大阪市立大学 研究者要覧


西川 禎一(ニシカワ ヨシカズ)NISHIKAWA Yoshikazu

更新日:2016/01/20

プロフィール

兼担部署名

  • 生活科学研究科

主な取得学位

  • 農学博士

主な専門分野

  • 細菌学(含真菌学)

個人URL HP

主な経歴

取得学位

  • 農学博士
  • 獣医学修士

学歴

  • 大阪府立大学 農学研究科 獣医学 博士課程後期
  • 北海道大学 獣医学研究科 予防治療学専攻 修士課程
  • 大阪府立大学 農学部 獣医学科

職歴

  • 1985-1995年 大阪市立環境科学研究所/研究員
  • 1995-1999年 大阪市立環境科学研究所/研究主任
  • 1984-1985年 東京大学医科学研究所実験動物研究施設/研究生

大阪市立大学経歴

  • 1999年 助教授
  • 2005年 教授

受賞学術賞

  • 1994年 大阪府獣医師会学術功労賞
  • 1994年 日本獣医公衆衛生学会近畿地区学会長賞
  • 1997年 大阪生活衛生協会会長賞
  • 1992年 大阪市職員提案優秀賞
  • 2001年 大阪生活衛生協会優秀賞
  • 1990年 大阪生活衛生協会奨励賞
  • 1992年 日本獣医公衆衛生学会近畿地区学会長賞
  • 1995年 大阪生活衛生協会会長賞

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 細菌学(含真菌学)
  • 食品微生物学
  • 食生活

現在の研究課題

  • 課題名:下痢原性大腸菌の病原機構と疫学
    研究分野:細菌学(含真菌学)、食品科学・栄養科学
    キーワード:病原性、疫学、大腸菌
  • 課題名:生体防御機能に及ぼす加齢と栄養の影響
    研究分野:食生活
    キーワード:老化、栄養、自然免疫
  • 課題名:水産加工品のリステリア汚染
    研究分野:細菌学(含真菌学)、食品科学・栄養科学、食生活
    キーワード:リステリア、水産品

