覚障がい者のアダプテッドスポーツとしての可能性についても研究をしています。近年、都市防災研究における健康・体力に関する研究を都市防災教育研究センターの「災害対応ユニット」で進めております。

個人URL HP

主な経歴

取得学位

  • 博士(医学)
  • 体育学修士

学歴

  • 日本体育大学 体育学研究科 体育方法学 修士課程
  • 日本体育大学 体育学部 体育学科
  • 名古屋大学 医学研究科(環研) 研究生

職歴

  • 2000-2001年 テキサス大学 サウスウェスタン・メディカルセンター 客員助教授

大阪市立大学経歴

  • 2006年04月 教授
  • 1999年04月 助教授
  • 1987年04月 講師
  • 1983年04月 助手

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 健康・スポーツ科学
  • 運動生理学
  • アーチェリー

現在の研究課題

  • 課題名:健康・スポーツにおける生体の生理応答に関する研究
    研究分野:体育学、生理学一般、神経科学一般
    キーワード:健康、スポーツ、生理応答
  • 課題名:アーチェリーに関する研究
    研究分野:体育学、神経・筋肉生理学、生理学一般
    キーワード:アーチェリー、シューティング、バイオメカニクス
  • 課題名:都市防災研究における健康・体力に関する研究
    研究分野:体育学、環境生理学(含体力医学・栄養生理学)、人類学(含生理人類学)
    キーワード:都市防災、避難体力、体力と避難時間

現在の研究概要

  • スポーツや運動を実践したり生体のコンディショニングにおいては、さまざまな入力と出力が巧みに調節されています。この調節にはどのような仕組みがあるのか?それをコントロールしている体性神経系と自律神経系の連関という視点から研究を進めています。また、アーチェリーという標的競技のパフォーマンスに影響を及ぼす要因の解明および視覚障がい者のアダプテッドスポーツとしての可能性についても研究をしています。近年、都市防災研究における健康・体力に関する研究を都市防災教育研究センターの「災害対応ユニット」で進めております。

