岡 育生(オカ イクオ)OKA Ikuo

更新日:2017/03/17

プロフィール

主な取得学位

  • 工学博士

主な専門分野

  • 情報通信工学

個人URL HP

主な経歴

取得学位

  • 工学博士

学歴

  • 大阪大学 工学研究科 通信工学 博士課程
  • 大阪大学 工学部 通信工学

職歴

  • 1983-1991年 電気通信大学

受賞学術賞

  • 2012年 電子情報通信学会ネットワークシステム研究賞
  • 2011年 IEEE CQR 2011 Best Paper Awards
  • 2010年 電子情報通信学会情報ネットワーク研究賞
  • 2009年 電子情報通信学会情報通信マネジメント研究賞
  • 2014年 情報通信マネジメント研究賞
  • 2013年 電子情報通信学会情報マネジメント研究賞

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 情報通信工学

現在の研究課題

  • 課題名:信号検出と変調識別に関する研究
    研究分野:情報通信工学
    キーワード:信号検出、変調識別
  • 課題名:一般化直交変調の特性解析
    研究分野:情報通信工学
    キーワード:ブロック直交変調、変調モデル
  • 課題名:畳込み符号の誤り率の厳密解析
    研究分野:情報通信工学
    キーワード:畳込み符号、誤り率、厳密解析

