大阪市立大学 研究者要覧


永村 一雄(エムラ カズオ)EMURA Kazuo

更新日:2016/03/30

プロフィール

主な取得学位

  • 工学博士

主な専門分野

  • 建築環境・設備

現在の研究概要

  • 気候変動とヒートアイランド現象にともなう大都市部での酷暑環境緩和のため、環境にやさしい住まい方の提案を行う。同時に、温室効果ガスの排出割合が大きい建築分野においては、建物自体を低炭素型建築へ移行させるための方策と、都市内部での過剰な蓄・放熱抑制のための建物外皮の高反射化も行う。国内での取り組みに加え、世界最大の排出国である中国においても、今後激増するCO2のうち、建物由来の排出分を抑制するための国際共同研究を行っている。

個人URL HP

主な経歴

取得学位

  • 工学博士

学歴

  • 東京理科大学 理工学部 建築学科

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 建築環境・設備
  • 居住環境工学
  • 建築環境工学

現在の研究課題

  • 課題名:建築気候のための気象要素の統計解析
    研究分野:建築環境・設備
    キーワード:統計解析、気象要素、評価
  • 課題名:低炭素化のための建物の熱性能評価
    研究分野:建築環境・設備、家政学一般(含衣・住環境)
    キーワード:熱性能、評価、熱損失係数
  • 課題名:再帰型高反射素材の熱性能評価
    研究分野:建築環境・設備
    キーワード:再帰反射、ヒートアイランド、熱環境

現在の研究概要

  • 気候変動とヒートアイランド現象にともなう大都市部での酷暑環境緩和のため、環境にやさしい住まい方の提案を行う。同時に、温室効果ガスの排出割合が大きい建築分野においては、建物自体を低炭素型建築へ移行させるための方策と、都市内部での過剰な蓄・放熱抑制のための建物外皮の高反射化も行う。国内での取り組みに加え、世界最大の排出国である中国においても、今後激増するCO2のうち、建物由来の排出分を抑制するための国際共同研究を行っている。

