大阪市立大学 研究者要覧


川上 洋司(カワカミ ヒロシ)KAWAKAMI Hiroshi

  • 所属研究科・専攻:工学研究科 機械物理系専攻(機械工学) 職名:准教授
更新日:2017/03/22

プロフィール

主な取得学位

  • 博士(工学)

主な専門分野

  • 金属と微生物の相互作用

主な経歴

取得学位

  • 博士(工学)
  • 工学修士

学歴

  • 同志社大学 工学研究科 大学院工学研究科 博士課程後期
  • 同志社大学 工学部

受賞学術賞

  • 2011年 日本材料学会関西支部長賞

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 金属と微生物の相互作用
  • 高分子構造・物性(含繊維)

現在の研究課題

  • 課題名:金属と微生物の相互作用
    研究分野:金属物性
    キーワード:金属、微生物、腐食
  • 課題名:微生物腐食
    研究分野:材料加工・処理、動物生理・代謝
    キーワード:腐食、微生物、環境
  • 課題名:金属材料の抗菌メカニズム
    研究分野:構造・機能材料
    キーワード:抗菌、金属、微生物腐食

主要な研究業績

著書・論文

  • Effects of NaOCl aqueous solutions and ethyl alcohol solutions on removing protein surface contaminant and recovering antibacterial activities of a copper-alloyed stainless steel
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年09月
    出版社:Biocontrol Science
    巻/号、頁:20巻3号193-198頁
    共著者名:H. Kawakami, H. Nishikubo, K. Hirayama, S. Suzuki, Y. Sato, Y. Kikuchi
  • 耐微生物腐食への金属材料の試み
    種別:解説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2014年
    出版社:防錆技術
    巻/号、頁:58巻9号348-353頁
  • Cu含有ステンレス鋼の抗菌性
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年
    出版社:鉄と鋼
    巻/号、頁:100巻8号1021-1028頁
    共著者名:鈴木聡,宮楠克久,佐藤嘉洋,菊地靖志,川上洋司
  • Effects of surface contamination and hypochlorite wipe cleaning on antibacterial activity of a copper alloyed antibacterial stainless steel
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年
    出版社:Biocontrol Science
    巻/号、頁:19巻2号73-78頁
    共著者名:H. KAWAKAWAMI, T. HAYASHI, H. NISHIKUBO, A. MORIKAWA, S. SUZUKI, Y. SATO, Y. KIKUCHI
  • Bacterial adhesion and initiation of biofilms on the surface of copper containing stainless steel
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:ISIJ International
    巻/号、頁:1巻50号133-138頁
    共著者名:Hiroshi Kawakami, Kenji Kittaka, Yoshihiro Sato, Yasushi Kikuchi
  • Effect of substrate deformation on functional properties of atomic-layer-deposited TiO2 coatings on stainless steel
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:Thin Solid Films
    巻/号、頁:517巻3797-3805頁
    共著者名:L. Straka, H. Kawakami, J. Romu, R. Ilola, R. Mahlberg, M. Heikkila, H. Hanninen
  • 1.2 mass%N高窒素ステンレス鋼の摩擦圧接
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:高温学会誌
    巻/号、頁:35巻137-141頁
    共著者名:高木健一,川上洋司,清水哲也,菊地靖志,佐藤嘉洋
  • Open-circuit potential as an indicator of damage of atomic layer deposited TiO2 on AISI 304 stainless steel
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:Thin Solid Films
    巻/号、頁:517巻2号641-647頁
    共著者名:Ladislav Straka, Yuriy Yadozinskyy, Hiroshi Kawakami, Jyrki Romu, Risto Ilola, Hannu Hanninen
  • Antibacterial properties of metallic elements for alloying evaluated with application of JIS Z 2801:2000
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:ISIJ International
    巻/号、頁:48巻9号1299-1304頁
    共著者名:Hiroshi Kawakami, Kazuki Yoshida, Yuya Nishida, Yoshihiro Sato, Yasushi Kikuchi
  • Change in thermomechanical behaviour in epoxy glasses aged under strain
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:Journal of Applied Polymer Science
    巻/号、頁:107巻4号2095-2100頁
    共著者名:Hiroshi Kawakami, Masaomi Watanabe
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • Effects of NaOCl aqueous solutions and ethyl alcohol solutions on removing protein surface contaminant and recovering antibacterial activities of a copper-alloyed stainless steel
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年09月
    出版社:Biocontrol Science
    巻/号、頁:20巻3号193-198頁
    共著者名:H. Kawakami, H. Nishikubo, K. Hirayama, S. Suzuki, Y. Sato, Y. Kikuchi
  • 耐微生物腐食への金属材料の試み
    種別:解説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2014年
    出版社:防錆技術
    巻/号、頁:58巻9号348-353頁
  • Cu含有ステンレス鋼の抗菌性
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年
    出版社:鉄と鋼
    巻/号、頁:100巻8号1021-1028頁
    共著者名:鈴木聡,宮楠克久,佐藤嘉洋,菊地靖志,川上洋司
  • Effects of surface contamination and hypochlorite wipe cleaning on antibacterial activity of a copper alloyed antibacterial stainless steel
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年
    出版社:Biocontrol Science
    巻/号、頁:19巻2号73-78頁
    共著者名:H. KAWAKAWAMI, T. HAYASHI, H. NISHIKUBO, A. MORIKAWA, S. SUZUKI, Y. SATO, Y. KIKUCHI
  • Bacterial adhesion and initiation of biofilms on the surface of copper containing stainless steel
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:ISIJ International
    巻/号、頁:1巻50号133-138頁
    共著者名:Hiroshi Kawakami, Kenji Kittaka, Yoshihiro Sato, Yasushi Kikuchi
  • Effect of substrate deformation on functional properties of atomic-layer-deposited TiO2 coatings on stainless steel
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:Thin Solid Films