主要な研究業績

著書・論文

  • ディジタル通信の基礎
    種別:著書
    単著・共著別:単著
    出版年月:2009年
    出版社:森北出版
    巻/号、頁:1-198頁
  • PSK and QAM Classification by Likelihood under Unknown SNR Condition
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年07月
    出版社:Journal of Signal Processing
    巻/号、頁:20巻4号183-186頁
    共著者名:Shinji Nishijima, Ikuo Oka, Shingo Ata
  • 2 種の振幅モーメントを用いた直交振幅変調の
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年11月
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:J99-B巻11号1048-1051頁
    共著者名:大野 倫明, 岡 育生, 阿多 信吾
  • 2状態軟判定ビタビ復号におけるトランケーションの誤り率への影響の厳密解析
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年05月
    出版社:電子情報通信学会和文論文誌A
    巻/号、頁:J97-A巻5号391-394頁
    共著者名:森島 佑, 岡 育生, 阿多 信吾
  • A study on micro level traffic prediction for energy-aware routers. ACM SIGOPS Operating Systems Review
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年12月
    出版社:ACM SIGOPS Operating Systems Review
    巻/号、頁:47巻3号26–33頁
    共著者名:Sou Koyano, Shingo Ata, Hisashi Iwamoto, Yuji Yano, Yasuto Kuroda, Kazunari Inoue, Ikuo Oka
  • A 250Msps, 0.5W eDRAM-based Serch Engine Dedicated Low Power FIB Applications
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年08月
    出版社:IEICE Trans. Electronics
    巻/号、頁:E96-C巻8号1076-1082頁
    共著者名:Hisashi Iwamoto, Yuji Yano, Yasuto Kuroda, Koji Yamamoto, Kazunari Inoue, Ikuo Oka
  • 干渉に対する修正ビタビ復号の誤り率特性解析
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年07月
    出版社:映像情報メディア学会論文誌
    巻/号、頁:57巻7号270-277頁
    共著者名:森島 佑,岡 育生,阿多信吾
  • Design of Flexible Layer-3 Routing Protocol with Variable-Length Address Information and Its Implementation
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年05月
    出版社:WSEAS Transactions on Communications
    巻/号、頁:5号196-207頁
    共著者名:Yasuhiro Sato, Yusuke Toji, Shingo Ata, Ikuo Oka
  • Introducing Delete Feature for Unnecessary Data to Content-Hash Based Distributed Archive System
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年01月
    出版社:IEICE Communication Express
    巻/号、頁:2巻1号12-17頁
    共著者名:Yutaka Yasuda, Shingo Ata, Ikuo Oka
  • FPS-RAM:Fast Prefix Search RAM-Based Hardware for Forwarding Engine
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年07月
    出版社:IEICE Transactions on Communications
    巻/号、頁:E95-B巻7号2306-2314頁
    共著者名:Kazuya Zaitsu and Koji Yamamoto and Yasuto Kuroda and Kazunari Inoue and Shingo Ata and Ikuo Oka
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • ディジタル通信の基礎
    種別:著書
    単著・共著別:単著
    出版年月:2009年
    出版社:森北出版
    巻/号、頁:1-198頁
  • PSK and QAM Classification by Likelihood under Unknown SNR Condition
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年07月
    出版社:Journal of Signal Processing
    巻/号、頁:20巻4号183-186頁
    共著者名:Shinji Nishijima, Ikuo Oka, Shingo Ata
  • 2 種の振幅モーメントを用いた直交振幅変調の
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年11月
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:J99-B巻11号1048-1051頁
    共著者名:大野 倫明, 岡 育生, 阿多 信吾
  • 2状態軟判定ビタビ復号におけるトランケーションの誤り率への影響の厳密解析
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年05月
    出版社:電子情報通信学会和文論文誌A
    巻/号、頁:J97-A巻5号391-394頁
    共著者名:森島 佑, 岡 育生, 阿多 信吾
  • A study on micro level traffic prediction for energy-aware routers. ACM SIGOPS Operating Systems Review
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年12月
    出版社:ACM SIGOPS Operating Systems Review
    巻/号、頁:47巻3号26–33頁
    共著者名:Sou Koyano, Shingo Ata, Hisashi Iwamoto, Yuji Yano, Yasuto Kuroda, Kazunari Inoue, Ikuo Oka
  • A 250Msps, 0.5W eDRAM-based Serch Engine Dedicated Low Power FIB Applications
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年08月
    出版社:IEICE Trans. Electronics
    巻/号、頁:E96-C巻8号1076-1082頁
    共著者名:Hisashi Iwamoto, Yuji Yano, Yasuto Kuroda, Koji Yamamoto, Kazunari Inoue, Ikuo Oka
  • 干渉に対する修正ビタビ復号の誤り率特性解析
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年07月
    出版社:映像情報メディア学会論文誌
    巻/号、頁:57巻7号270-277頁
    共著者名:森島 佑,岡 育生,阿多信吾
  • Design of Flexible Layer-3 Routing Protocol with Variable-Length Address Information and Its Implementation
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年05月
    出版社:WSEAS Transactions on Communications
    巻/号、頁:5号196-207頁
    共著者名:Yasuhiro Sato, Yusuke Toji, Shingo Ata, Ikuo Oka
  • Introducing Delete Feature for Unnecessary Data to Content-Hash Based Distributed Archive System
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年01月
    出版社:IEICE Communication Express
    巻/号、頁:2巻1号12-17頁
    共著者名:Yutaka Yasuda, Shingo Ata, Ikuo Oka
  • FPS-RAM:Fast Prefix Search RAM-Based Hardware for Forwarding Engine
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年07月
    出版社:IEICE Transactions on Communications
    巻/号、頁:E95-B巻7号2306-2314頁
    共著者名:Kazuya Zaitsu and Koji Yamamoto and Yasuto Kuroda and Kazunari Inoue and Shingo Ata and Ikuo Oka
  • Basis Vector Estimation Analysis for Identification of Block Orthogonal Modulations
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年05月
    出版社:IEICE Transactions on Communications
    巻/号、頁:E95-B巻5号1882-1885頁
    共著者名:Takafumi Kinugasa, Ikuo Oka, Shingo Ata
  • 余弦モーメントと振幅モーメントを用いたQAMの変調識別
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年04月
    出版社:電子情報通信学会論文誌B
    巻/号、頁:J95-B巻4号598-601頁
    共著者名:大原 慎司,岡 育生, 阿多 信吾,森島 佑
  • フィードバックを用いた元のフロー分布推定法の精度向上手法
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年04月
    出版社:電子情報通信学会論文誌B
    巻/号、頁:J95-B巻4号598-601頁
    共著者名:磯崎 裕臣, 阿多 信吾, 岡 育生
  • Estimating Environment -Independent Parameters on Basis of Comparative Assessment of User's Subjectivity
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年08月
    出版社:電子情報通信学会論文誌B
    巻/号、頁:E94-B巻8号2265-2273頁
    共著者名:Yasuhiro Sato, Shin'ichiro Kitano, Shingo Ata, Ikuo Oka
  • 格子状ネットワークにおける多数決判定中継の誤り率特性
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年08月
    出版社:電子情報通信学会論文誌B
    巻/号、頁:J94-B巻8号1002-1004頁
    共著者名:西野 和貴, 岡育生, 阿多 信吾
  • Error Probability Analysis of Majority Decision in Tree Network Composed of BSC
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年02月
    出版社:電子情報通信学会論文誌B
    巻/号、頁:E94-B巻2号562-564頁
    共著者名:Kazutaka Nishino, Shinji Tani, Ikuo Oka, Shingo Ata
  • アドレス空間特性を適用した匿名化トレースデータによるネットワーク性能評価法
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:電子情報通信学会和文論文誌
    巻/号、頁:J93-B巻1号32-42頁
    共著者名:田路祐介, 阿多信吾,岡育生
  • マーキング数推定による確率的パケットマーキングの高速化手法
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:電子情報通信学会和文論文誌
    巻/号、頁:J92-B巻5号840-852頁
    共著者名:磯崎裕臣, 阿多信吾, 岡育生
  • Effective Bit Selection Methods for Improving Performance of Packet Classification on IP Routers
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Transaction on Communications, IEICE
    巻/号、頁:E90-B巻5号1090-1097頁
    共著者名:Gang Qin, Shingo Ata, Ikuo Oka, Chikato Fujiwara
  • A General Orthogonal Modulation Model for Software Radios
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:IEEE Transaction on Communications
    巻/号、頁:54巻1号7-12頁
    共著者名:Ikuo Oka
    Marc Fossorier
  • 結合モーメントを用いた搬送波周波数オフセットのあるディジタル変調方式の識別
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:電子情報通信学会論文誌B
    巻/号、頁:J89-B巻10号1971-1980頁
    共著者名:新保大介,岡育生,阿多信吾
  • Exact analysis of bit error probability for trellis coded QPSK
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:IEEECommunication Letters
    巻/号、頁:9巻3号1-3頁
    共著者名:Hideki Yoshikawa, Ikuo Oka, Chikato Fujiwara
  • スロット廃棄抑制能力を有する分散待ち行列階層ネットワーク
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:J88-B巻5号882-892頁
    共著者名:遠崎武志, 阿多信吾, 岡育生, 藤原値賀人
  • 属性およびレーティングにもとづくWebサービスの自動選択手法
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:J88-B巻7号1248-1257頁
    共著者名:阿多信吾,松永寿恵 岡育生, 藤原値賀人
  • 位相回転にトランスペアレントなトレリス符号化変調を用いたOFDMにおけるPTS付加情報の伝送
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:映像情報メディア学会誌
    巻/号、頁:58巻1号91098頁
    共著者名:萬代倫之,岡育生,マーク・フォッソリアー,原田康祐,阿多信吾,藤原値賀人
  • A Practical Approach for Coded OFDM with Partial Transmit Sequence
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Trans. IEICE
    巻/号、頁:E87-B巻5号2173-2175頁
