南 達哉(ミナミ タツヤ)MINAMI Tatsuya

  • 所属研究科・専攻:工学研究科 化学生物系専攻(化学バイオ工学) 職名:准教授
更新日:2016/01/21

プロフィール

主な取得学位

  • 理学博士

主な専門分野

  • 合成化学

現在の研究概要

  • 有機金属化合物を用いた新規合成手法の研究として選択的触媒反応を目指した配位子の設計と合成を行っている。従来の sp3 混成リン原子が金属に配位した化合物に代えて sp2 混成リン原子が金属に配位した化合物を触媒とした反応の開発を行っている。これらの配位子の立体的、電子的効果に基づいて従来の触媒系では達成できなかった高効率・高選択的な反応の開発を目指している。

主な経歴

取得学位

  • 理学博士

学歴

  • 大阪市立大学 理学研究科 化学専攻 博士課程後期
  • 大阪市立大学 理学部 化学科

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 合成化学
  • 有機化学

現在の研究課題

  • 課題名:有機合成化学
    研究分野:合成化学、合成化学、合成化学
    キーワード:有機合成、有機金属、触媒反応

現在の研究概要

  • 有機金属化合物を用いた新規合成手法の研究として選択的触媒反応を目指した配位子の設計と合成を行っている。従来の sp3 混成リン原子が金属に配位した化合物に代えて sp2 混成リン原子が金属に配位した化合物を触媒とした反応の開発を行っている。これらの配位子の立体的、電子的効果に基づいて従来の触媒系では達成できなかった高効率・高選択的な反応の開発を目指している。

主要な研究業績

著書・論文

  • Helical Stereocontrol of 2,6-Bis{(arylcarbamoylphenyl9carbamoyl)pyridine Derivatives by Use of Chiral Auxiliaries
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Chemistry Letters
    巻/号、頁:34巻434頁
    共著者名:南達哉、他
  • Facile and Selective Deallylation of Allyl Ethers Using Diphosphinidene-cyclobutene-Coordinated Palladium Catalyst
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Journal of Organic Chemistry
    巻/号、頁:69巻4482頁
    共著者名:南達哉、他
  • (p-Allyl)palladium Complexes Bearing Diphosphinidenecyclobutene Ligands (DPCB): Highly Active Catalysts for Direct Conversion of Allylic Alcohols
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:Journal of American Chemical Society
    巻/号、頁:124巻10968-10969頁
    共著者名:Ozawa, H. Okamoto, S. Kawagishi, S, Yamamoto, T. Minami, M. Yoshifuji
  • Synthesis and Reactions of Palladium and Platinum Complexes Bearing Diphosphinidenecyclobutene Ligands: A Thermally Stable Catalyst for Ethylene Polymerization
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Angewante Chemistry Internal Edition in English
    巻/号、頁:39巻24号4512-4513頁
    共著者名:南達哉、他
  • (pai-Allyl)palladium Complexes Bearing Diphosphinidenecyclobutene Ligands: A Highly Active Catalyst for Hydroamination of 1,3-Dienes
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Angewante Chemistry Internal Edition in English
    巻/号、頁:40巻23号in press頁
    共著者名:南達哉他
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • Helical Stereocontrol of 2,6-Bis{(arylcarbamoylphenyl9carbamoyl)pyridine Derivatives by Use of Chiral Auxiliaries
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Chemistry Letters
    巻/号、頁:34巻434頁
    共著者名:南達哉、他
  • Facile and Selective Deallylation of Allyl Ethers Using Diphosphinidene-cyclobutene-Coordinated Palladium Catalyst
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Journal of Organic Chemistry
    巻/号、頁:69巻4482頁
    共著者名:南達哉、他
  • (p-Allyl)palladium Complexes Bearing Diphosphinidenecyclobutene Ligands (DPCB): Highly Active Catalysts for Direct Conversion of Allylic Alcohols
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:Journal of American Chemical Society
    巻/号、頁:124巻10968-10969頁
    共著者名:Ozawa, H. Okamoto, S. Kawagishi, S, Yamamoto, T. Minami, M. Yoshifuji
  • Synthesis and Reactions of Palladium and Platinum Complexes Bearing Diphosphinidenecyclobutene Ligands: A Thermally Stable Catalyst for Ethylene Polymerization
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Angewante Chemistry Internal Edition in English
    巻/号、頁:39巻24号4512-4513頁
    共著者名:南達哉、他
  • (pai-Allyl)palladium Complexes Bearing Diphosphinidenecyclobutene Ligands: A Highly Active Catalyst for Hydroamination of 1,3-Dienes
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Angewante Chemistry Internal Edition in English
    巻/号、頁:40巻23号in press頁
    共著者名:南達哉他

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本化学会

教育活動

担当教育の概要

  • 素材分野からファインケミカルズなどの先端分野への移行が進む化学工業やバイオテクノロジーの成果を利用した生物化学工業を理解するうえで,炭素原子を中心とする有機分子の化学は重要な基礎知識の一つである.有機合成化学では炭素-炭素結合形成反応を基に有機分子を組み立てる方法について教育している.

担当講義

  • 授業科目名:有機合成化学
    講義区分:大学院
  • 授業科目名:有機化学1
    講義区分:専門
  • 授業科目名:有機化学5
    講義区分:専門

産学官連携可能情報

専門分野

  • 合成化学

所属研究部門

  • 工学研究科 化学生物系専攻(化学バイオ工学)

現在の研究課題

  • 課題名:有機合成化学
    研究分野:合成化学、合成化学、合成化学
    キーワード:有機合成、有機金属、触媒反応

電子メールアドレス

  • minami@a-chem.eng.osaka-cu.ac.jp

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。