主要な研究業績

著書・論文

  • Development and application of a simple BEMS to measure energy consumption of buildings
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年12月
    出版社:Energy and Buildings
    巻/号、頁:109巻1-11頁
    共著者名:J. Yuan, K. Emura, V. Farnham
  • Development of a retro-reflective material as building coating and evaluation on albedo of urban canyons and building heat loads
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年12月
    出版社:Energy and Buildings
    巻/号、頁:103巻107-117頁
    共著者名:J. Yuan, C. Farnham, K. Emura
  • A method to measure retro-reflectance and durability of retro- reflective materials for building outer walls
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年12月
    出版社:Journal of Building Physics
    巻/号、頁:38巻6号500-516頁
    共著者名:J. Yuan, K. Emua, C. Farhnam
  • A study on the accuracy of determining the retro-reflectance of retro-reflective material by heat balance
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年12月
    出版社:Solar Energy
    巻/号、頁:122巻419-428頁
    共著者名:J. Yuan, C. Farnham, K. Emura
  • Geometrical-optics analysis of reflective glass beads applied to building coatings
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年12月
    出版社:Solar Energy
    巻/号、頁:122巻997-1010頁
    共著者名:J. Yuan, K. Emura, V. Farnham
  • Evaluation of cooling effects: outdoor water mist fan
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年12月
    出版社:Building Research & Information
    巻/号、頁:43巻3号334-345頁
    共著者名:C. Farnham, K. Emura, and T. Mizuno
  • 中国・上海のCSWD標準年気象データの日射天空成分比の改良
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年12月
    出版社:日本建築学会技術報告集
    巻/号、頁:21巻48号693-696頁
    共著者名:袁継輝、永村一雄、Craig Farnham
  • The Energy Consumption of the Public Buildings in Osaka Japan
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Proceedings of the 10th International Building Performance Simulation Association Conference, Sep. 3-6 2007, China
    巻/号、頁:1866-1870頁
    共著者名:S. Lu, K. Emura, N. Igawa, H. Nimiya
  • Evaluation of the Solar Reflectance of Highly Reflective Roofing Sheets Installed on Building Roofs
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年05月
    出版社:Journal of Building Physics
    巻/号、頁:2号170-184頁
    共著者名:J. Yuan, K. Emua, H. Sakai
  • Construction of Visualization of Power Energy Consumption in University Campus -- As an Example of Osaka City University Sugimoto Campus --
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年11月
    出版社:The 2nd Asia conference of International Building Performance Simulation Association, IBPSA Asia Conf. (ASim2014), held in Nagoya, Japan
    共著者名:J. Yuan, K. Emua, C. Farhnam
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • Development and application of a simple BEMS to measure energy consumption of buildings
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年12月
    出版社:Energy and Buildings
    巻/号、頁:109巻1-11頁
    共著者名:J. Yuan, K. Emura, V. Farnham
  • Development of a retro-reflective material as building coating and evaluation on albedo of urban canyons and building heat loads
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年12月
    出版社:Energy and Buildings
    巻/号、頁:103巻107-117頁
    共著者名:J. Yuan, C. Farnham, K. Emura
  • A method to measure retro-reflectance and durability of retro- reflective materials for building outer walls
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年12月
    出版社:Journal of Building Physics
    巻/号、頁:38巻6号500-516頁
    共著者名:J. Yuan, K. Emua, C. Farhnam
  • A study on the accuracy of determining the retro-reflectance of retro-reflective material by heat balance
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年12月
    出版社:Solar Energy
    巻/号、頁:122巻419-428頁
    共著者名:J. Yuan, C. Farnham, K. Emura
  • Geometrical-optics analysis of reflective glass beads applied to building coatings
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年12月
