大阪市立大学 研究者要覧


藤本 益美(フジモト マスミ)FUJIMOTO Masumi

  • 所属研究科・専攻:工学研究科 都市系専攻(建築学) 職名:准教授
  • 旧氏名・ペンネーム等:村上 益美(ムラカミ マスミ)
  • ホームページURL:http://www.arch.eng.osaka-cu.ac.jp/~fujimoto/
更新日:2017/03/25

プロフィール

主な取得学位

  • 工学博士

主な専門分野

  • 建築構造

現在の研究概要

  • スポーツホールや展示場などの大空間を覆う構造形式である単層ラチスシェルを研究対象としています。ここで単層ラチスシェルとは、シェルが一葉の曲面で形成され、ラチス(部材)で構成された網目が、ほぼ、この曲面内に位置する構造形式であります。これまで、単層ラチスシェルは、鉄鋼などの金属材料で構成され、耐力的に優れている3角形網目が、主に用いられています。最近では、3角形網目に比べて、耐力的には劣る4角形網目が、屋根面の仕上げ材などの材料効率、網目の持つ開放感、美的な面からも注目されています。単層ラチスシェルは、構造設計する上で、座屈などの不安定現象に対する検討が重要であります。本研究では、金属材料ばかりでなく、木質系材料を利用し、3角形網目あるいは、4角形網目、さらに、4角形網目の対角にテンション材を配置した単層ラチスシェルの座屈性状を明らかにし、構造設計に有効な荷重評価式の提案を目指しています。

個人URL HP

主な経歴

取得学位

  • 工学博士

学歴

  • 大阪大学 工学研究科 建築工学 修士課程
  • 大阪大学 工学部 建築工学科

大阪市立大学経歴

  • 1978年 助手
  • 1993年 講師
  • 1999年 助教授
  • 2007年 准教授

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 建築構造
  • 建築構法

現在の研究課題

  • 課題名:ラチスシェルの座屈設計法
    研究分野:建築構造・材料
    キーワード:ラチスシェル、座屈設計法
  • 課題名:小中径木材を利用したシステムトラス構法
    研究分野:建築構造・材料
    キーワード:丸太、システムトラス、建築構法
  • 課題名:小中径木で構成されたシステムトラスのテンセグリティ構造への適用
    研究分野:建築構造・材料
    キーワード:小中径木、テンセグリティ

現在の研究概要

  • スポーツホールや展示場などの大空間を覆う構造形式である単層ラチスシェルを研究対象としています。ここで単層ラチスシェルとは、シェルが一葉の曲面で形成され、ラチス(部材)で構成された網目が、ほぼ、この曲面内に位置する構造形式であります。これまで、単層ラチスシェルは、鉄鋼などの金属材料で構成され、耐力的に優れている3角形網目が、主に用いられています。最近では、3角形網目に比べて、耐力的には劣る4角形網目が、屋根面の仕上げ材などの材料効率、網目の持つ開放感、美的な面からも注目されています。単層ラチスシェルは、構造設計する上で、座屈などの不安定現象に対する検討が重要であります。本研究では、金属材料ばかりでなく、木質系材料を利用し、3角形網目あるいは、4角形網目、さらに、4角形網目の対角にテンション材を配置した単層ラチスシェルの座屈性状を明らかにし、構造設計に有効な荷重評価式の提案を目指しています。

