大阪市立大学 研究者要覧


中屋 晴恵(ナカヤ ハルエ)MASUDA Harue

  • 所属研究科・専攻:理学研究科 生物地球系専攻(地球物質進化学) 職名:教授
  • 旧氏名・ペンネーム等:本名中屋(ナカヤ)
更新日:2016/01/21

プロフィール

主な取得学位

  • 理学博士

主な専門分野

  • 地球化学

主な経歴

取得学位

  • 理学博士
  • 理学修士

学歴

  • 大阪市立大学 理学研究科 地質学 博士課程
  • 大阪市立大学 理学部 地学

受賞学術賞

  • 2004年 ハワイ大学客員教授

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 地球化学

現在の研究課題

  • 課題名:ヒ素汚染地下水の形成メカニズム
    研究分野:岩石・鉱物・鉱床学、地球化学、自然災害科学
    キーワード:ヒ素、地下水汚染
  • 課題名:海洋底拡大軸周辺の火成活動にともなう物質循環
    研究分野:岩石・鉱物・鉱床学、地球化学
    キーワード:背弧海盆、中央海嶺、化学成分
  • 課題名:深海底堆積物中の続成作用による自生鉱物形成のメカニズム
    研究分野:岩石・鉱物・鉱床学、地球化学
    キーワード:自主鉱物、続成作用