主要な研究業績

著書・論文

  • Fates of foodborne pathogens in raw hams manufactured rapidly using a new patented method.
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2010年
    出版社:J. Food Prot.
    巻/号、頁:in press頁
  • Interleukin-8 induction due to diffusely adherent Escherichia coli possessing Afa/Dr genes depends on flagella and epithelial Toll-like receptor 5.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:Microbiol. Immunol.
    巻/号、頁:in press頁
    共著者名:Arikawa, K., and Nishikawa, Y.
  • Caenorhabditis elegans as an alternative model host for Legionella pneumophila and the protective effects of Bifidobacterium infantis.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:Appl. Environ. Microbiol.
    巻/号、頁:76巻4105-4108頁
    共著者名:Komura, T., Yasui, C., Miyamoto, H., and Nishikawa, Y.
  • Isolation and characterization of enteroaggregative,enterotoxigenic, diffusely adherent Escherichia coli and Salmonella Worthington from human diarrhoeic faecal samples in Kashmir and Secunderabad, India.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:World J. Microbiol. Biotechnol. DOI 10.1007/s11274-010-0370-2
    巻/号、頁:in press頁
    共著者名:Hussain, I., Wani, S. A., Nagamani, K., Fayaz, I., Mir, M. A., Nabi, A., Qureshi, K., Khan, M. A., a
  • Molecular epidemiology and in vitro antimicrobial susceptibility of Salmonella isolated from poultry in Kashmir.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:Scientific and Technical Review of the OIE
    巻/号、頁:29巻3号in press頁
    共著者名:Mir, I. A., Wani, S. A., Hussain, I. , Qureshi, S. D., Bhat, M. A., and Nishikawa, Y.
  • A method for oral administration of hydrophilic substances to Caenorhabditis elegans: effects of oral supplementation with antioxidants on the nematode lifespan.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:Mech. Ageing Dev.
    巻/号、頁:130巻652-655頁
    共著者名:Shibamura, A., Ikeda, T., and Nishikawa, Y.
  • Multiplex real-time PCR for exhaustive detection of diarrhoeagenic Escherichia coli.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:J. Appl. Microbiol.
    巻/号、頁:106巻410-420頁
    共著者名:Hidaka, A., Hokyo, T., Arikawa, K., Fujihara, S., Ogasawara, J., Hase, A., Hara-Kudo, Y., and Nishik
  • Prevalence and properties of diarrheagenic Escherichia coli among healthy individuals in Osaka City, Japan.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:Jpn. J. Infect. Dis.
    巻/号、頁:62巻318-323頁
    共著者名:Fujihara, S., Arikawa, K., Aota, T., Tanaka, H., Nakamura, H., Wada, T., Hase, A., and Nishikawa, Y.
  • Subtype analysis of stx(1), stx(2) and eae genes in Shiga toxin-producing Escherichia coli (STEC) and typical and atypical enteropathogenic E. coli (EPEC) from lambs in India.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:Vet. J.
    巻/号、頁:182巻489-490頁
    共著者名:Wani, S. A., Hussain, I., Fayaz, I., Mir, M. A., and Nishikawa, Y.
  • Evaluation of Caenorhabditis elegans as the host in an infection model for food-borne pathogens.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:Jpn. J. Food Microbiol.
    巻/号、頁:25巻137-147頁
    共著者名:Hoshino, K., Yasui, C., Ikeda, T., Arikawa, K., Toshima, H., and Nishikawa Y.
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • Fates of foodborne pathogens in raw hams manufactured rapidly using a new patented method.
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:2010年
    出版社:J. Food Prot.
    巻/号、頁:in press頁
  • Interleukin-8 induction due to diffusely adherent Escherichia coli possessing Afa/Dr genes depends on flagella and epithelial Toll-like receptor 5.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:Microbiol. Immunol.
    巻/号、頁:in press頁
    共著者名:Arikawa, K., and Nishikawa, Y.
  • Caenorhabditis elegans as an alternative model host for Legionella pneumophila and the protective effects of Bifidobacterium infantis.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:Appl. Environ. Microbiol.
    巻/号、頁:76巻4105-4108頁
    共著者名:Komura, T., Yasui, C., Miyamoto, H., and Nishikawa, Y.
  • Isolation and characterization of enteroaggregative,enterotoxigenic, diffusely adherent Escherichia coli and Salmonella Worthington from human diarrhoeic faecal samples in Kashmir and Secunderabad, India.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:World J. Microbiol. Biotechnol. DOI 10.1007/s11274-010-0370-2
    巻/号、頁:in press頁
    共著者名:Hussain, I., Wani, S. A., Nagamani, K., Fayaz, I., Mir, M. A., Nabi, A., Qureshi, K., Khan, M. A., a