    巻/号、頁:517巻3797-3805頁
    共著者名:L. Straka, H. Kawakami, J. Romu, R. Ilola, R. Mahlberg, M. Heikkila, H. Hanninen
  • 1.2 mass%N高窒素ステンレス鋼の摩擦圧接
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:高温学会誌
    巻/号、頁:35巻137-141頁
    共著者名:高木健一,川上洋司,清水哲也,菊地靖志,佐藤嘉洋
  • Open-circuit potential as an indicator of damage of atomic layer deposited TiO2 on AISI 304 stainless steel
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:Thin Solid Films
    巻/号、頁:517巻2号641-647頁
    共著者名:Ladislav Straka, Yuriy Yadozinskyy, Hiroshi Kawakami, Jyrki Romu, Risto Ilola, Hannu Hanninen
  • Antibacterial properties of metallic elements for alloying evaluated with application of JIS Z 2801:2000
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:ISIJ International
    巻/号、頁:48巻9号1299-1304頁
    共著者名:Hiroshi Kawakami, Kazuki Yoshida, Yuya Nishida, Yoshihiro Sato, Yasushi Kikuchi
  • Change in thermomechanical behaviour in epoxy glasses aged under strain
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:Journal of Applied Polymer Science
    巻/号、頁:107巻4号2095-2100頁
    共著者名:Hiroshi Kawakami, Masaomi Watanabe
  • Photocatalytic Activity of Atomic Layer Deposited(ALD) TiO2 Coatings on Austenitic Stainless Steels and Copper Alloys
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:Journal of the Electrochemical Society
    巻/号、頁:155巻2号C62-C68頁
    共著者名:Hiroshi Kawakami, Risto Ilola, Ladislav Straka, Suvi Papula, Jyrki Romu, et al.
  • Molecular cooperativity in large deformation and subsequent structural relaxation for epoxy glass
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2007年
    出版社:Journal of the society of rheology, Japan
    巻/号、頁:35巻3号119-127頁
  • Birefringence change in epoxy glass aged under strain
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Journal of non-crystalline solids
    巻/号、頁:352巻4956-4959頁
    共著者名:H. Kawakami, K. Kishimoto, Y. Nanzai, Y. Sato
  • Relaxation Phenomenon in epoxy glass aged under post-yield strain
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Polymer Engineering and Science
    巻/号、頁:46巻630-634頁
    共著者名:H. Kawakami, K. Souda, Y. Nanzai
  • Thermally stimulated recovery of plastic strain in crosslinked and uncrosslinked epoxy/amine systems
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Polymer
    巻/号、頁:46巻11806-11813頁
    共著者名:H. Kawakami, H. Yamanaka, Y. Nanzai
  • Study on nonlinear deformation mechanism in epoxy glass using birefringence
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:The Journal of Rheology
    巻/号、頁:49巻2号461-473頁
    共著者名:H. Kawakami, M. Tomita, Y. Nanzai
  • Structural Relaxation and Evolution of Yield Stress in Epoxy Glass Aged Under Shear Strain
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Polymer Engineering and Science
    巻/号、頁:45巻1号20-24頁
    共著者名:H. Kawakami, R. Otsuki, Y. Nanzai
  • 力学的および熱的処理のによるガラス状エポキシ樹脂の高じん性化
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:材料
    巻/号、頁:51巻12号1311-1315頁
    共著者名:川上 洋司,大洲 俊亮,南齋 征夫
  • Deformation Recovery of Largely Deformed Epoxy resin
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Materials Science Research International
    巻/号、頁:7巻4号243-248頁
    共著者名:H. Kawakami, N. Kanda, Y. Nanzai
  • 引張り / ねじり組み合わせ繰り返し荷重下における平織りGFRPの疲労損傷蓄積過程
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:日本機械学会論文集(A編)
    巻/号、頁:67巻661号1501-1507頁
    共著者名:川上 洋司,井上 敦,藤井 透
  • 引張り / ねじり二軸荷重下における平織りGFRPの疲労特性に及ぼす試験温度の影響
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:日本機械学会論文集 A編
    巻/号、頁:66巻651号2049-2054頁
  • FW - CFRPチューブの純ねじり荷重下における静的および疲労破壊特性
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:材料
    巻/号、頁:49巻5号510-514頁
    共著者名:川上 洋司,藤井 透
  • Effect of Loading Path on Mechanical Response of a Glass Fabric Composite at Low Cyclic Fatigue under Tension / Torsion Biaxial Loading.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Journal of REINFORCED PLASTICS AND COMPOSITES
    巻/号、頁:19巻2号111-123頁
    共著者名:Atsushi Inoue, Toru Fujii, Hiroshi Kawakami
  • 平織りガラス布強化複合材料の引張り/ねじり組合わせ荷重下における疲労損傷と応力-ひずみ関係におよぼす負荷経路の影響
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:材料
    巻/号、頁:48巻8号943-949頁
    共著者名:藤井 透,民秋 実,川上 洋司
  • 引張りーねじり組み合わせ荷重下における平織りガラス布強化複合材料の疲労寿命予測
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:日本機械学会論文集A編
    巻/号、頁:62巻600号1767頁
    共著者名:川上 洋司,藤井 透
  • Fatigue Degradation and Life Prediction of Glass Fabric Polymer Composite under Tension/Torsion Biaxial Loadings
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:Journal of Reinforced Plastics and Composites
    巻/号、頁:15巻2号183頁
    共著者名:Hiroshi Kawakami, Toru Fujii, Yusuke Morita

