大阪市立大学 研究者要覧


宮崎 大介(ミヤザキ ダイスケ)MIYAZAKI Daisuke

更新日:2017/03/31

プロフィール

主な取得学位

  • 博士(工学)

主な専門分野

  • 応用光学・量子光工学

現在の研究概要

  • 近年の情報技術の発展には目を見張るものがあるが、そのなかで、光技術は、情報の取得・伝送・記録・加工・表示等の様々状況において活用され、大きな役割を担っている。情報の媒体としての光が持つ優れた特性を活用した新しい情報技術の開発を目指して研究を行っている。眼鏡などの装着物を必要とせず、人の立体視の生理的要因を満たした目に優しい3次元立体ディスプレイ装置の開発を行っている。体積走査型の立体ディスプレイの原理を考案し、立体表示システムの試作を行った。高速表示が可能な2次元ディスプレイを光学系の光軸に対して傾けて配置し、その像をミラースキャナにより高速に移動させることにより、目の残像作用を利用して3次元立体像を見ることができる。また、この立体表示システムに適合するような3次元シーンの取得システムの開発を目的として、光切断法や共焦点法等に基づいた実時間3次元光計測の研究を行っている。

個人URL HP

主な経歴

取得学位

  • 博士(工学)

学歴

  • 大阪大学 工学研究科 応用物理学 博士課程
  • 大阪大学 工学部 応用物理学

大阪市立大学経歴

  • 2000年 講師
  • 1994年 助手
  • 2005年 助教授

受賞学術賞

  • 2014年 The 21st International Display Workshops Best Paper Award
  • 2006年 LSI IPアワード研究助成賞
  • 2002年 カリフォルニア大学サンディエゴ校客員研究員

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 応用光学・量子光工学
  • 計測工学
  • 電子デバイス・機器工学

現在の研究課題

  • 課題名:視点追跡と適応的射出瞳形成による立体表示
    研究分野:応用光学・量子光工学、電子デバイス・機器工学、計算機科学
    キーワード:立体表示、視点追跡
  • 課題名:全周囲観察可能なフルパララクス映像が空中に形成される立体ディスプレイ
    研究分野:応用光学・量子光工学、電子デバイス・機器工学
    キーワード:立体ディスプレイ、フルパララクス、空中像
  • 課題名:高速イメージセンサとマルチアパーチャ撮像システムを用いた光飛行時間法による高フレームレート距離画像計測
    研究分野:電子デバイス・機器工学、応用光学・量子光工学、計測工学
    キーワード:光飛行時間法、距離画像センサ、マルチアパーチャカメラ

現在の研究概要

  • 近年の情報技術の発展には目を見張るものがあるが、そのなかで、光技術は、情報の取得・伝送・記録・加工・表示等の様々状況において活用され、大きな役割を担っている。情報の媒体としての光が持つ優れた特性を活用した新しい情報技術の開発を目指して研究を行っている。眼鏡などの装着物を必要とせず、人の立体視の生理的要因を満たした目に優しい3次元立体ディスプレイ装置の開発を行っている。体積走査型の立体ディスプレイの原理を考案し、立体表示システムの試作を行った。高速表示が可能な2次元ディスプレイを光学系の光軸に対して傾けて配置し、その像をミラースキャナにより高速に移動させることにより、目の残像作用を利用して3次元立体像を見ることができる。また、この立体表示システムに適合するような3次元シーンの取得システムの開発を目的として、光切断法や共焦点法等に基づいた実時間3次元光計測の研究を行っている。

