東 雅之(アズマ マサユキ)AZUMA Masayuki

  • 所属研究科・専攻:工学研究科 化学生物系専攻(化学バイオ工学) 職名:教授
更新日:2016/01/21

プロフィール

主な取得学位

  • 博士(農学)

主な専門分野

  • 生物・生体工学

主な経歴

取得学位

  • 博士(農学)

学歴

  • 大阪大学 工学研究科 醗酵工学 修士課程
  • 大阪大学 工学部 醗酵工学

職歴

  • 1986-1995年 住友林業(株)

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 生物・生体工学
  • 応用微生物学・応用生物化学
  • 応用分子細胞生物学

現在の研究課題

  • 課題名:微生物の細胞壁および形態に関する研究
    研究分野:生物・生体工学、応用微生物学・応用生物化学、応用分子細胞生物学
    キーワード:微生物、形態、細胞壁
  • 課題名:微生物が生産する有用酵素に関する研究
    研究分野:応用微生物学・応用生物化学、生物資源科学
    キーワード:酵素、微生物
  • 課題名:微生物が生産する生理活性物質に関する研究
    研究分野:応用微生物学・応用生物化学、生物生産化学・生物有機化学
    キーワード:生理活性物質、微生物

主要な研究業績

著書・論文

  • Characterization of a Saccharomyces cerevisiae Mutant with Pseudohyphae and Cloning of a Gene Complementing the Mutation.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Biosci. Biotech. Biochem
    巻/号、頁:67巻517-524頁
    共著者名:Jaruwan Maneesri, Masayuki Azuma, Satoshi Torii, Koichi Igarashi, and Hiroshi
    Ooshima
  • Saccharomyces cerevisiae Big1p, a putative endoplasmic reticulum membrane protein required for normal levels of cell wall beta-1,6-glucan.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:yeast
    巻/号、頁:19巻783-793頁
    共著者名:Masayuki Azuma, Joshua N. Levinson, Nicolas Page, Howard Bussey.
    Yeast 19, 783-793
  • Cell Extensions in pkcⅠ Mutants of Saccharomyces cerevisiae
    出版年月:1999年
    出版社:Can. J. Microbiol.
    巻/号、頁:45巻38-44頁
  • Basidifferquinone, a New Inducer for Fruiting-body Formation of a Basidiomycetes Favolus arcularius from a Streptomyces Strain Ⅰ. Screening and Isolation(共著)
    出版年月:1990年
    出版社:Agricultural and Biological Chemistry
    巻/号、頁:54巻6号1441-1446頁
  • Basidifferquinone, a New Inducer for Fruiting-body Formation of a Basidiomycetes Favolus arcularius from a Streptomyces strain Ⅱ Structure of Basidifferquinone(共著)
    出版年月:1990年
    出版社:Agricultural and Biological Chemistry
    巻/号、頁:54巻6号1447-1452頁
  • A Saccharomyces cerevisiae genome-wide mutant screen for altered sensitivity to K1 killer Toxin.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Genetics
    巻/号、頁:163巻875-894頁
    共著者名:Page, Nicolas, Manon Gerard-Vincent, Patrice Menard, Maude Beaulieu, Masayuki Azuma, Gerrit J. P. Di
  • Removal of Cadmium ion by the Moss Pohlia flexuosa. M. Azuma, A. Obayashi, M. Kondoh, C. Kawasaki, K. Igarashi, J. Kato, H. Ooshima
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:the Book Series on Progress in Biotechnology
    巻/号、頁:16巻175-180頁
  • Effect of Ethanolamine as a Nitrogen Source on Hydrogen Production by Rhodobacter capsulatus. T. Katsuda, M. Azuma, J. Kato, S. Takakuwa, H. Ooshima
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Biosci. Biotechnol. Biochem.
    巻/号、頁:64巻243-253頁
  • Effect of D-glucose on induction of xylose reductase and xylitol dehydrogenase in Candida tropicalis in the presence of NaCl. T. Ikeuchi, R. Kiritani, M. Azuma, H.Ooshima
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Journal of Basic Microbiology
    巻/号、頁:40巻167-175頁
  • Increase in xylitol production by Candida tropicalis upon addition of salt . M. Azuma, T. Ikeuchi, R. Kiritani, J. Kato, H, Ooshima
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Biomass Bioenerg.
    巻/号、頁:19巻129-136頁
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • Characterization of a Saccharomyces cerevisiae Mutant with Pseudohyphae and Cloning of a Gene Complementing the Mutation.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Biosci. Biotech. Biochem
    巻/号、頁:67巻517-524頁
    共著者名:Jaruwan Maneesri, Masayuki Azuma, Satoshi Torii, Koichi Igarashi, and Hiroshi
    Ooshima
  • Saccharomyces cerevisiae Big1p, a putative endoplasmic reticulum membrane protein required for normal levels of cell wall beta-1,6-glucan.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:yeast
    巻/号、頁:19巻783-793頁
    共著者名:Masayuki Azuma, Joshua N. Levinson, Nicolas Page, Howard Bussey.
    Yeast 19, 783-793
  • Cell Extensions in pkcⅠ Mutants of Saccharomyces cerevisiae
    出版年月:1999年
    出版社:Can. J. Microbiol.
    巻/号、頁:45巻38-44頁
  • Basidifferquinone, a New Inducer for Fruiting-body Formation of a Basidiomycetes Favolus arcularius from a Streptomyces Strain Ⅰ. Screening and Isolation(共著)
    出版年月:1990年
    出版社:Agricultural and Biological Chemistry
    巻/号、頁:54巻6号1441-1446頁
  • Basidifferquinone, a New Inducer for Fruiting-body Formation of a Basidiomycetes Favolus arcularius from a Streptomyces strain Ⅱ Structure of Basidifferquinone(共著)