研究費獲得実績

科研費補助金獲得実績

  • 研究課題名:抗菌性金属材料の表面汚損とその除去
    研究種目:科学研究補助金(C)(一般)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2014年
    研究期間:2015年04月~2017年
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1500(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 450(千円)
  • 研究課題名:金属材料の抗菌性およびバイオフィルム生成挙動評価
    研究種目:基盤研究(C)
    代表者区分:分担者
    申請年度:2007年
    研究期間:2008年04月~2010年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1700(千円)
    2年目 800(千円)
    3年目 900(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 510(千円)
    2年目 240(千円)
    3年目 270(千円)

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本機械学会
  • 学会名:日本材料学会
    2008年05月~2011年04月 関西支部常議員
    2010年05月~2011年04月 関西支部庶務幹事
    2011年05月~2013年04月 代議員
    2010年05月~2011年04月 企画事業委員
  • 学会名:日本鉄鋼協会
    2007年04月~2011年03月 日本鉄鋼協会研究会 バイオフィルムと鉄鋼材料の相互作用 幹事
    2011年04月~2013年03月 日本鉄鋼協会フォーラム 自然環境中の鉄鋼材料の劣化と微生物の役割 幹事
    2005年04月~2007年03月 日本鉄鋼協会F鉄鋼材料表面に形成されるバイオフィルムの作用とその影響幹事
  • 学会名:日本防菌防黴学会
    2017年01月~ 第44回年次大会実行委員
  • 学会名:American Society for Microbiology
  • 学会名:腐食防食協会
    2017年01月~ 関西支部幹事
  • 学会名:溶接学会
    2016年10月~ 溶接冶金研究委員会委員
     プラント材溶接部腐食合同研究委員会(PWCC)運営幹事
  • 学会名:米国腐食協会
  • 学会名:日本金属学会
  • 学会名:日本レオロジー学会
  • 学会名:米国レオロジー学会
  • 学会名:精密工学会
    2004年04月~ 関西支部商議員
  • 学会名:医学生物学電子顕微鏡技術学会
    2013年09月~2014年05月 医学生物学電子顕微鏡学会学第30回学術講演会 大会実行委員