    共著者名:Tomoyuki Mandai, Ikuo Oka, Marc Fossorier, Shingo Ata, Chikato Fujiwara
  • Cutoff Rate of m-ary PPM in APD Based Free Space Optical Channels
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2004年
    出版社:Trans. IEICE
    巻/号、頁:E87-B巻8号2173-2175頁
  • An Application of Separate Coding to Space-Time Turbo - Coded Modulation
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:電子情報通信学学会論文誌
    巻/号、頁:J86-B巻1号380-383頁
    共著者名:Kohsuke Harada, Shingo Ata, Ikuo Oka, Chikato Fujiwara
  • Exact Analysis of Bit Error Probability for 4-State Soft Decision Viterbi Decoding
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:E85-A巻10号2263-2266頁
    共著者名:Hideki Yoshikawa, Ikuo Oka, Chikato Fujiwara, Yoshimasa Daido
  • 時間拡散CDMA方式におけるスクランブル符号とRAKE受信に関する一検討
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:J85-A巻5号672-674頁
    共著者名:中尾祐輝,阿多信吾,岡育生,藤原値賀人
  • ローカルRQカウンタを有するバッファ挿入型DQDBとその評価
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2002年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:J85-B巻3号362-370頁
  • ターボ符号のセパレート符号化多値直交変調への適用
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:J85-A巻2号240-244頁
    共著者名:原田康祐,阿多信吾,岡育生,藤原値賀人
  • 適応型フレーム分割多重再送方式
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:J85-B巻4号453-461頁
    共著者名:西田悌彦,岡育生,藤原値賀人
  • PPMのセパレート符号化における畳込み符号の反復復号法
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:J84-B巻9号1566-1577頁
    共著者名:原田康祐,岡育生,藤原値賀人
  • スペクトルの削除と再生に基づくディジタル信号の狭帯域化
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2001年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:J84-A巻5号672-674頁
  • Code Synchronization Error Control Scheme by Correlation of Received Sequence in Phase Rotating Modulations
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:E83-B巻8号1873-1879頁
    共著者名:Hideki Yoshikawa, Ikuo Oka, Chikato Fujiwara
  • Ether型ネットワークにおける動画像伝送に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:映像情報メディア学会誌
    巻/号、頁:54巻5号726-732頁
    共著者名:水井一憲,岡育生,藤原値賀人
  • 位相シフトと改良ビタビ復号法を組み合わせた符号同期誤りによる影響の軽減方式
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:82-B巻11号2096-2103頁
    共著者名:吉川英機,岡育生,藤原値賀人
  • A Proposal of Simultaneous Spread of PPM in Frequency and Time Axes for Adaptive CDMA
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:Trans. IEICE
    巻/号、頁:E82-B巻12号2126-2134頁
    共著者名:Jinsong Duan, Ikuo Oka,Chikato Fujiwara
  • 連続多重送信選択再送方式に関する考察「共著」
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:J81-B-I巻8号531-539頁
  • Symbol Error Probability of Time Spread PPM Signals in the Presence of Interference「共著」
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:E81-B巻1号66-72頁
  • 電力制御および符号化を用いたアロハ型クラスタ衛星システムのネットワーク特性「共著」
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:J81-A巻3号408-413頁
  • Exact Analysis of Bit Error and Burst Error Probability of 2-State Soft Decision Viterbi Decoding
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:AEU Journal
    巻/号、頁:54巻4号219-226頁
    共著者名:Yukio Hayashi, Hideki Yoshikawa, Ikuo Oka, Chikato Fujiwara, Yoshimasa Daido
  • 視覚障害者アーチェリーにおける照準の聴覚情報化に関する研究「共著」
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:教育医学
    巻/号、頁:43巻4号432-435頁
  • Symbol Error Probability of Time Spread PPM Signals in the Presence of Interference
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1997年
    出版社:Proceedings of IEEE PACRIM"97
    巻/号、頁:1巻1-4頁
  • Exact Error Probability for Convolutional Codes with Soft Decesion Viterbi Decoding
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1997年
    出版社:Proceedings of IEEE ISIT
    巻/号、頁:426頁
  • 大学間共同衛星通信実験「共著」
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1997年
    出版社:電子情報通信学会誌
    巻/号、頁:80巻5号435-436頁
  • Performance Evaluation of Trellis Coded Modulation Over Cycle Slip channels「(共著)」
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:Proceedings of ISITA
    巻/号、頁:1巻385-388頁
  • Error Probability of ALOHA System with Controlled Output Power
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1995年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:E78-A巻7号805-811頁
  • 時間拡散PPM/CDMA方式におけるPN系列の評価
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1995年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:J78-B-I巻10号508-515頁
  • 畳込み符号に対する加重サンプリング法の重み決定
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1995年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:J78-A巻12号1669-1671頁
  • Simulation Results of Time Spread PPM/CDMA Systems
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1994年
    出版社:AE(]J1068[) Journal
    巻/号、頁:48巻2号76-83頁
  • Error Probability of ALOHA Systems Employing Power Level Difference
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1994年
    出版社:Proceedings of ISITA
    巻/号、頁:1巻541-546頁
  • Time Spreading Filter as an Impulse Noise-Combater
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1994年
    出版社:Proceedings of ISITA
    巻/号、頁:2巻1117-1122頁
  • PSK衛星通信システムにおけるソフトリミタの効果
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1993年
    出版社:AE(]J1068[) Journal
    巻/号、頁:37巻1-2号25-58頁
  • 伸張パルスを用いた光通信路におけるたたみ込み符号の誤り率特性
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1993年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:E76-B巻2号178-186頁
  • 衛星系と地上系の2通信路を用いた多次元符号化変調方式
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1993年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:J76-BII巻5号407-414頁
  • 状態削減ビタビ復号の誤り率解析
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1993年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:E76-B巻6号667-676頁
  • 低軌道衛星通信ネツトワークにおける軌道と衛星配置
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1992年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:J75-A/8巻
  • 時間拡散PPM/CDMA方式の誤り率とスループット特性
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1992年
    出版社:電子情報通信学会
    巻/号、頁:E75-A巻12号1696-1701頁
  • A Global Message Network Employing Low Earth-Orbiting Satellites
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1991年
    出版社:IEEE Journal on Selected Areas in Communications
    巻/号、頁:39/4巻
  • Error Probability for Digital Transmission Over Nonlinear Channels with Application to TCM
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1990年
    出版社:IEEE Transaction on Information Theory
    巻/号、頁:IT-36/5巻
  • Moment Application to the Performance Analysis of Trellis Coded 8PSK in Hard-Limited Channels
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1989年
    出版社:Transaction IEICE of Japan
    巻/号、頁:E72/10巻
  • Error Probability Bounds for Trellis Coded Modulation Over Sequence Dependent Channels
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1989年
    出版社:Transaction IEICE of Japan
    巻/号、頁:E72/4巻
  • 衛星中継器出力におけるデイジタル位相変調波のスペクトル解析
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1988年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:J71-B/1巻
  • 伸張パルスを用いた符号化光PPM方式における軟判定復号の誤り率特性
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1987年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:J70-B/4巻
  • Error Performance of Soft Decision Viterbi Decoding Over OOK Optical Space Links
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1986年
    出版社:Transaction IEICE of Japan
    巻/号、頁:E69/9巻
  • QPSK,OQPSK及びMSKを用いたハードリミタ型衛星通信システムにおける符号間干渉とCW干渉
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1986年
    出版社:IEEE Trans. Aerospace and Erectronic Systems
    巻/号、頁:AES-22巻1号91-97頁
  • 衛星搭載MSE処理とビタビ復号の同一チャネル干渉除去効果
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1986年
    出版社:IEEE Trans. Communications
    巻/号、頁:COM-34巻10号1049-1053頁
  • Effects of Adjacent Channel Interference in OQPSK and MSK on Hard Limited Satellite Systems
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1986年
    出版社:AE(]J1068[) Journal
    巻/号、頁:40/3巻
  • Interference Immunith Effects in CPSK Systems with Hard-Limiting Transponders
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1981年
    出版社:IEEE Transaction on Aero-space and Electronic Systems
    巻/号、頁:AES-17/1巻