主要な研究業績

著書・論文

  • 体積表示方式
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2014年11月
    出版社:映像情報メディア学会誌
    巻/号、頁:68巻11号844-849頁
  • Floating 3D images by 2D image scanning
    種別:解説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2014年12月
    出版社:SPIE Newsroom
    巻/号、頁:DOI: 10.1117/2.1201411.005665頁
  • Volumetric display using rotating prism sheets arranged in a symmetrical configuration
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年11月
    出版社:Optics Express
    巻/号、頁:21巻22号27074-27086頁
    共著者名:Y. Maeda, D. Miyazaki, T. Mukai
  • Floating volumetric image formation using a dihedral corner reflector array device
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年01月
    出版社:Applied Optics
    巻/号、頁:52巻1号A281-A289頁
    共著者名:D. Miyazaki, N. Hirano, Y. Maeda, S. Yamamoto, T. Mukai, S. Maekawa
  • Volumetric display system based on three-dimensional scanning of inclined optical image
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Optics Express
    巻/号、頁:14巻26号12760-12769頁
    共著者名:D. Miyazaki, K. Shiba, K. Sotsuka, K. Matsushita
  • 体積走査型3次元ディスプレイによる空中立体像の表示
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2015年11月
    出版社:技術技術情報協会
  • Time-of-flight range image sensor based on exposure coding with a multi-aperture imaging
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年01月
    出版社:ITE Transactions on Media Technology and Applications
    巻/号、頁:4巻1号78-83頁
    共著者名:K. Moriguchi, D. Miyazaki, T. Mukai, F. Mochizuki, K. Kagawa, S. Kawahito
  • Regionally Adaptive Enhancement of Frame Rate and Resolution with a Multi-aperture Image Capturing System Using Rolling Shutter Effect
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年10月
    出版社:ITE Transactions on Media Technology and Applications
    巻/号、頁:3巻4号
    共著者名:D. Miyazaki, T. Ebata, K. Moriguchi, T. Mukai
  • Volumetric aerial three-dimensional display based on heterogeneous imaging and image plane scanning
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年05月
    出版社:Applied Optics
    巻/号、頁:54巻4109-4115頁
    共著者名:Y. Maeda, D. Miyazaki, and S. Maekawa
  • 全周囲観察型空中結像インテグラルイメージング
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年03月
    出版社:第61回応用物理学会春季学術講演会
    共著者名:宮崎 剛,宮崎大介,向井孝彰
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • 体積表示方式
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2014年11月
    出版社:映像情報メディア学会誌
    巻/号、頁:68巻11号844-849頁
  • Floating 3D images by 2D image scanning
    種別:解説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2014年12月
    出版社:SPIE Newsroom
    巻/号、頁:DOI: 10.1117/2.1201411.005665頁
  • Volumetric display using rotating prism sheets arranged in a symmetrical configuration
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年11月
    出版社:Optics Express
    巻/号、頁:21巻22号27074-27086頁
    共著者名:Y. Maeda, D. Miyazaki, T. Mukai
  • Floating volumetric image formation using a dihedral corner reflector array device
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年01月
    出版社:Applied Optics
    巻/号、頁:52巻1号A281-A289頁
    共著者名:D. Miyazaki, N. Hirano, Y. Maeda, S. Yamamoto, T. Mukai, S. Maekawa
  • Volumetric display system based on three-dimensional scanning of inclined optical image
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Optics Express
    巻/号、頁:14巻26号12760-12769頁
    共著者名:D. Miyazaki, K. Shiba, K. Sotsuka, K. Matsushita
  • 体積走査型3次元ディスプレイによる空中立体像の表示
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2015年11月
    出版社:技術技術情報協会
  • Time-of-flight range image sensor based on exposure coding with a multi-aperture imaging
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年01月
    出版社:ITE Transactions on Media Technology and Applications
    巻/号、頁:4巻1号78-83頁
    共著者名:K. Moriguchi, D. Miyazaki, T. Mukai, F. Mochizuki, K. Kagawa, S. Kawahito
  • Regionally Adaptive Enhancement of Frame Rate and Resolution with a Multi-aperture Image Capturing System Using Rolling Shutter Effect
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年10月
    出版社:ITE Transactions on Media Technology and Applications
    巻/号、頁:3巻4号
    共著者名:D. Miyazaki, T. Ebata, K. Moriguchi, T. Mukai
  • Volumetric aerial three-dimensional display based on heterogeneous imaging and image plane scanning
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年05月
    出版社:Applied Optics
    巻/号、頁:54巻4109-4115頁
    共著者名:Y. Maeda, D. Miyazaki, and S. Maekawa
  • 全周囲観察型空中結像インテグラルイメージング
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年03月
    出版社:第61回応用物理学会春季学術講演会
    共著者名:宮崎 剛,宮崎大介,向井孝彰
  • 2 面コーナーリフレクタアレイによる瞳結像型空中 3 次元ディスプレイ
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年03月
    出版社:情報フォトニクス研究グループ第 12 回関西学生研究論文講演会
    巻/号、頁:43-44頁
    共著者名:村上進,前田有希,宮崎大介,向井孝彰
  • 空中像による走査に基づいた3次元ディスプレイ
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2014年03月
    出版社:超臨場感立体技術に関する調査WGセミナー4「新しい3D表示技術の息吹」
  • 2 面コーナーリフレクタアレイを用いた 3 次元空中浮遊像に対する調節応 答
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年03月
    出版社:情報フォトニクス研究グループ第 12 回関西学生研究論文講演会
    巻/号、頁:41-42頁
    共著者名:宮田知明,前田有希,宮崎大介,向井孝彰
  • CMOS 複眼撮像装置を用いた高フレームレート化 および超解像処理
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年07月
    出版社:日本光学会年次学術講演会
    巻/号、頁:13pP13頁
    共著者名:森口 幸志郎,星 翔三郎,宮崎 大介,向井 孝彰
  • レーザースペックルコントラスト法による振動の空間分布測定
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年07月
    出版社:日本光学会年次学術講演会
    巻/号、頁:13aE2頁
    共著者名:花井 晃司,後田 太樹,宮崎 大介,向井 孝彰
  • ルーフプリズムアレイによる集光を用いた体積走査型空中表示3次元ディスプレイ
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年09月
    出版社:第14回情報フォトニクス研究グループ研究会
    巻/号、頁:61頁
    共著者名:前田有希,宮崎大介,前川聡
  • 空中像形成に基づく体積表示方式
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2013年06月
    出版社:第1回情報フォトニクスシンポジウム
  • マルチスクリーンの像面移動による体積走査型ディスプレイの表示点数増加
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年06月
    出版社:第7回新画像システム・情報フォトニクス研究討論会
    巻/号、頁:A-1頁
    共著者名:前田 有希,村上 進,宮崎 大介,向井 孝彰,前川 聡
  • 角度分解出力光の増加による位相共役反射率の改善
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年09月
    出版社:第74回応用物理学会秋季学術講演会
    巻/号、頁:19p-A8-16頁
    共著者名:覺野 重誠,向井 孝彰,岩崎 直紀,大槻 明広,宮崎 大介
  • Floating multi-view image formation with micro-mirror array imaging element
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2013年11月
    出版社:The 3rd Japan-Korea Workshop on Digital Holography and Information Photonics (DHIP2013)
    巻/号、頁:Session 2-3頁
  • Floating volumetric display using an imaging element that consists of a 90° prism sheet and a linear Fresnel lens
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年02月
    出版社:Proc. Soc. Photo-Opt. Instrum. Eng.
    巻/号、頁:9011巻90111N頁
    共著者名:Yuki Maeda; Daisuke Miyazaki; Takaaki Mukai; Satoshi Maekawa
  • Multi-user autostereoscopic display based on direction-controlled illumination using a slanted cylindrical lens array
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年02月
    出版社:Proc. Soc. Photo-Opt. Instrum. Eng.
    巻/号、頁:9011巻90111G頁
    共著者名:D. Miyazaki Y. Hashimoto, T. Toyota; K. Okoda, T. Okuyama, T. Ohtsuki, A. Nishimura H. Yoshida
  • Large viewing region auto-stereoscopic display using a slanted cylindrical lens array
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年06月
    出版社:Three Dimensional Systems and Applications 2013 (3DSA 2013)
    巻/号、頁:P5-2頁
    共著者名:T. Okuyama, T. Ohtsuki, A. Nishimura, H. Yoshida, T. Toyota, K. Okoda, D. Miyazaki
  • Self-Pumped Phase Conjugate Mirror Using the Divergent Spherical Wave
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年09月
    出版社:IEEE Photonics Conference 2013 (IPC2013)
    巻/号、頁:8-12頁
    共著者名:S. Kakuno, T. Mukai, N. Iwasaki, M. Inoue, and D. Miyazaki,
  • Color volumetric display based on image plane scanning by use of multi-projector
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年09月
    出版社:JSAP-OSA Joint Symposia 2013
    巻/号、頁:17a-D5-6頁
    共著者名:Y. Maeda, D. Miyazaki, T. Mukai, S.Maekawa
  • Magnifying a Three-Dimensional Image Displayed by a Volumetric Display Based on Optical Scanning of an Inclined Image Plane
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年12月
    出版社:20th Int. Disp. Workshops (IDW '13)
    巻/号、頁:3Dp - 13頁
    共著者名:Y. Maeda, D. Miyazaki, T. Mukai
  • Self-Pumped Phase Conjugatr Mirror Using the Givergent Spherical Wave,
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年07月
    出版社:Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics & Optoelectronics and Communications Conference (CLEO PR & OECC 2013)