  • Molecular epidemiology and in vitro antimicrobial susceptibility of Salmonella isolated from poultry in Kashmir.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年
    出版社:Scientific and Technical Review of the OIE
    巻/号、頁:29巻3号in press頁
    共著者名:Mir, I. A., Wani, S. A., Hussain, I. , Qureshi, S. D., Bhat, M. A., and Nishikawa, Y.
  • A method for oral administration of hydrophilic substances to Caenorhabditis elegans: effects of oral supplementation with antioxidants on the nematode lifespan.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:Mech. Ageing Dev.
    巻/号、頁:130巻652-655頁
    共著者名:Shibamura, A., Ikeda, T., and Nishikawa, Y.
  • Multiplex real-time PCR for exhaustive detection of diarrhoeagenic Escherichia coli.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:J. Appl. Microbiol.
    巻/号、頁:106巻410-420頁
    共著者名:Hidaka, A., Hokyo, T., Arikawa, K., Fujihara, S., Ogasawara, J., Hase, A., Hara-Kudo, Y., and Nishik
  • Prevalence and properties of diarrheagenic Escherichia coli among healthy individuals in Osaka City, Japan.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:Jpn. J. Infect. Dis.
    巻/号、頁:62巻318-323頁
    共著者名:Fujihara, S., Arikawa, K., Aota, T., Tanaka, H., Nakamura, H., Wada, T., Hase, A., and Nishikawa, Y.
  • Subtype analysis of stx(1), stx(2) and eae genes in Shiga toxin-producing Escherichia coli (STEC) and typical and atypical enteropathogenic E. coli (EPEC) from lambs in India.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:Vet. J.
    巻/号、頁:182巻489-490頁
    共著者名:Wani, S. A., Hussain, I., Fayaz, I., Mir, M. A., and Nishikawa, Y.
  • Evaluation of Caenorhabditis elegans as the host in an infection model for food-borne pathogens.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:Jpn. J. Food Microbiol.
    巻/号、頁:25巻137-147頁
    共著者名:Hoshino, K., Yasui, C., Ikeda, T., Arikawa, K., Toshima, H., and Nishikawa Y.
  • Typing of Stx 2 genes of Escherichia coli O157 isolates from cattle.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:Jpn. J. Infect. Dis.
    巻/号、頁:61巻251-252頁
    共著者名:Nakamura, H., Ogasawara, J., Kita, T., Hase, A., and Nishikawa, Y.
  • Prevalence and virulence gene profiles of Shiga toxin-producing Escherichia coli and enteropathogenic Escherichia coli from diarrhoeic and healthy lambs in India
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:Small Ruminant Res.
    巻/号、頁:75巻65-70頁
    共著者名:Bhat, M. A., Nishikawa, Y., and Wani, S. A.
  • Influence of Lactic Acid Bacteria on Longevity of Caenorhabditis elegans and the Host Defense to Salmonella enterica Serovar Enteritidis.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Appl. Environ. Microbiol.
    巻/号、頁:73巻20号6404-6409頁
    共著者名:Ikeda, T., Yasui, C., Hoshino, K., Arikawa, K., and Nishikawa, Y.
  • Enhancement of Shiga toxin production in enterohemorrhagic Escherichia coli serotype O157:H7 by DNase colicins.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Appl. Environ. Microbiol.
    巻/号、頁:73巻23号7582-7588頁
    共著者名:Toshima, H., Yoshimura, A., Arikawa, K., Hidaka, A., Ogasawara, J. et al.
  • Prevalence of enteric bacteria that inhibit growth of enterohaemorrhagic Escherichia coli O157 in humans.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Epidemiol. Infect.
    巻/号、頁:135巻110-117頁
    共著者名:Toshima, H., Y., Hachio, M., Ikemoto, Y., Ogasawara, J., Hase, A., et al.
  • Interleukin-8 secretion by epithelial cells infected with diffusely adherent Escherichia coli possessing Afa adhesin-coding genes
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Microbiol. Immunol.
    巻/号、頁:49巻6号493-503頁
    共著者名:Kentaro Arikawa, Ismail Mustafa Meraz, Yoshikazu Nishikawa, Jun Ogasawara, Atsushi Hase.
  • Molecular typing to trace Listeria monocytogenes isolated from cold-smoked fish to a contamination source in a processing plant.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:J. Food Protect.
    巻/号、頁:69巻835-841頁
    共著者名:Nakamura, H., Tokuda, Y., Sono, A., Koyama, T., Ogasawara, J. et al.
  • An outbreak of gastroenteritis in Osaka, Japan due to Escherichia coli serogroup O166:H15 that had a coding gene for enteroaggregative E. coli heat-stable enterotoxin 1 (EAST1)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:Epidemiol. Infect.
    巻/号、頁:128巻3号363-371頁
    共著者名:Zhou, Z., Ogasawara, J., Nishikawa, Y., Seto, Y., Helander, A. et al.
  • Relationship of genetic type of shigatoxin to manifestation of bloody diarrhea due to enterohemorrhagic Escherichia coli serogroup O157 isolates