フィールドワーク、芸術活動、建築作品等

  • 北西太平洋情報通信調査
    研究年月:1991年
  • 航空移動通信海外調査-アジア・太平洋
    研究年月:1990年
  • 南太平洋情報通信調査
    研究年月:1987年
フィールドワーク、芸術活動、建築作品等を全て表示する
フィールドワーク、芸術活動、建築作品等一覧閉じる
  • 北西太平洋情報通信調査
    研究年月:1991年
  • 航空移動通信海外調査-アジア・太平洋
    研究年月:1990年
  • 南太平洋情報通信調査
    研究年月:1987年

研究費獲得実績

科研費補助金獲得実績

  • 研究課題名:アーチェリーを通じた視覚障がい者と地域住民のソーシャル・キャピタル構築の試み
    研究種目:挑戦的萌芽研究
    代表者区分:分担者
    申請年度:2015年
    研究期間:2016年~2017年
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 0(千円)
    2年目 0(千円)
    3年目 0(千円)
    5年目 0(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
    2年目 0(千円)
  • 研究課題名:移動ロボットの集中による輻そうを回避するためのコグニティブ型マネジメントの実証的研究
    研究種目:基盤研究(C)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2015年
    研究期間:2016年~2020年
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 500000(千円)
    2年目 900000(千円)
    3年目 700000(千円)
    4年目 700000(千円)
    5年目 900000(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 150000(千円)
    2年目 270000(千円)
    3年目 210000(千円)
    4年目 210000(千円)
    5年目 270000(千円)
  • 研究課題名:視覚障がい者アーチェリーにおける照準システムの開発
    研究種目:挑戦的萌芽研究
    代表者区分:分担者
    申請年度:2010年
    研究期間:2011年~2012年
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 600(千円)
    2年目 1400(千円)
    3年目 500(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 180(千円)
    2年目 420(千円)
    3年目 150(千円)
  • 研究課題名:無線環境センシングのハイアラキ推定に関する実証的研究
    研究種目:基盤研究(C)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2010年
    研究期間:2011年~2015年
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 600(千円)
    2年目 900(千円)
    3年目 700(千円)
    4年目 700(千円)
    5年目 900(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 180(千円)
    2年目 270(千円)
    3年目 210(千円)
    4年目 210(千円)
    5年目 270(千円)
  • 研究課題名:一般化直交変調のセキュリティ評価に関する実証的研究
    研究種目:基盤研究(C)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2006年
    研究期間:2007年~2010年
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1000(千円)
    2年目 800(千円)
    3年目 700(千円)
    4年目 800(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 300(千円)
    2年目 240(千円)
    3年目 210(千円)
    4年目 240(千円)
  • 研究課題名:通信路環境に適応する局所的に最適な多次元直交多重システムの開発
    研究種目:基盤研究(C)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2003年
    研究期間:2004年~2006年
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1600(千円)
    2年目 900(千円)
    3年目 1000(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
    2年目 0(千円)
    3年目 0(千円)

競争的研究資金獲得実績

  • 名称:財団法人テレコム先端技術研究支援センター
    研究課題名:極めて高い秘匿性を有する一般化直交変調方式とその被識別能力に関する研究
    代表者区分:代表者
    研究期間:2006年~2008年
    形態:補助事業
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 3000(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:電気通信普及財団
    研究課題名:ブロック変調信号の識別と推定に関する基礎研究
    代表者区分:代表者
    研究期間:2009年~2010年
    形態:補助事業
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 550(千円)
    2年目 5500(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
    2年目 0(千円)