    共著者名:S. Kakuno, T. Mukai, N. Iwasaki, M. Inoue, and D. Miyazaki
  • Three-dimensional display based on volume scanning with a floating real image
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2012年08月
    出版社:The 12th International Meeting on Information Display (IMID 2012)
    巻/号、頁:59-1頁
  • Volumetric Display Based on Three-Dimensional Optical Scanning of an Inclined Image Plane Using an Image Rotator
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年12月
    出版社:19th Int. Disp. Workshops
    巻/号、頁:3Dp - 22頁
    共著者名:Y. Maeda, D. Miyazaki, T. Mukai
  • Volumetric display based on optical scanning of an inclined image plane by an image rotator and imaging by a dihedral corner reflector array
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年02月
    出版社:Stereoscopic Displays and Applications XXIV
    巻/号、頁:8648-59頁
    共著者名:Y. Maeda, D. Miyazaki, T. Mukai, S. Maekawa
  • Floating three-dimensional displays
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2012年11月
    出版社:The Second Japan-Korea Workshop on Digital Holography and Information Photonics (DHIP2012
    巻/号、頁:7-2頁
  • Volumetric display using symmetrically-arranged prism sheets and a dihedral corner reflector array
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年11月
    出版社:The Second Japan-Korea Workshop on Digital Holography and Information Photonics (DHIP2012)
    巻/号、頁:C030頁
    共著者名:Y. Maeda, S. Yamamoto, Y. Hashimoto, R. Tamaki, D. Miyazaki, S. Maekawa, T. Mukai
  • Volumetric three-dimensional display using a dihedral corner reflector array and a tilted rotating mirror
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年11月
    出版社:The Second Japan-Korea Workshop on Digital Holography and Information Photonics (DHIP2012)
    巻/号、頁:C022頁
    共著者名:Y. Hashimoto, Y. Maeda, D. Miyazaki, T. Mukai, R. Tamaki, S. Maekawa
  • Volumetric display using a rotating prism sheet as an optical image scanner
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年01月
    出版社:Applied Optics
    巻/号、頁:52巻1号A182-A187頁
    共著者名:Y. Maeda, D. Miyazaki, T. Mukai
  • 真の3次元像を実現する体積走査型ディスプレイ
    種別:解説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2007年
    出版社:レーザー研究
    巻/号、頁:35巻1号16-20頁
  • Volumetric display by inclined-image scanning and three-dimensional image transmission based on optical shape measurement
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Proceedings of the SPIE,
    巻/号、頁:6490巻64901D頁
    共著者名:D. Miyazaki, K. Sotsuka, T. Honda, T. Mukai
  • 傾斜面型共焦点光学系による3次元計測システムのためのイメージセンサ
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:映像情報メディア学会技術報告
    巻/号、頁:31巻3号21-24頁
    共著者名:前田康次、村井俊文、久野雄也、宮崎大介、向井孝彰、香川景一郎、太田淳
  • Fluorescent volumetric display excited by a single infrared beam
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Applied Optics
    巻/号、頁:44巻25号5281-5285頁
    共著者名:Mark Lasher, Yeshaiahu Fainman
  • Three-Dimensional Measurement with a Confocal Optical System Based on Inclined-Plane Scanning
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:5th International Conference on Optics photonics Design & Fabrication
    巻/号、頁:7PS4-27頁
    共著者名:D. Miyazaki, K. Maeda, T. Murai, Y. Hisano, T. Mukai
  • 傾斜像面を用いた体積走査型3次元ディスプレイ
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:3次元画像コンファレンス2005
    巻/号、頁:3-4頁
    共著者名:芝 健介,宮崎大介,惣司浩史,松下賢二
  • Reconstruction of a high-resolution image on a compound-eye image-capturing system
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Applied Optics
    巻/号、頁:43巻8号1719-1727頁
    共著者名:Yoshiro Kitamura, Rui Shogenji, Kenji Yamada, Shigehiro Miyatake, Masaru Miyamoto, Takashi Morimoto,
  • 光情報処理の基礎と応用-光信号処理・光コンピューティング・光ニューラルネットワーク-
    種別:翻訳
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:森北出版
    巻/号、頁:1-388頁
    共著者名:F.T.S. ユー, S. ジュタムリア著, 松下賢二, 宮崎大介訳
    ISBN:4627824815
  • 傾斜像面を用いた共焦点型3次元計測システムのための高機能イメージセンサ
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:映像情報メディア学会技術報告
    巻/号、頁:29巻62号13-16頁
    共著者名:前田康次、馬場庸介、宮崎大介,向井孝彰、香川景一郎、太田淳
  • 傾斜像面を用いた共焦点型3次元計測システムのための高機能イメージセンサ
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:映像情報メディア学会技術報告
    巻/号、頁:28巻59号1-4頁
    共著者名:宮崎大介,山田真一郎,馬場庸介,松下賢二
  • Volumetric Display System Based on Three-Dimensional Scanning with an Inclined Optical Image
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:International Display Workshop 2004
    巻/号、頁:1483-1486頁
    共著者名:Daisuke Miyazaki, Kensuke Shiba, Koji Sotsuka, Kenji Matsushita
  • Fluorescent volumetric display by single beam excitation
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:ICO '04, Technical Digest
    巻/号、頁:15B2-4頁
    共著者名:D. Miyazaki, K. Matsushita, M. Lasher, Y. Fainman
  • 単一赤外ビームで蛍光を励起した体積型3次元ディスプレ
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:3次元画像コンファレンス2004
    巻/号、頁:233-236頁
    共著者名:宮崎大介, 松下賢二, M. Lasher, Y. Fainman
  • 三次元情報技術と情報フォトニクス
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2003年
    出版社:光学
    巻/号、頁:32巻7号424-430頁
  • Three-dimensional volumetric display by inclined plane scanning
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Proc. Soc. Photo-Opt. Instrum. Eng.
    巻/号、頁:5006巻153-160頁
    共著者名:Daisuke Miyazaki,Takuma Eto,Yasuhiro Nishimura,Kenji Matsushita
  • Volume-scanning three-dimensional display that uses an inclined image plane
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Appl. Opt.
    巻/号、頁:40巻20号3354-3358頁
    共著者名:K. Matsushita
  • 光コンピューティングの事典
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:1997年
    出版社:朝倉書店
    巻/号、頁:149-158頁
    共著者名:稲場文男,一岡芳樹 編
  • Application of wavelength-upconversion materials for volumetric displays
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2004年
    出版社:Proc. 12th OCU International Symposium
    巻/号、頁:133-135頁
  • Micro-rotators fabricated by photolithography
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Proc. Soc. Photo-Opt. Instrum. Eng.
    巻/号、頁:4440巻
    共著者名:T. Katsuhara,Y. Ueda,K. Matsushita,K. Yamada,T. Yotsuya
  • Edge enhancement in photorefractive polymers
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Proc. Soc. Photo-Opt. Instrum. Eng.
    巻/号、頁:4459巻
    共著者名:K. Matsushita,P. P. Banerjee
  • Compact image capturing system based on compound imaging and digital reconstruction
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Proc. Soc. Photo-Opt. Instrum. Eng.
    巻/号、頁:4455巻
    共著者名:J. Tanida,K. Yamada,S. Miyatake,M. Miyamoto,T. Morimoto, et al.
  • Volume scanning three-dimensional display with an inclined two-dimensional display and a mirror scanner
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Proc. Soc. Photo-Opt. Instrum. Eng.
    巻/号、頁:4471巻
    共著者名:T. Kawanishi,Y. Nishimura,K. Matsushita
  • Three-Dimensional Image Acquisition and Display System Using Light-Section Method and Volume Scanning Method
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:CLEO/Pacific Rim 2001
    巻/号、頁:ThI4-5頁
    共著者名:K. Matsushita
  • Thin observation module by bound optics (TOMBO): concept and experimental verification
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Appl. Opt.
    巻/号、頁:40巻11号1806-1812頁
    共著者名:J. Tanida,T. Kumagai,K. Yamada,S. Miyatake,K. Ishida, et al.
  • Alignment-free optical modules using solder-bump-bonding technique for free-space optical interconnections
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Proc. Soc. Photo-Opt. Instrum. Eng.
    巻/号、頁:4089巻993-998頁
    共著者名:Y. Ohno, K. Matsushita
  • Thin Observation Module by Bound Optics (TOMBO): an Optoelectronic Image Capturing System
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Proc. Soc. Photo-Opt. Instrum. Eng.
    巻/号、頁:4089巻1030-1036頁
    共著者名:J. Tanida, T. Kumagai, K. Yamada, S. Miyatake, K. Ishida, T. Morimoto, N. Kondou, Y. Ichioka
  • Fabrication of diffractive optical elements for an opto-electronic hybrid information system
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Diffractive Optics and Micro-Optics, 2000
    巻/号、頁:94-96頁
    共著者名:K. Yamada,T. Hamamoto,H. Toyota,J. Tanida,T. Kumagai,et al.
  • 干渉計測を利用した光硬化性樹脂による微小角プリズムアレイの作製
    出版年月:1999年
    出版社:第46回応用物理学関係連合講演会
  • 感光性樹脂を用いた自由空間光接続のためのセルフアライメント技術
    出版年月:1999年
    出版社:応用物理
    巻/号、頁:68巻6号645-648頁
  • Prototype system of optical array logic network computing as a test bed for digital optical computing
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:Optics in Computing "99