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Journal of Clinical Microbiology
    巻/号、頁:38巻6号2440-2442頁
    共著者名:Zhou, Z., Hase, A., Ogasawara, J., Cheasty, T., Haruki, K.
  • Epidemiology and properties of heat-stable enterotoxin-producing Escherichia coli serotype O169 : H41.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:Epidemiol. Infect.
    巻/号、頁:121巻31-42頁
    共著者名:,Helander, A., Ogasawara, J., Moyer, N. P., Hanaoka, M., Hase, A. et al.
  • Effect of sugars on the adhesion of Vero cytotoxin-producing Escherichia coli of serogroups O157 and O111.
    種別:著書
    出版年月:1994年
    出版社:Recent Advances in Verocytotoxin-producing Escherichia coli Infections.
    巻/号、頁:261-264頁
  • Adhesion and invasion of human colon carcinoma Caco-2 cells by Aeromonas strains.
    出版年月:1994年
    出版社:J. Med. Microbiol.
    巻/号、頁:40巻55-61頁
  • Prevalence and virulence gene profiles of Shiga toxin-producing Escherichia coli and enteropathogenic Escherichia coli from diarrhoeic and healthy lambs in India.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:Small Ruminant Res.
    巻/号、頁:75巻1号65-70頁
    共著者名:Bhat, M. A., Nishikawa, Y., and Wani, S. A.
  • 線虫を用いた生理機能物資探査のための新規試験法の実用化研究.
    種別:解説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2008年
    出版社:New Food Industry
    巻/号、頁:50巻6号18-24頁
  • Typing of Stx 2 genes of Escherichia coli O157 isolates from cattle.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:Jpn. J. Infect. Dis.
    巻/号、頁:61巻3号251-252頁
    共著者名:Nakamura, H., Ogasawara, J., Kita, T., Hase, A., and Nishikawa, Y.
  • Association of IL-8-Inducing Strains of Diffusely Adherent Escherichia coli with Sporadic Diarrheal Patients Less Than 5 Years of Age.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Braz. J. Infect. Dis.
    巻/号、頁:11巻44-49頁
    共著者名:Meraz, I. M., Arikawa, K., Nakamura, H., Ogasawara, J., Hase, A. et al.
  • Variants of eae and stx genes of atypical enteropathogenic Escherichia coli and non-O157 Shiga toxin-producing Escherichia coli from calves.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Lett. Appl. Microbiol.
    巻/号、頁:45巻6号610-615頁
    共著者名:Wani, S. A., Hussain, I., Nabi, A., Fayaz, I., and Nishikawa, Y.
  • 栄養や療法指導にかかわる資格②~分野別に特化する資格
    種別:解説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:同文書院・管理栄養士コースで学ぶ―キャリアデザインのために―
    巻/号、頁:218-221頁
    共著者名:井上成子、豊原真佐子、西川禎一、阿部としよ
  • 新たな視点からの学部教育~QOLプロモーターとして
    種別:解説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2007年
    出版社:同文書院・管理栄養士コースで学ぶ―キャリアデザインのために―
    巻/号、頁:210-212頁
  • 食中毒研究と管理栄養士
    種別:解説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2007年
    出版社:同文書院・管理栄養士コースで学ぶ―キャリアデザインのために―
    巻/号、頁:78-80頁
  • Shiga toxin-producing Escherichia coli and enteropathogenic Escherichia coli in healthy goats in India: occurrence and virulence properties.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:J. Appl. Microbiol.
    巻/号、頁:100巻1号108-113頁
    共著者名:Wani, S. A., Samanta, I., Munshi, Z. H., Bhat, M. A., Nishikawa, Y.
  • 「分散接着性大腸菌検査時のひと工夫」
    種別:解説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2006年
    出版社:中山書店・『食中毒検査・診療のコツと落とし穴』
    巻/号、頁:61頁
  • 水産品のリステリア汚染.
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:生活衛生
    巻/号、頁:50巻175-184頁
    共著者名:中村寛海、西川禎一
  • Investigation of diarrhoeic faecal samples for enterotoxigenic, Shiga toxin-producing and typical or atypical enteropathogenic Escherichia coli in Kashmir, India.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:FEMS Microbiol. Lett.
    巻/号、頁:261巻238-244頁
    共著者名:Wani, S. A., Nabi, A., Fayaz, I., Ahmad, I., Nishikawa, Y. et al.
  • 「EAST1遺伝子astA保有大腸菌の下痢原性に注意」
    種別:解説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2006年
    出版社:中山書店・『食中毒検査・診療のコツと落とし穴』
    巻/号、頁:11頁
  • Epithelial cells secrete interleukin-8 in response to adhesion and invasion of diffusely adhering Escherichia coli lacking Afa/Dr genes.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Microbiol. Immunol.
    巻/号、頁:50巻3号159-169頁
    共著者名:Meraz, I. M., Arikawa, K., Ogasawara, J., Hase, A., Nishikawa, Y.
  • Escherichia coli O4:NM associated with an outbreak of calf diarrhoea.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Vet. J.
    巻/号、頁:169巻2号300-302頁
    共著者名:Wani, S. A., Bhat, M. A., Samanta, I., Nishikawa, Y., and Buchh, A.S.
  • Caenorhabditis elegansの生体防御機構と免疫栄養学研究への応用.
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:生活科学研究誌