    出版社:Solar Energy
    巻/号、頁:122巻997-1010頁
    共著者名:J. Yuan, K. Emura, V. Farnham
  • Evaluation of cooling effects: outdoor water mist fan
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年12月
    出版社:Building Research & Information
    巻/号、頁:43巻3号334-345頁
    共著者名:C. Farnham, K. Emura, and T. Mizuno
  • 中国・上海のCSWD標準年気象データの日射天空成分比の改良
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年12月
    出版社:日本建築学会技術報告集
    巻/号、頁:21巻48号693-696頁
    共著者名:袁継輝、永村一雄、Craig Farnham
  • The Energy Consumption of the Public Buildings in Osaka Japan
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Proceedings of the 10th International Building Performance Simulation Association Conference, Sep. 3-6 2007, China
    巻/号、頁:1866-1870頁
    共著者名:S. Lu, K. Emura, N. Igawa, H. Nimiya
  • Evaluation of the Solar Reflectance of Highly Reflective Roofing Sheets Installed on Building Roofs
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年05月
    出版社:Journal of Building Physics
    巻/号、頁:2号170-184頁
    共著者名:J. Yuan, K. Emua, H. Sakai
  • Construction of Visualization of Power Energy Consumption in University Campus -- As an Example of Osaka City University Sugimoto Campus --
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年11月
    出版社:The 2nd Asia conference of International Building Performance Simulation Association, IBPSA Asia Conf. (ASim2014), held in Nagoya, Japan
    共著者名:J. Yuan, K. Emua, C. Farhnam
  • Investigation and visualization of power consumption in University Campus: As an example of Osaka City University Sugimoto Campus
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1020年14月
    出版社:10th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia, October 14-17
    巻/号、頁:140-145頁
    共著者名:J. Yuan, K. Emua, C. Farhnam
  • An Investigation of Power Consumption in Osaka City University Sugimoto Campus
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年
    出版社:Advanced Civil and Environmental Engineering, WIT Transactions on The Buildt Environment
    巻/号、頁:157巻649-657頁
    共著者名:J. Yuan, K. Emua, C. Farhnam
  • 学校屋上での高反射防水シートの反射率の測定
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年03月
    出版社:空気調和・衛生工学会論文集
    巻/号、頁:180号23-30頁
    共著者名:袁継輝、永村一雄、酒井英樹
  • 天空輝度・放射輝度分布を推定するAll Skey Modelの改良
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年03月
    出版社:日本建築学会環境系論文集
    巻/号、頁:77巻673号121-127頁
    共著者名:井川憲男、永村一雄
  • 指向性を有する再帰反射材の試作及び日射反射特性の測定
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年07月
    出版社:日本建築学会構造系論文集
    巻/号、頁:76巻665号1229-1234頁
    共著者名:酒井英樹、伊與田浩志、永村一雄、井川憲男
  • Statistical characteristics of five sets of standard year weather data in China
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年04月
    出版社:Architectural Science Review
    巻/号、頁:53巻4号415-428頁
    共著者名:Siqiang Lu, Kazuo Emura, Norio Igawa
  • Research on the typical meteorological year data of Shanghai for the building enerygy consumpsion calculation
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年04月
    出版社:HV&AC Shanghi
    巻/号、頁:40巻1号89-94頁
    共著者名:Shen Zhoohuo, Tan Hongwei, Lu Siqiang, Kazuo Emura
  • シミュレーションによる再帰反射特性の推定と都市キャニオンの日射反射率評価
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年09月
    出版社:日本建築学会環境系論文集
    巻/号、頁:74巻643号1059-1064頁
    共著者名:井上奈緒子、永村一雄
  • 熱負荷計算による中国5地域における標準年気象データの比較
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年09月
    出版社:IBPSA Japan
    巻/号、頁:2008巻1-6頁
    共著者名:呂思強、永村一雄、井川憲男
  • 中国5地点における熱負荷計算用標準年気象データについて
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年05月
    出版社:空気調和・衛生工学会論文集
    巻/号、頁:146号73-81頁
    共著者名:呂思強、永村一雄、井川憲男
  • 屋外測定による再帰反射材の日射に対する再帰反射率推定
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年10月
    出版社:日本建築学会構造系論文集
    巻/号、頁:73巻632号1713-1718頁
    共著者名:酒井英樹、小林春奈、永村一雄、井川憲男
  • 北京の建物熱負荷計算用標準年気象データについて
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年01月
    出版社:空気調和・衛生工学会論文集
    巻/号、頁:142号31-38頁
    共著者名:呂思強、永村一雄、井川憲男