    巻/号、頁:202-204頁
    共著者名:J. Tanida, T. Miyajima, N. Takagi, Y. Ichioka, T. Sato, K. Matsushita
  • Alignment-free optical modules using optical micro-connectors
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:Journal of Optics A : Pure and Applied Optics
    巻/号、頁:1巻2号333-337頁
    共著者名:S. Masuda,K. Matsushita
  • Edge enhancement in photorefractive polymer
    出版年月:1999年
    出版社:Proc. Soc. Photo-Opt. Instrum. Eng.
    巻/号、頁:3801巻22頁
  • Multiwave coupling in a high-gain photorefractive polymer
    出版年月:1999年
    出版社:Optics Letters
    巻/号、頁:24巻9号593-595頁
  • アライメントフリー光分岐モジュール
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:Optics Japan "99
    巻/号、頁:133-134頁
    共著者名:大野裕治, 松下賢二
  • 光造形法を用いた立体光導波路アレイの作製
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:第60回応用物理学会学術講演会講演予稿集
    巻/号、頁:876頁
    共著者名:嚴善一, 浦田慎吾, 松下賢二
  • CRTを用いた空間走査型3次元ディスプレイ
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:Optics Japan "99
    巻/号、頁:409-410頁
    共著者名:小原優一, 諸留健, 松下賢二
  • 傾斜面走査による共焦点三次元形状計測
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:Optics Japan "99
    巻/号、頁:259-260頁
    共著者名:小原優一, 松下賢二
  • ハンダバンプボンディングを用いたアライメントフリー光学モジュール
    出版年月:1999年
    出版社:第46回応用物理学関係連合講演会
  • Self-alignment with optical microconnectors for free-space optical interconnections
    出版年月:1998年
    出版社:Applied Optics
    巻/号、頁:37巻2号228-232頁
  • 光マイクロマシンの基礎実験
    出版年月:1998年
    出版社:1998年電子情報通信学会総合大会講演論文集
  • 凹面鏡とポリゴンミラースキャナを用いた体積走査型立体ディスプレイ
    出版年月:1998年
    出版社:3次元画像コンファレンス"98講演論文集
  • 光硬化性樹脂によるプリズムアレイを用いた並列光離散相関器
    出版年月:1998年
    出版社:Optics Japan "98講演予稿集
    巻/号、頁:167-168頁
  • 型を用いた光硬化性樹脂レンズによる三次元集積光学系
    出版年月:1998年
    出版社:第45回応用物理学関係学会連合講演会講演予稿集
    巻/号、頁:992頁
  • Alignment-free optical modules using optical micro-connectors
    出版年月:1998年
    出版社:Optics in Computing "98. Proceedings of the Society of Photo-Optical Instrumentation Engineers
    巻/号、頁:3490巻366-369頁
  • 第31回光学五学会関西支部連合講演会参加報告
    出版年月:1998年
    出版社:光学
    巻/号、頁:27巻5号292頁
  • ハンダバンプボンディングを用いた自由空間光学系における自導アライメント法
    出版年月:1998年
    出版社:Optics Japan "98講演予稿集
    巻/号、頁:319-320頁
  • 有機フォトリフラクティブ膜による2光波結合
    出版年月:1998年
    出版社:1998年電子情報通信学会総合大会講演論文集
  • 有機膜のフォトリフラクティブ効果(IV)
    出版年月:1997年
    出版社:1997年電子情報通信学会総合大会講演論文集
    巻/号、頁:C-4-76頁
  • 光造形法を用いた3次元導波路型光インターコネクション
    出版年月:1997年
    出版社:1997年電子情報通信学会総合大会講演論文集
    巻/号、頁:SC-3-7頁
  • 自導光結合法によるアライメントフリー光学モジュール
    出版年月:1997年
    出版社:平成9年春期第44回応用物理学関係連合講演会講演予稿集
    巻/号、頁:904頁
  • 有機膜のフォトリフラクティブ効果(III)
    出版年月:1997年
    出版社:1997年電子情報通信学会総合大会講演論文集
    巻/号、頁:C-4-75頁
  • 光造形法を用いたマイクロマシンの作製
    出版年月:1997年
    出版社:平成9年電気関連学会関西支部連合大会講演論文集
    巻/号、頁:G253頁
  • Three-dimansional optical interconnection based on photofabricated waveguides
    出版年月:1997年
    出版社:CLEO/Pacific Rim "97
    巻/号、頁:205頁
  • Photorefractive effect in polymer doped with PNP
    出版年月:1997年
    出版社:SPIE"s International Symposium on Optical Science, Engineering, and Instrumentation
    巻/号、頁:3137-3138頁
  • 実時間シンボリックサブスティチューション システム
    出版年月:1996年
    出版社:1996年電子情報通信学会総合大会講演論文集
    巻/号、頁:C-306頁
  • ミラースキャナを用いた空間走査型3次元ディスプレイ
    出版年月:1996年
    出版社:1996年電子情報通信学会総合大会講演論文集
    巻/号、頁:D-408頁
  • Self-alignment for 3-dimensional optical system uning optical plugs
    出版年月:1996年
    出版社:1996 International Topical Meeting on Optical Computing, Technical Digest
    巻/号、頁:1巻222頁
  • 光コンピューティングシステムの構成技術-反射型ブロック光学系と光マイクロコネクタ-
    出版年月:1996年
    出版社:平成8年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集
    巻/号、頁:S32頁
  • 有機膜のフォトリフラクティブ効果(I)
    出版年月:1996年
    出版社:平成8年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集
    巻/号、頁:G275頁
  • 光プラグを用いた反射型ブロック光学系の自導アライメント(II)
    出版年月:1996年
    出版社:光学連合シンポジウム福岡"96講演予稿集
    巻/号、頁:69頁
  • 階段状光源アレイとミラースキャナを用いた走査型3次元ディスプレイ
    出版年月:1996年
    出版社:3次元画像工学コンファレンス"96講演論文集
    巻/号、頁:102頁
  • 有機膜のフォトリフラクティブ効果(II)
    出版年月:1996年
    出版社:平成8年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集
    巻/号、頁:G276頁
  • Application of reflective block optics to a discrete correlator
    出版年月:1995年
    出版社:CLEO/Pacific Rim "95, Technical digest
    巻/号、頁:292頁
  • An optical symbolic substitution system using LDC panels
    出版年月:1995年
    出版社:CLEO/Pacific Rim "95, Technical Digest
    巻/号、頁:51頁
  • 光プラグを用いた反射型ブロック光学系の自導アライメント
    出版年月:1995年
    出版社:光学連合シンポジウム東京"95講演予稿集
    巻/号、頁:219頁
  • 液晶パネルを用いたsymbolic substitutionシステムII
    出版年月:1995年
    出版社:平成7年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集
    巻/号、頁:G279頁
  • 光インターコネクションを用いた逆行列演算の検討
    出版年月:1995年
    出版社:平成7年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集
    巻/号、頁:G278頁
  • 反射型ブロック光学系
    種別:解説
    単著・共著別:単著
    出版年月:1994年
    出版社:光学
    巻/号、頁:23巻4号266-267頁
  • Reflective block optics for packaging of optical computing systems
    出版年月:1994年
    出版社:Optics Letters
    巻/号、頁:19巻17号1281-1283頁
  • 二段階離散相関演算:W-ODIC
    出版年月:1994年
    出版社:第41回春期応物学会予稿集
    巻/号、頁:865頁
  • 液晶パネルを用いたSymbolic substitutionシステム
    出版年月:1994年
    出版社:平成6年電気関係学会関西支部連合大会 講演論文集
    巻/号、頁:11頁
  • Overall operations of the hybrid optical parallel array logic system(H-OPALS16┣D12┫D1)
    出版年月:1994年
    出版社:Optical Review
    巻/号、頁:1巻2号163-165頁
  • Overall operation of the hybrid-optical parallel array logic system 16┣D12┫D1(H-OPALS16┣D12┫D1)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1994年
    出版社:Frontiers in Information Optics, Topical Meeting of the International Commission
    巻/号、頁:325頁
    共著者名:Yasuhiro Awatsuji
    Jun Tanida
    Yoshiki Ichioka
  • Multistage optical discrete correlation for extending kernel size
    出版年月:1994年
    出版社:Frontiers in Information Optics, Topical Meeting of the International Commission for Optics, Meeting Digest
    巻/号、頁:324頁
  • 反射型ブロック光学系における許容誤差の解析
    出版年月:1994年
    出版社:第41回春期応物学会予稿集
    巻/号、頁:867頁
  • Iterative processing on hybrid optical parallel array logic system with selectable coherent correlator
    出版年月:1993年
    出版社:Applied Optics
    巻/号、頁:32巻8号3053-3058頁
  • H-OPALS : Hybrid optical parallel array logic system
    出版年月:1993年
    出版社:Optical Computing 92, Proc. Soc. Photo-Opt. Instrum. Eng.
    巻/号、頁:1806巻568-574頁
  • Reflective block optics for optical computing systems
    出版年月:1993年
    出版社:Optical Computing Technical Digest, 1993
    巻/号、頁:7巻30-33頁
  • 並列光演算システムOPALS16┣D12┫D1
    出版年月:1993年
    出版社:光学連合シンポジウム"93予稿集
    巻/号、頁:173-174頁
  • カーネル分割処理による光学的離散相関演算法の検討
    出版年月:1993年
    出版社:第40回春期応物学会予稿集
    巻/号、頁:878頁
  • Reflective correlator for optoelectronic integration of hybrid optical parallel array logic system
    出版年月:1992年
    出版社:Optik
    巻/号、頁:89巻3号101-106頁
  • 光・電子複合型並列光アレイロジックシステム:H-OPALS構成用集積型相関器
    出版年月:1992年
    出版社:電子情報通信学会論文誌
    巻/号、頁:J75巻C-1号296-304頁
  • Sagnac干渉光学系を利用したBanyan Networkの光学的実現法
    出版年月:1992年
    出版社:第39回春期応物学会予稿集
    巻/号、頁:847頁
  • Optical implementation of the banyan network using a Sagnac inverter with a patterned mirror
    出版年月:1992年
    出版社:Optics Communication
    巻/号、頁:93巻5-6号283-288頁
  • 光・電子複合型OPALS16┣D12┫D1(I)システム構成と動作確認実験
    出版年月:1992年
    出版社:第39回春期応物学会予稿集
    巻/号、頁:847頁
  • 並列光演算システム構成用反射型ブロック光学系
    出版年月:1992年
    出版社:第23回画像工学コンファレンス論文集
    巻/号、頁:313-316頁
  • 反射型ブロック光学系
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1992年
    出版社:電子情報通信学会技術報告
    巻/号、頁:OCS92巻46号31-35頁
    共著者名:谷田純、一岡芳樹
  • モジュラー型光アレイロジックアーキテクチャ
    出版年月:1992年
    出版社:光学連合シンポジウム予稿集
    巻/号、頁:163-164頁
  • 光・電子複合型OPALS16┣D12┫D1(II) -プリズムアレイを用いた近傍画素間演算-
    出版年月:1992年
    出版社:第53回秋季応物学会予稿集
    巻/号、頁:789頁
  • 光フォトポリマーを用いたOPALS用相関フィルタの作製
    出版年月:1992年
    出版社:第39回春期応物学会予稿集
    巻/号、頁:847頁
  • Hybrid optical array logic system
    出版年月:1991年
    出版社:Optics for Computers : Architectures and Technologies, Proc. Soc. Photo-Opt. Instrum. Eng.
    巻/号、頁:1505巻199-205頁
  • 空間光変調器を用いた光・電子複合型OPALS(I) -システム構成-
    出版年月:1991年
    出版社:第52回秋季応物学会予稿集
    巻/号、頁:857頁
  • 空間光変調器を用いた光・電子複合型OPALS(II) -連続動作実験-
    出版年月:1991年
    出版社:第52回秋季応物学会予稿集
    巻/号、頁:857頁
  • Construction of modularized OPALS using optoelectronic devices
    出版年月:1990年
    出版社:Japanese Journal of Applied Physics
    巻/号、頁:29巻8号1550-1552頁
  • 機能モジュール型OPLASの試作
    出版年月:1990年
    出版社:第37回春期応用物理学会予稿集
    巻/号、頁:745頁
  • Construction of modularized OPALS using optoelectronic devices
    出版年月:1990年
    出版社:Optical Computing 90, Proc. Soc. Photo-Opt. Instrum. Eng.
    巻/号、頁:1359巻59-60頁
  • 光電子複合型OPALSの集積化の検討
    出版年月:1990年
    出版社:第51回秋季応用物理学会予稿集
    巻/号、頁:830頁