主要な研究業績

著書・論文

  • Numerical Study on Effect of Member Length Error on Structural Properties of Single Layer Pin-jointed Grid Dome Composed of Wooden Truss System
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:Proceedings of IASS Symposium 2009
    巻/号、頁:444-455頁
    共著者名:Fujimoto, M., Katayama, S., Kaname, T., Imai, K., and Machinaga, T.
  • Experimental study on single layer two-way grid spherical dome composed of prefabricated wooden truss system with tension rod members
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年.9月
    出版社:Proceedings of IASS Symposium 2016, Tokyo, Sep. 26-30, Paper ID. 1178, 2016.9
    共著者名:Imai, K., Takino, A. and Zhang, Z.
  • ラチスシェル屋根構造設計指針
    種別:設計指針
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年.6月
    出版社:日本建築学会
    共著者名:加藤史郎,竹内徹,小河利行,山下哲郎,中澤祥二,大家貴徳,川口健一
  • (Draft) Guide to Buckling Load Evaluation of Metal Reticulated Roof Structures
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年10月
    出版社:IASS WG8活動報告
    巻/号、頁:23-55, 160-170, 201-220頁
    共著者名:加藤史郎,小河利行,Carlos Lazaro,Charis Gantes, 谷口与史也 他
  • ラチスドームの簡易設計法
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年08月
    出版社:建築技術
    巻/号、頁:763号146-152頁
    共著者名:加藤史郎
    ISSN:00229911
  • テンション材が3次元的に配置された小径木丸棒を用いた単層屋根型円筒2方向格子シェルの座屈性状に関する実験的研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年04月
    出版社:日本建築学会構造系論文集
    巻/号、頁:第78巻巻第686号号781-789頁
    共著者名:張 中昊,瀧野敦夫,今井克彦
    ISSN:13404202
  • テンション材が3次元的に配置された単層屋根型円筒2方向格子シェルの座屈荷重と耐力
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年03月
    出版社:構造工学論文集
    巻/号、頁:Vol. 59B巻519-527頁
    共著者名:張 中昊
    ISSN:09108033
  • 鋼構造物の座屈に関する諸問題2013
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年06月
    出版社:日本建築学会
    巻/号、頁:185-202頁
    共著者名:竹内徹,小崎均,井戸田秀樹,木村祥裕,金尾伊織,宇佐美徹,津田惠吾,五十嵐規矩夫,荒木慶一,多田元英,田川浩,加藤史郎
  • Effect of Tension Member on Buckling and Strength of Single Layer Two-way Grid Cylindrical Shell Roof
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年05月
    出版社:Proceedings of IASS –APCS Symposium 2012
    共著者名:Zhang, Z., Fujimoto, M. and Takino, A.
  • State-of-the-Art for Optimization of Forms and Strength for Reticulated Shells
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年05月
    出版社:Proceedings of IASS –APCS Symposium 2012
    巻/号、頁:Paper No. FF-060巻
    共著者名:Yamamoto, K., Ogawa, T., Fujimoto, M., Lazaro, C., Takeuchi, T., Xue, S., Chen, P., and Kato, S.:
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • Numerical Study on Effect of Member Length Error on Structural Properties of Single Layer Pin-jointed Grid Dome Composed of Wooden Truss System
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2009年
    出版社:Proceedings of IASS Symposium 2009
    巻/号、頁:444-455頁
    共著者名:Fujimoto, M., Katayama, S., Kaname, T., Imai, K., and Machinaga, T.
  • Experimental study on single layer two-way grid spherical dome composed of prefabricated wooden truss system with tension rod members
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年.9月
    出版社:Proceedings of IASS Symposium 2016, Tokyo, Sep. 26-30, Paper ID. 1178, 2016.9
    共著者名:Imai, K., Takino, A. and Zhang, Z.
  • ラチスシェル屋根構造設計指針
    種別:設計指針
    単著・共著別:共著
    出版年月:2016年.6月
    出版社:日本建築学会
    共著者名:加藤史郎,竹内徹,小河利行,山下哲郎,中澤祥二,大家貴徳,川口健一
  • (Draft) Guide to Buckling Load Evaluation of Metal Reticulated Roof Structures
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年10月
    出版社:IASS WG8活動報告
    巻/号、頁:23-55, 160-170, 201-220頁
    共著者名:加藤史郎,小河利行,Carlos Lazaro,Charis Gantes, 谷口与史也 他
  • ラチスドームの簡易設計法
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年08月
    出版社:建築技術