主要な研究業績

著書・論文

  • Transformation of arsenic compounds in modern intertidal sediments of Iriomote Island, Japan. J. Geochemical Exploration
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Journal of Geochemical Exploration
    巻/号、頁:87巻2号73-81頁
    共著者名:Masuda H., Yamatani Y. and Okai M.
  • Mineralogical and geomicrobiological investigations on groundwater arsenic enrichment in Bangladesh
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Applied Geochemistry
    巻/号、頁:19巻215-230頁
    共著者名:Akai J., Izumi K., Fukuhara H., Masuda H., Nakano H., et al.
  • Discovery of a new hydrothermal venting site in the southernmost Mariana Arc: Al-rich hydrothermal plumes and white smoker activity associated with biogenic methane
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Geochemical Journal
    巻/号、頁:38巻527-534頁
    共著者名:Gamo T., Masuda H., Yamanaka T., Okamura K., Ishibashi J., et al.
  • Mineralogical and chemical characteristics of Bajocian-Bathonian shales, G. Al-Maghara, North Sinai, Egypt: Climatic and environmental significance.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Geochemical J.
    巻/号、頁:37巻87-108頁
    共著者名:Ghandour I. M., Masuda H. and Maejima W.
  • Synthetic Silica Glass for Trace Aluminium Determination in Quartz by Electron Microprobe
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Geostandards Newsletter
    巻/号、頁:27巻1号91-98頁
    共著者名:Miyoshi N., Satoh H., Yamaguchi Y. and Masuda H.
  • 酸素および水素同位体比と水質から見た長野県松本盆地中・南部地域の広域地下水流動系.
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:日本地下水学会誌
    巻/号、頁:45巻2号145-168頁
    共著者名:小宮洋行・中屋眞司・益田晴恵・日下部実
  • 大阪北摂地域における地下水のヒ素含有量変動とその要因.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:日本地下水学会誌,45, 3-18.
    巻/号、頁:45巻3-18頁
    共著者名:伊藤浩子・益田晴恵・日下部実
  • Chemistry of hydrothermal fluids at the TAG active mound, MAR 26。N, in 1998
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Geophysical Research Letters
    巻/号、頁:28巻15号2919-2922頁
    共著者名:Chiba H., Masuda H., Lee S.-Y., Fujioka K.
  • Transmission electron microscopy study of conversion of smectite to illite in mudstones of the Nankai Trough: contrast with coeval bentonites
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Clays and Clay Minerals
    巻/号、頁:49巻2号109-118頁
    共著者名:Masuda H., Peacor D. R., Dong H.
  • Volcanoes of the southwestern extension of the active Mariana Island Arc : New swarth-mapping and geochemical studies.
    出版年月:1998年
    出版社:The Island Arc
    巻/号、頁:7巻596頁
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • Transformation of arsenic compounds in modern intertidal sediments of Iriomote Island, Japan. J. Geochemical Exploration
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Journal of Geochemical Exploration
    巻/号、頁:87巻2号73-81頁
    共著者名:Masuda H., Yamatani Y. and Okai M.
  • Mineralogical and geomicrobiological investigations on groundwater arsenic enrichment in Bangladesh
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Applied Geochemistry
    巻/号、頁:19巻215-230頁
    共著者名:Akai J., Izumi K., Fukuhara H., Masuda H., Nakano H., et al.
  • Discovery of a new hydrothermal venting site in the southernmost Mariana Arc: Al-rich hydrothermal plumes and white smoker activity associated with biogenic methane
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Geochemical Journal
    巻/号、頁:38巻527-534頁
    共著者名:Gamo T., Masuda H., Yamanaka T., Okamura K., Ishibashi J., et al.
  • Mineralogical and chemical characteristics of Bajocian-Bathonian shales, G. Al-Maghara, North Sinai, Egypt: Climatic and environmental significance.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Geochemical J.
    巻/号、頁:37巻87-108頁
    共著者名:Ghandour I. M., Masuda H. and Maejima W.
  • Synthetic Silica Glass for Trace Aluminium Determination in Quartz by Electron Microprobe
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Geostandards Newsletter
    巻/号、頁:27巻1号91-98頁
    共著者名:Miyoshi N., Satoh H., Yamaguchi Y. and Masuda H.
  • 酸素および水素同位体比と水質から見た長野県松本盆地中・南部地域の広域地下水流動系.
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:日本地下水学会誌
    巻/号、頁:45巻2号145-168頁
    共著者名:小宮洋行・中屋眞司・益田晴恵・日下部実
  • 大阪北摂地域における地下水のヒ素含有量変動とその要因.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:日本地下水学会誌,45, 3-18.
    巻/号、頁:45巻3-18頁
    共著者名:伊藤浩子・益田晴恵・日下部実
  • Chemistry of hydrothermal fluids at the TAG active mound, MAR 26。N, in 1998
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Geophysical Research Letters
    巻/号、頁:28巻15号2919-2922頁
    共著者名:Chiba H., Masuda H., Lee S.-Y., Fujioka K.
  • Transmission electron microscopy study of conversion of smectite to illite in mudstones of the Nankai Trough: contrast with coeval bentonites
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Clays and Clay Minerals
    巻/号、頁:49巻2号109-118頁
    共著者名:Masuda H., Peacor D. R., Dong H.
  • Volcanoes of the southwestern extension of the active Mariana Island Arc : New swarth-mapping and geochemical studies.
    出版年月:1998年
    出版社:The Island Arc
    巻/号、頁:7巻596頁
  • 地殻表層付近のヒ素の挙動と地下水汚染拡大機構
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2000年
    出版社:日本地下水学会誌.
    巻/号、頁:42巻4号215~313頁
  • これからの海洋化学
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2000年
    出版社:地球化学
    巻/号、頁:34巻149-151頁
  • Chemical characteristics of hydrothermal fluids from the Mariana Trough
    出版年月:1997年
    出版社:JAMSTEC J. Deep Sea Res.
    巻/号、頁:Sp.巻69-74頁
  • 大阪府北摂地域浅層地下水の天然由来ヒ素による汚染メカニズム
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:地下水学会誌
    巻/号、頁:41巻3号133頁
    共著者名:益田晴恵・伊吹祐一・殿界和夫
  • Relation between interlayer composition of authigenic smectite, mineral assemblages, I/S reaction rate, and fluid composition in silicic ash of the Nankai Trough. (共著)
    出版年月:1996年
    出版社:Clays and Clay Minerals
    巻/号、頁:44巻443-459頁
  • Hydrothermal basalt alteration at the surface of the TAG active mound, MAR 26┣23°N
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:A. A. Balkema
    巻/号、頁:747-750頁
    共著者名:Masuda H., Nakamura M., Tanaka K., Chiba H., Gamo T., and Fujioka K.
  • Chemical characteristics of hydrothermal fluids frm the TAG mound of the mid-Atlantic Ridge in August 1994 : implications for spatial and temporal variability of hydrothermal activity. (共著)
    出版年月:1996年
    出版社:Geophysical Research Letters
    巻/号、頁:23巻3483-3486頁
  • TAGマウンドにおける熱水変質鉱物の分布と科学組成(共著)
    出版年月:1996年
    出版社:JAMSTEC深海研究
    巻/号、頁:11巻111-124頁
  • Iron-rich smectite formation in the hydrothermal sediment of Iheya Basin,Okinawa Trough
    種別:著書
    出版年月:1996年
    出版社:Biogeochemical Processes and Ocean Flux in the Western Pacific.Terra Scientific Pub.Co.Tokyo
    巻/号、頁:509-521頁
  • Formation mechanisms of authigenic smectite,I/S and illite in mudstones from the Nankai Trough(共著)
    種別:著書
    出版年月:1996年
    出版社:Proceedings of 8th Interrational Symposium on Water-rock inter-action:Vladivostok,Bulkema Pub.Co.
    巻/号、頁:459-462頁
  • Oxygen isotope heterogeneity of phenocrysts in rhyolite from San Vincenzo, Italy by laser micro analysis(共著)
    出版年月:1994年
    出版社:Geochemical Journal
    巻/号、頁:28,377-385巻
  • 「しんかい6500」によるマリアナ海域潜航調査1919(Y9204航海):中部熱水域の再訪及び南部海域における熱水ベントの発見(共著)
    出版年月:1994年
    出版社:JAMSTEC深海研究
    巻/号、頁:10,153-162巻
  • 南部マリアナトラフ海底火山岩中の希土類元素(共著)
    出版年月:1994年
    出版社:JAMSTEC深海研究
    巻/号、頁:10,187-193巻
  • 13°Nマリアナトラフの拡大軸の移動と最近の火成活動(共著)
    出版年月:1994年
    出版社:JAMSTEC深海研究
    巻/号、頁:10,175-185巻
  • 南部マリアナトラフの主要化学成分から見た火成作用と地形との関係.
    出版年月:1993年
    出版社:第9回しんかいシンポジウム報告書
    巻/号、頁:181-189巻
  • Quartz from selected horizons of Loess-paleozol sequence on the Chinese Loess Plateau and the Osaka Group of Central Japan. (共著)
    出版年月:1993年
    出版社:第四紀研究
    巻/号、頁:32,209-217巻
  • Major-element chemistry and alteration mineralogy of volcanic ash, Site 808 in the Nankai Trough. (共著)
    出版年月:1993年
    出版社:Proc. ODP Sci. Results
    巻/号、頁:131,175-183巻
  • Hydrogen and oxygen isotope ratios of shales and characteristics of formation waters in sedimentary complexes accreted at differend times, Kinki district, Southwest Japan(共著)
    出版年月:1992年
    出版社:Geochimica et cosmochimica Acta
    巻/号、頁:56巻
  • Formation of authigenic smectite and zeolite and associated major element behavior during early diagenesis of volcanic ash in the Nankai Trough, Japan, ODP Leg 131(共著)
    種別:著書
    出版年月:1992年
    出版社:Proc. 7th Symposium on Water-Rock Interaction, Bulkema Pub. Co.
  • Reconnaissance oxygen and sulfur isotope mapping of Pan-African alkali granites and syenites in the southern Indian Shield(共著)
    出版年月:1991年
    出版社:Geochemical Journal
    巻/号、頁:25巻
  • Petrology and isotope characteristcs (H, O, S, Sr, and Nd) of basalts from Ocean Drilling Program Hole 504B, Leg 111, Costa Rica Rift(共著)
    出版年月:1989年
    出版社:ODP Scientifc Report
    巻/号、頁:111巻
  • 鹿塩地域に湧出する塩水の季節変動とその要因について(共著)
    出版年月:1988年
    出版社:地球化学
    巻/号、頁:22巻
  • Stable isotope and mineralogical studies of hydrothermal alteration at Arima Spa, Southwest Japan(共著)
    出版年月:1986年
    出版社:Geochimica et Cosmochimica Acta
  • Geochemical characteristcs of Na-Ca-Ce-HCO┣D23┫D2 type waters in Arima and its vicinity in the western Kinki district, Japan(共著)
    出版年月:1985年
    出版社:Geochemical Journal