知的財産権

  • 光源制御装置及び映像表示装置
    知的財産権区分:特許
    概要: 光源制御装置は、平行光線を任意の位置から前記第1の軸方向に対して直交する第2の軸方向に沿って射出する光源ユニットと、前記光源ユニットの前記平行光線の射出位置を制御する光源制御部と、前記光源ユニットから射出される前記平行光線を偏向する1つ以上の偏向素子と、前記偏向素子により偏向された光線を、前記第1の軸方向及び前記第2の軸方向に対して直交する第3の軸方向に拡散する第1の拡散素子とを備え、前記偏向素子は、前記第1の軸方向に対して斜めに傾けて配置され、自身の光軸方向に対して直交する第1の素子方向と、前記光軸方向及び前記第1の素子方向の双方に対して直交する第2の素子方向とで異なる偏向作用を有する。
    発明者名:奥山哲郎, 西村明夫, 大槻俊和, 宮崎大介
    出願日:2012年12月27日
    公開日:2013年07月04日
    登録番号:WO2013099270 A1
    PCT国際出願区分:出願
  • 3次元映像表示装置
    知的財産権区分:特許
    概要:課題 両眼視差を与える特殊な眼鏡等を用いずに、表示像がスクリーン等のない空中に投影され、水平・垂直方向ともに視差を与えることができ、周囲360度から観察可能で、動画表示を行うことができる3次元画像表示装置を提供する。解決手段 3次元画像を表示する3次元画像表示手段と、ディスプレイからの入射光を屈曲させて入射角度に対する出射角度を変えるものであって、素子面が光の入射方向に対して傾斜した状態で回転可能な走査素子と、上記走査素子から入射された光を結像させる凹面鏡とを備える3次元映像表示装置。
    発明者名:宮崎大介
    出願日:2010年06月24日
    公開日:2012年01月12日
    登録番号:特開2012-8298
  • 体積走査型3次元映像表示装置
    知的財産権区分:特許
    概要:【課題】走査光学系をコンパクトに構成することができ、駆動時における振動や騒音が大きくなるといった問題を軽減し、従来の光学系に比べ大型化が容易となり、大きな3次元画像を表示することができる3次元映像表示装置を提供する。 【解決手段】被投影物として映像を表示するディスプレイと、上記ディスプレイからの入射光を屈曲させて入射角度に対する出射角度を変える、素子面がディスプレイからの入射光の入射方向に対して直交又は傾斜した状態で回転可能な走査素子と、上記走査素子から出射する光を結像させる結像素子とを備える。
    発明者名:宮崎大介,前川聡
    出願日:2010年06月24日
    公開日:2012年01月12日
    登録番号:特開 2012-8301
  • 画像処理ユニット、複眼撮像装置、画像処理方法、および画像処理プログラム
    知的財産権区分:特許
    概要:【課題】撮像画像に含まれているデフォーカスによる再構成画像の解像度の低下を抑え、高精細な再構成画像を生成することができる画像処理ユニットを提供する。 【解決手段】画像処理部4は、撮像部3で撮像された被写体の複数の個眼像間の視差を検出し、ここで検出した個眼像間の視差を用いて被写体の表面形状を検出する。また、画像処理部4は、検出した被写体の表面形状に基づいて被写体表面を小領域に分割し、ここで分割した被写体表面の小領域毎に、その小領域の色を検出し、中間画像を生成する。さらに、先に検出した被写体の表面形状に基づく光線追跡により、被写体表面の各小領域がイメージセンサ23の各画素に与える影響の度合い、すなわちデフォーカスによる各画素の影響の度合い、を推定する。そして、この推定結果に基づいて、再構成画像を生成する。
    発明者名:宮崎 大介,中尾 良純,久後 耕一,豊田 孝,政木 康生
    出願日:2008年03月03日
    公開日:2009年09月17日
    登録番号:特開2009-211254
  • 動き検出撮像装置
    知的財産権区分:特許
    概要:【課題】固体撮像素子から読出した複数の個眼像を比較することによって被写体の動きを検出する動き検出撮像装置において、高速で動く被写体の動きを高い精度で検出する。 【解決手段】動き検出撮像装置は、被写体からの光を集光する光学レンズL1、L2と、該光学レンズL1、L2によってそれぞれ形成される個眼像A、Bを撮像する固体撮像素子6と、個眼像A、Bの読出し手段と、個眼像A、Bを比較することによって被写体の動きを検出するマイクロプロセッサとを備える。読出し手段は、固体撮像素子6の画素を、X方向に沿った読出しラインx1、x2・・ごとにY方向に沿って読出すローリングシャッタ装置7であり、光学レンズL1、L2は、個眼像Bが個眼像Aに対してY方向に沿って所定量dだけずれるように配置される。所定量dは、個眼像Aと個眼像BがY方向における重なり部分を生じるように個眼像AのY方向における長さDの1/3に設定される。
    発明者名:中尾 良純,久後 耕一,豊田孝,政木 康生,宮崎 大介
    出願日:2007年03月26日
    公開日:2008年10月09日
    登録番号:特開2008-244649
  • 三次元形状測定装置
    知的財産権区分:特許
    概要:【課題】三次元形状測定装置において、撮像所要時間を短縮すると共に、被写体表面の反射率の分布に関わらず正しく三次元情報を取得する。 【解決手段】三次元形状測定装置は、2種類のスリットパターンSa、Sbを切替えて照射するパターン照射装置と、被写体Pを撮像する複眼撮像装置と、撮像された画像情報から空間コード情報を取得する電子回路とを備える。複眼撮像装置は、同一平面上に配置された2つの光学レンズを有する光学レンズアレイと、各光学レンズにより形成される2つの個眼像A、Bを撮像する固体撮像素子8と、個眼像A、Bを1シャッタ動作内で時間差をもって順に読出すローリングシャッタ装置9を備え、パターン照射装置は、ローリングシャッタ装置9が1シャッタ動作を行う間にスリットパターンSa、Sbを順に切替える。各個眼像A、Bには、それぞれスリットパターンSa、Sbによって空間が明暗に分割された被写体Pの像が形成される。
    発明者名:豊田孝, 中尾良純, 久後耕一, 政木康生, 宮崎大介
    出願日:2007年03月15日
    公開日:2008年09月25日
    登録番号:特開2008-224629
  • 画像入力装置
    知的財産権区分:特許
    概要:【課題】簡単な構成で、従来より小型,高精細の画像入力装置を提供する。 【解決手段】単一平面の受光素子アレイ3を、微小レンズアレイ1の各微小レンズ1aに対応させた領域に分割し、各領域には複数の受光素子3aが含まれるようにして、更に各微小レンズ1aからの光信号が互いに混信しないように隔壁層2による隔壁2aを設けた構成とする。
    発明者名:谷田 純, 山田 憲嗣, 宮崎 大介, 一岡 芳樹, 宮武 茂博, 石田 耕一
    出願日:1999年08月20日
    公開日:2001年03月06日
    登録番号:特開2001-61109
  • 複眼画像入力装置
    知的財産権区分:特許
    概要:【課題】複数のマイクロレンズが配列されたマイクロレンズアレイにより,受光素子上に複数の物体縮小像を結像する複眼画像入力装置のうち,その画角を適切に定めることが可能であって,それにより解像度をより向上させることが可能な複眼画像入力装置を提供すること。 【解決手段】複数のマイクロレンズが配列されたマイクロレンズアレイにより,受光素子上に複数の物体縮小像を結像する複眼画像入力部Cを湾曲面4上に複数配置すると共に,上記受光素子を,各ユニット毎にクラスタ化すると共に,上記マイクロレンズに対して偏心して設けてなることを特徴とする複眼画像入力装置Bとして構成する。
    発明者名:谷田 純, 宮崎 大介, 山田 憲嗣, 一岡 芳樹
    出願日:2002年03月25日
    公開日:2003年10月03日
    登録番号:特許公開2003-283932
    出願国:日本
  • 三次元形状計測装置
    知的財産権区分:特許
    概要:この技術では、光を用いて、物体の三次元形状を計測する三次元形状測定装置において、光軸に対して角度を持った二次元光源を備えると共に二次元光源を物体上で結像するように投影する光学系を備え、測定物体からの、二次元光源像の反射光又は透過光の強度を検出するセンサを備え、二次元光源像を複数形成する手段を備える。そして、検出した複数の二次元光源像の、反射光又は透過光の検出データにより、三次元形状を形成する。三次元形状の形成は、光軸方向をz軸とし、光軸に対して垂直な方向の座標をx、yとしたとき、検出した複数の二次元光源像から、全てのx、y座標について、光の強度が最大となるz軸座標を求めて、三次元形状とする。光の強度が最大となるz軸座標を求めるとき、凸型の関数に得られたデータを当てはめることにより、最大となるz軸座標を求めることもできる。
    発明者名:宮崎大介
    出願日:2000年02月24日
    公開日:2001年08月31日
    登録日:2006年04月28日
    登録番号:特許第3798212号
    出願国:日本

