大阪市立大学 研究者要覧


古山 将康(コヤマ マサヤス)KOYAMA Masayasu

  • 所属研究科・専攻:医学研究科 臨床医科学専攻(生殖発達医学講座) 職名:教授
更新日:2017/04/18

プロフィール

主な取得学位

  • 医学博士

主な専門分野

  • 産婦人科学

主な経歴

取得学位

  • 医学博士

学歴

  • 大阪大学 医学部

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 産婦人科学

現在の研究課題

  • 課題名:骨盤臓器脱の治療に伴う下部尿路症状発症病理に関する研究 研究の目的は更年期以降の女性のQOLを低下させる骨盤底臓器の弛緩、子宮脱、膀胱瘤、尿道過可動の治療の際に合併する下部尿路症状(頻尿、尿意切迫、腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、排尿困難)の病態を疫学的に検討することにより、適切な治療法を開発する。
    研究分野:産婦人科学、泌尿器科学
    キーワード:骨盤底医学、骨盤臓器脱、下部尿路症状
  • 課題名:骨盤臓器脱発症に関わる細胞外マトリックス蛋白、結合組織蛋白に関する分子生物学的研究 研究の目的は骨盤底臓器を支持する腟組織、靱帯組織に分布するエラスチン、インテグリン、ファイブリンなどの蛋白の変化量を分子生物学的に測定し、発症に関わる鍵蛋白を同定する。
    研究分野:産婦人科学、泌尿器科学
    キーワード:細胞外マトリックス、fibulin 5、骨盤臓器脱