    巻/号、頁:763号146-152頁
    共著者名:加藤史郎
    ISSN:00229911
  • テンション材が3次元的に配置された小径木丸棒を用いた単層屋根型円筒2方向格子シェルの座屈性状に関する実験的研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年04月
    出版社:日本建築学会構造系論文集
    巻/号、頁:第78巻巻第686号号781-789頁
    共著者名:張 中昊,瀧野敦夫,今井克彦
    ISSN:13404202
  • テンション材が3次元的に配置された単層屋根型円筒2方向格子シェルの座屈荷重と耐力
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年03月
    出版社:構造工学論文集
    巻/号、頁:Vol. 59B巻519-527頁
    共著者名:張 中昊
    ISSN:09108033
  • 鋼構造物の座屈に関する諸問題2013
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2013年06月
    出版社:日本建築学会
    巻/号、頁:185-202頁
    共著者名:竹内徹,小崎均,井戸田秀樹,木村祥裕,金尾伊織,宇佐美徹,津田惠吾,五十嵐規矩夫,荒木慶一,多田元英,田川浩,加藤史郎
  • Effect of Tension Member on Buckling and Strength of Single Layer Two-way Grid Cylindrical Shell Roof
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年05月
    出版社:Proceedings of IASS –APCS Symposium 2012
    共著者名:Zhang, Z., Fujimoto, M. and Takino, A.
  • State-of-the-Art for Optimization of Forms and Strength for Reticulated Shells
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年05月
    出版社:Proceedings of IASS –APCS Symposium 2012
    巻/号、頁:Paper No. FF-060巻
    共著者名:Yamamoto, K., Ogawa, T., Fujimoto, M., Lazaro, C., Takeuchi, T., Xue, S., Chen, P., and Kato, S.:
  • Study of Single Layer Two-way Grid Shell with Tension Member
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2011年09月
    出版社:IABSE-IASS 2011 London Symposium Report Compact Disc Ref. No, 254
    共著者名:Takino, A., Zhang, Z., and Imai, K.
  • ラチスシェルの座屈と耐力
    種別:著書
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年06月
    出版社:丸善
    巻/号、頁:48-56,99-104頁
    共著者名:植木隆司,梅沢良三,小河利行,加藤史郎,川口健一,金箱温春,山田聖志 他
    ISBN:9784818905
  • Buckling Load of Elliptic and Hyperbolic Paraboloidal Steel Single-Layer Reticulated Shells of Rectangular Plan
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:Journal of the International Association for Shell and Spatial Structures
    巻/号、頁:49巻1号21-36頁
    共著者名:Ogawa, T., Kato, S., and Fujimoto, M.
  • Experimental Study on Translational Dome Tensegrity Structure Composed of Wooden Truss System andPC Bar
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2008年
    出版社:Proceedings of IASS SLTE 2008 Symposium Acapulco Mexico
    巻/号、頁:1-12頁
    共著者名:Fujimoto, M., Kaname, T., Imai, K., Takino, A., and Zhang, Z. :
  • テンション材を対角材として組み込んだ単層2方向格子ドームの座屈性状に関する数値解析的研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:日本建築学会構造系論文集
    巻/号、頁:617号121-128頁
    共著者名:九嶋壮一郎,藤本益美,今井克彦
    ISSN:1340-4202
  • Experimental Study on 4-strut Model Tensegrity Composed of the Truss System with Round Timber and PC bar - Beamlike Structure -
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Proceedings of IASS APCS2006 Symposium Beijing
    巻/号、頁:TE03頁
    共著者名:Fujimoto, M., Ikemoto, M., Imai, K. and Machinaga, T.
  • 対角材としてPC鋼棒部材を組み込んだ単層2方向格子ドームの座屈性状に関する実験的研究
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:日本建築学会構造系論文集
    巻/号、頁:603号85-92頁
    共著者名:九嶋壮一郎,藤本益美,今井克彦
    ISSN:1340-4202
  • Experimental Study of Single Layer Two-way Grid Dome Composed of Kitruss Wooden Space Truss System with PC Bar as Diagonal Members
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Proceedings of IASS 2005 Symposium Romania
    巻/号、頁:667-674頁
    共著者名:Fujimoto, M., Imai, K., Ikemoto, M., Machinaga, T. and Kushima S.
  • Buckling Load of Steel Single-layer Reticulated Domes of Circular Plan
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:J. of IASS
    巻/号、頁:46巻147号41-63頁
    共著者名:Kato, S., Fujimoto, M. and Ogawa, T.
  • Experimental Study of Single Layer Three-way Grid Dome Composed of KiT-wood Space Trusssystem with Round Timber
