大阪市立大学 研究者要覧


佐藤 哲也(サトウ テツヤ)SATOH Tetsuya

  • 所属研究科・専攻:理学研究科 物質分子系専攻(有機化学) 職名:教授
更新日:2017/03/08

プロフィール

主な取得学位

  • 博士(工学)

主な専門分野

  • 合成化学

主な経歴

取得学位

  • 博士(工学)

受賞学術賞

  • 2016年 トムソンロイター Highly Cited Researchers 2016
  • 2015年 トムソンロイター Highly Cited Researchers 2015
  • 2015年 大阪大学総長による表彰
  • 2014年 GSC賞 文部科学大臣賞
  • 2014年 トムソンロイター Highly Cited Researchers 2014
  • 2014年 第3回大阪大学総長奨励賞
  • 2012年 トムソンロイター 2012年リサーチフロントアワード
  • 2010年 Thieme Chemistry Journals Award 2010
  • 2007年 有機合成化学協会 高砂香料工業 研究企画賞

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 合成化学

現在の研究課題

  • 課題名:遷移金属触媒を用いる有機合成反応開発
    研究分野:合成化学、有機化学、有機工業化学
    キーワード:C-H官能基化、有機金属化学、クロスカップリング

主要な研究業績

著書・論文

  • Reactions Involving Elimination of CO2 and Ketones
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年04月
    出版社:Cleavage of Carbon-Carbon Single Bonds by Transition Metals, Wiley-VCH
    巻/号、頁:119-163頁
  • Synthesis of Difluorinated Enynes through Sonogashira-Type Coupling
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年11月
    出版社:Org. Lett.
    巻/号、頁:18巻21号5688-5691頁
  • Oxidative Annulation of Arenecarboxylic and Acrylic Acids with Alkynes under Ambient Conditions Catalyzed by an Electron-Deficient Rhodium(III) Complex
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年10月
    出版社:Chem. Eur. J.
    巻/号、頁:22巻40号14190-14194頁
  • Ruthenium-Catalyzed Cross-Coupling of Maleimides with Alkenes
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年04月
    出版社:Org. Lett.
    巻/号、頁:18巻18号4598-4601頁
  • Synthesis of Benzo-bis- and Benzo-tris-benzofurans by Palladium-Catalyzed Multiple Intramolecular C-H/C-H Coupling
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年09月
    出版社:Chem. Lett.
    巻/号、頁:45巻9号1069-1071頁
  • Rhodium(III)-catalyzed Mono- and Dialkenylation of N-Phenyl-7-azaindoles via Regioselective C-H Bond Cleavage
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年06月
    出版社:Chem. Lett.
    巻/号、頁:45巻6号682-684頁
  • Rhodium-Catalyzed Oxidative Annulation of (2-Arylphenyl)boronic Acids with Alkynes: Selective Synthesis of Phenanthrene Derivatives
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年11月
    出版社:Synlett
    巻/号、頁:27巻11号1707-1710頁
  • Synthesis of Benzo[c]thiophenes by Rhodium(III)-Catalyzed Dehydrogenative Annulation
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年03月
    出版社:J. Org. Chem.
    巻/号、頁:81巻6号2474-2481頁
  • Ruthenium-Catalyzed Regioselective C-H Bond Acetoxylation on Carbazole and Indole Frameworks
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年02月
    出版社:Org. Lett.
    巻/号、頁:18巻5号1150–1153頁
  • Regioselective Synthesis of Benzo[b]phosphole Derivatives via Direct ortho-Alkenylation and Cyclization of Arylthiophosphinamides
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年04月
    出版社:Org. Lett.
    巻/号、頁:18巻20号5436–5439頁
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • Reactions Involving Elimination of CO2 and Ketones
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年04月
    出版社:Cleavage of Carbon-Carbon Single Bonds by Transition Metals, Wiley-VCH
    巻/号、頁:119-163頁
  • Synthesis of Difluorinated Enynes through Sonogashira-Type Coupling
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年11月
    出版社:Org. Lett.
    巻/号、頁:18巻21号5688-5691頁
  • Oxidative Annulation of Arenecarboxylic and Acrylic Acids with Alkynes under Ambient Conditions Catalyzed by an Electron-Deficient Rhodium(III) Complex
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年10月
    出版社:Chem. Eur. J.
    巻/号、頁:22巻40号14190-14194頁
  • Ruthenium-Catalyzed Cross-Coupling of Maleimides with Alkenes
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年04月
    出版社:Org. Lett.
    巻/号、頁:18巻18号4598-4601頁
  • Synthesis of Benzo-bis- and Benzo-tris-benzofurans by Palladium-Catalyzed Multiple Intramolecular C-H/C-H Coupling
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年09月
    出版社:Chem. Lett.
    巻/号、頁:45巻9号1069-1071頁
  • Rhodium(III)-catalyzed Mono- and Dialkenylation of N-Phenyl-7-azaindoles via Regioselective C-H Bond Cleavage