主要な研究業績

著書・論文

  • Social Implementation of Community Disaster Management System for improvement of daily life behaviors
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年12月
    出版社:Proceedings of the 4th International Conference on Urban Disaster
    巻/号、頁:Reduction巻100-104頁
    共著者名:Kazuhiko Mori, Muneki Mitamura, Takaaki Shigematsu, Daisuke Saeki, Eisuke Ikuta
  • 筋力の測定・評価, 透析運動療法~健康長寿を実現するために~
    種別:著書
    単著・共著別:単著
    出版年月:2016年11月
    出版社:医薬ジャーナル社
    巻/号、頁:177-186頁
  • 高齢者および学生における災害時の自力避難における体力と避難時間
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年03月
    出版社:健康・スポーツ科学
    巻/号、頁:9巻1-7頁
    共著者名:生田英輔、今井聖太
    ISSN:1882-2215
  • 津波と避難体力に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年11月
    出版社:都市防災研究論文集
    共著者名:生田英輔
    ISSN:2189-0536
  • アーチェリー競技におけるパフォーマンス評価,
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年03月
    出版社:健康・スポーツ科学
    巻/号、頁:8巻
    共著者名:渡辺一志, 五百蔵正雄, 文珠良侑
  • Image Processing Approach to Automatic Scoring System for Archery Targets
    種別:Proceedings
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年09月
    出版社:Proceedings of 9th International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia
    巻/号、頁:259-262頁
    共著者名:Thi Thi Zin, Takuya Sasayama, Ikuo Oka, Shingo Ata, Hitoshi Watanabe, Hiroshi Sasano
  • Archery Sight-System by Magnetic Sensors for Visually Imapaired Persons
    種別:Proceedings
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年09月
    出版社:Proceedings of The 2013 International Conference on Advanced Technologies for Communications
    巻/号、頁:559ー562頁
    共著者名:Takuya Sasayama, Ikuo Oka, Shingo Ata, Thi Thi Zin, Hitoshi Watanabe, Hiroshi Sasano
  • Detection of metabolic threshold using near-infrared spectroscopy on the incremental handgrip exercise
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年03月
    出版社:Japanese Jouurnal of Hearth, Fitness and Nurtrition
    巻/号、頁:18巻1号1-5頁
    共著者名:Tsuyoshi Wadazumi, Hitoshi Watanabe, Kanji Watanabe
  • 災害時の避難体力を考える, いのちを守る都市づくり [アクション編」
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年03月
    出版社:大阪公立大学共同出版
    巻/号、頁:66~67頁
    共著者名:渡辺一志 他
  • 頚部前屈姿勢保持に伴う脳賦活作用の上肢および下肢循環動態に及ぼす影響
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:Health and Behavior Sciences
    巻/号、頁:9巻1号31-37頁
    共著者名:Katsuo Fujiwara, Kenji Kinita
    ISSN:13480898
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • Social Implementation of Community Disaster Management System for improvement of daily life behaviors
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年12月
    出版社:Proceedings of the 4th International Conference on Urban Disaster
    巻/号、頁:Reduction巻100-104頁
    共著者名:Kazuhiko Mori, Muneki Mitamura, Takaaki Shigematsu, Daisuke Saeki, Eisuke Ikuta
  • 筋力の測定・評価, 透析運動療法~健康長寿を実現するために~
    種別:著書
    単著・共著別:単著
    出版年月:2016年11月
    出版社:医薬ジャーナル社
    巻/号、頁:177-186頁
  • 高齢者および学生における災害時の自力避難における体力と避難時間
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年03月
    出版社:健康・スポーツ科学
    巻/号、頁:9巻1-7頁
    共著者名:生田英輔、今井聖太
    ISSN:1882-2215
  • 津波と避難体力に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年11月
    出版社:都市防災研究論文集
    共著者名:生田英輔
    ISSN:2189-0536
  • アーチェリー競技におけるパフォーマンス評価,
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年03月
    出版社:健康・スポーツ科学
    巻/号、頁:8巻
    共著者名:渡辺一志, 五百蔵正雄, 文珠良侑
  • Image Processing Approach to Automatic Scoring System for Archery Targets
    種別:Proceedings
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年09月
    出版社:Proceedings of 9th International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia
    巻/号、頁:259-262頁
    共著者名:Thi Thi Zin, Takuya Sasayama, Ikuo Oka, Shingo Ata, Hitoshi Watanabe, Hiroshi Sasano
  • Archery Sight-System by Magnetic Sensors for Visually Imapaired Persons
    種別:Proceedings
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年09月
    出版社:Proceedings of The 2013 International Conference on Advanced Technologies for Communications
    巻/号、頁:559ー562頁
    共著者名:Takuya Sasayama, Ikuo Oka, Shingo Ata, Thi Thi Zin, Hitoshi Watanabe, Hiroshi Sasano
  • Detection of metabolic threshold using near-infrared spectroscopy on the incremental handgrip exercise
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年03月
    出版社:Japanese Jouurnal of Hearth, Fitness and Nurtrition
    巻/号、頁:18巻1号1-5頁
    共著者名:Tsuyoshi Wadazumi, Hitoshi Watanabe, Kanji Watanabe
  • 災害時の避難体力を考える, いのちを守る都市づくり [アクション編」
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年03月
    出版社:大阪公立大学共同出版
    巻/号、頁:66~67頁
    共著者名:渡辺一志 他
  • 頚部前屈姿勢保持に伴う脳賦活作用の上肢および下肢循環動態に及ぼす影響
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:Health and Behavior Sciences
    巻/号、頁:9巻1号31-37頁
    共著者名:Katsuo Fujiwara, Kenji Kinita
    ISSN:13480898
  • Effect of exercise intensity on mild-rhythmic-handgrip-exercise-induced functional sympatholysis
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Journal of Physiological Anthropology
    巻/号、頁:26巻6号593-597頁
    共著者名:Watanabe K, Wadazumi T, Yoneyama F
  • 運動における交感神経活動に関連した末梢循環調節
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:運動・認知機能改善へのアプローチ
    巻/号、頁:130-141頁
    共著者名:藤原勝夫(編)
  • アーチェリー競技トップ選手のエイミング能力
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:バイオメカニクス研究
    巻/号、頁:11巻1号54-65頁
    共著者名:岩本陽子, 高松潤二, 久保潤二郎, 橋本絵美, 高井秀明 他
  • Sports exercise effect on shortening of saccadic reaction time associated with neck extensor muscle activity
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Int J Sports Med
    巻/号、頁:27巻10号792-797頁
    共著者名:Fujiwara K, Kunita K
  • Effect of sports experience on the shortening of saccadic reaction time associated with neck extensor activity
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Health and Behavior Sciences
    巻/号、頁:4巻1号19-25頁
    共著者名:Fujiwara K, Kunita K, Kiyota T, Maeda K,Ai K
  • 上肢筋循環動態の頚部前屈姿勢保持および眼球運動反応課題による変化
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Health and Behavior Sciences
    巻/号、頁:3巻2号41-48頁
    共著者名:藤原勝夫、国田賢治
  • Noninvasive assessment of sympathetic vasoconstriction in human and rodent skeletal muscle using near-infrared spectroscopy and Doppler ultrasound
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:J Appl Physiol
    巻/号、頁:96巻1323-1330頁
    共著者名:FadelPJ, Keller D K, Raven P B, Thomas G D
  • Augmented sympathetic vasoconstriction in exercising forearms of postmenopausal women is reversed by oestrogen therapy
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Journal of Physiology-London
    巻/号、頁:561巻3号893-901頁
    共著者名:Fadel P J, Wang Z, Arbique D, Vongpatanasin W, Thomas G D
  • 津波からの避難、いのちを守る都市づくり[課題編]東日本大震災から見えてきたもの
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年03月
    出版社:大阪公立大学共同出版会
    巻/号、頁:107-116頁
  • Relationship of extremity muscle mass to muscular strength system function and cardiopulmonary function in young men
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Health and Behavior Sciences
    巻/号、頁:4巻1号1-9頁
    共著者名:Watanabe K, Ogawa Y, Yoshida Y, Takahashi S, Wadazumi T, Imaki M
  • 災害対応訓練が防災知識や災害に対する意識に及ぼす効果
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年10月
    出版社:都市防災研究論文集
    巻/号、頁:2巻7-12頁
    共著者名:佐伯大輔, 山本啓雅, 横山美江, 作田裕美, 村川由加理, 岩間伸之, 野村恭代, 生田英輔, 小島久典, 渡辺一志
    ISBN:21890536
  • 高齢者および学生における災害時の自力避難における体力と避難時間
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年03月
    出版社:健康・スポーツ科学
    巻/号、頁:9巻1-7頁
    共著者名:渡辺一志, 生田英輔
    ISBN:18822215
  • 私の考えるコーチング論 アーチェリー(科学的サポート)
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年03月
    出版社:コーチング学研究
    巻/号、頁:29巻suppl号90-93頁
    共著者名:五百藏正雄
    ISBN:09183086
  • 日常生活防災力の育成に向けたコミュニティ防災システムの社会実装に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年11月
    出版社:都市防災研究論文集
    巻/号、頁:3巻7-12頁
    共著者名:森一彦, 三田村宗樹, 重松孝昌, 渡辺一志, 佐伯大輔, 生田英輔
    ISBN:21890536
  • 超高強度間欠性運動パフォーマンスに及ぼす異なる種類の糖質摂取の影響.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年
    出版社:健康行動科学
    巻/号、頁:3巻1号1~11頁
    共著者名:弘原海剛, 渡邊完児, 湯浅(小島)明子, 湯浅勲, 渡辺一志
  • ジュニア・アーチェリー 選手のエイミングにおけるクリッカー制御技術の分析-技術レベルの違いからの検討-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:国立スポーツ科学センター, スポーツ医・科学研究事業, プロジェクト研究B(競技種目別研究)報告書
