大阪市立大学 研究者要覧


中村 太郎(ナカムラ タロウ)NAKAMURA Taro

  • 所属研究科・専攻:理学研究科 生物地球系専攻(生体機能生物学) 職名:教授
更新日:2016/01/21

プロフィール

主な取得学位

  • 工学博士

主な専門分野

  • 酵母の分子生物学

主な経歴

取得学位

  • 工学博士

学歴

  • 広島大学 工学研究科 工業化学 博士課程
  • 広島大学 工学部 醗酵工学

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 酵母の分子生物学

現在の研究課題

  • 課題名:分裂酵母を用いた有性生殖・減数分裂機構の解析
    研究分野:遺伝、分子生物学
    キーワード:酵母、有性生殖、減数分裂
  • 課題名:酵母遺伝資源の整備(ナショナルバイオリソースプロジェクト)
    研究分野:生物資源科学
    キーワード:リソース、遺伝資源

主要な研究業績

著書・論文

  • A novel fission yeast Cdc7-Dbf4-like kinase complex required for the initiation and progression of meiotic second division.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:Molecular and Cellular Biology
    巻/号、頁:22巻309-320頁
    共著者名:Nakamura T, Nakamura-Kubo M, Nakamura T, Shimoda C
  • The Schizosaccharomyces pombe spo3+ Gene Is Required for Assembly of the Forespore Membrane and Genetically Interacts with psy1+ Encoding Syntaxin-like Protein.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Molecular Biology of the Cell
    巻/号、頁:12巻12号
  • S. pombe sporulation-specific coiled-coil protein Spo15p is localized to the spindle pole body and essential for its modification.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Journal of Cell Science
    巻/号、頁:113巻545-554頁
    共著者名:Ikemoto, S,Kubo, M, and Shimoda, C
  • Protein phosphatase type2B (calcineurin)-mediated, FK506-sensitive regulation of intracellular ions in yeast is an Important determinant for adaptation to high salt stress conditions
    出版年月:1993年
    出版社:EMBO Journal
    巻/号、頁:12巻4063頁
  • A fission yeast SNAP-25 homologue, SpSec9, is essential for cytokinesis and sporulation.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Cell Struct. Funct.
    巻/号、頁:30巻2号15-24頁
    共著者名:Nakamura, T., Kashiwazaki, J. and Shimoda, C. (2005)
  • The fission yeast spo14+ gene encoding a functional homologue of budding yeast
    Sec12 is required for the development of forespore membranes.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Molecular Biology of the Cell
    巻/号、頁:14巻1109-1124頁
    共著者名:Nakamura-Kubo,M., Nakamura,T., Hirata,A. and Shimoda,C.
  • A Role for fission yeast Rab GTPase Ypt7p in sporulation.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Cell Struct. Funct
    巻/号、頁:in press巻
    共著者名:Kashiwazaki J, Nakamura T, Iwaki T, Takegawa K, Shimoda C
  • 第二減数分裂制御にかかわる新しいCdc7/Dbf4キナーゼ複合体Spo4/Spo6
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:実験医学
    巻/号、頁:23巻1410-1415頁
    共著者名:中村太郎、淡路 萌、下田 親
  • The cation-transporting P-type ATPase Cta4 is required for assembly of the forespore membrane in fission yeast
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Genes Genet. System
    巻/号、頁:in press巻
    共著者名:Yoshida S, Nakamura T, Shimoda C
  • The Sec14 family glycerophospholipid-transfer protein is required for structural integrity of the spindle pole body during meiosis in fission yeast.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Genes to Cells
    巻/号、頁:12巻1275-1286頁
    共著者名:3. Nakase, Y., Nakamura T., Okazaki, K., Hirata, A. and Shimoda, C.
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • A novel fission yeast Cdc7-Dbf4-like kinase complex required for the initiation and progression of meiotic second division.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:Molecular and Cellular Biology
    巻/号、頁:22巻309-320頁
    共著者名:Nakamura T, Nakamura-Kubo M, Nakamura T, Shimoda C
  • The Schizosaccharomyces pombe spo3+ Gene Is Required for Assembly of the Forespore Membrane and Genetically Interacts with psy1+ Encoding Syntaxin-like Protein.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Molecular Biology of the Cell
    巻/号、頁:12巻12号
  • S. pombe sporulation-specific coiled-coil protein Spo15p is localized to the spindle pole body and essential for its modification.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Journal of Cell Science
    巻/号、頁:113巻545-554頁
    共著者名:Ikemoto, S,Kubo, M, and Shimoda, C
  • Protein phosphatase type2B (calcineurin)-mediated, FK506-sensitive regulation of intracellular ions in yeast is an Important determinant for adaptation to high salt stress conditions
    出版年月:1993年
    出版社:EMBO Journal
    巻/号、頁:12巻4063頁
  • A fission yeast SNAP-25 homologue, SpSec9, is essential for cytokinesis and sporulation.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Cell Struct. Funct.
    巻/号、頁:30巻2号15-24頁
    共著者名:Nakamura, T., Kashiwazaki, J. and Shimoda, C. (2005)
  • The fission yeast spo14+ gene encoding a functional homologue of budding yeast
    Sec12 is required for the development of forespore membranes.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Molecular Biology of the Cell
    巻/号、頁:14巻1109-1124頁
    共著者名:Nakamura-Kubo,M., Nakamura,T., Hirata,A. and Shimoda,C.
  • A Role for fission yeast Rab GTPase Ypt7p in sporulation.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Cell Struct. Funct
    巻/号、頁:in press巻