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Proceedings of IASS 2004 Symposium Montpellier, Sept. 20-24, 2004.9
    巻/号、頁:TP102号1-8頁
    共著者名:Fujimoto, M., Imai,K., Furukawa, T., Ikemoto, M.
  • Experimental Study of Single Layer Two-way Grid Cylindrical Shell Roof Composed of KiT-wood Space Truss System with Round Timber
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Proceedings of IASS-APCS 2003 symposium on October 22-25, 2003.10
    巻/号、頁:1-8頁
    共著者名:Fujimoto, M., Imai, K., Furukawa, T., Kusunoki, M., Ikemoto, M.
  • Buckling Experiment of Single Layer Two-way Grid Cylindrical Shell Roof under Concentrated Loading
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:Proc. of 5th Int. Conf. Space Structures
    巻/号、頁:2巻899-908頁
    共著者名:Fujimoto, M., Imai, K., Furukawa, T., Okamoto, K., Kusunoki, M. et al
  • 空間骨組構造 形態・性能・生産
    種別:解説
    単著・共著別:共著
    出版年月:1995年
    出版社:日本建築学会
    巻/号、頁:19-34頁
    共著者名:半谷裕彦、日置興一郎、坂壽ニ、和田章、山田大彦他
  • 平行弦ラチス構造物の個材の曲げ座屈で定まる座屈荷重に及ぼす境界部材の効果について
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1988年
    出版社:日本建築学会構造系論文報告集
    巻/号、頁:389号21-31頁
    共著者名:日置興一郎,村上益美,高田祐介
    ISSN:09108025
  • ラチスアーチの幾何学的非線形性を考慮した構面内弾性座屈について
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1989年
    出版社:日本建築学会構造系論文報告集
    巻/号、頁:397号91-103頁
    共著者名:日置興一郎,村上益美,山根一三
    ISSN:09108025
  • Buckling of Single Layer Grid Dome Prestressed by PC Bar under Gravity Load
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1997年
    出版社:Proceedings of IASS International Symposium"97 on Shell& Spatial Structures
    巻/号、頁:261-269頁
    共著者名:Fujimoto, M., Imai, K., Yasui, N., Saka, T.,
  • Buckling Experiments of Single Layer Two Way Grid Dome Prestressed by PC Bar under Gravity Load
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1999年
    出版社:Proceedings of the IASS 40th Anniversary Congress, Madrid, 20-24 September, Vol.
    巻/号、頁:1巻1-10頁
    共著者名:Fujimoto, M., Imai, K., Kinoshita, R., Kushima, S.
  • 鋼構造筋違付多層骨組の塑性設計に関する研究(その3塑性設計された筋違付3層3スパン骨組の弾塑性履歴性状に関する実験的研究)
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1978年
    出版社:日本建築学会論文報告集
    巻/号、頁:271号45-51頁
    共著者名:井上一朗,村上益美
    ISSN:03871185
  • 二層立体ラチス構造の解析・設計・施工-その現状と問題点-
    種別:解説
    単著・共著別:共著
    出版年月:1992年
    出版社:日本建築学会
    巻/号、頁:7-24頁
    共著者名:日置興一郎,坂壽二,小河利行,加藤史郎,和田章他
  • 中央部分に等分布節点鉛直荷重が作用する単層ラチスドームの数値解析結果と実験結果との比較
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1993年
    出版社:構造工学における数値解析法シンポジウム論文集(第17巻163-168頁)
    巻/号、頁:17巻163-168頁
    共著者名:藤本益美,今井克彦,坂 壽二
  • Experiment and Numerical Analysis of the Buckling of a Single-layer Latticed Dome
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1993年
    出版社:4th Int. Conf. Space Structures
    巻/号、頁:1巻396-405頁
    共著者名:Fujimoto, M., Saka, T., Imai, K., Morita, T.
    ISBN:0727719688
  • Nonlinear Buckling Analysis of a Single Layer Latticed Dome Composed of a Standardized Truss System under Nodal Gravity Loads at Dome Central Portion
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1993年
    出版社:Seiken-IASS Symp on Nonlinear Analysis and Design for Shell and Spatial St.
    巻/号、頁:175-182頁
    共著者名:Fujimoto, M., Imai, K., Saka, T.
  • 鉛直荷重が作用する単層ラチスシリンダーの弾性座屈解析例
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1994年
    出版社:構造工学における数値解析法シンポジウム論文集
    巻/号、頁:18巻99頁
    共著者名:藤本益美,今井克彦
  • Buckling of Single Layer Latticed Dome under Uniform Gravity Load
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1994年
    出版社:Proceedings of the IASS-ASCE International Symposium 1994
    巻/号、頁:509-518頁
    共著者名:Fujimoto, M., Imai, K., Saka, T.