    巻/号、頁:4巻51-74頁
    共著者名:西川禎一、星野香織、池田高紀
  • 食材の種類から見た食中毒.
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2005年
    出版社:調理食品と技術
    巻/号、頁:11巻2号53-57頁
  • 第13章「食中毒による健康被害の現状」・第14章「食中毒の基礎知識」
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2005年
    出版社:放送大学教育振興会・生活科学I 食の科学
    巻/号、頁:238-277頁
  • 第15章「健康な食生活」
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:放送大学教育振興会・生活科学I 食の科学
    巻/号、頁:278-293頁
    共著者名:小城勝相、菊?泰枝、西川禎一、中谷延二
  • Escherichia coli O116 associated with an outbreak of calf diarrhoea.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Vet. Rec.
    巻/号、頁:154巻506-508頁
    共著者名:Wani, S. A., Bhat, M. A., Samanta, I., Nishikawa, Y., and Buchh, A. S.
  • Listeria monocytogenes isolated from cold-smoked fish products in Osaka City, Japan
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Int. J. Food Microbiol.
    巻/号、頁:94巻3号323-328頁
    共著者名:Nakamura, H., Hatanaka, M., Ochi, K., Nagao, M., Ogasawara, J., et al.
  • NK(ナチュラルキラー)細胞と食品成分
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2004年
    出版社:栄養学雑誌
    巻/号、頁:62巻3号129-144頁
    ISSN:0021-5147
  • Detection and isolation of Escherichia coli with a coding gene for enteroaggregative E. coli heat-stable enterotoxin 1 (EAST1) from food and comparison with fecal isolates
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:J. Food Protect.
    巻/号、頁:in press頁
    共著者名:Toshima, M., Uenaka, E., Bi, Y., Nakamura, H., Ogasawara, J., et al.
  • 安全な食生活を守るための基礎情報 食環境問題Q&A〔シリーズ・暮らしの科学20)
    種別:解説
    単著・共著別:その他
    出版年月:2003年
    出版社:ミネルヴァ書房
    巻/号、頁:39-63頁
    共著者名:加藤不二男・山口英昌 編著
  • Isolation and characterization of Shiga toxin-producing Eschrichia coli (STEC) and enteropathogenic Escherichia coli (EPEC) from calves and lambs with diarrhoea in India
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Lett. Appl. Microbiol.
    巻/号、頁:37巻2号121-128頁
    共著者名:Wani,S.A., Bhat,M.A., Samanta,I., Nishikawa,Y. and Buchh,A.S.
  • 野菜の非加熱殺菌法について
    種別:総説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2003年
    出版社:防菌防黴
    巻/号、頁:31巻8号427-439頁
  • Usefulness of a combination of pulsed-field gel electrophoresis and enrichment culture in laboratory investigation of a foodborne outbreak due to Clostridium perfringens
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Diagn. Microbiol. Infect. Dis.
    巻/号、頁:47巻3号471-475頁
    共著者名:Nakamura,H., Ogasawara,J., Monma,C., Hase,A., Suzuki,H. et al.
  • 食品の種類から見た食中毒.
    種別:解説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2003年
    出版社:医歯薬ジャーナル
    巻/号、頁:39巻5号1473-1478頁
  • Isolation and characterization of Shiga toxin-producing Escherichia coli O157:H7 from beef, pork and cattle fecal samples in Changchun, China.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:J. Vet. Med. Sci.
    巻/号、頁:64巻11号1041-1044頁
    共著者名:Zhou, Z., Nishikawa, Y., Zhu, P., Hong, S., Hase, A. et al.
  • Diarrheagenic Escherichia coli isolated from stools of sporadic cases of diarrheal illness in Osaka City, Japan between 1997 and 2000: prevalence of enteroaggregative E. coli heat-stable enterotoxin 1 gene-possessing E. coli
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:Jpn. J. Infect. Dis.
    巻/号、頁:55巻6号183-190頁
    共著者名:Nishikawa, Y., Zhou, Z., Hase, A., Ogasawara, J., Kitase, T. et al.
  • Solubilization of hibitane into common organic solvents with self-assembled fluorinated molecular aggregates. Application to novel surface antibacterial materials possessing a good oleophobicity
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:Polymer J.
    巻/号、頁:34巻11号855-857頁
    共著者名:Sawada, H., Yanagida, K., Takahashi, R., Nishikawa, Y., Kawase, T. et al.
  • 沖縄産香辛植物の食中毒菌増殖抑制作用
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:生活科学研究誌
    巻/号、頁:1巻1号11-16頁
    共著者名:菊崎泰枝、西川禎一、森光康次郎.
  • 大阪市内で発生したShigella flexneri 2aによる集団赤痢事例
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:病原微生物検出情報
    巻/号、頁:22巻84-85頁
    共著者名:長谷 篤、小笠原 準、北瀬照代、中村寛海、石井営次 他
    ISSN:09155813
  • Detection of enteroaggregative Escherichia coli heat-stable enterotoxin 1 gene in E. coli O157:H7.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Chin. J. Vet. Sci.
    巻/号、頁:21巻215-218頁
    共著者名:Zhou, Z., Hase, A., Haruki, K.
  • 食品中の食中毒菌検査法 エロモナス
    種別:解説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2001年
    出版社:防菌防黴
    巻/号、頁:29巻11号729-736頁
  • Phage typing and DNA-based comparison of strains of enterohemorrhagic Escherichia coli O157 from apparently sporadic infections in Osaka City, Japan, 1996