    出版年月:1990年
    出版社:Agricultural and Biological Chemistry
    巻/号、頁:54巻6号1447-1452頁
  • A Saccharomyces cerevisiae genome-wide mutant screen for altered sensitivity to K1 killer Toxin.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Genetics
    巻/号、頁:163巻875-894頁
    共著者名:Page, Nicolas, Manon Gerard-Vincent, Patrice Menard, Maude Beaulieu, Masayuki Azuma, Gerrit J. P. Di
  • Removal of Cadmium ion by the Moss Pohlia flexuosa. M. Azuma, A. Obayashi, M. Kondoh, C. Kawasaki, K. Igarashi, J. Kato, H. Ooshima
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:the Book Series on Progress in Biotechnology
    巻/号、頁:16巻175-180頁
  • Effect of Ethanolamine as a Nitrogen Source on Hydrogen Production by Rhodobacter capsulatus. T. Katsuda, M. Azuma, J. Kato, S. Takakuwa, H. Ooshima
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Biosci. Biotechnol. Biochem.
    巻/号、頁:64巻243-253頁
  • Effect of D-glucose on induction of xylose reductase and xylitol dehydrogenase in Candida tropicalis in the presence of NaCl. T. Ikeuchi, R. Kiritani, M. Azuma, H.Ooshima
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Journal of Basic Microbiology
    巻/号、頁:40巻167-175頁
  • Increase in xylitol production by Candida tropicalis upon addition of salt . M. Azuma, T. Ikeuchi, R. Kiritani, J. Kato, H, Ooshima
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Biomass Bioenerg.
    巻/号、頁:19巻129-136頁
  • Light Intensity Distribution in the Externally Illuminated Cylindrical Photobioreacter and Its Application for the Hydrogen Production by Rhodobacter capsulatus. T. Katsuda, T. Arimoto, K. Igarashi, M. Azuma, J. Kato, S. Takakuwa, H. Ooshima
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2000年
    出版社:Biochem. Eng. J.
    巻/号、頁:5巻157-164頁
  • Microbial Growth Regulation Using Photoresponsive Siderophore. T. Masuda, M. Azuma, H. Ooshima, S. Tamagaki, T. Nagasaki
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Chemistry Letters
    巻/号、頁:872-873頁
  • Screening of Microorganisms for xylitol Production and Fermentation Behaviours in High Concentration of Xylose
    出版年月:1999年
    出版社:Biomass Bioenerg.
    巻/号、頁:16巻333-339頁
  • The initial stage of crystallization of lysozyme : a differential scanning calorimetric(DSC) study
    出版年月:1999年
    出版社:J. Crystal Growth
    巻/号、頁:204巻191-200頁
  • Production of Hydrogen by a Hydrogen-Deficient Mutant of ┣DBRhodobacter(/)-┫DB ┣DBcapsulatus(/)-┫DB
    出版年月:1998年
    出版社:Journal of Fermentation and Bioengineering
    巻/号、頁:85巻5号470-475頁
  • Design of a Spray-Cycle Bioreactor and its Application for Riboflavin Production
    出版年月:1998年
    出版社:Applied Biochemistry and Biotochnology
    巻/号、頁:73巻51-58頁
  • Evaluation of Spray Cycle Bioreactor Using L-Alarine Degradation by ┣DBCandida(/)-┫DB ┣DBmaltosa(/)-┫DB
    出版年月:1998年
    出版社:Biosci. Biotehnol. Biochem.
    巻/号、頁:62巻9号1664-1667頁
  • Removal of Mercury Ion by the Moss Pohlia ┣DBflexuosa(/)-┫DB
    出版年月:1998年
    出版社:Journal of Fermentation and Bioengineering
    巻/号、頁:86巻2号197-201頁
  • INHIBITION OF OCTAPEPTIDE N-MYRISTOYLATION BY ACYL AMINO ACIDS AND ACYL ALKANOLAMINES(共著)
    出版年月:1997年
    出版社:Journal Enzyme Inhibition
    巻/号、頁:12巻1号27-36頁
  • Mechanism of Crystal Growth of Protein : Differential Scanning Calorimetry of Thermolysin Crystal Suspension(共著)
    出版年月:1997年
    出版社:ACS SYMPOSIUM SERIES
    巻/号、頁:667巻18-27頁
  • Acyl Amino Acid Derivatives as Novel Inhibitors of Influenza Neuraminidase(共著)
    出版年月:1997年
    出版社:Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry
    巻/号、頁:61巻5号870-874頁
  • 芝草雪腐病-特に黒色小粒菌核病に関する研究 第3報 雪腐黒色小粒菌核病に対する拮抗細菌が生産するフェナジン-1-カルボン酸の作用 (共著)
    出版年月:1996年
    出版社:芝草研究
    巻/号、頁:24巻2号129-138頁
  • Basidifferquinone Analoques, Basidifferquinone Band C, Which Induce Fruiting-body Formation of a Basidiomycete, Favolus arcularius(共著)
    出版年月:1993年
    出版社:Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry
    巻/号、頁:57巻(2)号344-345頁
  • Ribonucleases catalyze the synthesis of B-factor (3"-butylphophoryl AMP), an inducer of rifamycin production in a Nocardia sp.(共著)
    出版年月:1990年
    出版社:The Journal of Antibiotics
    巻/号、頁:43巻3号321-323頁
  • Effect of B-factor and its analogus on rifamycin biosynthesis in a Nocardia sp.(共著)
    出版年月:1988年
    出版社:The Journal of Antibiotics
    巻/号、頁:41巻3号360-365頁
  • Escherichia coli H┣D1+┫D1-ATPase.(共著)
    出版年月:1987年
    出版社:The Journal of Biological Chemistry
    巻/号、頁:262巻31号14978-14982頁

