立花 亮(タチバナ アキラ)TACHIBANA Akira

  • 所属研究科・専攻:工学研究科 化学生物系専攻(化学バイオ工学) 職名:准教授
更新日:2016/01/21

プロフィール

主な取得学位

  • 博士(理学)

主な専門分野

  • 分子生物学

主な経歴

取得学位

  • 博士(理学)

学歴

  • 大阪市立大学 理学研究科 生物学 博士課程
  • 大阪市立大学 理学部 生物学

現在の主な研究課題

現在の専門分野

  • 分子生物学
  • 医用生体工学・生体材料学

現在の研究課題

  • 課題名:細胞足場上での細胞増殖因子、分化因子の作用研究
    研究分野:医用生体工学・生体材料学
    キーワード:細胞増殖因子、細胞分化、パターン化細胞足場
  • 課題名:高いRNAi活性を示すsiRNA/miRNAの構造
    研究分野:分子生物学
    キーワード:RNA干渉、siRNA、miRNA
  • 課題名:機能性核酸アプタマーの開発
    研究分野:構造生物化学、機能生物化学
    キーワード:アプタマー、機能性核酸、試験管内選択

主要な研究業績

著書・論文

  • LidNA, a novel miRNA inhibitor constructed with unmodified DNA
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年05月
    出版社:FEBS letters
    巻/号、頁:586巻1529-1532頁
    共著者名:Akira Tachibana, Yui Yamada, Hiroyuki Ida, Satoshi Saito, Toshizumi Tanabe
  • SmaI cloning with the regeneration of SmaI site for sequential PCR product cloning
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Anal. Biochem.
    巻/号、頁:361巻143-145頁
    共著者名:Tachibana, A., Tanabe, T., Yamauchi, K.
  • Preparation of keratin hydrogel/hydroxyapatite composite and its evaluation as a controlled drug release carrier
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年08月
    出版社:Mater Sci Eng C Mater Biol Appl
    巻/号、頁:41巻59-64頁
    共著者名:Nakata R, Tachibana A, Tanabe T
  • Preparation of keratin and chemically modified keratin hydrogels and their evaluation as a cell substrate with drug releasing ability
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Journal of Bioscience and Bioengineering
    巻/号、頁:120巻in press頁
    共著者名:Nakata R, Osumi Y, Miyagawa S, Tachibana A, Tanabe T
  • Binding affinity of ssDNA is improved by attachment of dsDNA regions
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年
    出版社:Journal of Bioscience and Bioengineering
    共著者名:Hiroyuki Ida, Akira Tachibana, Toshizumi Tanabe
  • DNAパッセンジャー鎖の延長によるRNA/DNAハイブリッドsiRNAの高活性化
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年
    出版社:Journal of Bioscience and Bioengineering
    巻/号、頁:117巻4号401-406頁
    共著者名:伊田寛之、福田光祐、立花 亮、田辺利住
  • Recombinant human serum albumin hydrogel as a novel drug delivery vehicle
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年06月
    出版社:Mater. Sci. Eng. C
    巻/号、頁:30巻664-669頁
    共著者名:M. Hirose, A. Tachibana, T. Tanabe
  • Keratin sponge: immobilization of lysozyme
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Journal of Bioscience and Bioengineering
    巻/号、頁:96巻3号307-309頁
    共著者名:A. Kurimoto, T. Tanabe, A. Tachibana, K. Yamauchi
  • Albumin-Crosslinked Alginate Hydrogels as Sustained Drug Release Carrier
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Mater. Sci. Eng. C
    巻/号、頁:27巻870-874頁
    共著者名:Tada, D., Tanabe, T., Tachibana, A., Yamauchi, K
  • Recognition of Four Strucurally Resembled Benzoic Acid Derivatives by Albumin-Crosslonked Poly(acrylamide) Hydrogels.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Mater. Sci. Eng. C
    巻/号、頁:27巻895-897頁
    共著者名:Tada, D., Tanabe, T., Tachibana, A., Yamauchi, K.
著書・論文を全て表示する
著書・論文一覧閉じる
  • LidNA, a novel miRNA inhibitor constructed with unmodified DNA
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2012年05月
    出版社:FEBS letters
    巻/号、頁:586巻1529-1532頁
    共著者名:Akira Tachibana, Yui Yamada, Hiroyuki Ida, Satoshi Saito, Toshizumi Tanabe
  • SmaI cloning with the regeneration of SmaI site for sequential PCR product cloning
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Anal. Biochem.
    巻/号、頁:361巻143-145頁
    共著者名:Tachibana, A., Tanabe, T., Yamauchi, K.
  • Preparation of keratin hydrogel/hydroxyapatite composite and its evaluation as a controlled drug release carrier
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年08月
    出版社:Mater Sci Eng C Mater Biol Appl
    巻/号、頁:41巻59-64頁
    共著者名:Nakata R, Tachibana A, Tanabe T
  • Preparation of keratin and chemically modified keratin hydrogels and their evaluation as a cell substrate with drug releasing ability
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2015年
    出版社:Journal of Bioscience and Bioengineering
    巻/号、頁:120巻in press頁
    共著者名:Nakata R, Osumi Y, Miyagawa S, Tachibana A, Tanabe T
  • Binding affinity of ssDNA is improved by attachment of dsDNA regions
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年
    出版社:Journal of Bioscience and Bioengineering
    共著者名:Hiroyuki Ida, Akira Tachibana, Toshizumi Tanabe
  • DNAパッセンジャー鎖の延長によるRNA/DNAハイブリッドsiRNAの高活性化
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2014年
    出版社:Journal of Bioscience and Bioengineering
    巻/号、頁:117巻4号401-406頁
    共著者名:伊田寛之、福田光祐、立花 亮、田辺利住
  • Recombinant human serum albumin hydrogel as a novel drug delivery vehicle
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2010年06月
    出版社:Mater. Sci. Eng. C
    巻/号、頁:30巻664-669頁
    共著者名:M. Hirose, A. Tachibana, T. Tanabe
  • Keratin sponge: immobilization of lysozyme
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2003年
    出版社:Journal of Bioscience and Bioengineering