    巻/号、頁:119-132頁
    共著者名:高松潤二、岩本陽子、橋本絵美、横澤俊治、三村覚、久保潤二郎、高井秀明、荒木雅伸、末田実、新海輝夫、山田秀明
  • 世帯構成別にみた女性高齢者の生きがいに関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年03月
    出版社:健康科学
    巻/号、頁:3巻1号45~52頁
    共著者名:弘原海剛, 銅直優子, 渡邊完児, 渡辺一志, 上田照子
  • アーチェリーのエイミングからフォロースルーにおける運動調節
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2003年
    出版社:トレーニング科学
    巻/号、頁:15巻2号73-78頁
  • 災害時の避難体力を考える
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年03月
    出版社:大阪公立大学共同出版会
    巻/号、頁:66-67頁
  • Longitudal association between anaerobic threshold and distance running performance.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1986年06月
    出版社:Eur. J. Appl. Physiol.
    巻/号、頁:55巻248-252頁
    共著者名:Kiyoji Tanaka, Yotaro Konishi, Ryoichi Mitsuzono, Satoshi Sumida, Shinsuke Tanaka, et al.
  • Metabolic and Ventilatory Responses during Race Pace at Marathon.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1988年
    出版社:Ann Physiol Anthorop
    巻/号、頁:7巻1号15-21頁
    共著者名:Kiyoji Tanaka, Fumio Nakadomo, Takasi Fukuda
  • Thransient responses in cardiac function below, at, and above anaerobic threshold.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1986年
    出版社:Eur. J. Appl. Physiol.
    巻/号、頁:55巻356-361頁
    共著者名:Kiyoji Tanaka, Takayoshi Yoshimura, Satoshi Sumida, Ryoichi Mitsuzono, Shinsuke Tanaka, et al.
  • アーチエリー競技におけるリリースのモルフオロギー的分析
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1988年
    出版社:大阪体育学研究
    巻/号、頁:26巻24-32頁
    共著者名:嶋田出雲, 一井博, 辻幸治
  • アーチエリー競技のフルドローにおける呼吸位相と身体動揺
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1987年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:22巻17-20頁
    共著者名:田中喜代次, 中塘二三生, 福田隆, 辻幸治
  • Comparison of muscle sympathetic nerve activity during exercise in dominant and nondominant forearm
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1993年
    出版社:Eur J Appl Physiol
    巻/号、頁:66巻108-115頁
    共著者名:Mitsuru Saito, Tadaaki Mano
  • Responses of muscle sympathetic nerve activity to static biceps brachii contraction in humans
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1995年
    出版社:Jpn J Physiol
    巻/号、頁:45巻123-135頁
    共著者名:Satoshi Iwase,Tadaaki Mano
  • 水中トレッドミル歩行時の呼吸循環機能ならびに下肢筋活動に及ぼす水位の影響
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1995年
    出版社:デサントスポーツ科学
    巻/号、頁:16巻252-259頁
    共著者名:宮側敏明, 藤本繁夫
  • フォワードとバックワード歩行における呼吸循環応答ならびに下肢筋活動の比較
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1995年
    出版社:関西臨床スポーツ医・科学研究会誌
    巻/号、頁:5巻67-69頁
    共著者名:宮側敏明, 荻田亮, 上野憲彦, 宮本忠吉, 西村直記
  • 水中および陸上トレッドミル歩行における下肢筋活動
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:31巻1-7頁
    共著者名:宮側敏明, 宮本忠吉, 西村直記, 藤本繁夫
  • アーチェリーにおける視覚情報の聴覚情報化に関する検討
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:電子情報通信学会技術研究報告
    巻/号、頁:ET96巻431号111-115頁
    共著者名:岡育生, 後藤治男
  • 磁気方位センサーを用いた視覚障害者アーチェリー照準システムの開発
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:33巻13-16頁
    共著者名:岡育生, 後藤治男, 石田耕一
  • 視覚障害者アーチェリーにおける聴覚情報を用いた照準システムの開発
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:教育医学
    巻/号、頁:43巻4号432-435頁
    共著者名:岡育生, 後藤治男
  • Cardiopulmonary responses and leg muscle activities to treadmill walking in water at various depths
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:Jpn J Appl Physiol
    巻/号、頁:29巻4号241-246頁
    共著者名:Toshiaki Miyagawa, Shigeo Fujimoto, Naoki Nishimura, Tadayoshi Miyamoto
  • 運動開始時における酸素摂取量の動態に対する数学的アプローチ
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1991年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:26巻17-22頁
    共著者名:宮側敏明, 植田広樹, 武田ひとみ, 藤本繁夫, 松永智, 他
  • 肥満症例の水中歩行時の生理学的反応の検討
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1994年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:29巻7-13頁
    共著者名:宮本忠吉, 藤本繁夫, 櫛渕由香里, 宮側敏明, 栗原直嗣, 他
  • 持ち上げ動作中の胸腔内圧
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1994年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:29巻23-28頁
    共著者名:小河繁彦, 宮側敏明, 西村直記, 筒井るみ子, 前田如矢, 他
  • 最大負荷量によるレペティション運動の生理学的反応の検討 -BRUCE多段階負荷法との比較-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1992年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:27巻9-16頁
    共著者名:藤本繁夫, 前田如矢, 栗原直嗣, 平田一人, 武田ひとみ, 他
  • アーチェリー競技におけるスタンスの差異がエイミング時の筋活動に及ぼす影響
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:1992年
    出版社:大阪k市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:27巻17-22頁
  • 陸上部選手の運動能力に及ぼすトレーニング効果の検討 -換気反応を中心に-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1991年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:26巻23-31頁
    共著者名:藤本繁夫, 栗原直嗣, 前田如矢, 宮側敏明, 松永智, 他
  • Bioelectrical Impedance Analysis による身体組成の評価 -測定肢の違いによる影響-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1991年
    出版社:体力科学
    巻/号、頁:40巻93-101頁
    共著者名:中塘二三生, 田中喜代次, 渡辺完児, 前田如矢
  • Toestirrupを付けた最大自転車作業による酸素負債量
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1989年
    出版社:大阪府立看護短期大学紀要
    巻/号、頁:11巻1号9-13頁
    共著者名:中塘二三生, 田中喜代次, 福田隆
  • 大学進学遅延者の入学後における全身持久性の変化
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1988年
    出版社:体育の科学
    巻/号、頁:38巻12号961-963頁
    共著者名:田中喜代次, 中塘二三生, 福田隆, 吉原一男, 遠藤儀男, 他
  • Dimriの外掻法と実測法による最大酸素負債量の比較検討
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1988年
    出版社:生理人類誌
    巻/号、頁:7巻3号183-188頁
    共著者名:中塘二三生, 田中喜代次, 福田隆, 稲川孝司
  • 中高年肥満女性に対する監視型運動療法・食事療法プログラム終了1年後における療法効果の残存性
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1987年
    出版社:デサントスポーツ科学
    巻/号、頁:8巻102-114頁
    共著者名:田中喜代次, 前田如矢, 中塘二三生, 角田聡, 喜多尾浩代, 他
  • 運動プラス食事療法プログラム終了後における療法効果の残存性 -肥満女性について-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1987年
    出版社:日本臨床生理学会雑誌
    巻/号、頁:17巻2号267-272頁
    共著者名:田中喜代次, 中塘二三生, 喜多尾浩代, 角田聡, 福田隆, 他
  • 肥満女性の体脂肪量推定に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1987年
    出版社:教育医学
    巻/号、頁:32巻4号20-25頁
    共著者名:中塘二三生, 田中喜代次, 福田隆, 角田聡, 奥田豊子, 他
  • 3種のなわとび運動における生理的・主観的強度の差異の検討
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1987年
    出版社:教育医学
    巻/号、頁:32巻4号14-19頁
    共著者名:萩山節哉, 田中喜代次, 喜多尾浩代, 角田聡, 中塘二三生
  • 大阪市消防職員の体格・体力
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1987年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:22巻49-59頁
    共著者名:吉原一男, 松尾政博, 土谷秀雄, 南匡泰
  • Specificity of Training on the Anaerobic Threshold in Middle-Aged Obese Women
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1986年
    出版社:Jpn J Appl Physiol
    巻/号、頁:16巻3号293-298頁
    共著者名:Kiyoji Tanaka, Fumio Nakadomo, Takayoshi Yoshimura, Masamichi Wakita, Takashi Fukuda, et al.
  • 浪人生活が健康・体力に及ぼす影響
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1986年
    出版社:教育医学
    巻/号、頁:32巻1号2,84-88頁
    共著者名:田中喜代次, 吉原一男, 遠藤儀男, 羽間鋭雄, 中塘二三生, 他
  • 単一負荷での自転車作業による最大無酸素性パワーの推定
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1986年
    出版社:J J SPORTS SCIENCE
    巻/号、頁:5巻8号567-572頁
    共著者名:中塘二三生, 田中喜代次, 福田隆
  • Wingate および Evans-Quinney テストを応用した短時間の自転車作業による最大無酸素性パワー測定法の検討
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1986年
    出版社:体力科学
    巻/号、頁:35巻161-167頁
    共著者名:中塘二三生, 田中喜代次, 福田隆
  • 心拍数からみた運動強度
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1986年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:21巻15-18頁
    共著者名:南匡泰, 土谷秀雄, 吉原一男, 西坂恭明, 坂井充, 他
  • 立位の自転車作業による最大酸素摂取量
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1986年
    出版社:教育医学
    巻/号、頁:31巻4号18-23頁
    共著者名:中塘二三生, 田中喜代次, 福田隆
  • 運動強度の増大に伴う心機能変化
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1985年
    出版社:J J SPORTS SCIENCE
    巻/号、頁:4巻11号880-886頁
    共著者名:田中喜代次, 小西洋太郎, 中塘二三生, 田中真介, 前田如矢
  • 運動選手における心機能 -持久性競技者・非持久性競技者・一般健康人の比較-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1985年
    出版社:教育医学
    巻/号、頁:30巻4号2-8頁
    共著者名:田中喜代次, 中川敬, 脇田正道, 羽間鋭雄, 山田尚, 他
  • 体位変化による左室血行動態の変動
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1985年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:20巻1-6頁
    共著者名:田中喜代次, 遠藤儀男, 羽間鋭雄, 吉原一男, 土谷秀雄, 他
  • アーチェリーのエイミングからフォロースルーにおける筋活動とパフォーマンス
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1993年
    出版社:体育学研究
    巻/号、頁:37巻405-411頁
    共著者名:辻幸治, 米山冨士子
  • 水中とレッドミルによる歩行運動時の換気反応の検討
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1993年