    共著者名:Kashiwazaki J, Nakamura T, Iwaki T, Takegawa K, Shimoda C
  • 第二減数分裂制御にかかわる新しいCdc7/Dbf4キナーゼ複合体Spo4/Spo6
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:実験医学
    巻/号、頁:23巻1410-1415頁
    共著者名:中村太郎、淡路 萌、下田 親
  • The cation-transporting P-type ATPase Cta4 is required for assembly of the forespore membrane in fission yeast
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Genes Genet. System
    巻/号、頁:in press巻
    共著者名:Yoshida S, Nakamura T, Shimoda C
  • The Sec14 family glycerophospholipid-transfer protein is required for structural integrity of the spindle pole body during meiosis in fission yeast.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Genes to Cells
    巻/号、頁:12巻1275-1286頁
    共著者名:3. Nakase, Y., Nakamura T., Okazaki, K., Hirata, A. and Shimoda, C.
  • 酵母の培養と遺伝的改変
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:蛋白質核酸酵素
    巻/号、頁:49巻1558頁
    共著者名:下田 親、中村太郎、金子嘉信
  • Sorting nexin homologues are targets of phosphatidylinositol 3-phosphate in sporulation of Schizosaccharomyces pombe
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Genes to Cells
    巻/号、頁:9巻561-574頁
    共著者名:Koga T, Onishi M, Nakamura Y, HirataA, Nakamura T, Shimoda C, Iwaki T, Takegawa K, Fukui Y.
  • Role of phosphatidylinositol 3-phosphate in formation of forespore membrane in Schizosaccharomyces pombe.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Yeast
    巻/号、頁:20巻193-206頁
    共著者名:Onishi,M., Koga,T., Morita,R., Nakamura,Y., Nakamura,T., Shimoda,C., Takegawa,K., Hirata, A. Fukui,Y
  • 分裂酵母の胞子細胞膜はどのような分子機構で構築されるか?~ベストペーパーズ賞受賞者からのお便り~ 
    単著・共著別:単著
    出版年月:2003年
    出版社:GSJコミュニケーションズ日本遺伝学会
    巻/号、頁:3号26頁
  • Ribosomal proteins S0 and S21 are involved in the stability of 18S rRNA in fission yeast, Schizosaccharomyces pombe
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Biochem. Biophys. Res. Commun.
    巻/号、頁:311巻942-947頁
    共著者名:Sato, M., Kong, CJ., Yoshida, H., Nakamura, T., Wada, A., Shimoda, C. and Kaneda, Y.
  • The Schizosaccharomyces pombe cdt2+ gene, a target of G1-S phase-specific transcription factor complex DSC1, is required for mitotic and premeiotic DNA replication.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Genetics
    巻/号、頁:164巻3号881-893頁
    共著者名:Yoshida, S., AL-Amodi, H., Nakamura, T., McInerny, CJ., and Shimoda, C.
  • Late meiosis and sporulation
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Springer-Verlag/Molecular Biology of Schizosaccharomyces pombe.
    巻/号、頁:22頁
    共著者名:Shimoda C, Nakamura T
  • 酵母の胞子形成研究の現状ー細胞膜構築の原理をめざして 
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:羊土社・実験医学
    巻/号、頁:121巻5号126-130頁
    共著者名:中瀬由起子、中村太郎、下田 親
  • 分裂酵母の胞子細胞膜はどのような分子機構で構築されるか?
    種別:解説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2002年
    出版社:日本遺伝学会・若手研究者が語る21世紀の遺伝学
    巻/号、頁:5頁
  • Irreversible Deacylation of Plasma Membrane Phospholipids by the Combined
    Action of Mg2+ and a Long-Chain Acyl-CoA Synthetase Inhibitor in Saccharomyces cerevisiae.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:Journal of Bioscience and Bioengineering
    巻/号、頁:94巻258-262頁
    共著者名:Nakayama, K., Nakamura, T., Taniguchi, M. and Tanaka K
  • The Schizosaccharomyces pombe spo20(+) gene encoding a homologue of Saccharomyces cerevisiaeSec14 plays an important role in forespore membrane formation.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Molecular Biology of the Cell
    巻/号、頁:12巻4号901頁
  • Yeast Crv4/Ttp1, a predicted type II membrane protein, is involved in an event important for growth, functionally overlapping with the event regulated by calcineurin-and Mpk1-mediated pathways
    出版年月:1997年
    出版社:Molecular and General Genetics
    巻/号、頁:256巻481頁
  • Genetic evidence for the functional redundancy of the calcineurin-and MPK-mediated pathways in the regulation of the cellular events important for growth in Saccharomyces cerevisiae
    出版年月:1996年
    出版社:Molecular and General Genetics
    巻/号、頁:251巻211頁
  • Cloning and characterization of the Saccharomyces cerevisiae gene SVS1 which encodes a serine-and threonine-rich protein required for vanadate resistance
    出版年月:1995年
    出版社:Gene
    巻/号、頁:165巻25頁
  • 酵母のストレス応答とカルシニューリン 細胞内イオン濃度の調節による高NaC1への適応
    出版年月:1994年
    出版社:蛋白質核酸酵素(別冊)酵母に見る最新の真核生物像
    巻/号、頁:39巻420頁
  • 酵母のCa┣D12+┫D1依存性プロテインホスファターゼ
    種別:著書
    出版年月:1994年
    出版社:酵母とバイオ・酵母研究の新潮流(財)バイオインダストリー協会編医学出版センター
    巻/号、頁:28頁
  • プロテインホスファターゼによる細胞機能の調節 酵母で明らかにされる生理
    出版年月:1993年
    出版社:化学と生物
    巻/号、頁:31巻292頁
  • Ca┣D12+┫D1/calmodulin-activated protein physphatase (PP2B) of Saccharomyces cerevisiae : PP2B activity is not essential for growth
    出版年月:1992年
    出版社:FEBS LETTERS
    巻/号、頁:309巻103頁
  • Cloning and molecular analysis of cDNA encoding a carboxymethylcellvlase of the yeast Cryptococcus flavus
    出版年月:1992年
    出版社:Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry
    巻/号、頁:56巻1230頁
  • このごろのプロテインホスファターゼ
    出版年月:1991年
    出版社:醗酵工学会誌
    巻/号、頁:69巻5号394頁