    巻/号、頁:96巻3号307-309頁
    共著者名:A. Kurimoto, T. Tanabe, A. Tachibana, K. Yamauchi
  • Albumin-Crosslinked Alginate Hydrogels as Sustained Drug Release Carrier
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Mater. Sci. Eng. C
    巻/号、頁:27巻870-874頁
    共著者名:Tada, D., Tanabe, T., Tachibana, A., Yamauchi, K
  • Recognition of Four Strucurally Resembled Benzoic Acid Derivatives by Albumin-Crosslonked Poly(acrylamide) Hydrogels.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Mater. Sci. Eng. C
    巻/号、頁:27巻895-897頁
    共著者名:Tada, D., Tanabe, T., Tachibana, A., Yamauchi, K.
  • Modified Keratin Sponge: Binding of Bone Morphogenetic Protein-2 and Osteoblast Differentiation.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:J Biosci Bioeng.
    巻/号、頁:102巻425-429頁
    共著者名:Tachibana, A., Nishikawa, Y., Nishino, M., Kaneko, S., Tanabe, T., Yamauchi, K.
  • Rapid fabrication of keratin-hydroxyapatite hybrid sponges toward osteoblast cultivation and differentiation.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2005年
    出版社:Biomaterials
    巻/号、頁:26巻297-302頁
    共著者名:Tachibana, A., Kaneko, S., Tanabe, T., Yamauchi, K.
  • Fabrication of wool keratin sponge scaffolds for long-term cell cultivation
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:J. Biotech.
    巻/号、頁:86巻
    共著者名:A. Tachibana, Y. Furuta, H. Takeshima, T. Tanabe, and K. Yamauchi
  • Keratins: prospective proteinous biomaterial
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Recent Res. Develop. Protein Eng.
    巻/号、頁:00巻00-00頁
    共著者名:T. Tanabe, A. Tachibana, and K. Yamauchi
  • Preparation and characterization of keratin-chitosan composite film
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:Biomaterials
    巻/号、頁:22巻
    共著者名:T. Tanabe, N. Okitsu, A. Tachibana, and K. Yamauchi
  • Thiolated dermal bovine collagen as a novel support for bioactive substances - conjugation with lysozyme
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2001年
    出版社:J. Biotech.
    巻/号、頁:86巻1-8頁
    共著者名:A. Kurimoto, T. Tanabe, A. Tachibana, and K. Yamauchi
  • A novel prenyltransferase, farnesylgeranyl diphosphate synthase, from the haloalkalophilic archaeon, Natronobacterium pharaonis
    種別:論文
    単著・共著別:単著
    出版年月:1994年
    出版社:FEBS Lett.
    巻/号、頁:341巻291-294頁
  • 羊毛ケラチンを用いた細胞足場作製技術
    種別:総説
    単著・共著別:共著
    出版年月:2007年
    出版社:Materials Integration
    巻/号、頁:20巻11号107-112頁
    共著者名:田辺 利住, 立花 亮
  • 生物の試さなかった可能性を試す-ランダムな配列から機能を持ったタンパク質をセレクションする
    種別:解説
    単著・共著別:単著
    出版年月:2001年
    出版社:化学
    巻/号、頁:56巻8号56-57頁
  • Novel prenyltransferase gene encoding farnesylgeranyl diphosphate synthase from a hyperthermophilic archaeon, Aeropyrum pernix. Molecular evolution with alteration in product specificity.
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:2000年
    出版社:Eur. J. Biochem.
    巻/号、頁:267巻321-328頁
    共著者名:A. TACHIBANA, Y. YANO, S. OTANI, N. NOMURA, Y. SAKO, and M. TANIGUCHI
  • Non-Radiochemical 3-Hydroxy-3-Methylglutaryl-Coenzyme A Synthase Assay by Reversed-Phase HPLC without Using Ion-Pair Reagent
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1998年
    出版社:J. Ferment. Bioeng.
    巻/号、頁:86巻523-526頁
    共著者名:A. Tachibana, Y. Yano, S. Otani, and M. Taniguchi
  • Evidence for farnesol-mediated isoprenoid synthhesis regulation in a halophilic archaeon, Haloferax volcanii
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1996年
    出版社:FEBS Lett.
    巻/号、頁:379巻43-46頁
    共著者名:A. Tachibana, T. Tanaka, M. Taniguchi, and S. Oi
  • Potassium-stimulating mechanism of geranylgeranyl diphosphate synthase of Methanobacterium thermofomicicum SF-4
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1993年
    出版社:J. Biochem.
    巻/号、頁:114巻389-392頁
    共著者名:A. Tachibana, T. Tanaka, M. Taniguchi, and S. Oi
  • Purification and characterization of geranylgeranyl diphosphate synthase from Methanobacterium thermoformicicum SF-4
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1993年
    出版社:Biosci. Biotech. Biochem.
    巻/号、頁:57巻1129-1133頁
    共著者名:A. Tachibana, T. Tanaka, M. Taniguchi, and S. Oi
  • Some properties of F┣D2420┫D2-reducing hydrogenase of Methanobacterium thermoformicicum strain SF-4
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1993年
    出版社:Biosci. Biotech. Biochem.
    巻/号、頁:57巻156-157頁
    共著者名:A. Tachibana, T. Tanaka, M. Taniguchi, and S. Oi
  • Purification and some properties of aspartate aminotransferase of Methanobacterium thermoformicicum SF-4
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1990年
    出版社:Agric. Biol. Chem.
    巻/号、頁:54巻625-631頁
    共著者名:T. Tanaka, T. Tokuda, A. Tachibana, M. Taniguchi, and S. Oi
  • Characterization of a thermophilic formate-utilizing methanogen, Methanobacterium thermoformicicum SF-4
    種別:論文
    単著・共著別:共著
    出版年月:1990年
    出版社:Agric. Biol. Chem.
    巻/号、頁:53巻533-534頁
    共著者名:Y. Yamamoto, A. Tachibana, G. Dhavises, T. Tanaka, M. Taniguchi, and S. Oi