    出版社:関西臨床スポーツ医・科学研究会誌
    巻/号、頁:3巻113-116頁
    共著者名:宮本忠吉, 藤本繁夫, 宮側敏明, 前田如矢, 栗原直嗣
  • 健常人における水中歩行時のVentilatory Thresholdの検討 -陸上運動との比較-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1994年
    出版社:日本臨床生理学雑誌
    巻/号、頁:24巻4号221-227頁
    共著者名:宮本忠吉, 藤本繁夫, 櫛渕由香里, 宮側敏明, 栗原直嗣, 他
  • アーチェリー競技の「会」における「伸び合い」の分析
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1984年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:19巻57-63頁
    共著者名:稲垣安二
  • 視覚障害者アーチェリーにおける照準システムの開発
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:日本障害者体育・スポーツ研究会 研究紀要
    巻/号、頁:25巻46-49頁
    共著者名:岡育生,後藤治男
  • 律動的掌握運動中の機能的交感神経遮断に及ぼす運動強度の影響
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:37巻7-12頁
    共著者名:弘原海剛、渡辺完児、米山冨士子、松永智、荻田亮
  • 動的運動時の筋交感神経活動とそのはたらき
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2001年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:37巻27-30頁
  • 近赤外線分光法による律動的掌握運動時の活動筋血流調節の評価
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:Health and Behavior Sciences
    巻/号、頁:1巻1号9-14頁
    共著者名:Fadel P J, Thomas G D, Victor R G
  • 持続性筋収縮における代謝性アシドーシスと筋交感神経活動
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:関西臨床スポーツ医・科学研究会誌
    巻/号、頁:12巻13-14頁
    共著者名:Fadel P J, Thomas G D, Victor R G
  • 頚背部筋活動に伴う眼球運動反応時間短縮の運動経験による違い
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:第17回日本バイオメカニクス学会大会論集
    巻/号、頁:222-223頁
    共著者名:藤原勝夫、国田賢治、渡辺一志、松永智
  • Reflex sympathetic activation during static exercise is severely impaired in patients with myophosphorylase deficiency
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Journal of Physiology-London
    巻/号、頁:548巻3号983-993頁
    共著者名:Fadel P J, Wang Z, Tuncel M, Abbass A, Arbique D, Vongpatanasin W, Haley R W, Victor R G
  • Oxidation of sarcoplasmic reticulum Ca2+-ATPase induced by high-intensity exercise
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Pflug Arch Eur J Physiol
    巻/号、頁:446巻394-399頁
    共著者名:S. Matsunaga, S. Inashima, T. Yamada, T. Hazama, M. Wada
  • アーチェリー・ナショナルチームへの科学サポートと今後について
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:大阪体育大学紀要
    巻/号、頁:34巻115-126頁
    共著者名:荒木雅信
  • Relationship of Tissue Oxygenation Kinetics with Blood Lactate Levels and Integrated Electromyogram Values during Incremental Handgrip Exercise
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Proceedings of ECSS
    巻/号、頁:263-264頁
    共著者名:Wadazumi T, Matsunaga S, Ogita A, Mimura T, Watanabe K, Hara T, Fujiwara H, Fujimoto S
  • 上肢帯挙上筋の左右一側随意収縮における眼球運動反応時間
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Health and Behavior Sciences
    巻/号、頁:2巻1号43-47頁
    共著者名:国田賢治, 藤原勝夫
  • アーチェリー・ジュニアトップレベル選手のエイミングからフォロースルーにおける筋活動の分析
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:杏林書院・体育の科学
    巻/号、頁:53巻8号635-638頁
    共著者名:荒木雅信
  • Influence of difference in buoyancy on physiological responses during treadmill walking in water
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Jpn J Phys Fitness Sports Med
    巻/号、頁:55巻Suppl号S85-S88頁
    共著者名:Yoneyama F, Araki M, Yabe K
  • アーチェリーのエイミングにおけるクリッカー制御技術の分析
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:国立スポーツ科学センター 平成17年度スポーツ医・科学研究事業 プロジェクト研究B 研究成果報告書
    巻/号、頁:1-30頁
    共著者名:岩本陽子、荒木雅信、高松潤二、久保潤二郎、管生貴之、斉藤実、清水潤、高井秀明
  • Exercise intensity during a 30-minute ground stroke rally using short-tennis racket and ball: Comparis on between skilled and novice groups
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Jpn J Educ Health Sci
    巻/号、頁:52巻4号259-266頁
    共著者名:Watanabe K, Wadazumi T, Yoneyama F, Nakadomo F
  • 大学生およびその親におけるスポーツ活動歴とそれらの関連性について
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:Health and Behavior Science
    巻/号、頁:6巻2号63-68頁
    共著者名:Kunita K, Katayama M, Fujiwara K, Nakagawa M
  • アーチェリーのエイミングにおけるクリッカー制御技術の分析
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:国立スポーツ科学センター, スポーツ医・科学研究事業, プロジェクト研究B(競技種目別研究)報告書
    巻/号、頁:46-56頁
    共著者名:岩本陽子、荒木雅伸、高松潤二、久保潤二郎、菅生貴之、斉藤実、清水潤、高井秀明、末田実、三隅明秀
  • Adapted Physical Activity Self-actualization through Physical Activity
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:Shonan Shuppansha
    巻/号、頁:239-242頁
    共著者名:Ikuo Oka, Yoshio Goto, Koichi Ishida
  • 運動と交感神経活動
    単著・共著別:単著
    出版年月:1999年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:35巻73-75頁
  • 特徴が異なるショートテニス用ボールがグランドストロークラリー中の生理的および主観的運動強度に及ぼす影響
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:日本教育医学
    巻/号、頁:43巻3号293-299頁
    共著者名:渡辺完児, 中塘二三生, 三宅眞理, 弘原海剛, 前田如矢
  • バスケットボール競技におけるフリースローの分析
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1993年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:28巻29-35頁
    共著者名:天田英彦, 荻田亮, 嶋田出雲
  • Physiologic Status at 1-year Follow-up of Obese Women Engaged in a Supervised Conditioning Program
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1991年
    出版社:Ann Physiol Anthrop
    巻/号、頁:10巻3号133-145頁
    共著者名:Kiyoji Tanaka, Fumio Nakadomo, Hiroyo Kitao, Satoshi Sumida
  • バスケットボール競技におけるフリースローパフォーマンスの差異からみた意識と失敗例の分析
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1989年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:24巻13-16頁
    共著者名:嶋田出雲, 一井博, 天田英彦, 岡田隆造
  • 球技の特殊戦術に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1989年
    出版社:流通科学大学論集
    巻/号、頁:1巻97-103頁
    共著者名:天田英彦, 吉原一男, 南匡泰
  • 3歩の助走による跳躍の分析
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1988年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:23巻1-4頁
    共著者名:吉原一男, 土谷秀雄, 南匡泰, 中塘二三生, 福田隆
  • 運動プラス食事療法プログラム終了後における自己統制的中等度運動の継続が肥満者の有酸素性能力に及ぼす効果
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1987年
    出版社:日本臨床生理学会雑誌
    巻/号、頁:17巻3号355-359頁
    共著者名:田中喜代次, 中塘二三生, 福田隆, 角田聡, 脇田正道, 他
  • 階段の駆け上りによるトレーニングがジャンプ高に及ぼす影響
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1987年
    出版社:教育医学
    巻/号、頁:33巻116-120頁
    共著者名:中塘二三生, 田中喜代次, 中嶋輝雄, 笈田欣治
  • 血清過酸化脂質に及ぼす最大運動と最大下長時間運動の影響
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1987年
    出版社:デサントスポーツ科学
    巻/号、頁:8巻231-239頁
    共著者名:角田聡, 田中喜代次, 喜多尾浩代, 中塘二三生, 塚原光彦
  • スポーツマンの心電図
    単著・共著別:共著
    出版年月:1987年
    出版社:臨床スポーツ医学
    巻/号、頁:4巻419-421頁
    共著者名:前田如矢, 山田尚, 田中喜代次, 喜多尾浩代, 三村寛一
  • 女子バレーボール選手における体力トレーニングの効果
    単著・共著別:共著
    出版年月:1987年
    出版社:体育の科学
    巻/号、頁:37巻6号458-463頁
    共著者名:吉原一男, 土谷秀雄, 南匡泰
  • 女子競技者における最大無酸素性パワーの推定
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1987年
    出版社:一ツ橋印刷
    巻/号、頁:5-9頁
    共著者名:中塘二三生, 田中喜代治次, 福田隆, 目連淳司
  • スポーツマンの心電図(1) -ランニング種目別の特徴-
    単著・共著別:共著
    出版年月:1986年
    出版社:臨床スポーツ医学
    巻/号、頁:3巻316-319頁
    共著者名:前田如矢, 山田尚, 田中喜代次
  • Validity of an endurance performance test as a possible substitute for cardiorespiratory fitness
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1986年
    出版社:Annals of Health Science and Physical Education
    巻/号、頁:21巻19-28頁
    共著者名:Kiyoji Tanaka, Yoshio Endo, Toshio Hazama, Hiroshi Ichii, Izumo Shimada, et al.
  • 家庭婦人バレーボール選手の体力医学的検討
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1986年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:21巻7-13頁
    共著者名:前田如矢, 田中喜代次, 山田尚
  • 酵素電極法による血中乳酸濃度の測定
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1985年
    出版社:J J SPORTS SCIENCE
    巻/号、頁:4巻12号980-982頁
    共著者名:中塘二三生, 田中喜代次, 福田隆
  • 日本実業団女子バレーボール選手における体格と跳躍高の推移について
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1985年
    出版社:神戸女子短期大学論攷
    巻/号、頁:30巻105-111頁
    共著者名:米山冨士子, 吉原一男, 南匡泰, 中塘二三生
  • 全身持久性の簡易推定式の開発
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1985年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:20巻29-37頁
    共著者名:田中喜代次, 中川敬, 羽間鋭雄, 遠藤儀男, 吉原一男
  • 全日本女子バレーボールチームの体格及びジャンプ力の推移
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1985年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:20巻23-26頁
    共著者名:吉原一男, 南匡泰, 米山冨士子, 中塘二三生
  • 浪人生活が体格・体力及び運動能力に及ぼす影響
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1984年
    出版社:教育医学
    巻/号、頁:29巻4号30-36頁
    共著者名:田中喜代次, 羽間鋭雄, 中川敬
  • バレーボール競技におけるジャンプ頻度及びジャンプインターバルの分析
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1984年
    出版社:大阪市立大学保健体育学研究紀要
    巻/号、頁:19巻37-40頁
    共著者名:南匡泰, 吉原一男, 土谷秀雄, 米山冨士子, 亀山紘美, 他