その他研究資金獲得実績

  • 名称:KDDI研究所
    研究課題名:コグニティブ無線,へテロジーニアス無線,協調無線等に関する技術動向調査
    代表者区分:代表者
    研究期間:2009年
    形態:教育研究奨励寄附
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 550(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:KDDI研究所
    研究課題名:コグニティブ無線,へテロジーニアス無線,協調無線等に関する技術動向調査
    代表者区分:代表者
    研究期間:2010年
    形態:教育研究奨励寄附
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 550(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:KDDI研究所
    研究課題名:コグニティブ無線,へテロジーニアス無線,協調無線等に関する技術動向調査
    代表者区分:代表者
    研究期間:2011年
    形態:教育研究奨励寄附
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 550(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)

学会活動

所属学会

  • 学会名:The Institute of Electrical and Electronic Engineers,Inc.(IEEE)
    2010年~2011年 
    2005年~2012年 関西支部アワード委員会委員
    2011年~2016年 関西支部MDC委員
  • 学会名:電子情報通信学会
    2005年05月~2020年05月 情報理論研究専門委員会顧問
    2004年05月~2005年05月 情報理論研究専門委員会委員長
    2014年05月~2016年05月 衛星通信研究専門委員会委員
    2015年10月~ 研究会連絡会委員
    2011年05月~2012年05月 互選代議員
    2015年05月~2017年05月 基礎境界ソサイエティ情報理論とその応用サブソサイエティ副サブソサイエティ長
    1998年05月~2001年05月 英文論文誌編集委員
    2012年05月~2014年05月 和文論文誌A編集委員長
    2012年05月~2014年05月 著作権委員会