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年06月
    出版社:Chem. Lett.
    巻/号、頁:45巻6号682-684頁
  • Rhodium-Catalyzed Oxidative Annulation of (2-Arylphenyl)boronic Acids with Alkynes: Selective Synthesis of Phenanthrene Derivatives
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年11月
    出版社:Synlett
    巻/号、頁:27巻11号1707-1710頁
  • Synthesis of Benzo[c]thiophenes by Rhodium(III)-Catalyzed Dehydrogenative Annulation
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年03月
    出版社:J. Org. Chem.
    巻/号、頁:81巻6号2474-2481頁
  • Ruthenium-Catalyzed Regioselective C-H Bond Acetoxylation on Carbazole and Indole Frameworks
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年02月
    出版社:Org. Lett.
    巻/号、頁:18巻5号1150–1153頁
  • Regioselective Synthesis of Benzo[b]phosphole Derivatives via Direct ortho-Alkenylation and Cyclization of Arylthiophosphinamides
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年04月
    出版社:Org. Lett.
    巻/号、頁:18巻20号5436–5439頁
  • 環境調和型脱水素クロスカップリングの新手法開発
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年05月
    出版社:シーエムシー出版・月刊ファインケミカル
    巻/号、頁:5号25-30頁
  • Vinylation Using a Rhodium(III) Catalyst
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年10月
    出版社:Georg Thieme•Science of Synthesis (Vol. Catalytic Transformations via C–H Activation 1)
    巻/号、頁:197-228頁
  • Rhodium(III)-Catalyzed Direct Coupling of Arylphosphine Derivatives with Heterobicyclic Alkenes: A Concise Route to Biarylphosphines and Dibenzophosphole Derivatives
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年09月
    出版社:ACS Catal.
    巻/号、頁:5巻11号6634-6639頁
  • Rhodium(III)-catalyzed Intramolecular Ar-H/Ar-H Coupling Directed by Carboxylic Group to Produce Dibenzofuran Carboxylic Acids
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年11月
    出版社:Chem. Lett.
    巻/号、頁:44巻11号1598-1600頁
  • Palladium(II)-Catalyzed Direct C–H Alkenylation of Thienothiophene and Related Fused Heteroarenes
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年08月
    出版社:Org. Lett.
    巻/号、頁:17巻17号4384-4387頁
  • Synthesis of Indolo[1,2-a][1,8]naphthyridines by Rhodium(III)-Catalyzed Dehydrogenative Coupling via Rollover Cyclometalation
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年06月
    出版社:Org. Lett.
    巻/号、頁:17巻12号3130-3133頁
  • Rhodium-Catalyzed Direct Coupling of Benzothioamides with Alkenes and Alkynes through Directed C–H Bond Cleavage
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年08月
    出版社:Chem. Lett.
    巻/号、頁:44巻8号1104-1106頁
  • Manganese-Mediated C3-Selective Direct Alkylation and Arylation of 2-Pyridones with Diethyl Malonates and Arylboronic Acids
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年02月
    出版社:J. Org. Chem.
    巻/号、頁:79巻3号1377-1385頁
  • Highly Stereoselective Synthesis of (Borylmethyl)cyclopropylamines by Copper-Catalyzed Aminoboration of Methylenecyclopropanes
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年02月
    出版社:Org. Lett.
    巻/号、頁:16巻4号1228-1231頁
  • Rhodium(III)-Catalyzed ortho-Alkenylation through C-H Bond Cleavage Directed by Sulfoxide Groups
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年02月
    出版社:Org. Lett.
    巻/号、頁:16巻4号1188-1191頁
  • Copper-Catalyzed Enantioselective Formal Hydroamination of Oxa- and Azabicyclic Alkenes with Hydrosilanes and Hydroxylamine
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年03月
    出版社:Org. Lett.
    巻/号、頁:16巻5号1498-1501頁
  • Copper-Catalyzed α-Methylenation of Benzylpyridines Using Dimethylacetamide as One-Carbon Source
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年04月
    出版社:Org. Lett.
    巻/号、頁:16巻7号2050-2053頁
  • Ruthenium- and Rhodium-Catalyzed Dehydrogenative ortho-Alkenylation of Benzylamines via Free Amino Group Directed CH Bond Cleavage
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年04月
    出版社:Adv. Synth. Catal.
    巻/号、頁:356巻7号1521-1526頁
  • The Oxidative Annulation of Tertiary Benzyl Alcohols with Internal Alkynes using an (Electron-Deficient η5-Cyclopenta-dienyl)Rhodium(III) Catalyst under Ambient Conditions