フィールドワーク、芸術活動、建築作品等

  • 皮膚刺激が生体に及ぼす影響
    種別:その他
    研究年月:2010年
  • アーチェリーの技術と指導法に関する研究
    種別:その他
    研究年月:1983年
  • 都市防災研究における健康・体力に関する研究
    研究年月:2011年
  • 視覚障がい者アーチェリー照準システムの開発
    研究年月:1996年
  • 脳の活性が体性神経系および自律神経系に及ぼす影響
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2001年
  • 近赤外線分光法による運動時の末梢循環調節機序
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2000年
  • 水中歩行の運動生理学的アプローチ
    研究年月:1995年
フィールドワーク、芸術活動、建築作品等を全て表示する
フィールドワーク、芸術活動、建築作品等一覧閉じる
  • 皮膚刺激が生体に及ぼす影響
    種別:その他
    研究年月:2010年
  • アーチェリーの技術と指導法に関する研究
    種別:その他
    研究年月:1983年
  • 都市防災研究における健康・体力に関する研究
    研究年月:2011年
  • 視覚障がい者アーチェリー照準システムの開発
    研究年月:1996年
  • 脳の活性が体性神経系および自律神経系に及ぼす影響
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2001年
  • 近赤外線分光法による運動時の末梢循環調節機序
    種別:フィールドワーク
    研究年月:2000年
  • 水中歩行の運動生理学的アプローチ
    研究年月:1995年

研究費獲得実績

科研費補助金獲得実績

  • 研究課題名:地域変容に対応した避難行動要 援者のための地区共助計画システムの構築に関する研究
    研究種目:基盤研究(B)
    代表者区分:分担者
    申請年度:2015年
    研究期間:2016年~2019年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 15000(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 2000(千円)
  • 研究課題名:アーチェリーを通じた視覚障がい者と地域住民のソーシャル・キャピタル構築の試み
    研究種目:挑戦的萌芽研究
    代表者区分:代表者
    申請年度:2015年
    研究期間:2016年04月~2018年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 2000(千円)
    2年目 600(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 600(千円)
    2年目 180(千円)
  • 研究課題名:微振動および刷毛刺激による副交感神経賦活が生体に及ぼす影響
    研究種目:挑戦的萌芽研究
    代表者区分:分担者
    申請年度:2013年
    研究期間:2013年04月~2015年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 340(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 研究課題名:視覚障がい者における照準システムの開発
    研究種目:挑戦的萌芽
    代表者区分:代表者
    申請年度:2010年
    研究期間:2011年04月~2014年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 700(千円)
    2年目 1400(千円)
    3年目 500(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 210(千円)
    2年目 420(千円)
    3年目 150(千円)
  • 研究課題名:運動準備期の構え姿勢に伴う自律神経支援機構
    研究種目:基盤研究(B)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2006年
    研究期間:2007年04月~2010年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 13650(千円)
    2年目 1200(千円)
    3年目 1000(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 3150(千円)
    2年目 360(千円)
    3年目 300(千円)
  • 研究課題名:頚部前屈姿勢保持に伴う瞬目への影響の運動経験による差異と神経系トレーニング効果
    研究種目:基盤研究(C)
    代表者区分:分担者
    申請年度:2006年
    研究期間:2007年04月~2010年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 0(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 研究課題名:頚部前屈姿勢と周期性運動の脳賦活作用
    研究種目:基盤研究(A)
    代表者区分:分担者
    申請年度:2004年
    研究期間:2005年04月~2008年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 0(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 研究課題名:トレーニングが高強度運動による筋小胞体ATPaseタンパクの酸化を防御できるか
    研究種目:基盤研究(C)
    代表者区分:分担者
    申請年度:2003年
    研究期間:2004年04月~2007年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 0(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 研究課題名:頚部前屈姿勢保持に伴う衝動性眼球運動反応時間と循環動態の変化
    研究種目:基盤研究(C)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2001年
    研究期間:2002年04月~2005年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1400(千円)
    2年目 600(千円)
    3年目 350(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 700(千円)
    2年目 300(千円)
    3年目 150(千円)