学会活動

所属学会

  • 学会名:生物工学会
  • 学会名:農芸化学会
  • 学会名:化学工学会
  • 学会名:生化学会

教育活動

担当教育の概要

  • 細胞工学及び細胞生物学
    細胞内の現象と細胞の応用について学ぶ。

担当講義

  • 授業科目名:細胞利用工学特論
    講義区分:大学院
  • 授業科目名:生物化学工学特論II
    講義区分:大学院

産学官連携可能情報

専門分野

  • 生物・生体工学

所属研究部門

  • 工学研究科 化学生物系専攻(化学バイオ工学)

交流可能研究テーマ

  • 微生物を用いた有用物質の生産
    研究テーマの分野:農芸化学

現在の研究課題

  • 課題名:微生物の細胞壁および形態に関する研究
    研究分野:生物・生体工学、応用微生物学・応用生物化学、応用分子細胞生物学
    キーワード:微生物、形態、細胞壁
  • 課題名:微生物が生産する有用酵素に関する研究
    研究分野:応用微生物学・応用生物化学、生物資源科学
    キーワード:酵素、微生物
  • 課題名:微生物が生産する生理活性物質に関する研究
    研究分野:応用微生物学・応用生物化学、生物生産化学・生物有機化学
    キーワード:生理活性物質、微生物

電子メールアドレス

  • azuma@bioa.eng.osaka-cu.ac.jp

交流研究テーマ情報

交流可能研究テーマ

  • 微生物を用いた有用物質の生産
    研究テーマの分野:農芸化学
    研究テーマの概要:微生物を利用した物質生産、もしくは微生物の改良を行う。
    交流可能な時期・期間:2002年から可能
    交流の種別:技術相談、受託研究、共同研究、講演
    知識・技術の活用分野・応用方法等:新規な生理活性物質の探索や有用酵素の生産を行う。
    中核となる知識・技術・情報等:遺伝子、培養、微生物、酵素
    波及効果:環境にやさしい生産技術、有用物質の発見
    優位性・特徴:遺伝情報を最大限に活用
    キーワード:微生物、生理活性物質、酵素、遺伝子
    交流に関するコメント:特になし
    共同研究の希望:産学連携等、民間を含む他機関との共同研究を希望する
    交流可能な研究テーマに関する詳細:微生物にまつわる話しなら何でもOK

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。