研究費獲得実績

科研費補助金獲得実績

  • 研究課題名:コンピュテーショナル超高速複眼撮像素子の開発と距離画像計測・光加工への応用
    研究種目:科研費 基盤研究(B)
    代表者区分:分担者
    申請年度:2015年
    研究期間:2015年04月~2018年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 5,500(千円)
    2年目 4,600(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 1,650(千円)
    2年目 1,380(千円)
  • 研究課題名:離散結像光学素子における波動性の利用に関する研究
    研究種目:基盤研究(B)
    代表者区分:分担者
    申請年度:2012年
    研究期間:2014年04月~2015年09月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 500(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 研究課題名:全周囲観察可能な光線場再生型空中浮遊3次元像形成
    研究種目:基盤研究(C)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2012年
    研究期間:2013年04月~2017年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 2,500(千円)
    2年目 800(千円)
    3年目 700(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 750(千円)
    2年目 240(千円)
    3年目 210(千円)

競争的研究資金獲得実績

  • 名称:テレコム先端技術研究支援センターSCAT研究費助成
    研究課題名:全周観察可能なフルパララックス空中立体像の表示技術
    代表者区分:代表者
    研究期間:2010年04月~2013年03月
    形態:受託研究
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1000(千円)
    2年目 1000(千円)
    3年目 500(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
    3年目 0(千円)
  • 名称:研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)フィージビリティスタディ【FS】ステージ探索タイプ
    研究課題名:自然な立体感が得られる体積走査型3次元空中映像ディスプレイ
    代表者区分:代表者
    研究期間:2012年11月~2014年03月
    形態:受託研究
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1045(千円)
    2年目 500(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 105(千円)
    2年目 50(千円)

その他研究資金獲得実績

  • 名称:大日本スクリーン製造株式会社共同研究費
    研究課題名:3次元像の立体表示技術の研究
    代表者区分:代表者
    研究期間:2010年11月~2012年03月
    形態:共同研究
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 450(千円)
    2年目 900(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 50(千円)
    2年目 100(千円)
  • 名称:パナソニック株式会社共同研究費
    研究課題名:光線制御方式裸眼3Dディスプレイの開発
    代表者区分:代表者
    研究期間:2010年06月~2012年03月
    形態:共同研究
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 6615(千円)
    2年目 2362.5(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 735(千円)
    2年目 262.5(千円)

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本光学会
    1997年01月~2018年03月 情報フォトニクス研究グループ幹事
    2013年01月~2013年12月 OPJ2013実行委員
    2016年04月~2020年03月 「光学」編集委員
    2015年04月~2018年03月 Optical Review 編集委員
    2016年07月~2016年11月 OPJ2016推進委員
    2015年07月~2015年11月 OPJ2015推進委員
    2014年06月~2014年11月 OPJ2014推進委員
    2016年04月~2017年03月 DHIP 2016 Program Committee
  • 学会名:応用物理学会
    2010年04月~2017年03月 JJAP編集委員
  • 学会名:Optical Society of America
    2014年06月~2015年12月 CLEO-PR 2015 Technical Program Committee
  • 学会名:国際光工学会
  • 学会名:映像情報メディア学会
    2016年04月~2018年03月 関西支部庶務幹事
    2016年04月~2018年03月 電気関係学会関西連合大会実行委員
  • 学会名:3D Systems and Applications
    2017年12月~ Program Committee
  • 学会名:電子情報通信学会
    2012年04月~2015年03月 関西支部運営委員
  • 学会名:応用光学懇談会
    2015年04月~2018年03月 幹事