  • 屋根型円筒ラチスシェル構造の解析・設計
    種別:解説
    単著・共著別:共著
    出版年月:1995年
    出版社:日本建築学会
    巻/号、頁:87-92頁
    共著者名:山田聖志、半谷裕彦、加藤史郎、坂壽二、日置興一郎他
  • Buckling of Single Layer Latticed Dome under Asymmetrical Loading
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1995年
    出版社:Proceedings of the IASS Symposium 1995
    巻/号、頁:2巻571-578頁
    共著者名:Fujimoto, M., Imai, K., Yasui, N., Saka, T.
  • Effects of Mesh Pattern on Buckling Behaviour of Single dayer datticed Cylindrical Shell Roof
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:Proceedings of Asia-Pacific Conference on Shell and Spatial Structures
    巻/号、頁:516-523頁
    共著者名:Fujimoto, m., Imai, K., Saka, T.
  • Scallop Domes
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1997年
    出版社:Proceedings of IASS International Symposium"97 on Shell& Spatial Structures
    巻/号、頁:651-660頁
    共著者名:Nooshin, H., Tomatsuri, H., Fujimoto, M.
  • 鉛直荷重が作用する正六角形平面を有する単層ラチスドームの弾性座屈解析例
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:1991年
    出版社:構造工学における数値解析法シンポジウム論文集
    巻/号、頁:15巻1号181-186頁
  • Dynamic Response Analysis of Barrel Vault Double Layer Space Truss Supported by Substructure due to Earthquake Motion
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1997年
    出版社:Proceedings of IASS International Symposium"97 on Shell& Spatial Structures
    巻/号、頁:271-278頁
    共著者名:Oda, K.
  • 支持フレームの影響を考慮した円筒形2層立体トラス構造の地震応答解析
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1997年
    出版社:計算工学講演会論文集
    巻/号、頁:2巻3号897-900頁
    共著者名:Fujimoto, M., Oda, K.
  • Buckling Behaviour of Single Layer Grid Shell Using Newly Developed Light Weight Rigid Joint
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:Proceedings of LSA98 Conference
    巻/号、頁:263-272頁
    共著者名:Fujimoto, M., Imai, K., Kinoshita, R., Morita, T., Kuhsima, S.
  • PC鋼棒による初期軸力が導入された単層グリッドドームの座屈実験の数値シミュレーション
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:計算工学講演会論文集
    巻/号、頁:3巻793-796頁
    共著者名:藤本益美,今井克彦,木下陵二
  • On the Analysis of In-plane Elastic Buckling of Lattice Arches Considering Geometrical Nonlinearity
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1989年
    出版社:IASS Congress of Madrid
    巻/号、頁:4巻279-298頁
    共著者名:Murakami, M.,Heki, K.
  • Numerical Analysis Results on Buckling Behaviors of Single Layer Two-Way Grid Cylindrical with Tension Members
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Proceedings of SixthAsian Pacific Conference on Shell and Spatial Structures
    巻/号、頁:1巻49-56頁
    共著者名:Fujimoto, M., Imai, K., Kinoshita, R., Morita, T.,Kushima, S. :
    ISBN:8981790310
  • Numerical Results on Buckling Loads of Single Layer Two Way Grid Shell under Gravity Load
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Proceedings of the IASS-MSU Int. Symposium 2000, Istanbul, May 29 - June 2
    巻/号、頁:537-546頁
    共著者名:Fujimoto, M., Imai, K., Kinoshita, R., Morita, T., Kushima, S.
    ISBN:9759390302
  • Further Development of the KT-wood Space Truss System
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Proceedings of IASS Int. Symposium 2001, Nagoya, Oct. 9-13
    巻/号、頁:TPNo.157号1-8頁
    共著者名:Imai, K., Fujita, Y., Wakiyama, K., Tsujioka, S., Fujimoto, M. et al
  • Study on Load Deformation Characteristics of Single Layer Two-Way Grid Hp Shell with Diagonal Members under Centrally Concentrated Loading
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Proceedings of IASS Int. Symposium 2001, Nagoya, Oct. 9-13
    巻/号、頁:TPNo.93号1-8頁
    共著者名:Fujimoto, M., Imai, K., Kushima, S., Okamoto, K., Kinoshita, R. et al.
  • Development of the KT-wood Space Truss System