  • 実験モデル住宅内における床暖房・エアコン暖房使用時の高齢者の生理・心理反応
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年06月
    出版社:空気調和・衛生工学会論文集
    巻/号、頁:135号1-9頁
    共著者名:橋口暢子、栃原裕、大中忠勝、永村一雄、伊藤宏充、吉竹史郎
  • 再帰反射材の照り返し抑制効果
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年08月
    出版社:日本建築学会構造系論文集
    巻/号、頁:73巻630号1239-1244頁
    共著者名:酒井英樹、永村一雄、井川憲男
  • 分光反射率に基づく建築材料の日射反射率の測定方法 -測定条件の妥当性の検討-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年06月
    出版社:日本建築学会環境系論文報告集
    巻/号、頁:616号31-36頁
    共著者名:酒井英樹、永村一雄、井川憲男
  • 拡張アメダス気象データ 1981-2000
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:丸善
    巻/号、頁:223頁
    共著者名:赤坂、新井、井川、石野、永村、郡、曽我、西岡、二宮、松本
  • Heating thermal comfort in highly air-tight and insulated house
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Proc. of the 10th Int. Conf. on Indoor Air Cuality and Climate, Sep. 4-9, Beijin, China
    巻/号、頁:12-18頁
    共著者名:D. Katahira, T. Akimoto, Y. Kuwasawa, K. Emura
  • Expanded AMeDAS Weather Data
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:丸善
    巻/号、頁:1-200頁
    共著者名:H. Akasaka, H. Nimiya, S. Matsumoto, K. Soga, K. Emura
    ISBN:4818926639
  • 集合住宅における暖房の使用状況に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:空気調和・衛生工学会論文集
    巻/号、頁:89号45-54頁
    共著者名:前 真之,鍋島美奈子,二宮秀與,永村一雄,長井達夫,他
    ISSN:0385275X
  • 拡張アメダス気象データ
    種別:解説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:丸善
    巻/号、頁:135-174,243-257頁
    共著者名:赤坂裕,他
    ISBN:481892654X
  • Approximation of the Thermal Characteristics function of Mult-layer Walls Using System Reduction Techniques
    出版年月:1988年
    出版社:Transactions of SHASE
    巻/号、頁:38巻
  • 現場測定にもとづく壁体熱特性の推定
    出版年月:1986年
    出版社:日本建築学会計画系論文報告集
    巻/号、頁:369巻
  • 現場における住宅の保温性能試験方法の研究
    出版年月:1985年
    出版社:日本建築学会計画系論文報告集
    巻/号、頁:354巻
  • 分光反射率に基づく建築材料の日射反射率の測定方法-測定条件の妥当性の検討-
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2007年
    出版社:日本建築学会環境系論文集
    巻/号、頁:616号31-36頁
    ISSN:13480685
  • HEATING THERMAL COMFORT IN HIGHLY AIR-TIGHT AND INSULATED HOUSE
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Proc. of the 10th Int. Conf. on Indoor Air Quality and Climate
    巻/号、頁:12-13頁
    共著者名:Daisuke KATAHIRA, Takashi AKIMOTO, Yasuo KUWASAWA, Kazuo EMURA
  • 集合住宅における冷房の使用状況に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:空気調和・衛生工学会論文集
    巻/号、頁:87号41-50頁
    共著者名:前 真之,鍋島美奈子,永村一雄,長井達夫,二宮秀與,他
    ISSN:0385275X
  • 温熱環境設計データブック
    種別:解説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:建築知識
    巻/号、頁:42巻11号207-222頁
    共著者名:吉野博,他
    ISSN:03881741
  • 住宅の環境設計データブック
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:丸善
    巻/号、頁:87頁
    共著者名:吉野博,絵内正道,永村一雄ほか
    ISBN:4818926604
  • Regional Difference of Energy Consumption for Hot Water Supply System
    出版年月:1999年
    出版社:Proceedings of Building Simulation"99(Sixth Int. IBPSA Conf. )
    巻/号、頁:2巻737-744頁
  • 床暖房の接触温度と安全性の評価-耐熱防音フローリング仕様の集合住宅の事例-
    出版年月:1998年
  • A Proposal of Optimal Floor Surface Temperature Based on Survey of Literatures Related to Floor Heating Environment in Japan
    出版年月:1998年
    出版社:Applied Human Science(Journal of Physiological Anthropology)
    巻/号、頁:17巻2号61-66頁
  • 低温やけど防止に関する床暖房の安全性 その2 接触部位皮膚温の経時変化
    出版年月:1998年
    出版社:大阪市立大学 生活科学部紀要
    巻/号、頁:46巻7-11頁
  • 寒冷地における給湯設備用排気筒内の結露防止-排気ガス温度の測定と推定モデルとの比較-
    出版年月:1998年
    出版社:大阪市立大学生活科学部紀要
    巻/号、頁:46巻1-6頁
  • Statistical Independence between Vertically Non-uniform Thermal Environment for Design of Air-Conditioning System with Underfloor Air Supply
    出版年月:1998年
    出版社:Building Services and Engineering Research and Technology
    巻/号、頁:19/3巻
  • 血液循環を考慮した局所加熱時の生体内部温度の推定
    出版年月:1997年
    出版社:日本生理人類学会
    巻/号、頁:2巻1号47-52頁
  • 温冷感申告値の多項選択モデルによる回帰分析
    出版年月:1997年
    出版社:日本建築学会計画系論文集
    巻/号、頁:502号65-70頁
  • Estimation of Water Temperature for Design of Hot-Water Supply System Based on Energy Conservation
    出版年月:1997年
    出版社:Proceedings of CIB-62 Symposium on Water Supply and Drainage for Buildings, Yokohama, JAPAN