学会等における発表

  • Enhancement of temporal resolution by a compound-eye image capturing system with a rolling shutter image sensor
    発表年月:2016年10月
    発表会議名:OSJ - OSA Joint Symposia
  • Aerial Volumetric Image Display Based on Retroreflective Imaging and Optical Scanning with a Slanted Rotating Mirror
    発表年月:2016年12月
    発表会議名:Three Dimensional Systems and Applications 2016
  • Three-dimensional display based on retroreflective imaging
    発表年月:2016年10月
    発表会議名:The 6th Korea-Japan Workshop on Digital Holography and Information Photonics
  • レンチキュラシートと2面コーナーリフレクタアレイによる3次元像の空中結像
    発表年月:2016年07月
    発表会議名:立体映像技術研究会,情報ディスプレイ研究会
    学会発表区分:国内
  • 体積走査を用いた空中浮遊3次元画像形成
    発表年月:2016年07月
    発表会議名:立体映像技術研究会,情報ディスプレイ研究会
    学会発表区分:国内
  • DMDを用いた傾斜面走査型共焦点光学系による三次元形状計測
    発表年月:2017年03月
    発表会議名:日本光学会 情報フォトニクス研究グループ第15回関西学生研究論文講演会
    学会発表区分:国内
  • 2面コーナーリフレクタアレイを用いた空中映像光学系の縮小
    発表年月:2017年03月
    発表会議名:日本光学会 情報フォトニクス研究グループ第15回関西学生研究論文講演会
    学会発表区分:国内
  • CMOS複眼撮像装置を用いた時間分解能の向上と空間解像度の維持
    発表年月:2017年03月
    発表会議名:日本光学会 情報フォトニクス研究グループ第15回関西学生研究論文講演会
    学会発表区分:国内
  • ウィナーフィルタにより取得した事前補正画像を用いた2面コーナーリフレクタアレイによる空中像のボケの補正
    発表年月:2015年10月
    発表会議名:日本光学会年次学術講演会Optics & Photonics Japan 2015
    学会発表区分:国内
  • マルチアパーチャ撮像システムを用いた光飛行時間法による三次元計測
    発表年月:2015年10月
    発表会議名:日本光学会年次学術講演会Optics & Photonics Japan 2015
    学会発表区分:国内
  • 圧縮センシングを用いた共焦点法による三次元形状計測手法,
    発表年月:2016年03月
    発表会議名:日本光学会 情報フォトニクス研究グループ第14回関西学生研究論文講演会
    学会発表区分:国内
  • CMOS 複眼撮像装置を用いた動的物体の検出および超解像処理
    発表年月:2016年03月
    発表会議名:日本光学会 情報フォトニクス研究グループ第14回関西学生研究論文講演会
    学会発表区分:国内
  • レンチキュラーシートと2面コーナーリフレクタアレイを用いた3次元空中ディスプレイ
    発表年月:2016年03月
    発表会議名:日本光学会 情報フォトニクス研究グループ第14回関西学生研究論文講演会
    学会発表区分:国内
  • Aerial Three-Dimensional Display Based on Retro-Reflective Optical Imaging
    発表年月:2015年12月
    発表会議名:22nd International Display Workshops IDW ‘15
  • Air Floating Volumetric Image Formation
    発表年月:2015年11月
    発表会議名:Energy, Materials, and Nanotechnology (EMN) Meeting on 3D Research 2015
    学会発表区分:タイ
  • High-frame-rate image capturing based on temporal encoding and multi-aperture imaging system
    発表年月:2015年09月
    発表会議名:5th Korea-Japan Workshop on Digital Holography and Information Photonics
    学会発表区分:韓国
  • Blurring correction for aerial image formed by dihedral corner reflector array
    発表年月:2015年08月
    発表会議名:11th Conference on Lasers and Electro-Optics Pacific Rim (CLEO-PR), 2015
    学会発表区分:韓国
  • Floating Volumetric Display Using Retroreflective Optical Elements
    発表年月:2015年05月
    発表会議名:International Optical Seminar, OS-2015
    学会発表区分:ロシア
  • Floating Three-Dimensional Image Display Using Micro-Mirror Array Imaging Element
    発表年月:2015年04月
    発表会議名:Three-Dimensional Imaging, Visualization, and Display 2015
  • Optical design for heterogeneous imaging based on retro reflection using parallel roof mirror arrays
    発表年月:2014年09月
    発表会議名:JSAP-OSA Joint Symposia 2014
  • Floated integral imaging display viewable from surrounding area
    発表年月:2014年07月
    発表会議名:Imaging and Applied Optics 2014, OSA Technical Digest
    学会発表区分:アメリカ
  • Regionally adaptive enhancement of frame rate and resolution using a rolling shutter camera with a multi-aperture imaging system
    発表年月:2014年12月
    発表会議名:2nd Asian Image Sensors and Imaging Systems Symposium
  • High-speed three dimensional measurement by exposure time coding and time of flight with a multi-aperture imaging system
    発表年月:2014年12月
    発表会議名:2nd Asian Image Sensors and Imaging Systems Symposium
  • Three-dimensional image formation based on scanning with a floating real image
    発表年月:2014年11月
    発表会議名:Optical Design and Testing VI
  • Autostereoscopic display based on dynamic exit pupil formation using a slanted cylindrical lens array
    発表年月:2014年12月
    発表会議名:The 4th Japan-Korea Workshop on Digital Holography and Information Photonics (DHIP2014)
    学会発表区分:韓国
  • Floating touch display based on a heterogeneous imaging system camera ready
    発表年月:2014年12月
    発表会議名:21st Int. Disp. Workshops (IDW '14)
  • Aerial Imaging Display Based on a Heterogeneous Imaging System Consisting of Roof Mirror Arrays
    発表年月:2014年10月
    発表会議名:Proc. of 2014 IEEE 3rd Global Conference on Consumer Electronics,
  • ローリングシャッタ方式複眼撮像素子を用いた動的物体に対するフレームレート向上
    発表年月:2015年03月
    発表会議名:第13回関西学生研究論文講演会
    学会発表区分:国内
  • 2 面コーナーリフレクタアレイによる空中像のボケの補正
    発表年月:2015年03月
    発表会議名:第13回関西学生研究論文講演会
    学会発表区分:国内
  • 全周囲観察型空中結像インテグラルイメージングのキャリブレーション
    発表年月:2014年09月
    発表会議名:第 15 回情報フォトニクス研究グループ研究会
    学会発表区分:国内
  • Heterogeneous imaging system を用いた体積走査型空中 3 次元ディスプレイ 
    発表年月:2014年09月
    発表会議名:第 15 回情報フォトニクス研究グループ研究会
    学会発表区分:国内
  • ヘテロジニアス結像空中ディスプレイにおける 歪像の低減
    発表年月:2014年11月
    発表会議名:日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2014
    学会発表区分:国内
  • 傾斜面走査型共焦点光学系を用いた 点光源動的制御による 3 次元形状計測
    発表年月:2014年11月
    発表会議名:日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2014
    学会発表区分:国内
  • 全周囲観察型空中結像インテグラルイメージングのキャリブレーション
    発表年月:2014年11月
    発表会議名:日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2014
    学会発表区分:国内
  • Self-Pumped Phase Conjugate Mirror Using the Divergent Spherical Wave
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:IEEE Photonics Conference 2013 (IPC2013)
    学会発表区分:アメリカ
  • Color volumetric display based on image plane scanning by use of multi-projector,
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:JSAP-OSA Joint Symposia 2013
  • Magnifying a Three-Dimensional Image Displayed by a Volumetric Display Based on Optical Scanning of an Inclined Image Plane
    発表年月:2013年12月
    発表会議名:20th Int. Disp. Workshops (IDW '13)
  • 全周囲観察型空中結像インテグラルイメージング
    発表年月:2014年03月
    発表会議名:第61回応用物理学会春季学術講演会
    学会発表区分:国内
  • 2面コーナーリフレクタアレイを用いた3次元空中表示ディスプレイ
    発表年月:2012年09月
    発表会議名:第13回情報フォトニクス研究グループ研究会
    学会発表区分:国内
  • 発散球面波を用いたセルフポンプ位相共役鏡
    発表年月:2013年03月
    発表会議名:第60回応用物理学関係連合講演会
    学会発表区分:国内
  • 石英バンドルファイバ出射端での絞りを用いた光パワー調節
    発表年月:2013年03月
    発表会議名:第60回応用物理学関係連合講演会
    学会発表区分:国内
  • 2面コーナーリフレクタアレイと回転ミラーを用いた体積走査型 3 次元ディスプレイ
    発表年月:2012年10月
    発表会議名:日 本光学会年次学術講演会(OPJ2012)
    学会発表区分:国内
  • 対称配置プリズムシートの回転による像面走査とそれを用いた体積表示
    発表年月:2012年09月
    発表会議名:第73回応用物理学会学術講演会
    学会発表区分:国内
  • 対称配置プリズムシートを用いた体積走査型ディスプレイ
    発表年月:2012年06月
    発表会議名:第 6 回新画像システム・情報フォトニクス研究討論 会
    学会発表区分:国内
  • 実像による3次元走査に基づいた3次元像形成
    発表年月:2013年01月
    発表会議名:レーザ学会学術講演会第31回年次大会
    学会発表区分:国内
  • 平行光源と傾斜シリンドリカルレンズアレイを用いた広視域裸眼立体ディスプレイ
    発表年月:2012年07月
    発表会議名:3次元画像コンファレンス2012
    学会発表区分:国内
  • 2面コーナーリフレクタアレイを用いた瞳結像によるテーブルトップ型裸眼立体ディスプレイ
    発表年月:2012年07月
    発表会議名:3次元画像コンファレンス2012
    学会発表区分:国内
  • CMOS 複眼撮像装置を用いた高フレームレート化および超解像処理
    発表年月:2013年03月
    発表会議名:情報フォトニクス研究グループ第 11 回関西学生研究論文講演会
    学会発表区分:国内
  • 2面コーナーリフレクタアレイを用いた多視点立体ディスプレイのためのカメラシステム
    発表年月:2013年03月
    発表会議名:情報フォトニクス研究グループ第 11 回関西学生研究論文講演会
    学会発表区分:国内
  • レーザスペックル振動測定における感度向上のための光学配置
    発表年月:2013年03月
    発表会議名:情報フォトニクス研究グループ第 11 回関西学生研究論文講演会
    学会発表区分:国内
  • 回転ミラーを用いた体積走査型ディスプレイの表示体積の最適化と歪み改善の検討
    発表年月:2013年03月
    発表会議名:情報フォトニクス研究グループ第 11 回関西学生研究論文講演会
    学会発表区分:国内