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年04月
    出版社:Adv. Synth. Catal.
    巻/号、頁:356巻7号1638-1644頁
  • Synthesis of Carbazoles by Copper-Catalyzed Intramolecular C-H/N-H Coupling
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年05月
    出版社:Org. Lett.
    巻/号、頁:16巻11号2892-2895頁
  • Development of Direct Aromatic Coupling Reactions by Transition Metal Catalysis
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年07月
    出版社:Bull. Chem. Soc. Jpn.
    巻/号、頁:87巻7号751-764頁
  • Synthesis of [1]benzothieno[3,2-b][1]benzothiophene (BTBT) and its higher homologs through palladium-catalyzed intramolecular decarboxylative arylation
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年05月
    出版社:Tetrahedron Lett.
    巻/号、頁:55巻30号4175-4177頁
  • Synthesis of Triarylmethanes by Palladium-Catalyzed C-H/C-O Coupling of Oxazoles and Diarylmethanol Derivatives
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年06月
    出版社:J. Org. Chem.
    巻/号、頁:79巻12号5401-5411頁
  • Rhodium(III)-Catalyzed Regioselective C–H Alkenylation of Phenylphosphine Sulfides
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年08月
    出版社:J. Org. Chem.
    巻/号、頁:79巻16号7649-7655頁
  • Copper-Mediated C6-Selective Dehydrogenative Heteroarylation of 2-Pyridones with 1,3-Azoles
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年11月
    出版社:Angew. Chem., Int. Ed.
    巻/号、頁:53巻40号10784-10788頁
  • Unexpected Cyclization of Tritylamines Promoted by Copper Salt through C–H and C–N Bond Cleavages to Produce Acridine Derivatives
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年12月
    出版社:Chem. Eur. J.
    巻/号、頁:20巻40号12720-1272頁
  • Rhodium–Catalyzed Intramolecular Dehydrogenative Aryl–Aryl Coupling Using Air as Terminal Oxidan
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年11月
    出版社:Chem. Lett.
    巻/号、頁:43巻11号1782-1784頁
  • Iridium-Catalyzed Annulative Coupling of 2-Arylbenzoyl Chlorides with Alkynes: Selective Formation of Phenanthrene Derivatives
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年10月
    出版社:J. Org. Chem.
    巻/号、頁:79巻19号8960-8967頁
  • Copper-Catalyzed Stereoselective Aminoboration of Bicyclic Alkenes
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年01月
    出版社:Angew. Chem., Int. Ed.
    巻/号、頁:54巻2号613-617頁
  • Rhodium(III)-Catalyzed Oxidative Alkenylation of 1,3-Dithiane-Protected Arenecarbaldehydes via Regioselective C-H Bond Cleavage
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年02月
    出版社:Org. Lett.
    巻/号、頁:17巻3号704-707頁
  • Copper-Mediated Formally Dehydrative Biaryl Coupling of Azine N-Oxides and Oxazoles
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年02月
    出版社:J. Org. Chem.
    巻/号、頁:80巻4号2381-2391頁
  • Rhodium-Catalyzed Dehydrogenative Coupling of Phenylheteroarenes with Alkynes or Alkenes
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年02月
    出版社:J. Org. Chem.
    巻/号、頁:80巻5号2804-2814頁
  • Synthesis of Indolines by Copper-Mediated Intramolecular Aromatic C-H Amination
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年03月
    出版社:J. Org. Chem.
    巻/号、頁:80巻6号3242-3249頁
  • Direct Synthesis of N-H Carbazoles via Iridium(III)-Catalyzed Intramolecular C-H Amination
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年03月
    出版社:Org. Lett.
    巻/号、頁:17巻6号1597-1600頁
  • Rhodium-catalyzed direct ortho-alkenylation of phenyl sulfones with alkynes utilizing sulfonyl function as modifiable directing group
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年06月
    出版社:Tetrahedron
  • Evaluation of the intrinsic charge carrier transporting properties of linear- and bent-shaped π-extended benzo-fused thieno[3,2-b]thiophenes
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年03月
    出版社:Phys. Chem. Chem. Phys.
    巻/号、頁:17巻15号9624-9628頁
  • Synthesis of Thieno[3,2-b]benzofurans by Palladium-Catalyzed Intramolecular C-H/C-H Coupling
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年05月
    出版社:Chem. Lett.