主要な研究業績

著書・論文

  • Diabetic Pregnancy Activates the Innate Immune Response through Tlr5 or Tlr1/2 on Neonatal Monocyte
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:J Reprod Immunol
    巻/号、頁:117巻17-23.頁
    共著者名:Yanai, S., D. Tokuhara, D. Tachibana, M. Saito, Y. Sakashita, H. Shintaku, and M. Koyama.
  • Management of Apical Compartment Prolapse (Uterine and Vault Prolapse): A Figo Working Group Report.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Neurourol Urodyn
    巻/号、頁:10.1002/nau.22916頁
    共著者名:Betschart, C., M. Cervigni, O. Contreras Ortiz, S. K. Doumouchtsis, M. Koyama, C. Medina et al.
    ISSN:1520-6777
  • Serum Biopterin and Neopterin Levels as Predictors of Empty Follicles.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Jpn Clin Med
    巻/号、頁:6巻29-34.頁
    共著者名:Hamuro, A., D. Tachibana, T. Misugi, H. Katayama, K. Ozaki, Y. Fujino, N. Yoshihiro, H. Shintaku, and M. Koyama.
  • On-Site Hemostatic Suturing Technique for Uterine Bleeding from Placenta Previa and Subsequent Pregnancy.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Arch Gynecol Obstet
    巻/号、頁:292巻6号1181-2頁
    共著者名:Hamuro, A., D. Tachibana, N. Wada, Y. Kurihara, H. Katayama, T. Misugi, T. Sumi, and M. Koyama.
  • Human Papillomavirus E6 Knockdown Restores Adenovirus Mediated-Estrogen Response Element Linked P53 Gene Transfer in Hela Cells.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Asian Pac J Cancer Prev
    巻/号、頁:16巻18号8239-45.頁
    共著者名:Kajitani, K., K. Honda, H. Terada, T. Yasui, T. Sumi, M. Koyama, and O. Ishiko.
  • Gene-Modified Embryonic Stem Cell Test to Characterize Chemical Risks
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Environ Sci Pollut Res Int
    巻/号、頁:22巻18252-9.頁
    共著者名:Kitada, K., A. Kizu, T. Teramura, T. Takehara, M. Hayashi, D. Tachibana, H. Wanibuchi, et al.
  • Characteristic Differences and Reference Ranges for Mitral, Tricuspid, Aortic, and Pulmonary Doppler Velocity Waveforms During Fetal Life
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Prenat Diagn
    巻/号、頁:35巻3号236-43.頁
    共著者名:Kurihara, Y., D. Tachibana, S. Yanai, K. Kitada, M. Sano, N. Wada, K. Nakagawa, et al.
  • A Case of Fetal Intestinal Volvulus without Malrotation Causing Severe Anemia.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Jpn Clin Med
    巻/号、頁:6巻1-3.頁
    共著者名:Nakagawa, T., D. Tachibana, K. Kitada, Y. Kurihara, H. Terada, M. Koyama, Y. Sakae, et al.
  • Zymosan Induces Immune Responses Comparable with Those of Adults in Monocytes, Dendritic Cells, and Monocyte-Derived Dendritic Cells from Cord Blood.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:J Pediatr
    巻/号、頁:167巻1号155-62頁
    共著者名:Nohmi, K., D. Tokuhara, D. Tachibana, M. Saito, Y. Sakashita, A. Nakano, H. Terada, et al.
  • Time-Interval Analysis of Ductus Venosus Flow Velocity Waveforms in Twin-to-Twin Transfusion Syndrome Treated with Laser Surgery
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Ultrasound Obstet Gynecol
    巻/号、頁:45巻5号544-50.頁
    共著者名:Tachibana, D., P. Glosemeyer, W. Diehl, K. Nakagawa, N. Wada, Y. Kurihara, M. Fukui, M. Koyama, and K. Heche
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • Diabetic Pregnancy Activates the Innate Immune Response through Tlr5 or Tlr1/2 on Neonatal Monocyte
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:J Reprod Immunol
    巻/号、頁:117巻17-23.頁
    共著者名:Yanai, S., D. Tokuhara, D. Tachibana, M. Saito, Y. Sakashita, H. Shintaku, and M. Koyama.
  • Management of Apical Compartment Prolapse (Uterine and Vault Prolapse): A Figo Working Group Report.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Neurourol Urodyn
    巻/号、頁:10.1002/nau.22916頁
    共著者名:Betschart, C., M. Cervigni, O. Contreras Ortiz, S. K. Doumouchtsis, M. Koyama, C. Medina et al.
    ISSN:1520-6777
  • Serum Biopterin and Neopterin Levels as Predictors of Empty Follicles.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Jpn Clin Med
    巻/号、頁:6巻29-34.頁
    共著者名:Hamuro, A., D. Tachibana, T. Misugi, H. Katayama, K. Ozaki, Y. Fujino, N. Yoshihiro, H. Shintaku, and M. Koyama.
  • On-Site Hemostatic Suturing Technique for Uterine Bleeding from Placenta Previa and Subsequent Pregnancy.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Arch Gynecol Obstet
    巻/号、頁:292巻6号1181-2頁
    共著者名:Hamuro, A., D. Tachibana, N. Wada, Y. Kurihara, H. Katayama, T. Misugi, T. Sumi, and M. Koyama.
  • Human Papillomavirus E6 Knockdown Restores Adenovirus Mediated-Estrogen Response Element Linked P53 Gene Transfer in Hela Cells.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Asian Pac J Cancer Prev
    巻/号、頁:16巻18号8239-45.頁
    共著者名:Kajitani, K., K. Honda, H. Terada, T. Yasui, T. Sumi, M. Koyama, and O. Ishiko.
  • Gene-Modified Embryonic Stem Cell Test to Characterize Chemical Risks
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Environ Sci Pollut Res Int
    巻/号、頁:22巻18252-9.頁
    共著者名:Kitada, K., A. Kizu, T. Teramura, T. Takehara, M. Hayashi, D. Tachibana, H. Wanibuchi, et al.
  • Characteristic Differences and Reference Ranges for Mitral, Tricuspid, Aortic, and Pulmonary Doppler Velocity Waveforms During Fetal Life
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Prenat Diagn
    巻/号、頁:35巻3号236-43.頁
    共著者名:Kurihara, Y., D. Tachibana, S. Yanai, K. Kitada, M. Sano, N. Wada, K. Nakagawa, et al.
  • A Case of Fetal Intestinal Volvulus without Malrotation Causing Severe Anemia.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Jpn Clin Med
    巻/号、頁:6巻1-3.頁
    共著者名:Nakagawa, T., D. Tachibana, K. Kitada, Y. Kurihara, H. Terada, M. Koyama, Y. Sakae, et al.
  • Zymosan Induces Immune Responses Comparable with Those of Adults in Monocytes, Dendritic Cells, and Monocyte-Derived Dendritic Cells from Cord Blood.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:J Pediatr
    巻/号、頁:167巻1号155-62頁
    共著者名:Nohmi, K., D. Tokuhara, D. Tachibana, M. Saito, Y. Sakashita, A. Nakano, H. Terada, et al.
  • Time-Interval Analysis of Ductus Venosus Flow Velocity Waveforms in Twin-to-Twin Transfusion Syndrome Treated with Laser Surgery
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Ultrasound Obstet Gynecol
    巻/号、頁:45巻5号544-50.頁
    共著者名:Tachibana, D., P. Glosemeyer, W. Diehl, K. Nakagawa, N. Wada, Y. Kurihara, M. Fukui, M. Koyama, and K. Heche
  • Heavy Ion Radiotherapy for Recurrent Metastatic Lung Tumor During Pregnancy.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol
    巻/号、頁:184巻127頁
    共著者名:Tachibana, D., M. Koyama, M. Saito, M. Hoshi, R. Imai, and T. Kamada.
  • Flow Velocity Waveforms of the Ductus Venosus and Atrioventricular Valves in a Case of Fetal Hemangiolymphangioma.
    種別:書評
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Ultrasound Obstet Gynecol
    巻/号、頁:Epub頁
    共著者名:Wada, N., D. Tachibana, Y. Kurihara, K. Nakagawa, A. Nakano, H. Terada, K. Tanaka, et al.
    ISSN:1469-0705
  • Alterations in Time Intervals of Ductus Venosus and Atrioventricular Flow Velocity Waveforms in Growth-Restricted Fetuses.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Ultrasound Obstet Gynecol
    巻/号、頁:46巻2号221-6.頁
    共著者名:Wada, N., D. Tachibana, Y. Kurihara, K. Nakagawa, A. Nakano, H. Terada, K. Tanaka, et al.
  • Successful Management of Pregnancy with Very-Long-Chain Acyl-Coenzyme a Dehydrogenase Deficiency
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年
    出版社:J Obstet Gynaecol Res
    巻/号、頁:41巻1126-8.頁
    共著者名:Yamamoto, H., D. Tachibana, G. Tajima, Y. Shigematsu, T. Hamasaki, A. Tanaka, and M. Koyama.
  • Combined Reconstructive Surgery Involving Uterosacral Colpopexy and Anterior Vaginal Mesh Implantation for Pelvic Organ Prolapse
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年
    出版社:J Obstet Gynaecol Res
    巻/号、頁:6巻707-15頁
    共著者名:Hamuro, A., D. Tachibana, H. Wang, M. Hayashi, S. Yanai, Y. Kurihara, T. Misugi, et al.
  • Doppler Assessment of Hypertrophic Cardiomyopathy in a Case of Costello Syndrome.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年
    出版社:Ultrasound Obstet Gynecol
    巻/号、頁:48 Suppl 1巻286-7頁
    共著者名:Kurihara, Y., D. Tachibana, R. Uemura, N. W. Yokoi, R. K. Pooh, F. Kenji, Y. Kawauchi, et al.
  • Clinical Guideline for Female Lower Urinary Tract Symptoms
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年
    出版社:Low Urin Tract Symptoms
    巻/号、頁:8巻5-29頁
    共著者名:Takahashi, S., M. Takei, O. Nishizawa, O. Yamaguchi, K. Kato, M. Gotoh, Y. Yoshimura, et al.
  • Time-Interval Changes of Cardiac Cycles in Fetal Growth Restriction
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年
    出版社:Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol
    巻/号、頁:203巻152-5頁
    共著者名:Kurihara, Y., D. Tachibana, N. Yokoi, K. Nakagawa, K. Kitada, M. Hayashi, S. Yanai, et al.
  • Prenatal Findings of Hypertrophic Cardiomyopathy in a Severe Case of Costello Syndrome
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年
    出版社:Ultrasound Obstet Gynecol
    共著者名:Uemura, R., D. Tachibana, Y. Kurihara, R. K. Pooh, Y. Aoki, and M. Koyama