教育活動

担当講義

  • 担当年度:2016年
    授業科目名:光情報工学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:電子回路学II
    講義区分:専門
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:フォトニクス特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:電気情報工学実験A
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:電気情報工学実験I
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:フォトニクス特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:電子回路学II
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:光情報工学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:電気情報工学実験I
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:技術と生命
    講義区分:共通
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:光情報工学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:電子回路学II
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:特別演習
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:光波電子工学
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:光波電子工学
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:光波電子工学
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:電子回路学II
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:情報工学実験I
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:光情報工学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:光情報工学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:情報工学実験I
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:電子回路学II
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:光波電子工学
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:特別演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:情報工学実験I
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:電子回路学II
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:光情報工学
    講義区分:専門
  • 担当年度:2010年
    授業科目名:情報工学実験I
    講義区分:専門

教育活動実績

  • 担当年度:2012
    博士課程学生指導数【前期:6人】
    博士課程学生指導数【後期:1人】
    修士論文審査数【主査:3】
    修士論文審査数【副査:5】
    博士論文審査数【主査:0】
    博士論文審査数【副査:0】
    卒論指導数:4
    卒論審査数:4
    FD活動内容:本学主催の教育改革シンポジウムに参加した。

産学官連携可能情報

専門分野

  • 応用光学・量子光工学

所属研究部門

  • 工学研究科 電子情報系専攻(電気情報工学)

交流可能研究テーマ

  • 体積走査法による高速3次元形状計測および立体表示システムの開発
    研究テーマの分野:電気電子工学
  • 複眼画像入力装置による高機能画像計測
    研究テーマの分野:電気電子工学

現在の研究課題

  • 課題名:視点追跡と適応的射出瞳形成による立体表示
    研究分野:応用光学・量子光工学、電子デバイス・機器工学、計算機科学
    キーワード:立体表示、視点追跡
  • 課題名:全周囲観察可能なフルパララクス映像が空中に形成される立体ディスプレイ
    研究分野:応用光学・量子光工学、電子デバイス・機器工学
    キーワード:立体ディスプレイ、フルパララクス、空中像
  • 課題名:高速イメージセンサとマルチアパーチャ撮像システムを用いた光飛行時間法による高フレームレート距離画像計測
    研究分野:電子デバイス・機器工学、応用光学・量子光工学、計測工学
    キーワード:光飛行時間法、距離画像センサ、マルチアパーチャカメラ

電子メールアドレス

  • miyazaki@elec.eng.osaka-cu.ac.jp

個人URL HP

交流研究テーマ情報

交流可能研究テーマ

  • 体積走査法による高速3次元形状計測および立体表示システムの開発
    研究テーマの分野:電気電子工学
    研究テーマの概要:独自に開発した体積走査法に基づき、3次元的な表面形状を実時間で測定し、さらに得られた情報を立体表示により自然に観察できるシステムを開発する。
    交流可能な時期・期間:数年間
    交流の種別:共同研究
    知識・技術の活用分野・応用方法等:工学設計、医療、情報通信、ゲーム機器等の多くの分野で3次元画像情報が利用されている。外界の3次元情報を取り込んだり、3次元情報を目に自然な形で表示することで、高度なインターフェイスを実現する。
    中核となる知識・技術・情報等:3次元計測および立体映像表示の理論と手法。および必要なデバイスに関する情報。
    波及効果:扱いやすい3次元CAD設計。立体内視鏡による診断。臨場感のあるゲーム機
    優位性・特徴:従来の共焦点3次元計測では対象を移動させるために高速化できないが、本手法では光学的な3次元走査を行うことで高速な計測が行える。また、本立体表示法は立体感知覚要因を満たす自然な立体像を形成できる。
    キーワード:3次元形状計測、共焦点法、3次元ディスプレイ、立体映像、光計測
    交流可能な研究テーマに関する詳細:近年、工学設計、医療、情報通信、ゲーム機器等の多くの分野で3次元画像情報が利用されるようになった。そのような画像情報システムにおいて、外界の3次元的な情報を電子的な情報として高速に取り込み、さらに自然な形で情報を表示することが重要な課題となる。そこで、我々は光学的な3次元形状測定と立体表示の手法を新たに開発した。本形状計測手法では、傾斜した点光源アレイを用いた共焦点式の光計測法により物体の奥行き情報を検出する。傾斜した点光源アレイからの光をミラースキャナを備えた結像系を介して測定対象に照射し、光点アレイをスキャナにより移動させるこで3次元的な走査を行う。点光源アレイに対応する位置に置かれたピンホールアレイに通して物体からの反射光を検出する。物体表面上で光点が結像している場合にピンホールからの透過光強度が大きくなるので3次元形状を知ることができる。立体表示には、計測システムと同様の形態の走査光学系と傾斜した2次元ディスプレイを用いる。2次元ディスプレイに対象物体の断面形状を順次表示し、ミラースキャナによりの傾斜面像を高速に移動させると、残像効果により3次元像が形成される。この形状計測法は、原理的に共焦点法に基づくため高精度な計測が可能である。従来の共焦点法3次元計測法では、対象物体か測定器を移動させる必要があり多くの時間が必要である。本手法では、光点による3次元的な走査を行うので、物体の移動等が不用であり、高速な計測が可能である。また、走査光の投影と検出を同じ方向から行うので、光切断法等で問題となる影の部分が生じない。また、干渉を利用していないので、振動に対する耐性が高い。また、本研究での立体像表示法は、3次元実像を形成しているので、目の生理的な立体知覚要因をすべて満たしており、現在主流の両眼視差のみを利用した手法に比べて自然な立体感を得ることができる。
  • 複眼画像入力装置による高機能画像計測
    研究テーマの分野:電気電子工学
    研究テーマの概要:一つの撮像素子に複数のレンズを用いて3次元計測や高速撮像などの高機能撮像を行う。
    交流可能な時期・期間:2012-
    交流の種別:受託研究、共同研究、講演
    知識・技術の活用分野・応用方法等:画像インターフェイス、撮像システム、検査システム
    キーワード:複眼カメラ、画像計測
    共同研究の希望:産学連携等、民間を含む他機関との共同研究を希望する

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。