研究費獲得実績

科研費補助金獲得実績

  • 研究課題名:細孔内を反応場とする脱カルボキシル化/カルボキシル化を伴う新反応開発
    研究種目:新学術領域研究(研究領域提案型)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2015年
    研究期間:2016年04月~2018年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 2400(千円)
    2年目 2400(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 720(千円)
    2年目 720(千円)
  • 研究課題名:アセン骨格を有する有機塩結晶の創製と配列制御による高効率キャリア輸送材料への応用
    研究種目:基盤研究(B)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2012年
    研究期間:2013年04月~2016年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 4200(千円)
    2年目 4900(千円)
    3年目 4900(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 1260(千円)
    2年目 1470(千円)
    3年目 1470(千円)
  • 研究課題名:カルボキシル基を配向基とする炭素―水素および炭素―炭素結合の直截的変換法の開発
    研究種目:新学術領域研究(研究領域提案型)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2012年
    研究期間:2013年04月~2015年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 2700(千円)
    2年目 2700(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 810(千円)
    2年目 810(千円)
  • 研究課題名:低級脂肪族カルボン酸類の炭素ー水素および炭素ー炭素結合切断を伴う直截的変換
    研究種目:新学術領域研究(研究領域提案型)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2010年
    研究期間:2011年04月~2013年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 2700(千円)
    2年目 2300(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 810(千円)
    2年目 690(千円)

競争的研究資金獲得実績

  • 名称:大阪市立大学 戦略的研究 基盤研究
    研究課題名:都市部での自然エネルギー貯蔵システムに利用可能な水素貯蔵媒体の開発
    代表者区分:代表者
    研究期間:2015年04月~2016年03月
    形態:補助事業
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1500(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:新エネルギー・産業技術総合開発機構 エネルギー・環境新技術先導プログラム
    研究課題名:バイオミメティックな超分子ナノ空間の創出によるCO2の高効率回収、及び資源化技術の研究開発
    代表者区分:分担者
    研究期間:2015年10月~2016年10月
    形態:受託研究
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1000(千円)
    2年目 7696(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 150(千円)
    2年目 1154(千円)
  • 名称:科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業ACT-C
    研究課題名:環境に優しい低エミッション型脱水素クロスカップリング反応の開発
    代表者区分:代表者
    研究期間:2012年10月~2018年03月
    形態:受託研究
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 10150(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 不明(千円)

学会活動

所属学会

  • 学会名:有機合成化学協会
  • 学会名:近畿化学協会
  • 学会名:日本化学会
     春季年会総務小委員会委員

学会等における発表

  • カルボン酸を始めとする入手容易な分子の触媒的変換反応の開発
    発表年月:2017年01月
    発表会議名:新学術領域研究「精密制御反応場」第2回公開シンポジウム
    学会発表区分:国内
  • 含ヘテロ原子配向基を利用したC−H官能基化反応
    発表年月:2016年05月
    発表会議名:ヘテロ原子部会平成28年度第1回懇話会
    学会発表区分:国内
  • ロジウム(III)触媒を用いる脱水素カップリング反応
    発表年月:2016年07月
    発表会議名:第49回有機金属若手の会 夏の学校
    学会発表区分:国内
  • Transition-Metal-Catalyzed Transformation of Benzoic Acids and Related Compounds
    発表年月:2016年10月
    発表会議名:International Symposium on C–O Activation
    学会発表区分:国内
  • Rhodium(III)-Catalyzed Regioselective C–H Functionalization
    発表年月:2016年08月
    発表会議名:3rd International Conference on Organometallics and Catalysis
    学会発表区分:大韓民国
  • 遷移金属触媒を用いるC−Hアリール化・アルケニル化および裏話
    発表年月:2015年06月
    発表会議名:第73回講演会 有機化学研究会白鷺セミナー
    学会発表区分:国内
  • C–H官能基化
    発表年月:2015年06月
    発表会議名:第42回有機金属化学セミナー
    学会発表区分:国内
  • 遷移金属触媒を用いる芳香族C-H結合の直接誘導体化法の開発
    発表年月:2015年05月
    発表会議名:大阪市立大学理学部化学科談話会
    学会発表区分:国内

教育活動

担当講義

  • 担当年度:2016年
    授業科目名:基礎化学実験Ⅰ
    講義区分:共通
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:後期特別研究
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:機能分子科学ゼミナール1&2
    講義区分:専門
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:前期特別研究
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:機能分子科学演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:機能有機分子科学特論Ⅰ
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:特別研究
    講義区分:専門
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:化学実験Ⅲ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:有機化学3
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:後期特別研究
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:機能分子科学ゼミナール1&2
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:前期特別研究
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:機能分子科学演習
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:特別研究
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:化学実験Ⅲ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:基礎化学実験Ⅱ
    講義区分:共通
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:基礎化学実験Ⅰ
    講義区分:共通
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:機能有機分子科学特論Ⅰ
    講義区分:大学院

産学官連携可能情報

専門分野

  • 合成化学

所属研究部門

  • 理学研究科 物質分子系専攻(有機化学)

現在の研究課題

  • 課題名:遷移金属触媒を用いる有機合成反応開発
    研究分野:合成化学、有機化学、有機工業化学
    キーワード:C-H官能基化、有機金属化学、クロスカップリング

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。