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Proceedings of IABSE Conference Inovative Wooden Structures August 29-31, 2001
    巻/号、頁:385-390頁
    共著者名:Imai, K., Wakiyama, K., Tsujioka, S., Fujimoto, M., Watanabe et al
  • Buckling Design Method of Single Layer Two-Way Grid Shell with Diagonal Tension Rod Members -Spherical Dome and Cylindrical Roof-
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Proceedings of IASS Int. Symposium 2001, Nagoya, Oct. 9-13
    巻/号、頁:TPNo88号1-8頁
    共著者名:Fujimoto, M., Imai, K., Kushima, S., Kinoshita, R. and Morita, T.
  • 骨組膜構造物の耐震性能評価のための地震応答解析
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:膜構造研究論文集2001
    巻/号、頁:15巻1号1-12頁
    共著者名:石井一夫,加藤史郎,大森博司,小田憲史,藤本益美,他
  • Development of the KT-wood Space Truss System with Round Timber as a New Structural Material
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:Proc. of 5th Int. Conf. Space Structures
    巻/号、頁:1巻155-160頁
    共著者名:Imai, K., Fujita, Y., Furukawa, T., Wakiyama, K., Fujimoto, M. et al
  • On the Analysis of Elastic Buckling of Single-layer Latticed Domes with Regular Hexagonal Plan under Gravity Load
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1991年
    出版社:Proc. of Int. IASS Symposium, 2-6 September 1991
    巻/号、頁:3巻101-108頁
    共著者名:Heki, K., Murakami, M.
  • 平行弦剛節トラス柱の構面内弾性座屈荷重の算定法
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1984年
    出版社:日本建築学会論文報告集
    巻/号、頁:346号51-59頁
    共著者名:日置興一郎,村上益美,村田雅枝
    ISSN:03871185
  • 中央節点に鉛直荷重が作用する単層ラチスドームの数値解析結果と実験結果との比較
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1992年
    出版社:構造工学における数値解析法シンポジウム論文集
    巻/号、頁:16巻367-372頁
    共著者名:村上益美,今井克彦,森田時雄,坂 壽二
  • Numerical Analysis of Elastic Buckling of Single-layer Latticed Domes under Gravity Load
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:1992年
    出版社:IASS-CSCE International Congress 1992
    巻/号、頁:2巻576-586頁
  • On the Numerical Analysis of Elastic Buckling of Rigid-Jointed Single-Layer Latticed Domes with Regular Hexagonal Plan under Gravity Load
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1990年
    出版社:Memoirs of the Faculty of engineering Osaka city University
    巻/号、頁:31巻69-79頁
    共著者名:日置興一郎
  • 平行弦ラチス構造の弾性座屈に関する研究
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:1989年
    出版社:大阪市立大学工学博士論文
    巻/号、頁:1-169頁
  • Dynamic Loading Experiment Performed on Wooden Single Layer Two-way Grid Cylindrical Shell Roof
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2002年
    出版社:Proc. of 5th Int. Conf. Space Structures
    巻/号、頁:1巻521-528頁
    共著者名:Furukawa, T., Imai, K., Fujimoto, M., Komedani, N., Inoue, R. et al
  • Dynamic Loading Experiment of Full Scale Model of Wooden Space Frame System - A Further Study on Response Amplitude Dependency of Modal Damping Factors
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Proceedings of IASS 2005 Symposium Romania
    巻/号、頁:375-382頁
    共著者名:Inoue, R., Nishio, K., Oe, K., Ikemoto, M., Furukawa et al
  • Vibration Measurements Performed on Actual Two Wooden Space-frame Structures
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2006年
    出版社:Proceedings of IASS APCS2006 Symposium Beijing
    巻/号、頁:DR30頁
    共著者名:Furukawa, T., Inoue, R., Nishio, K., Fujimoto, M., and Imai, K.
  • Dynamic Loading Experiment of Full-scale Model of Wooden Space Frame System
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2004年
    出版社:Proceedings of IASS 2004 Symposium Montpellier, Sept. 20-24, 2004.9, TP105
    巻/号、頁:TP105号1-8頁
    共著者名:Inoue, R., Oe, K., Nishio, K., Ikemoto, M., Furukawa, T., et al