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本農芸化学会
  • 学会名:酵母遺伝学フォーラム
  • 学会名:日本分子生物学会
  • 学会名:アメリカ細胞生物学会

産学官連携可能情報

専門分野

  • 酵母の分子生物学

所属研究部門

  • 理学研究科 生物地球系専攻(生体機能生物学)

交流可能研究テーマ

  • 分裂酵母あるいは出芽酵母を用いた薬剤(生理活性物質)のスクリーニング
    研究テーマの分野:基礎生物科学

現在の研究課題

  • 課題名:分裂酵母を用いた有性生殖・減数分裂機構の解析
    研究分野:遺伝、分子生物学
    キーワード:酵母、有性生殖、減数分裂
  • 課題名:酵母遺伝資源の整備(ナショナルバイオリソースプロジェクト)
    研究分野:生物資源科学
    キーワード:リソース、遺伝資源

電子メールアドレス

  • taronaka@sci.osaka-cu.ac.jp

交流研究テーマ情報

交流可能研究テーマ

  • 分裂酵母あるいは出芽酵母を用いた薬剤(生理活性物質)のスクリーニング
    研究テーマの分野:基礎生物科学
    研究テーマの概要:分裂酵母あるいは出芽酵母の簡便性、経済性、遺伝学的アプローチを利用して薬剤や生理活性物質のスクリーニングを行う。
    交流可能な時期・期間:2002-
    交流の種別:技術相談、共同研究
    知識・技術の活用分野・応用方法等:分裂酵母(出芽酵母)の基礎的研究によって得られた知見を薬剤のスクリーニング等の応用に利用する。
    キーワード:酵母、遺伝学、薬剤、スクリーニング
    共同研究の希望:産学連携等、民間を含む他機関との共同研究を希望する

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。