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Japanese Journal of Infectious Diseases
    巻/号、頁:54巻140-143頁
    共著者名:Hase, A., Ogasawara, J., Cheasty, T., Willshaw, G. A., Smith, H. R. et al.
    ISSN:1344-6304
  • 最新 暮らしの中の環境問題Q&A
    種別:解説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:ミネルヴァ書房
    巻/号、頁:1-242頁
    共著者名:山口英昌、中村寿子、殿界和夫、川崎美栄子、上原裕之 他
    ISBN:4623032051
  • An outbreak of gastroenteritis in Japan due to Escherichia coli O166.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:Emerg. Infect. Dis.
    巻/号、頁:5巻300頁
    共著者名:Ogasawara, J., Helander, A., Haruki, K.
  • 1998年に大阪市内の食中毒原因調査において明らかにされた下痢原性微生物
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:大阪市立環境科学研究所報告
    巻/号、頁:61巻51-57頁
    共著者名:中村寛海、勢戸祥介、長谷 篤、北瀬照代、小笠原 準 他
    ISSN:02855801
  • 大阪市内における腸管出血性大腸菌および腸管系伝染病菌検出状況(1998年)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:大阪府における日本脳炎と不明ウイルス疾患流行予測調査報告
    巻/号、頁:34巻51-57頁
    共著者名:長谷 篤、小笠原 準、中村寛海、北瀬照代、石井営次 他
  • Evaluation of serotyping, biotyping, plasmid banding pattern analysis, and HEp-2 vacuolation factor assay in the epidemiological investigation of Bacillus cereus emetic-syndrome food poisoning.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:Int. J. Food Microbiol.
    巻/号、頁:31巻149-159頁
    共著者名:Kramer, J. M., Hanaoka, M., Yasukawa, A.
  • Catabolite repression of the adhesion of Vero cytotoxin-producing Escherichia coli of serogroups O157 and O111.
    出版年月:1995年
    出版社:Microb. Pathogen.
    巻/号、頁:18巻223-229頁
  • Heat-stable enterotoxin-producing Escherichia coli O169 : H41 in Japan.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1995年
    出版社:Emerg. Infect. Dis.
    巻/号、頁:1巻61頁
    共著者名:Hanaoka, M., Ogasawara, J., Moyer, N. P., Kimura, T.
  • Heat and acid sensitivity of motile Aeromonas : a comparison with other food-poisoning bacteria.
    出版年月:1993年
    出版社:Int. J. Food Microbiol.
    巻/号、頁:18巻271-278頁
  • Mannose-resistant adhesion of motile Aeromonas to INT407 cells and the differences among isolates from humans, food and water.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1991年
    出版社:Epidemiol. Infect.
    巻/号、頁:107巻171-179頁
    共著者名:Kimura, T., Kishi, T.
  • Screening of aquatic samples for vibrio cholerae serotype O1 by a dot-blot method and a latex agglutination test.
    出版年月:1990年
    出版社:Appl. Environ. Microbiol.
    巻/号、頁:56巻1547-1550頁
  • Induction of antinuclear antibodies in rabbits by infec-tion with rinderpest viruses with different degree of virulence.
    出版年月:1988年
    出版社:Jpn. J. Vet. Sci.
    巻/号、頁:50巻1115-1118頁
  • Isolation and characterization of motile Aeromonas from human, food and environmental specimens.
    出版年月:1988年
    出版社:Epidemiol. Infect.
    巻/号、頁:101巻213-223頁
  • A note of colony-blot double-stain method for isolation of Vibrio cholerae serotype O1 from specimens heavily contaminated with non-O1 Vibrio cholerae.
    出版年月:1988年
    出版社:Lett. Appl. Microbiol.
    巻/号、頁:7巻91-94頁
  • 運動性Aeromonasによる腸炎について
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:1988年
    出版社:生活衛生
    巻/号、頁:32巻240-245頁
    共著者名:西川禎一、来住輝彦
  • Preventive effect of estradiol on manifestation of purulent endometritis in rat uteri infected with Escherichia coli : with special reference to morphological changes of the endometrial epithelium.
    出版年月:1987年
    出版社:Jpn. J. Vet. Sci.
    巻/号、頁:49巻313-321頁
  • A modification of bile salts brilliant green agar for isolation of motile Aeromonas from foods and environmental specimens.
    出版年月:1987年
    出版社:Epidemiol. Infect.
    巻/号、頁:98巻331-336頁
  • Effects of ovarian hormones on manifestation of purulent endometritis in rat uteruses infected with Escherichia coli.
    出版年月:1985年
    出版社:Infect. Immun.
    巻/号、頁:47巻311-317頁
  • Adherence of Escherichia coli in pathogenesis of endometritis and effects of estradiol examined by scanning electron microscopy.
    出版年月:1985年
    出版社:Infect. Immun.
    巻/号、頁:47巻318-321頁
  • In vitro adherence of Escherichia coli to endometrial epithelial cells of rats and influence of estradiol.
    出版年月:1985年
    出版社:Infect. Immun.
    巻/号、頁:50巻506-509頁
  • Effect of the estrous cycle on uterine infection induced by Escherichia coli.
    出版年月:1984年
    出版社:Infect. Immun.
    巻/号、頁:43巻678-683頁
  • Experimental studies on lymphography in dogs : clinical and hematological findings following lymphography of pelvic limbs. Jpn.
    出版年月:1983年
    出版社:J. Vet. Sci.
    巻/号、頁:45巻281-287頁