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本地球化学会
    2000年~2001年 評議員
    2000年~2001年 地球化学編集委員
    2000年~2001年 将来計画委員
  • 学会名:日本地下水学会
  • 学会名:アメリカ地球物理学連合学会
  • 学会名:アメリカ粘土鉱物学会
  • 学会名:資源地質学会
  • 学会名:地震学会
  • 学会名:日本地質学会

教育活動

担当教育の概要

  • 主に地殻表層の構成物質(岩石・堆積物・河川水・地下水・海水・大気など)の化学分析値から,物質循環や地質現象を理解することを目的に授業内容を組み立てている.初学者向けには,地球学概論Iで,地球が形成されてから今日の姿が完成されるまでの歴史と将来像を,主として地球システム科学の観点から整理して説明している.また,専門課程では化学平衡論に基づいた地球表層付近で起こる現象の説明を行っている.

担当講義

  • 授業科目名:鉱物学特論II
    講義区分:大学院
  • 授業科目名:地球学入門
    講義区分:共通
  • 授業科目名:地球物質反応学I
    講義区分:専門
  • 授業科目名:地球物質反応学I実習
    講義区分:専門
  • 授業科目名:地球物質化学
    講義区分:専門
  • 授業科目名:地球学実験B
    講義区分:専門
  • 授業科目名:建設地学実習
    講義区分:専門

産学官連携可能情報

専門分野

  • 地球化学

所属研究部門

  • 理学研究科 生物地球系専攻(地球物質進化学)

現在の研究課題

  • 課題名:ヒ素汚染地下水の形成メカニズム
    研究分野:岩石・鉱物・鉱床学、地球化学、自然災害科学
    キーワード:ヒ素、地下水汚染
  • 課題名:海洋底拡大軸周辺の火成活動にともなう物質循環
    研究分野:岩石・鉱物・鉱床学、地球化学
    キーワード:背弧海盆、中央海嶺、化学成分
  • 課題名:深海底堆積物中の続成作用による自生鉱物形成のメカニズム
    研究分野:岩石・鉱物・鉱床学、地球化学
    キーワード:自主鉱物、続成作用

電子メールアドレス

  • harue@sci.osaka-cu.ac.jp

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。