学会等における発表

  • アルミニウム合金FSW接合部の残留応力評価
    発表年月:2017年03月
    発表会議名:平成28年度第2回残留ひずみ・応力解析研究会 微細構造解析プラットフォーム第2回放射光利用研究セミナー
    学会発表区分:国内
  • 拭き清掃に用いた薬剤が銅表面の抗菌性に及ぼす影響
    発表年月:2016年10月
    発表会議名:日本銅学会第56回講演大会
    学会発表区分:国内
  • 油脂により汚損された銅合金表面の抗菌性に及ぼす拭き清掃の影響
    発表年月:2016年09月
    発表会議名:日本防菌防黴学会第43回年次大会
    学会発表区分:国内
  • 脂汚損された銅含有ステンレス鋼の拭き清掃後の抗菌性
    発表年月:2016年09月
    発表会議名:日本防菌防黴学会第43回年次大会
    学会発表区分:国内
  • 無酸素銅の超精密切削表面における結晶粒界段差の観察
    発表年月:2016年09月
    発表会議名:2016年度精密工学会秋季大会学術講演会
    学会発表区分:国内
  • (依頼講演)微生物腐食研究におけるバイオフィルム内部環境分析の重要性
    発表年月:2016年07月
    発表会議名:関西分析研究会 平成28年度第1回例会
    学会発表区分:国内
  • Wipe Cleaning Method for Restoring Antibacterial Activities of Soiled Surfaces of an Antibacterial Stainless Steel
    発表年月:2016年06月
    発表会議名:The ASM Microbe 2016
    学会発表区分:米国
  • 電気化学インピーダンス法によるバイオフィルムの導電率測定
    発表年月:2016年03月
    発表会議名:ISIJ「鉄鋼材料の生物劣化を誘導する影響因子の解明」自主フォーラム 「相界面科学を視点とした材料と微生物の相互作用」
    学会発表区分:国内
  • バイオフィルムと微生物腐食孔を SEM 観察するための FIB を用いた試料作製
    発表年月:2016年03月
    発表会議名:ISIJ「鉄鋼材料の生物劣化を誘導する影響因子の解明」自主フォーラム 「相界面科学を視点とした材料と微生物の相互作用」
    学会発表区分:国内
  • CLSM を用いたバイオフィルムと微生物腐食孔の同時観察
    発表年月:2016年03月
    発表会議名:ISIJ「鉄鋼材料の生物劣化を誘導する影響因子の解明」自主フォーラム 「相界面科学を視点とした材料と微生物の相互作用」
    学会発表区分:国内
  • 銅含有ステンレス鋼表面の疎水性汚損と抗菌性
    発表年月:2015年09月
    発表会議名:日本防菌防黴学会 第42回年次大会
    学会発表区分:国内
  • 実環境における微生物腐食部の観察(講演,パネリスト)
    発表年月:2015年05月
    発表会議名:(一社) 溶接学会 第9回プラント材溶接部腐食合同研究委員会
    学会発表区分:国内
  • 銅含有抗菌性ステンレス鋼の抗菌効果に及ぼす蛋白質表面汚損と拭き清掃の効果
    発表年月:2014年09月
    発表会議名:日本鉄鋼協会 第168回秋季講演大会
    学会発表区分:国内
  • タンパク質汚損を施された銅含有ステンレス鋼における拭き清掃の洗浄特性と抗菌性
    発表年月:2014年09月
    発表会議名:日本防菌防黴学会 第41回年次大会
    学会発表区分:国内
  • 各種銅合金溶接部の抗菌特性
    発表年月:2014年09月
    発表会議名:溶接学会平成26年度秋季全国大会
    学会発表区分:国内
  • アルミニウム合金FSW溶接部の残留応力評価
    発表年月:2014年07月
    発表会議名:第48回X線材料強度に関するシンポジウム
    学会発表区分:国内
  • Effects of Wipe Cleaning on Antibacterial Activity of a Copper Alloyed Stainless Steel Contaminated by Bovine Serum Albumin
    発表年月:2014年01月
    発表会議名:The ASM Biodefense and Emerging Diseases Research Meeting
    学会発表区分:米国