研究費獲得実績

科研費補助金獲得実績

  • 研究課題名:テンション材と小径木丸棒で構成されたハイブリッド格子シェルの構造設計法の提案
    研究種目:基盤研究(C)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2009年
    研究期間:2010年~2012年
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1200(千円)
    2年目 1000(千円)
    3年目 900(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 360(千円)
    2年目 300(千円)
    3年目 270(千円)
  • 研究課題名:単層2方向格子ラチスシェルの座屈設計法に関する研究
    研究種目:基盤研究(C)
    代表者区分:代表者
    申請年度:1996年
    研究期間:1997年05月~2000年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1,700(千円)
    2年目 900(千円)
    3年目 500(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 研究課題名:小径木丸太とテンション材を用いた格子シェルの構造設計法に関する研究
    研究種目:基盤研究(C)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2003年
    研究期間:2004年06月~2007年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1600(千円)
    2年目 1100(千円)
    3年目 900(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 研究課題名:建築計画・デザイン的要求に基づいた既存RC造校舎の耐震補強構法の開発
    研究種目:基盤研究(B)
    代表者区分:分担者
    申請年度:1997年
    研究期間:1998年~2002年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 4400(千円)
    2年目 2500(千円)
    3年目 2200(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)

その他研究資金獲得実績

  • 名称:川鉄建材㈱
    研究課題名:単層構造用剛接ジョイントの開発実験
    代表者区分:分担者
    研究期間:1995年~1996年
    形態:受託研究
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 364(千円)
    2年目 409.5(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
    2年目 0(千円)
  • 名称:川鉄建材㈱
    研究課題名:シングルドームの座屈実験
    代表者区分:代表者
    研究期間:1999年~2000年.3月
    形態:受託研究
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 273(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本建築学会
    1996年~2003年 耐震性能小委員会委員(幹事)
    1996年~1997年 限界性能解析小委員会委員
    2004年04月~2008年03月 空間骨組構造小委員会主査
     シェル・空間構造運営委員会幹事
  • 学会名:国際シェル空間構造学会
  • 学会名:国際構造工学会

学会等における発表

  • 小径木丸棒を用い,テンション材を組み込んだ単層2方向格子球面シェルの実験的研究
    発表年月:2016年.9月
    発表会議名:国際立体空間構造学会(IASS) シンポジウム 2016
    学会発表区分:国内
  • 単層2方向格子屋根の座屈と耐力に及ぼすテンション材の効果
    発表年月:2012年05月
    発表会議名:IASS-APCS 2012 シンポジウム
    学会発表区分:大韓民国
  • テンション部材を有する単層2方向格子シェルの研究
    発表年月:2011年09月
    発表会議名:IABSE-IASS 2011 シンポジウム
    学会発表区分:英国
  • Numerical study on buckling behavior of single layer two-way grid dome with tension member as diagonals
    発表年月:2010年11月
    発表会議名:IASS シンポジウム 2010
    学会発表区分:中国
  • Numerical study on effect of member length error on structural properties of single layer pin-jointed grid dome composed of wooden truss system
    発表年月:2009年09月
    発表会議名:IASS シンポジウム 2009
    学会発表区分:スペイン
  • Experimental Study on Translational Dome Tensegrity Structure Composed of Wooden Truss System and PC Bar
    発表年月:2008年10月
    発表会議名:IASS SLTE 2008 シンポジウム
    学会発表区分:Mexico
  • Experimental study on cylindrical roof tensegrity of trapezoidal 4-strut model composed of the wooden truss system and PC bar
    発表年月:2007年12月
    発表会議名:IASS 2007 シンポジウム
    学会発表区分:イタリア
  • Experimental study on 4-strut model tensegrity composed of the truss system with round timber and PC bar - beamlike structure -
    発表年月:2006年10月
    発表会議名:IASS APCS2006 シンポジウム
    学会発表区分:中国
  • Experimental study of single layer two-way grid dome composed of Kitruss wooden space truss system with PC bar as diagonal members
    発表年月:2005年09月
    発表会議名:IASS 2005 シンポジウム
    学会発表区分:ルーマニア

教育活動

担当教育の概要

  • 建築物を構成する材料と部品,部品の組合せ方法,建築物の空間を対象とし,建築物に作用する外乱に対して安全,快適な建築空間を具現化するのに必要な建築構法を講義する。空間構造を例にとり,文献調査から新構法を紹介し,形状の派生方法,建築物の形状と構造特性の関係等を示す。構法上,著名な建築物を紹介するのに,撮影ビデオを利用し,建築物の見学を行い,理解を深めさせる工夫をする。大学院学生の建築設計に対する総合的視野を育成するのに有効である。建築設計における構造システムのあり方,大空間構造の形態と形態生成方法を講義する。大空間構造の実例を例示するのに,映像を用いるのはもちろんであるが,形態生成アプリケーションの初歩から応用までを補助教材と計算機を利用して説明している。

担当講義

  • 担当年度:2016年
    授業科目名:卒業設計
    講義区分:専門
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:卒業論文
    講義区分:専門
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:特別演習(建築構法)
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:建築コンピューターグラフィックス
    講義区分:専門
  • 担当年度:2016年
    授業科目名:建築構法
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:卒業論文
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:卒業設計
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:特別演習(建築構法)
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:建築コンピューターグラフィクス
    講義区分:専門
  • 担当年度:2015年
    授業科目名:建築構法
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:卒業設計
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:建築基礎製図
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:卒業論文
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:特別演習(建築構法)
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:建築コンピューターグラフィクス
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:建築構法
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:特別演習(建築構法)
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:建築構法
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:建築基礎製図
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:建築コンピューターグラフィックス
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:卒業論文
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:卒業設計
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:特別演習(建築構法)
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:建築構法
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:建築基礎製図
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:建築コンピューターグラフィックス
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:卒業論文
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:卒業設計
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:特別演習(建築構法)
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:建築構法
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:建築基礎製図
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:建築コンピュータグラフィックス
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:卒業論文
    講義区分:専門
  • 担当年度:2011年
    授業科目名:卒業設計
    講義区分:専門