研究費獲得実績

科研費補助金獲得実績

  • 研究課題名:細胞外マトリックス蛋白欠損による骨盤臓器脱マウスモデルに対する幹細胞治療の試み
    研究種目:基盤研究C
    代表者区分:代表者
    申請年度:2016年
    研究期間:2016年~2018年
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 2300(千円)
    2年目 1200(千円)
    3年目 100(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 690(千円)

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本周産期・新生児医学会
    2014年~ 理事
  • 学会名:日本産婦人科手術学会
    2013年~ 常任理事
  • 学会名:日本生殖医学会
    2011年~ 代議員
  • 学会名:日本女性骨盤底医学会
    2014年~ 理事長
  • 学会名:日本産科婦人科学会
    2011年04月~ 代議員

教育活動

担当教育の概要

  • 医学部講義 女性骨盤底の解剖 女性生殖内分泌 女性泌尿器 下部尿路症状の診断

担当講義

  • 担当年度:2016年
    授業科目名:生殖医療の現状
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:女性の下部尿路症状の診断と治療
    講義区分:専門
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:婦人科内分泌
    講義区分:専門
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:骨盤臓器脱の診断と治療
    講義区分:専門

産学官連携可能情報

専門分野

  • 産婦人科学

所属研究部門

  • 医学研究科 臨床医科学専攻(生殖発達医学講座)

現在の研究課題

  • 課題名:骨盤臓器脱の治療に伴う下部尿路症状発症病理に関する研究 研究の目的は更年期以降の女性のQOLを低下させる骨盤底臓器の弛緩、子宮脱、膀胱瘤、尿道過可動の治療の際に合併する下部尿路症状(頻尿、尿意切迫、腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、排尿困難)の病態を疫学的に検討することにより、適切な治療法を開発する。
    研究分野:産婦人科学、泌尿器科学
    キーワード:骨盤底医学、骨盤臓器脱、下部尿路症状
  • 課題名:骨盤臓器脱発症に関わる細胞外マトリックス蛋白、結合組織蛋白に関する分子生物学的研究 研究の目的は骨盤底臓器を支持する腟組織、靱帯組織に分布するエラスチン、インテグリン、ファイブリンなどの蛋白の変化量を分子生物学的に測定し、発症に関わる鍵蛋白を同定する。
    研究分野:産婦人科学、泌尿器科学
    キーワード:細胞外マトリックス、fibulin 5、骨盤臓器脱

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。