  • 給湯器のダクト内結露防止のための排気ガス温度の推定
    出版年月:1997年
    出版社:大阪市立大学生活科学部紀要
    巻/号、頁:45巻43-46頁
  • 線形回帰分析による給水温度予測
    出版年月:1997年
    出版社:大阪市立大学生活科学部紀要
    巻/号、頁:45巻47-52頁
  • カテゴリ・データと対数変換-義衣量と暑がり・寒がりのケーススタディー
    出版年月:1997年
    出版社:大阪市立大学生活科学部紀要
    巻/号、頁:45巻65-69頁
  • The Database of Living Environmental Performance of Houses
    出版年月:1997年
    出版社:Proceedings of a Conference on Indoor and Built Environment Problems in Asia beld at Malaysia
    巻/号、頁:126-132頁
  • Thermal Sensation and Comfort to Non-uniform Vertical Air Temperature in Rooms
    出版年月:1997年
    出版社:Proceedings of a Conference on Indoor and Built Environment Problems in Asia, held at Malaysia
    巻/号、頁:67-75頁
  • 床吹出し空調下における人体の上部・下部温冷感・快適感の独立性
    出版年月:1997年
    出版社:大阪市立大学生活科学部紀要
    巻/号、頁:45巻59-64頁
  • 低温やけど防止に関する床暖房の安全性-接触温度調査-
    出版年月:1997年
    出版社:大阪市立大学生活科学部紀要
    巻/号、頁:45巻53-57頁
  • 大阪の10年間(1980-1989)の気象データの整備と各種設計用外界条件の作成
    出版年月:1996年
    出版社:空気調和・衛生工学会論文集
    巻/号、頁:61号25-35頁
  • 温冷感申告値の回帰分析における誤差項の正規性に関する検討
    出版年月:1996年
    出版社:日本建築学会計画系論文集
    巻/号、頁:484号81-87頁
  • 非定常熱環境における生理・心理反応の応答特性の推定
    出版年月:1996年
    出版社:日本生理人類学会誌
    巻/号、頁:1巻2号87-92頁
  • 暖房による冬期浴室の温熱環境の改善
    出版年月:1996年
    出版社:日本生理人類学会誌
    巻/号、頁:1巻1号21-26頁
  • 大阪(新版),奈良,金沢,輪島の標準気象データ平均年の作成,および大阪(旧版),富山を加えた標準気象データによる各地の気候特性
    出版年月:1995年
    出版社:空気調和・衛生工学会論文集
    巻/号、頁:59号
  • 雲情報を用いた日射の直散分離
    出版年月:1995年
    出版社:大阪市立大学生活科学部紀要
    巻/号、頁:43巻107-117頁
  • 血流による伝熱の冷却効果を考慮した人体内部温度分布の推定モデル-床暖房時の低温火傷の予防に関して-
    出版年月:1995年
    出版社:大阪市立大学生活科学部紀要
    巻/号、頁:43巻125-129頁
  • 断熱材の厚さからみた壁面防露(その2)熱的異型部における熱流解析に関する研究
    出版年月:1995年
  • 実環境下における皮膚温と温冷感の変動
    出版年月:1995年
    出版社:大阪市立大学生活科学部紀要
    巻/号、頁:43巻131-135頁
  • The Effect on a Residential Thermal Environment of an Openable Toplight under Conditions of High Solar Radiation
    出版年月:1995年
    出版社:Indoor Evironment
    巻/号、頁:4巻365-376頁
  • 三階建て住宅に設置された天窓をもつ吹抜空間の温熱環境-ケーススタディ-
    出版年月:1995年
    出版社:日本家政学会誌
    巻/号、頁:46巻9号885-892頁
  • Comparison of Several Solor Radiation Models from the Data collected in Japan
    出版年月:1995年
    出版社:Journal of Architectural Planning and Enviromental Engineering
    巻/号、頁:476号19-27頁
  • Sweating and Individual Differences of Thermal Sensation
    出版年月:1994年
    出版社:Proceedings of the Second International Congress on Physiological Anthropology, Kiel, Sep.
    巻/号、頁:61-66頁
  • 大阪の標準気象データに関する研究 その1 大阪の気象データ10年間の整備とその特性
    出版年月:1994年
    出版社:大阪市立大学生活科学部紀要日
    巻/号、頁:42巻67-73頁
  • カテゴリ・データの統計解析とその応用上の問題点-正規性-
    出版年月:1994年
    出版社:大阪市立大学生活科学部紀要
    巻/号、頁:42巻75-80頁
  • 建物の熱負荷と地域特性
    出版年月:1994年
    出版社:大阪市立大学生活科学部紀要
    巻/号、頁:42巻81-84頁
  • Thermal Environment of Residence with Openable Roof
    出版年月:1994年
    出版社:Proceedings of the Second International Congress on Physiological Anthropology, Kiel, Sep.
    巻/号、頁:81-86頁
  • Thermal Characteristics of Residence with Openable Toplight
    出版年月:1994年
    出版社:Proceedings of the International Conference on Indoor Air Quality in Asia, Beijing, China, Oct.
    巻/号、頁:418-424頁
  • 冬期浴室の暖房について
    出版年月:1993年
    出版社:日本生気象学会誌
    巻/号、頁:30巻3号111頁
  • 吹抜空間をもつ住宅の快適環境実現のための基礎的研究
    出版年月:1993年
    出版社:大阪市立大学生活科学部
    巻/号、頁:41,61巻
  • 発汗量と心理反応
    出版年月:1993年
    出版社:大阪市立大学生活科学部紀要
    巻/号、頁:41,81巻
  • 「暑がり」「寒がり」と発汗量
    出版年月:1993年
    出版社:日本生気象学会誌
    巻/号、頁:30巻3号150頁
  • 建物の保温性能とその測定法
    出版年月:1992年
    出版社:日本繊維製品消費科学会
    巻/号、頁:33/1巻
  • 大阪の標準気象データ
    出版年月:1991年
    出版社:大阪市立大学生活科学部紀要
    巻/号、頁:39巻
  • 温冷感申告の尺度構成とそのモデル化
    出版年月:1991年
    出版社:空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集
  • 床暖房の快適性に関する研究
    出版年月:1991年
    出版社:大阪市立大学生活科学部紀要
    巻/号、頁:39巻
  • 共役勾配系の反復解法を用いた定常型Navier-Stokes方程式の数値実験
    出版年月:1990年
    出版社:大阪市立大学生活科学部紀要
    巻/号、頁:38巻
  • 人体生理と温冷感からみた床暖房
    出版年月:1986年
    出版社:住宅設備
    巻/号、頁:6/7巻
  • 床暖房と人体生理および温冷感との関係に関する実験的基礎研究
    出版年月:1985年
    出版社:日本建築学会計画系論文報告集
    巻/号、頁:353巻