競争的研究資金獲得実績

  • 名称:教育推進本部経費(特色となる教育体制への支援事業)
    研究課題名:コミュニティ防災リーダー育成プログラム
    代表者区分:分担者
    研究期間:2015年04月~2016年03月
    形態:学内競争的研究資金
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 540(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:大阪市立大学戦略的研究基盤研究
    研究課題名:都市部の子どもの体力を向上する身体活動量および生活習慣
    代表者区分:分担者
    研究期間:2015年04月~2016年03月
    形態:学内競争的研究資金
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1500(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:大阪市立大学戦略的研究重点研究
    研究課題名:公立大学防災センター連携によるコミュニティ防災システムの構築
    代表者区分:分担者
    研究期間:2016年04月~2017年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 8000(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:大阪市立大学戦略的研究重点研究(A)
    研究課題名:災害知の社会実装に向けたコミュニティ防災学の構築
    代表者区分:分担者
    研究期間:2014年04月~2016年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 5000(千円)
    2年目 8000(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
    2年目 0(千円)
  • 名称:大阪市立大学「特色となる教育体制への支援事業
    研究課題名:フライングディスクをいたユニバーサル・スポーツ実習用
    代表者区分:分担者
    研究期間:2014年
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 305(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:文部科学省「地(知)の拠点整備事業」に係る「地域志向教育研究」
    研究課題名:地域志向教育科目「災害時の緊急対応」(2016年開講予定)のための教材開発
    代表者区分:代表者
    研究期間:2014年
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 400(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:大阪市立大学「特色となる教育体制への支援事業
    研究課題名:「Sports for all」をめざした体験型運動生理学習システムの確立
    代表者区分:分担者
    研究期間:2013年
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 660(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:大阪市立大学戦略的研究若手研究
    研究課題名:災害時自力避難のための高齢者の「避難力」評価指標の開発
    代表者区分:分担者
    研究期間:2013年
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1500(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:大阪市立大学戦略的研究重点研究(B)
    研究課題名:いのちを守る都市づくりによる災害知の社会実装~「まちラボ・ネットワーク」の開発~
    代表者区分:分担者
    研究期間:2013年04月~2014年03月
    形態:戦略的研究資金
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 3000(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:大阪市立大学重点研究(A)
    研究課題名:広域複合災害に向けた防災都市の再構築
    代表者区分:分担者
    研究期間:2012年04月~2014年03月
    形態:戦略的研究資金
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 15000(千円)
    2年目 15000(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
    2年目 0(千円)
  • 名称:平成19年度国立スポーツ科学センター 委託研究
    研究課題名:世界トップレベルのアーチェリー選手の射型に関する運動学的分析
    代表者区分:分担者
    研究期間:2006年04月~2007年03月
    形態:受託研究
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 950(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:平成18年度国立スポーツ科学センタースポーツ医・科学研究事業(競技種目別研究)
    研究課題名:「ジュニア・アーチェリー 選手のエイミングにおけるクリッカー制御技術の分析-技術レベルの違いからの検討-
    代表者区分:代表者
    研究期間:2006年04月~2007年03月
    形態:補助事業
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 900(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:平成17年度国立スポーツ科学センタースポーツ医・科学研究事業(競技種目別研究)
    研究課題名:アーチェリーのエイミングにおけるクリッカー制御技術の分析
    代表者区分:代表者
    研究期間:2005年04月~2007年03月
    形態:補助事業
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1350(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:平成10年度大阪市オリンピック招致局 委託研究
    研究課題名:コンディショニングおよびトレーニング方法についての研究
    代表者区分:分担者
    研究期間:1998年04月~1999年03月
    形態:受託研究
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 6345(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:第16回石本記念デサントスポーツ科学振興財団学術研究
    研究課題名:水中トレッドミル歩行運動における浸漬レベルが生体に及ぼす影響
    代表者区分:代表者
    研究期間:1995年~1996年
    形態:補助事業
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 300(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)

その他研究資金獲得実績

  • 名称:受託研究
    研究課題名:市民のスポーツ実施率向上のための調査研究
    代表者区分:分担者
    研究期間:2016年04月~2017年03月
    形態:受託事業
    資金区分:地方自治体
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 4200(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:共同研究
    研究課題名:振動発生装置フィードバックディスクの機能評価に関する研究
    代表者区分:代表者
    研究期間:2012年06月~2014年06月
    形態:共同研究
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 180(千円)
    2年目 150(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 20(千円)
    2年目 10(千円)
  • 名称:共同研究
    研究課題名:スポーツ・健康具の機能評価に関する研究
    代表者区分:代表者
    研究期間:2011年05月~2012年05月
    形態:共同研究
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 270(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 30(千円)
  • 名称:共同研究
    研究課題名:スポーツ機能ボトムウェアが運動時の生体に及ぼす影響
    代表者区分:代表者
    研究期間:2007年09月~2008年08月
    形態:共同研究
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 550(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:委託研究
    研究課題名:健康機器(ヨーヨーバランサー)が生体に及ぼす運動生理学的研究
    代表者区分:分担者
    研究期間:2002年
    形態:受託研究
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 189(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本生理学会
    2000年~ 評議員
  • 学会名:日本体力医学会
    2011年09月~ 評議員
  • 学会名:日本生理人類学会
    2003年~ 評議員
  • 学会名:日本健康行動科学会
    2014年04月~ 理事
  • 学会名:大阪体育学会
    2014年04月~ 理事
  • 学会名:日本運動生理学会
  • 学会名:日本自律神経学会
  • 学会名:日本バイオメカニクス学会
  • 学会名:日本体育学会
  • 学会名:American College of Sports Medicine (ACSM)
  • 学会名:Society for Neuroscience