学会等における発表

  • Archery Arrow Localization Using TDOA of Impact Sound
    発表年月:2017年03月
    発表会議名:RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing
    学会発表区分:Guam
  • クラスタリングを用いたセンサネットワークの情報種周における誤り率特性
    発表年月:2017年03月
    発表会議名:電子情報通信学会総合大会
    学会発表区分:国内
  • トラヒックとSNR推定による通信路選択に関する一検討
    発表年月:2017年01月
    発表会議名:電子情報通信学会情報理論研究会
    学会発表区分:国内
  • 無線LANにおけるSNR推定に基づいた通信路選択の誤り率解析
    発表年月:2016年12月
    発表会議名:第39回情報理論とその応用シンポジウム
    学会発表区分:国内
  • PAPR Control of OFDM Signals Using Spinal Codes
    発表年月:2016年11月
    発表会議名:The International Symposium on Information Theory and Its Application
    学会発表区分:U.S.A.
  • Maximum Likelihood Estimation for SNR in Nakagami Fading Channels
    発表年月:2016年11月
    発表会議名:The International Symposium on Information Theory and Its Application
  • Quantitavely Assess Network Security Risk for Virtual Network's Triage
    発表年月:2016年10月
    発表会議名:Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium
  • Statistical Analysis of Network Traffic by Applications of Smart Devices
    発表年月:2016年10月
    発表会議名:Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium
  • トラヒック予測を用いた間欠動作による省電力センサネットワーク制御に関する研究
    発表年月:2016年09月
    発表会議名:電子情報通信学会 ソサイエティ大会
    学会発表区分:国内
  • モバイル端末におけるアプリケーショントラヒックの統計的分析に関する研究
    発表年月:2016年09月
    発表会議名:電子情報通信学会ソサイエティ大会
    学会発表区分:国内
  • Energy-efficient High-speed Search Engine Using a Multi-dimensional TCAM Architecture with Parallel Pipelined Subdivided S tructure
    発表年月:2016年01月
    発表会議名:IEEE Annual Consumer Comunications and Networking Conference
    学会発表区分:U.S.A.
  • 木構造ネットワークを用いた受信テータ合成における電力最適化
    発表年月:2016年01月
    発表会議名:電子情報通信学会情報理論研究会
    学会発表区分:国内
  • Spinal 符号を用いた OFDM 信号の PAPR 削減法
    発表年月:2016年01月
    発表会議名:電子情報通信学会情報理論研究会
    学会発表区分:国内
  • 識別性能を向上させる多段階型アプリケーション識別手法
    発表年月:2015年04月
    発表会議名:電子情報通信学会情報通信マネジメント 研究会
    学会発表区分:国内
  • 複数フローに着目したユーザビヘイビア分類手法のためのフロー特徴分析
    発表年月:2015年04月
    発表会議名:電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ研究会
    学会発表区分:国内
  • 木構造ネットワークにおける受信テ?ータ合成の誤り率解析
    発表年月:2015年04月
    発表会議名:電子情報通信学会衛星通信研究会
    学会発表区分:国内
  • PSK and QAM Classification by Likelihood under Unknown SNR Condition
    発表年月:2016年03月
    発表会議名:2016 RISP International Workshop on Nonlinear Curcuits and Signal Processing
    学会発表区分:アメリカ合衆国
  • Abstract Model of SDN Architectures Enabling Comprehensive Performance Comparisons
    発表年月:2015年11月
    発表会議名:11th International Conference on Network and Service Management (CNSM 2015)
    学会発表区分:スペイン
  • Analytical Evaluation of Maximum Likelihood Estimation for SNR
    発表年月:2015年10月
    発表会議名:2015 Joint Conference on Satellite Communications (JC-SAT 2015)
    学会発表区分:日本
  • Error Probability Analysis for Data Fusion of End-Nodes in Tree Networks
    発表年月:2015年08月
    発表会議名:IEEE APWiMob 2015 Conference
    学会発表区分:インドネシア
  • Maximum Likelihood Estimation for SNR of PSK and QAM
    発表年月:2015年08月
    発表会議名:IEEE APWiMob 2015 Conference
    学会発表区分:インドネシア
  • Enhancing Immediacy of Identification with Multi-Stage Application Identification
    発表年月:2015年07月
    発表会議名:7th International Conference on New Technologies, Mobility and Security (NTMS 2015)
    学会発表区分:フランス
  • Caching Algorithm for Content-Oriented Networks Using Prediction of Popularity of Contents
    発表年月:2015年05月
    発表会議名:7th IFIP/IEEE International Workshop on Management of the Future Internet (ManFI 2015)
    学会発表区分:カナダ
  • Bit Error Rate of Fixed Rate Spinal Codes Combined with 64QAM
    発表年月:2014年10月
    発表会議名:IEICE JC-SAT 2014
    学会発表区分:韓国
  • TCAMの並列パイプライン化により検索エンジンの省電力化を実現する多次元TCAMアーキテクチャの提案
    発表年月:2014年04月
    発表会議名:電子情報通信学会情報ネットワーク研究会
    学会発表区分:国内
  • 周期定常性を用いた変調信号のブロック長推定
    発表年月:2014年05月
    発表会議名:電子情報通信学会衛星通信研究会
    学会発表区分:国内
  • 固定レートSpinal符号における誤り率特性
    発表年月:2014年05月
    発表会議名:電子情報通信学会情報理論研究会
    学会発表区分:国内
  • データベースによるSDNの動的構成手法
    発表年月:2014年08月
    発表会議名:新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会ワークショップ
    学会発表区分:国内
  • 暗号化トラヒックに対応可能なアプリケーション識別のリアルタイム化に向けた検討
    発表年月:2014年08月
    発表会議名:新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会ワークショップ
    学会発表区分:国内
  • 統一的な性能評価のための SDN アーキテクチャのモデル化手法
    発表年月:2014年09月
    発表会議名:電子情報通信学会ソサイエティ大会
    学会発表区分:国内
  • トラヒック統計量の時間変化にもとづくユーザのビヘイビア識別に関する研究
    発表年月:2014年09月
    発表会議名:電子情報通信学会ソサイエティ大会
    学会発表区分:国内
  • 尤度を用いたQAMにおけるSN比推定
    発表年月:2015年03月
    発表会議名:電子情報通信学会情報理論研究会
    学会発表区分:国内
  • 2種の振幅モーメントを用いたQAM識別における誤り率解析
    発表年月:2015年03月
    発表会議名:電子情報通信学会情報理論研究会
    学会発表区分:国内
  • 識別性能を向上させる多段階型アプリケーション識別手法
    発表年月:2015年03月
    発表会議名:電子情報通信学会情報通信マネジメント研究会
    学会発表区分:国内
  • Threshold Decoding Algorithms for Spinal Codes over Interference Channels
    発表年月:2014年10月
    発表会議名:IEICE JCSAT
    学会発表区分:韓国
  • Error Performance of Fixed Rate Spinal Codes
    発表年月:2014年12月
    発表会議名:ISPACS
    学会発表区分:マレーシア
  • Error Probability Analyses of Maximum a Posteriori Probability Decoding by Moment Techniques
    発表年月:2014年10月
    発表会議名:ISITA
    学会発表区分:オーストラリア
  • Identification of User Behavior based on Time Variation of Traffic Statistics. in Proceedings of the 16th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium
    発表年月:2014年09月
    発表会議名:APNOMS
    学会発表区分:台湾
  • bstract Modeling of SDN Architecture Enabling Comprehensive Performance Evaluation," SDN Architecture
    発表年月:2014年09月
    発表会議名:APNOMS
    学会発表区分:台湾
  • Symbol Counting Bases Threshould Algorithms for Decoding Spinal Codes
    発表年月:2014年08月
    発表会議名:IEEE APWCS
    学会発表区分:台湾
  • A Database Oriented Management for Asynchronous and Consistent Reconfiguration in Software-Defined Networks
    発表年月:2014年05月
    発表会議名:IEEE/IFIP NOMS
    学会発表区分:ポーランド
  • Image Processing Approach to Automatic Scoring System for Archery Targets
    発表年月:2013年10月
    発表会議名:IIH-MSP
    学会発表区分:中国
  • Presenting Mathematical Web Pages for Understanding Lectures
    発表年月:2012年11月