教育活動実績

  • 担当年度:2006
    博士課程学生指導数【前期:1人】
    博士課程学生指導数【後期:0人】
    修士論文審査数【主査:0】
    修士論文審査数【副査:0】
    博士論文審査数【主査:0】
    博士論文審査数【副査:0】
    卒論指導数:1
    卒論審査数:0
    FD活動内容:学科FD委員

国際交流

外国人受け入れ実績

  • 活動年度:2006年
    研究者受入数:0
    留学生受入数:1

学術交流協定校との連携内容

  • 交流年月:1996年08月
    内容:文部省の在外研究員としてイギリスのサーレイ大学に滞在し,形状生成ソフト「Formian」の開発改定に従事した。

産学官連携可能情報

専門分野

  • 建築構造

所属研究部門

  • 工学研究科 都市系専攻(建築学)

交流可能研究テーマ

  • 小径木丸太を用いた空間骨組構法の開発
    研究テーマの分野:建築学
  • 単層2方向ラチスシェルの座屈設計法
    研究テーマの分野:建築学
  • 空間形態生成法
    研究テーマの分野:建築学

現在の研究課題

  • 課題名:ラチスシェルの座屈設計法
    研究分野:建築構造・材料
    キーワード:ラチスシェル、座屈設計法
  • 課題名:小中径木材を利用したシステムトラス構法
    研究分野:建築構造・材料
    キーワード:丸太、システムトラス、建築構法
  • 課題名:小中径木で構成されたシステムトラスのテンセグリティ構造への適用
    研究分野:建築構造・材料
    キーワード:小中径木、テンセグリティ

電子メールアドレス

  • fujimoto@arch.eng.osaka-cu.ac.jp

個人URL HP

交流研究テーマ情報

交流可能研究テーマ

  • 小径木丸太を用いた空間骨組構法の開発
    研究テーマの分野:建築学
    研究テーマの概要:森林資源の有効利用と森林の活性化のために、間伐材を利用した空間骨組構造システムを実現し、単層ラチスシェルのような軽量構造に適用し、その有効性を示す。
    交流可能な時期・期間:2002年10月以降
    交流の種別:技術相談、受託研究、共同研究
    知識・技術の活用分野・応用方法等:建築物の構造設計
    キーワード:空間骨組、小径木丸太、単層格子シェル、システムトラス
    共同研究の希望:産学連携等、民間を含む他機関との共同研究を希望する
  • 単層2方向ラチスシェルの座屈設計法
    研究テーマの分野:建築学
    研究テーマの概要:単層ラチスシェルは,意匠上は自由な曲面形成が要求されことが多く,2方向格子網目が有利とされている。意匠ばかりでなく構造的にも優れた単層2方向ラチスシェルの設計法を共同提案する。
    交流可能な時期・期間:2000-
    交流の種別:受託研究、共同研究
    知識・技術の活用分野・応用方法等:色々な形状の単層2方向ラチスシェルの座屈設計法を提案するとともに,実際の設計例に適用する。
    中核となる知識・技術・情報等:単層2方向ラチスシェルの座屈荷重の算定法と座屈実験法。
    波及効果:自由な曲面の単層ラチスシェルの設計
    優位性・特徴:自由な曲面形成が可能であり、意匠、構造上も優れた単層2方向ラチスシェルの設計が可能となる。
    キーワード:単層2方向ラチスシェル、座屈設計法、自由曲面
    交流可能な研究テーマに関する詳細: 大空間を構成する構造形式として,均一な部材で構成された三角形網目の単層ラチスシェルがよく用いられている。そのような三角形網目の単層ラチスシェルの設計法は,ラチスシェルを離散モデルとして扱い,線形数値解析の結果に基づく場合が多い。構造設計上問題となる節点座屈,飛び移り座屈に対しては,複合非線形性を考慮した離散的取扱法による数値解析結果や工学的な経験則から提案されている。しかし,意匠上は自由な曲面形成が要求されことが多く,その場合には,2方向格子網目が有利とされている。現在,構造材料の効率からも,自由な曲面構成が可能な2方向格子網目を用いた単層ラチスシェルの設計法の出現が望まれている。
  • 空間形態生成法
    研究テーマの分野:建築学
    研究テーマの概要:自然に存在する形をモチーフにして、新しい空間形状の発生方法を開発し、構造的にも美的にも優れた形態と構造の開発
    交流可能な時期・期間:2002.10以降
    交流の種別:技術相談、受託研究、共同研究
    知識・技術の活用分野・応用方法等:建築、土木、機械
    キーワード:空間形態、形状派生、Formian
    共同研究の希望:産学連携等、民間を含む他機関との共同研究を希望する

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。