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本食品微生物学会
    2008年~ 評議員
  • 学会名:日本栄養・食糧学会
    2008年 地区評議員
  • 学会名:日本抗加齢医学会
  • 学会名:日本食品免疫学会
  • 学会名:日本細菌学会
    2003年~ 評議員
  • 学会名:日本家政学会
    2008年 地区評議員
  • 学会名:生体防御学会
  • 学会名:日本栄養改善学会
  • 学会名:国際食品保全学会
  • 学会名:日本獣医公衆衛生学会

教育活動

担当講義

  • 授業科目名:食品微生物学特論(院)
    講義区分:大学院
  • 授業科目名:食品衛生学(学)
    講義区分:専門
  • 授業科目名:公衆衛生学(学)
    講義区分:専門
  • 授業科目名:生体防御学(学)
    講義区分:専門
  • 授業科目名:食品微生物学特論演習(院)
    講義区分:大学院
  • 授業科目名:免疫栄養学特論(院)
    講義区分:大学院
  • 授業科目名:公衆衛生学実験(学)
    講義区分:専門
  • 授業科目名:QOLプロモーションⅠ(学)
    講義区分:専門
  • 授業科目名:食品栄養科学概論(学)
    講義区分:専門
  • 授業科目名:生活科学論ゼミナール(院)
    講義区分:大学院
  • 授業科目名:日本事情IB
    講義区分:共通
  • 授業科目名:健康へのアプローチ
    講義区分:共通