フィールドワーク、芸術活動、建築作品等

  • 寒冷地住宅の熱環境問題に関する調査研究
    研究年月:1991年
  • 床暖房のアメニティ評価に関する研究
    研究年月:1990年
フィールドワーク、芸術活動、建築作品等を全て表示する
フィールドワーク、芸術活動、建築作品等一覧閉じる
  • 寒冷地住宅の熱環境問題に関する調査研究
    研究年月:1991年
  • 床暖房のアメニティ評価に関する研究
    研究年月:1990年

研究費獲得実績

その他研究資金獲得実績

  • 名称:大阪市立大学戦略研究(B)
    研究課題名:地域貢献型プロジェクトにおける事後評価ならびに教員-部局評価指標の開発
    代表者区分:代表者
    研究期間:2014年
    形態:学内研究費
    資金区分:学内研究資金
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1,300(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本建築学会
  • 学会名:空気調和・衛生工学会
  • 学会名:計測自動制御学会
  • 学会名:システム制御情報学会
  • 学会名:日本行動計量学会
  • 学会名:日本生気象学会
    1997年~ 評議員
  • 学会名:日本生理人類学会
    1995年~ 評議員
  • 学会名:日本応用数理学会
  • 学会名:日本ファジィ学会
  • 学会名:日本火災学会

教育活動

担当教育の概要

  • 住宅の温熱環境が快適になるよう、また省エネを実践する暮らしを実現するための方策や手段の理論を講義しています。

担当講義

  • 授業科目名:居住環境工学特論
    講義区分:大学院
  • 授業科目名:居住環境設備学特論
    講義区分:大学院
  • 授業科目名:前期特別研究
    講義区分:大学院
  • 授業科目名:後期特別研究
    講義区分:大学院

産学官連携可能情報

専門分野

  • 建築環境・設備

所属研究部門

  • 生活科学研究科 生活科学専攻(居住環境学講座)

交流可能研究テーマ

  • 住宅の保温性能試験方法の開発
    研究テーマの分野:建築学
  • 床暖房の性能評価
    研究テーマの分野:建築学

現在の研究課題

  • 課題名:建築気候のための気象要素の統計解析
    研究分野:建築環境・設備
    キーワード:統計解析、気象要素、評価
  • 課題名:低炭素化のための建物の熱性能評価
    研究分野:建築環境・設備、家政学一般(含衣・住環境)
    キーワード:熱性能、評価、熱損失係数
  • 課題名:再帰型高反射素材の熱性能評価
    研究分野:建築環境・設備
    キーワード:再帰反射、ヒートアイランド、熱環境

電子メールアドレス

  • emura@life.osaka-cu.ac.jp

個人URL HP

交流研究テーマ情報

交流可能研究テーマ

  • 住宅の保温性能試験方法の開発
    研究テーマの分野:建築学
    研究テーマの概要:次世代省エネ基準のもと、住宅の保温性といった熱的性能を竣工時に評価する必要が出てきた。工場や設計上で問題がなくとも、施工は別であるから、竣工後に検査できないと意味がない。そのための検査方法を開発する。
    交流可能な時期・期間:今後3年間程度
    交流の種別:受託研究
    知識・技術の活用分野・応用方法等:次世代省エネ基準などで策定された基準値を、施工後の住宅が満たしているか否かを判定するための試験方法として使える。
    キーワード:住宅、保温、性能
  • 床暖房の性能評価
    研究テーマの分野:建築学
    研究テーマの概要:床暖房の安全性を考慮した熱的性能を、竣工時に検査する
    交流可能な時期・期間:今後2年間程度
    交流の種別:共同研究
    知識・技術の活用分野・応用方法等:床暖房の完成検査指針の策定。BLで提案中。
    キーワード:床暖房、性能評価

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。