  • Changes in Antibacterial Activities of Copper-Modified Stainless Steel Due to Humidity Change
    発表年月:2014年01月
    発表会議名:The ASM Biodefense and Emerging Diseases Research Meeting
    学会発表区分:米国
  • 新枯淵発電所水圧鉄管の微生物腐食事例と対策
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:日本鉄鋼協会 シンポジウム”微生物が促進する鉄鋼材料の腐食”
    学会発表区分:国内
  • 銅含有ステンレス鋼表面の残留タンパク質汚損による抗菌性変化
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:日本鉄鋼協会 シンポジウム”微生物が促進する鉄鋼材料の腐食”
    学会発表区分:国内
  • 湿度および表面汚損による銅含有ステンレス鋼の抗菌性変化
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:日本鉄鋼協会 シンポジウム”微生物が促進する鉄鋼材料の腐食”
    学会発表区分:国内
  • Cu-Sn およびCu-Al 合金の抗菌性評価
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:日本鉄鋼協会 シンポジウム”微生物が促進する鉄鋼材料の腐食”
    学会発表区分:国内
  • Cu系各種金属材料の抗菌性評価
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:日本防菌防黴学会第40回年次大会
    学会発表区分:国内
  • 汚損された銅含有ステンレス鋼の乾燥状態における抗菌性
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:日本防菌防黴学会第40回年次大会
    学会発表区分:国内
  • ンパク質汚損による銅含有ステンレス鋼の抗菌性変化
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:日本防菌防黴学会第40回年次大会
    学会発表区分:国内
  • ステンレス鋼表面上でのバイオフィルム形成と微生物腐食
    発表年月:2012年09月
    発表会議名:日本鉄鋼協会第164回秋季講演大会
    学会発表区分:国内
  • NaOCLで洗浄した銅含有ステンレス鋼の抗菌作用
    発表年月:2012年09月
    発表会議名:日本鉄鋼協会第164回秋季講演大会
    学会発表区分:国内
  • 乾燥状態における銅含有ステンレス鋼の抗菌性持続
    発表年月:2012年09月
    発表会議名:日本防菌防黴学会第39回年次大会
    学会発表区分:国内
  • 油性汚れをNaOClで洗浄した銅含有ステンレス鋼の抗菌作用
    発表年月:2012年09月
    発表会議名:日本防菌防黴学会第39回年次大会
    学会発表区分:国内
  • Field tests of microbiologically influenced corrosion of type 304 stainless steels: effects of seasonal change in bacterial consortia and chloride concentration
    発表年月:2011年06月
    発表会議名:The 16th International Congress on Marine Corrosion and Fouling
    学会発表区分:USA
  • 微生物腐食・劣化とは
    発表会議名:日本鉄鋼協会第161回春季講演大会
    学会発表区分:国内
  • バイオサイドによる微生物腐食・劣化への対策
    発表会議名:日本鉄鋼協会第161回春季講演大会
    学会発表区分:国内
  • 抗菌性金属材料とは
    発表会議名:日本鉄鋼協会第161回春季講演大会
    学会発表区分:国内
  • 次亜塩素酸ナトリウムで洗浄した銅含有ステンレス鋼の抗菌作用
    発表年月:2011年08月
    発表会議名:日本防菌防黴学会第38回年次大会
    学会発表区分:国内

学会誌等の編集・審査

  • Journal of Non-Crystalline Solids (2) Journal of Applied Polymer Science (1) CORROSION (1)