学会等における発表

  • 日常生活防災力の育成に向けたコミュニティ防災システムの社会実装に関する研究
    発表年月:2016年10月
    発表会議名:第4回 国際都市防災・減災カンファレンス
    学会発表区分:ニュージョーランド
  • 長時間運動中のトレハロース単回摂取が運動終盤における超高強度間欠性運動パフォーマンスに及ぼす影響
    発表年月:2016年11月
    発表会議名:第20回トレハロースシンポジウム
    学会発表区分:国内
  • 日常生活防災力の育成に向けたコミュニティ防災システムの社会実装に関する研究
    発表年月:2016年11月
    発表会議名:大阪市立大学都市防災研究シンポジウム
    学会発表区分:国内
  • 盲人のためのアーチェリー得点の全自動検出
    発表年月:2016年09月
    発表会議名:第24回情報通信学会九州支部学生会講演会
    学会発表区分:国内
  • 異なる筋力トレーニングと有酸素運動の組み合わせが脂質代謝に及ぼす影響
    発表年月:2016年09月
    発表会議名:第71回日本体力医学会大会
    学会発表区分:国内
  • 中高齢者における太極拳の脂質代謝:ウォーキングとの比較
    発表年月:2016年09月
    発表会議名:第71回日本体力医学会大会
    学会発表区分:国内
  • グルコース溶液マウスリンスの仕様の違いが運動パフォーマンスに及ぼす影響
    発表年月:2016年09月
    発表会議名:第71回日本体力医学会大会
    学会発表区分:国内
  • トレハロース摂取が運動パフォーマンスに影響を及ぼすメカニズムについて
    発表年月:2016年09月
    発表会議名:第71回日本体力医学会大会
    学会発表区分:国内
  • 呼吸相を用いた皮膚および皮下組織刺激が副交感神経機能へ及ぼす影響
    発表年月:2016年09月
    発表会議名:第71回日本体力医学会大会
    学会発表区分:国内
  • 高齢健常者および要援護者の災害時避難体力に関する研究
    発表年月:2016年09月
    発表会議名:高齢者の開眼片脚立ちにおける1分間の重心動揺量の性差
    学会発表区分:国内
  • 高齢者の開眼片脚立ちにおける1分間の重心動揺量の性差
    発表年月:2016年09月
    発表会議名:日本健康行動科学会第15回学術大会
    学会発表区分:国内
  • 異なる皮膚刺激がヒト自律神経機能応答に及ぼす影響
    発表年月:2016年09月
    発表会議名:日本健康行動科学会第15回学術大会
    学会発表区分:国内
  • 異なる皮膚刺激がヒト自律神経機能に及ぼす影響—鍼刺激、鍼管刺激、刷毛刺激について-
    発表年月:2016年06月
    発表会議名:日本生理人類学会第73回大会
    学会発表区分:国内
  • アーチェリー競技のパフォーマンス向上における体力・技術の縦断的評価
    発表年月:2016年03月
    発表会議名:大阪体育学会第54回大会
    学会発表区分:国内
  • 災害対応訓練が防災知識や災害に対する意識に及ぼす効果
    発表年月:2015年11月
    発表会議名:大阪市立大学都市防災研究シンポジウム
    学会発表区分:国内
  • 運動プログラムにおける異なる水分摂取のタイミングが脂質代謝に及ぼす影響
    発表年月:2015年09月
    発表会議名:第70回日本体力医学会大会
    学会発表区分:国内
  • 筋力トレーニングと間欠的有酸素運動の組合わせが脂質代謝に及ぼす影響:異なる休息条件の影響
    発表年月:2015年09月
    発表会議名:第70回日本体力医学会大会
    学会発表区分:国内
  • 浅刺、呼気時、座位の鍼刺激がヒト自律神経機能応答に及ぼす影響
    発表年月:2015年09月
    発表会議名:第70回日本体力医学会大会
    学会発表区分:国内
  • グルコース、トレハロース含有ドリンク摂取が超高強度間欠性運動パフォーマンスに及ぼす影響.
    発表年月:2015年09月
    発表会議名:第70回日本体力医学会大会
    学会発表区分:国内
  • 激運動後のコンディションニング活動としての水中運動と陸上運動の効果の比較
    発表年月:2014年11月
    発表会議名:2014年日本水泳・水中運動学会年次大会
    学会発表区分:国内
  • 津波と避難体力に関する研究
    発表年月:2014年11月
    発表会議名:大阪市立大学都市防災研究シンポジウム
    学会発表区分:国内
  • 月経周期と運動中の脂質代謝に関する基礎的研究
    発表年月:2014年09月
    発表会議名:第69回日本体力医学会大会
    学会発表区分:国内
  • 運動中のVO2を推定するためのHR-VO2関係式に関する研究:実測値と推定地の比較
    発表年月:2014年09月
    発表会議名:第69回日本体力医学会大会
    学会発表区分:国内
  • VO2を推定するためのHR-VO2関係式に関する研究:トレッドミルと自転車エルゴメーターの比較
    発表年月:2014年09月
    発表会議名:第69回日本体力医学会大会
    学会発表区分:国内
  • トレハロースが運動パフォーマンスに与える効果の評価
    発表年月:2014年09月
    発表会議名:第69回日本体力医学会大会
    学会発表区分:国内
  • 災害時自力避難のための高齢者の避難能力評価
    発表年月:2014年08月
    発表会議名:日本健康行動科学会第13回学術大会
    学会発表区分:国内
  • 視覚障がい者アーチェリーにおける照準機器開発
    発表年月:2014年08月
    発表会議名:本健康行動科学会第13回学術大会
    学会発表区分:国内
  • Image Processing Approach to Automatic Scoring System for Archery Targets
    発表年月:2013年10月
    発表会議名:The 9th International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing
    学会発表区分:中国
  • Archery Sight-System by Magnetic Sensors for Visually Imapaired Persons.
    発表年月:2013年10月
    発表会議名:The 2013 International Conference on Advanced Technologies for Communications
    学会発表区分:ベトナム
  • 津波避難時の避難体力に関する研究
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:日本健康行動科学会第12回学術大会
    学会発表区分:国内
  • 音像定位を用いた方位推定実験
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:2013年電子情報通信学会 ソサイエティ大会
    学会発表区分:国内
  • 運動時の脈拍推定のための回復期脈拍測定法.
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:第68回日本体力医学会
    学会発表区分:国内
  • 筋力トレー^ニング後の有酸素運動における糖質及び脂質酸化量について
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:第68回日本体力医学会
    学会発表区分:国内
  • 筋力トレーニング後の腕エルゴメータ運動における糖質及び脂質酸化量について
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:第68回日本体力医学会
    学会発表区分:国内
  • 高校生バスケットボール選手の健康管理の問題
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:第68回体力医学会
    学会発表区分:国内
  • 運動中の糖質摂取が持久運動後半における超高強度間欠性運動のパフォーマンスに及ぼす影響
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:第68回体力医学会
    学会発表区分:国内
  • 視覚しょう害者のためのアーチェリー支援システムの開発Ⅱ
    発表年月:2013年03月
    発表会議名:2013年電子情報通信学会総合大会
    学会発表区分:国内
  • 磁気および無線モジュールによる視覚障がい者のアーチェリー照準機器開発
    発表年月:2012年09月
    発表会議名:第67回日本体力医学会
    学会発表区分:国内
  • 間欠性運動パフォーマンスに及ぼす糖質飲料摂取の影響①
    発表年月:2012年09月
    発表会議名:第67回日本体力医学会
    学会発表区分:国内
  • 間欠性運動パフォーマンスに及ぼす糖質飲料摂取の影響(2)
    発表年月:2012年09月
    発表会議名:第67回日本体力医学会
    学会発表区分:国内
  • 微振動刺激が姿勢変化における循環応答に及ぼす影響について
    発表年月:2012年09月
    発表会議名:第67回日本体力医学会
    学会発表区分:国内
  • 「浅刺、呼気時、坐位」による刺鍼が持続的運動時の生体に及ぼす影響
    発表年月:2012年09月
    発表会議名:第67回日本体力医学会
    学会発表区分:国内
  • 人体計測法による身体分節体積の計測誤差
    発表年月:2012年09月
    発表会議名:第67回日本体力医学会
    学会発表区分:国内
  • 視覚障がい者のためのアーチェリー支援システムの開発
    発表年月:2012年03月
    発表会議名:2012年電子情報通信学会総合大会
    学会発表区分:国内
  • 微振動刺激による求心性入力が生体に及ぼす影響
    発表年月:2011年09月
    発表会議名:第66回日本体力医学会
    学会発表区分:国内
  • 立体モデルに基づく大腿部体積の評価 -体型による影響-
    発表年月:2011年09月
    発表会議名:第66回日本体力医学会
    学会発表区分:国内
  • 末梢の漸増負荷運動時における筋疲労と筋内酸素動態との関連.
    発表年月:2010年06月
    発表会議名:第6回日本疲労学会総会・学術集会
    学会発表区分:国内
  • 質飲料摂取が安静及び運動時の糖・脂質酸化動態に及ぼす影響~食事摂取条件による比較~
    発表年月:2010年09月
    発表会議名:第65回日本体力医学会
    学会発表区分:国内
  • アーチェリー競技中の筋疲労とパフォーマンスの関係 ~その1 上級者の事例から~
    発表年月:2010年09月
    発表会議名:第65回日本体力医学会
    学会発表区分:国内
  • アーチェリー競技中の筋疲労とパフォーンスの関係 ~その2 弓の強弱による比較~
    発表年月:2010年09月
    発表会議名:第65回日本体力医学会
    学会発表区分:国内
  • アーチェリー実射中における心拍と呼吸の特徴
    発表年月:2010年09月
    発表会議名:第65回日本体力医学会医
    学会発表区分:国内