    発表会議名:SCIS-ISIS
    学会発表区分:日本
  • Towards real-time Processing for Application identification of Encripted Traffic
    発表年月:2014年01月
    発表会議名:IEEE ICNC
    学会発表区分:アメリカ
  • 2種の振幅モーメントを用いたシンボルタイミング誤差を含むQAM識別
    発表年月:2014年03月
    発表会議名:電子情報通信学会情報理論研究会
    学会発表区分:国内
  • 符号語分割にもとづくレートレス符号の構成法
    発表年月:2014年03月
    発表会議名:電子情報通信学会
    学会発表区分:国内
  • フェージング通信路における木構造ネットワークの多数決判定誤り率解析
    発表年月:2014年01月
    発表会議名:電子情報通信学会情報理論研究会
    学会発表区分:国内
  • 小信号除去を用いた木構造ネットワークにおける多数決判定誤り率の改
    発表年月:2014年01月
    発表会議名:電子情報通信学会通信方式研究会
    学会発表区分:国内
  • モーメント法を用いた最大事後確率復号における誤り率解析
    発表年月:2013年11月
    発表会議名:第36回情報理論とその応用シンポジウム
    学会発表区分:国内
  • データベース定義にもとづくSDN の動的構成手法
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:電子情報通信学会情報ネットワーク研究会
    学会発表区分:国内
  • 暗号化トラヒックに対するアプリケーション識別のオンライン化に向けた検討
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:電子情報通信学会情報ネットワーク研究会
    学会発表区分:国内
  • トラヒック流量およびバッファ使用率に対する適応的省電力化を実現する二次元スライス化パケットバッファ
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:インターネット技術第163委員会 新世代ネットワーク構築のための基盤技術研究分科会ワークショップ
    学会発表区分:国内
  • パラメータ再推定の自動検出による時系列データ変化への追従強化手法
    発表年月:2013年07月
    発表会議名:電子情報通信学会情報通信マネジメント研究会
    学会発表区分:国内
  • スライディングブロック復号法による Spinal 符号
    発表年月:2013年07月
    発表会議名:電子情報通信学会情報理論研究会
    学会発表区分:国内
  • Archery sight-system by magnetic sensors for visually impaired persons
    発表年月:2013年10月
    発表会議名:IEEE ATC
    学会発表区分:ベトナム
  • Majority Decision Sensor Networks Composed of Binary Tree Fading Links
    発表年月:2013年08月
    発表会議名:APCC
    学会発表区分:インドネシア
  • Improving Latency in Traffic Prediction Based Energy-aware Routers
    発表年月:2013年04月
    発表会議名:GreenTech
    学会発表区分:USA
  • Proactive cache management method for content hash based distributed archive system
    発表年月:2013年01月
    発表会議名:ICOIN
    学会発表区分:タイ
  • トランケーションを考慮した2状態軟判定ビタビ復号におけるビット誤り率の厳密解析
    発表年月:2012年09月
    発表会議名:電子情報通信学会ソサイエティ大会
    学会発表区分:国内
  • 二次元スライス化パケットバッファにおける電力オーバーヘッドを最小化するスライス化パラメータ
    発表年月:2013年03月
    発表会議名:電子情報通信学会技術研究報告
    学会発表区分:国内
  • AR モデルにおけるパラメータ推定法の比較評価
    発表年月:2012年12月
    発表会議名:電子情報通信学会技術研究報告
    学会発表区分:国内
  • 振幅モーメントを用いたタイミングオフセットおよび周波数オフセットの推定
    発表年月:2012年12月
    発表会議名:情報理論とその応用学会その応用シンポジウム
    学会発表区分:国内
  • 確率密度の適合度検定を用いた変調信号の推定
    発表年月:2012年12月
    発表会議名:情報理論とその応用学会その応用シンポジウム
    学会発表区分:国内
  • 細粒度トラヒック予測を用いたトラヒック追従型省電力ルータにおけるレイテンシ削減
    発表年月:2012年11月
    発表会議名:電子情報通信学会技術研究報告
    学会発表区分:国内
  • フェージングのある2分木ネットワークにおける多数決判定の誤り特性解析
    発表年月:2012年07月
    発表会議名:電子情報通信学会技術研究報告
    学会発表区分:国内
  • トラヒック流量およびバッファ使用率にもとづく省電力パケットバッファの電力性能評価
    発表年月:2012年05月
    発表会議名:電子情報通信学会技術研究報告
    学会発表区分:国内
  • 解像度適応型 ARIMA による個々のトレンドの時系列予測
    発表年月:2012年04月
    発表会議名:電子情報通信学会技術研究報告
    学会発表区分:国内
  • 視覚障がい者のためのアーチェリー支援システムの開発
    発表年月:2012年03月
    発表会議名:電子情報通信学会総合大会
    学会発表区分:国内
  • 光通信における生体通信路のモデル化
    発表年月:2012年03月
    発表会議名:電子情報通信学会総合大会
    学会発表区分:国内
  • ビタビアルゴリズムを用いた送信機の位置推定および送信情報の誤り率特性
    発表年月:2012年03月
    発表会議名:電子情報通信学会技術研究報告
    学会発表区分:国内
  • 周期定常性を用いたブロック直交変調の推定
    発表年月:2012年03月
    発表会議名:電子情報通信学会技術研究報告
    学会発表区分:国内
  • トラヒック追従型省電力ルータのための細粒度トラヒック予測手法
    発表年月:2012年01月
    発表会議名:電子情報通信学会技術研究報告
    学会発表区分:国内
  • 分布関数を用いた信号検出と変調識別の高速化
    発表年月:2011年11月
    発表会議名:情報理論とその応用学会その応用シンポジウム
    学会発表区分:国内
  • 干渉に対する修正ビタビ復号における誤り率の厳密解析
    発表年月:2011年11月
    発表会議名:情報理論とその応用学会その応用シンポジウム
    学会発表区分:国内
  • 暗号化トラヒックのアプリケーション識別における推定精度向上手法
    発表年月:2011年11月
    発表会議名:電子情報通信学会技術研究報告
    学会発表区分:国内
  • 信頼性ルーティングに基づくトラヒック制御手法の実現
    発表年月:2011年10月
    発表会議名:電子情報通信学会技術研究報告
    学会発表区分:国内
  • 分布関数の検定による信号検出と変調識別に関する研究
    発表年月:2011年07月
    発表会議名:電子情報通信学会技術研究報告
    学会発表区分:国内
  • 帯域追従型省電力ルータのためのトラヒック予測手法
    発表年月:2011年05月
    発表会議名:電子情報通信学会技術研究報告
    学会発表区分:国内
  • 2D Sliced Packet Buffer with Traffic Volume and Buffer Occupancy Adaptation for Power Saving
    発表年月:2012年01月
    発表会議名:IEEE CCNC
    学会発表区分:アメリカ
  • A High-grained Traffic Prediction for Microseconds Power Control in Energy-aware Routers
    発表年月:2012年11月
    発表会議名:IEEE/ACM UCC
    学会発表区分:アメリカ
  • Block Length Rstimation for Block Orthogonal Modulations by Cyclic Moments
    発表年月:2012年11月
    発表会議名:ISPACS
    学会発表区分:台湾
  • Exact Bit Error Analysis of Soft Decision Viterbi Decoding for Truncated Path History and an Application to Interference Channels
    発表年月:2012年11月
    発表会議名:ISPACS
    学会発表区分:台湾
  • Signal Detection and Modulation Classification Using a Goodness of Fit Test
    発表年月:2012年10月
    発表会議名:IEICE ISITA
    学会発表区分:アメリカ
  • On Comparison of the Efficiency of Auto Regressive Estimation Methods for Predicting Traffic Trends Patterns
    発表年月:2012年09月
    発表会議名:APNOMS
    学会発表区分:韓国
  • Towards Social Networking: A Proof-of-Concept Model
    発表年月:2012年09月
    発表会議名:ASE/IEEE SocialCom
    学会発表区分:オランダ
  • Cross-Community Approach for Efficient Information Retrieval in Social Network
    発表年月:2012年04月
    発表会議名:IEEE NOMS
    学会発表区分:USA
  • Modeling of Flows Based on Behavior of Applications,
    発表年月:2012年02月
    発表会議名:IEEE ICOIN 2012
  • Comparisons of Machine Learning Algorithms for Application Identification of Encrypted Traffic
    発表年月:2011年12月
    発表会議名:IEEE ICMILA 2011
  • Improvement of Information Retrieval Efficiency by Crossing Multiple Community
    発表年月:2011年09月
    発表会議名:APNOMS 2011
  • Moment Analysis of Decision Variables for MAP Decoding
    発表年月:2011年08月
    発表会議名:IEEE ICCCN 2011
  • Experimental Evaluation of Infrared Data Transmission via Biomedical Tissue Using Infrared Camera
    発表年月:2011年07月
    発表会議名:OECC 2011
  • Application Identification from Encrypted Traffic based on Characteristic Changes by Encryption
    発表年月:2011年05月
    発表会議名:IEEE CQR 2011
  • Server Selection for Equalizing of Performance in Distributed Cooperative System
    発表年月:2011年01月
    発表会議名:IEEE ICOIN 2011
  • Robust QAM Classification by Moments and Its Error Probability Analysis
    発表年月:2011年01月
    発表会議名:IEEE RWS 2011