教育活動

担当講義

  • 担当年度:2016年
    授業科目名:大学院特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:バイオ金属材料
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:設計製作実習
    講義区分:専門
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:機械工学実験
    講義区分:専門
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:生産加工学II
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:機械工学実験
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:設計製作実習
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:生産加工学II
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:大学院特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:バイオ金属材料
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:大学院特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:バイオ金属材料
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:技術と環境
    講義区分:共通
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:設計製作実習
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:機械工学実 験
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:生産加工学II
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:設計製作実習
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:機械工学実験
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:大学院特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:バイオ金属材料
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:生産加工学II
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:コンピュータプログラミング法
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:バイオ金属材料学
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:生産加工学II
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:機械設計製作実習
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:機械工学実験
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:大学院特別演習
    講義区分:大学院

教育活動実績

  • 担当年度:2012
    博士課程学生指導数【前期:4人】
    博士課程学生指導数【後期:0人】
    修士論文審査数【主査:1】
    修士論文審査数【副査:5】
    博士論文審査数【主査:0】
    博士論文審査数【副査:0】
    卒論指導数:3
    卒論審査数:3
    FD活動内容:なし

産学官連携可能情報

専門分野

  • 金属と微生物の相互作用

所属研究部門

  • 工学研究科 機械物理系専攻(機械工学)

交流可能研究テーマ

  • 微生物誘起腐食解析
    研究テーマの分野:機械工学
  • 抗菌性金属材料の開発
    研究テーマの分野:材料工学
  • 固体高分子の力学的性質
    研究テーマの分野:機械工学
  • 繊維強化複合材料の力学挙動
    研究テーマの分野:機械工学

現在の研究課題

  • 課題名:金属と微生物の相互作用
    研究分野:金属物性
    キーワード:金属、微生物、腐食
  • 課題名:微生物腐食
    研究分野:材料加工・処理、動物生理・代謝
    キーワード:腐食、微生物、環境
  • 課題名:金属材料の抗菌メカニズム
    研究分野:構造・機能材料
    キーワード:抗菌、金属、微生物腐食

交流研究テーマ情報

交流可能研究テーマ

  • 微生物誘起腐食解析
    研究テーマの分野:機械工学
    研究テーマの概要:一般の腐食機構では理解が困難な腐食現象に対し,その腐食に微生物が関与したか調査します.
    交流可能な時期・期間:随時
    交流の種別:受託研究、共同研究
    知識・技術の活用分野・応用方法等:微生物誘起腐食では特別な対処が必要です,
    キーワード:微生物、腐食、金属
    共同研究の希望:産学連携等、民間を含む他機関との共同研究を希望する
  • 抗菌性金属材料の開発
    研究テーマの分野:材料工学
    研究テーマの概要:抗菌性金属材料の開発
    交流可能な時期・期間:2017-
    交流の種別:共同研究
    知識・技術の活用分野・応用方法等:院内感染対策,公衆衛生
    キーワード:抗菌性金属材料
    共同研究の希望:産学連携等、民間を含む他機関との共同研究を希望する
  • 固体高分子の力学的性質
    研究テーマの分野:機械工学
    研究テーマの概要:熱硬化性樹脂の応力ーひずみ関係や強度など力学挙動について調べる.
    交流可能な時期・期間:2002-
    交流の種別:受託研究、共同研究
    知識・技術の活用分野・応用方法等:たとえば,化学的な架橋を有するエポキシ樹脂の変形メカニズムについてはいまだ明らかにされていない.高分子材料がより積極的に用いられるようになるには,その力学的性質を明らかにする必要があると考えられる.
    キーワード:力学挙動、熱硬化性樹脂、高分子固体
    共同研究の希望:産学連携等、民間を含む他機関との共同研究を希望する
  • 繊維強化複合材料の力学挙動
    研究テーマの分野:機械工学
    研究テーマの概要:高分子系繊維強化複合材料の静的および疲労メカニズム
    交流可能な時期・期間:2001-
    交流の種別:受託研究、共同研究
    知識・技術の活用分野・応用方法等:高分子系繊維強化複合材料がより広範囲で一次構造用部材として用いられるには,その信頼性を高める必要がある.そこで,応力ーひずみ関係や強度などの力学的性質について調べる.
    キーワード:力学挙動、繊維強化複合材料、静的、疲労
    共同研究の希望:産学連携等、民間を含む他機関との共同研究を希望する

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。