産学官連携可能情報

専門分野

  • 細菌学(含真菌学)

所属研究部門

  • 生活科学研究科 生活科学専攻(食・健康科学講座)

交流可能研究テーマ

  • アンチイジング効果を有する植物化学物質や食品因子の探索とその機構
    研究テーマの分野:家政学
  • 食品中の抗加齢成分の効果評価
    研究テーマの分野:家政学
  • 食品中の食中毒菌の検出法および非加熱制御法の開発
    研究テーマの分野:家政学

現在の研究課題

  • 課題名:下痢原性大腸菌の病原機構と疫学
    研究分野:細菌学(含真菌学)、食品科学・栄養科学
    キーワード:病原性、疫学、大腸菌
  • 課題名:生体防御機能に及ぼす加齢と栄養の影響
    研究分野:食生活
    キーワード:老化、栄養、自然免疫
  • 課題名:水産加工品のリステリア汚染
    研究分野:細菌学(含真菌学)、食品科学・栄養科学、食生活
    キーワード:リステリア、水産品

電子メールアドレス

  • nisikawa@life.osaka-cu.ac.jp

個人URL HP

交流研究テーマ情報

交流可能研究テーマ

  • アンチイジング効果を有する植物化学物質や食品因子の探索とその機構
    研究テーマの分野:家政学
    研究テーマの概要:線虫を実験動物とし、アンチエイジングや免疫賦活に有効な成分を迅速かつ経済的に検出するスクリーニング方法を開発した。アンチエイジングに限らず、医薬農薬などの効力・毒性試験にも応用可能である。
    交流可能な時期・期間:随時
    交流の種別:受託研究、共同研究、ベンチャーの立ち上げ
    知識・技術の活用分野・応用方法等:薬剤の効果・健康食品の機能性・農薬の毒性や安全性を短期間で経済的にin vivo試験で評価することを必要としている分野や企業。
    中核となる知識・技術・情報等:特願2007-320214 、特願2009-106466
    優位性・特徴:開発した方法は、被験物質を線虫に定量的に経口投与する上で有効。
    本投与法の使用により、従来の1/100~1/500の被験物質があれば、その有効性や毒性を評価できるようになった。
    キーワード:抗加齢、長寿、サプリメント、機能性食品、免疫栄養学
    共同研究の希望:産学連携等、民間を含む他機関との共同研究を希望する
    交流可能な研究テーマに関する詳細:線虫を用いた生理機能物資探査のための新規試験法の実用化研究.New Food Industry, 2008;50(6):18-24.
    Caenorhabditis elegansの生体防御機構と免疫栄養学研究への応用.生活科学研究誌 2005;4:51-74

    上記2文献にて詳細な解説を掲載。
  • 食品中の抗加齢成分の効果評価
    研究テーマの分野:家政学
    研究テーマの概要:老化による自然免疫機能の低下を抑制する抗加齢食品の開発
    交流可能な時期・期間:2004.9-
    交流の種別:受託研究、共同研究
    知識・技術の活用分野・応用方法等:まだ論文にする前なので公表できません
    キーワード:老化、栄養、食品、加齢、免疫
    共同研究の希望:産学連携等、民間を含む他機関との共同研究を希望する
  • 食品中の食中毒菌の検出法および非加熱制御法の開発
    研究テーマの分野:家政学
    研究テーマの概要:食中毒菌の検出法や非加熱制御法を検討する。病原菌に対して抑制作用を有する菌を収集し、これらの微生物を食品に加えることによる生物的食品保存(Biopreservation)の可能性も検討する。
    交流可能な時期・期間:随時
    交流の種別:受託研究、共同研究
    知識・技術の活用分野・応用方法等:食品会社等の品質管理部門や開発部門の検査手技の向上、HACCPの効果検証、食品保存料・添加物の応用方法の改良による製品管理方法の改善
    キーワード:食中毒、食品微生物学、非加熱殺菌法、細菌検査、危害分析重要管理点
    交流に関するコメント:食品衛生に寄与することであればできる限り積極的に対応します
    共同研究の希望:産学連携等、民間を含む他機関との共同研究を希望する

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。