学会誌等の編集・審査

  • Health and Behavior science 編集委員
    活動年月:2014年04月
  • 大阪体育学会 編集委員会 委員 2004~2006
    活動年月:2004年04月
  • 生理人類学会 PANews 編集委員 1993~1996
    活動年月:1993年04月

教育活動

担当教育の概要

  • 大学院生活科学研究科において「身体運動科学特論」を担当。全学共通科目の健康スポーツ科学科目において講義「健康運動科学」および実習の「健康運動科学実験実習1(健康における身体運動を自然科学的手法によって客観的に捉えその仕組みを理解する)」、「アーチェリー1」、「アーチェリー2」 を担当。また、全学共通科目の「コミュニティ防災学(身近でできる防災対策)」、「地域実践演習Ⅱ」、「大阪市大でどう学ぶか」をオムニバスで担当。

担当講義

  • 担当年度:2015年
    授業科目名:身体運動科学特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:健康運動科学
    講義区分:共通
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:健康運動科学実験実習1
    講義区分:共通
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:アーチェリー1
    講義区分:共通
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:アーチェリー2
    講義区分:共通
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:大阪市大でどう学ぶか(オムニバス)
    講義区分:共通
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:地域実践演習(オムニバス)
    講義区分:共通
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:コミュニティ防災学(オムニバス)
    講義区分:共通
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:アーチェリー1
    講義区分:共通
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:アーチェリー2
    講義区分:共通
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:身体運動科学特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:スポーツ実践科学
    講義区分:共通
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:身体運動科学特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:スポーツ実践科学
    講義区分:共通
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:スポーツ実践科学実験実習1
    講義区分:共通
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:アーチェリー1
    講義区分:共通
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:アーチェリー2
    講義区分:共通
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:身体運動科学特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:スポーツ実践科学
    講義区分:共通
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:スポーツ実践科学実験実習1
    講義区分:共通
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:アーチェリー1
    講義区分:共通
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:アーチェリー2
    講義区分:共通
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:身体運動科学特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:スポーツ実践科学
    講義区分:共通
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:スポーツ実践科学実験実習1
    講義区分:共通
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:アーチェリー1
    講義区分:共通
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:アーチェリー2
    講義区分:共通

国際交流

学術交流協定校との連携内容

  • 交流年月:2014年03月
    内容:大阪市立大学在外研究員として、韓国の「韓国スポーツ科学研究所」、「ソウル科学技術大学」、「韓国体育大学」を視察し、運動生理学及びアーチェリーの研究者、指導者と研究討議。部局間交流の検討を行った。
  • 交流年月:2000年04月
    内容:大阪市立大学在外研究員として、テキサス大学Southwestern medical cwnter at Dallas、Victor博士の研究室、G.D. Thomas、P. Fadel らとヒトおよびラットによる実験を遂行。機能的交感神経遮断に関する研究を中心に、運動時の抹消循環調節機序に関する研究を行う。2000年4月~2001年3月
  • 交流年月:1988年03月
    内容:文部省在外研究員としてアリゾナ州立大学Ms. S.Rhodes (元アーチェリー、ナショナルチームコーチ)のもとで、トレーニングの方法よびコーチングについて研修。

国外研修参加実績

  • 交流年月:1988年09月
    内容:第24回夏季オリンピックソウル大会、アーチェリー競技を視察、調査・資料収集及び外国チームのコーチと研究討議

国際シンポジウム活動

  • 交流年月:1997年08月
    内容:第7回 日・韓保健体育シンポジウム参加研究発表
  • 交流年月:1985年08月
    内容:第1回 日・韓保健体育シンポジウム参加研究発表

その他国際交流活動

  • 交流年月:1997年09月
    内容:大阪市立大学在外研究員 として、第1回国際自律神経科学会議参加、Australian Institute of Sports(AIS)を視察及び研究討議

産学官連携可能情報

専門分野

  • 健康・スポーツ科学

所属研究部門

  • 都市健康・スポーツ研究センター

交流可能研究テーマ

  • 皮膚刺激時の生体応答とその役割
    研究テーマの分野:神経科学(含脳科学)
  • アーチェリーの研究
    研究テーマの分野:体育学
  • 都市防災研究における健康・体力に関する研究
    研究テーマの分野:体育学

現在の研究課題

  • 課題名:健康・スポーツにおける生体の生理応答に関する研究
    研究分野:体育学、生理学一般、神経科学一般
    キーワード:健康、スポーツ、生理応答
  • 課題名:アーチェリーに関する研究
    研究分野:体育学、神経・筋肉生理学、生理学一般
    キーワード:アーチェリー、シューティング、バイオメカニクス
  • 課題名:都市防災研究における健康・体力に関する研究
    研究分野:体育学、環境生理学(含体力医学・栄養生理学)、人類学(含生理人類学)
    キーワード:都市防災、避難体力、体力と避難時間

電子メールアドレス

  • watanabe@sports.osaka-cu.ac.jp

個人URL HP

交流研究テーマ情報

交流可能研究テーマ

  • 皮膚刺激時の生体応答とその役割
    研究テーマの分野:神経科学(含脳科学)
    研究テーマの概要:種々皮膚刺激における生体の体性・自律神経調節機序について、種々の神経・循環パラメータや筋活動、微小神経電図法によるヒトの交感神経活動の観察等によって検討する。
    交流可能な時期・期間:2012-
    交流の種別:共同研究、受託研究、技術相談
    知識・技術の活用分野・応用方法等:皮膚刺激によって、その神経・循環調節機序に関する成果は、健康増進およびコンディショニングなど運動生理学、環境生理学や生活科学の分野において活用できる。
    中核となる知識・技術・情報等:循環諸変量の測定、微小神経電図法による交感神経活動
    キーワード:循環、微小神経電図法、交感神経活動、心拍変動パワースペクトル
    共同研究の希望:産学連携等、民間を含む他機関との共同研究を希望する
  • アーチェリーの研究
    研究テーマの分野:体育学
    研究テーマの概要:視覚障害者に対するアーチェリー機器の開発(視覚を聴覚に変換して)及び誰(特に高齢者)でも安全にできる遊具としての「弓」の開発yや
    交流可能な時期・期間:2010年8月~
    交流の種別:技術相談、共同研究
    知識・技術の活用分野・応用方法等:高齢者福祉、リハビリテーション、障害者スポーツ、レクリエーションスポーツ、健康・トレーニング機器
    キーワード:アーチェリー、レクりエーション、視覚障害
    共同研究の希望:産学連携等、民間を含む他機関との共同研究を希望する
  • 都市防災研究における健康・体力に関する研究
    研究テーマの分野:体育学
    研究テーマの概要:都市防災教育研究センターの「災害雷応ユニット」において、災害に対応するために必要な健康・体力の重要性を認識し、自助およびコミュニティの防災力(共助)を高めるべく対策を考える。
    交流可能な時期・期間:2015ー
    交流の種別:講演、共同研究
    知識・技術の活用分野・応用方法等:健康の維持・増進の知識と方法について理解し、コミュニティの力を高める社会福祉等の分野と連携する。
    キーワード:コミュニテイ防災、健康・体力、避難における自助・共助
    共同研究の希望:産学連携等、民間を含む他機関との共同研究を希望する

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。