学会誌等の編集・審査

  • 電子情報通信学会和文論文誌A編集委員長

教育活動

担当講義

  • 担当年度:2016年
    授業科目名:ゼミナール
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:情報ネットワーク特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:通信理論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:情報工学実験B
    講義区分:専門
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:論理設計
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:電気情報工学実験Ⅱ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:論理設計
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:通倫理論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:情報ネットワーク特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:電気情報実験Ⅱ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:通信理論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:論理設計
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:ディジタル通信特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:ゼミナール
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:ゼミナール
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:ディジタル通信特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:情報工学実験Ⅱ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:論理設計
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:通信理論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:ゼミナール
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:ゼミナール
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:論理設計
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:情報工学実験Ⅱ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:通信理論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:ディジタル通信特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:論理設計
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:情報工学実験Ⅱ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:通信理論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:ディジタル通信特論
    講義区分:大学院

産学官連携可能情報

専門分野

  • 情報通信工学

所属研究部門

  • 工学研究科 電子情報系専攻(電気情報工学)

交流可能研究テーマ

  • 畳込み符号の最尤復号技術
    研究テーマの分野:電気電子工学
  • 時間・周波数同時拡散CDMA方式
    研究テーマの分野:電気電子工学

現在の研究課題

  • 課題名:信号検出と変調識別に関する研究
    研究分野:情報通信工学
    キーワード:信号検出、変調識別
  • 課題名:一般化直交変調の特性解析
    研究分野:情報通信工学
    キーワード:ブロック直交変調、変調モデル
  • 課題名:畳込み符号の誤り率の厳密解析
    研究分野:情報通信工学
    キーワード:畳込み符号、誤り率、厳密解析

電子メールアドレス

  • oka@info.eng.osaka-cu.ac.jp

個人URL HP

交流研究テーマ情報

交流可能研究テーマ

  • 畳込み符号の最尤復号技術
    研究テーマの分野:電気電子工学
    研究テーマの概要:情報通信において,畳込み符号は強力な誤り訂正符号である.その最尤復号であるビタビ復号は軟判定と組み合わせることにより,
    5~6dBの符号化利得が得られる.また,ターボ符号,復号は最尤復号ではないが,反復復号を利用して,限界に近い特性が得られる.
    これらの符号化,復号化におけるアルゴリズムならびに性能評価を行っている.
    交流可能な時期・期間:特に限定しない.
    交流の種別:技術相談、講演
    知識・技術の活用分野・応用方法等:情報通信機器における誤り訂正
    中核となる知識・技術・情報等:ビタビ復号,ターボ復号
    波及効果:情報通信機器における誤り率の減少
    優位性・特徴:復号規模に対する誤り訂正能力の向上
    キーワード:ビタビ復号、ターボ復号、反復復号
    共同研究の希望:大学等の研究機関との共同研究を希望する
  • 時間・周波数同時拡散CDMA方式
    研究テーマの分野:電気電子工学
    研究テーマの概要:時間拡散CDMA方式は,通常用いられている周波数拡散CDMAに対して,時間軸で信号を拡散するものである.
    時間拡散と周波数拡散を融合したものが,時間・周波数同時拡散CDMAであり,ソフト無線技術を用いた本方式の送信機構成,受信機構成,
    ならびに性能評価に関する研究をおこなっている.
    交流可能な時期・期間:特に限定しない.
    交流の種別:講演、技術相談
    知識・技術の活用分野・応用方法等:非ガウス性通信路におけるCDMA
    中核となる知識・技術・情報等:PPMを用いる適応型の時間・周波数同時拡散CDMA方式
    優位性・特徴:ソフト無線技術を用いて,変調方式を通信路に適応して変化させることが可能
    キーワード:スペクトル拡散、時間拡散、CDMA
    共同研究の希望:産学連携等、民間を含む他機関との共同研究を希望する

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。