研究費獲得実績

科研費補助金獲得実績

  • 研究課題名:骨再生のための時間差マルチ徐放システムの開発
    研究種目:基盤研究(C)
    代表者区分:代表者
    申請年度:2011年
    研究期間:2011年04月~2014年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 2000(千円)
    2年目 1100(千円)
    3年目 900(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 600(千円)
    2年目 330(千円)
    3年目 270(千円)
  • 研究課題名:再生医療のための分泌物を指標とした細胞検出法の開発
    研究種目:基盤研究(C)
    代表者区分:分担者
    申請年度:2010年
    研究期間:2010年04月~2013年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1500(千円)
    2年目 900(千円)
    3年目 900(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 450(千円)
    2年目 270(千円)
    3年目 270(千円)

競争的研究資金獲得実績

  • 名称:大学発新産業創出拠点プロジェクト(プロジェクト支援型)
    研究課題名:miRNAプロファイルモジュレーションシステムの開発
    代表者区分:代表者
    研究期間:2012年09月~2015年03月
    形態:補助事業
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 20773(千円)
    2年目 19500(千円)
    3年目 19500(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
    2年目 0(千円)
    3年目 0(千円)

その他研究資金獲得実績

  • 名称:奨励寄付金
    研究課題名:天然高分子を素材とする組織接着材料
    代表者区分:分担者
    研究期間:2015年01月~2015年12月
    形態:教育研究奨励寄附
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 1000(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:共同研究
    研究課題名:LidNAの遺伝子検査技術への応用
    代表者区分:代表者
    研究期間:2014年09月~2015年03月
    形態:共同研究
    資金区分:民間企業・財団等
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 450(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:大阪市イノベーション創出支援補助金
    研究課題名:新規な非修飾DNA構造体の活性を応用した遺伝子変異検出技術の開発
    代表者区分:代表者
    研究期間:2014年11月~2015年02月
    形態:補助金
    資金区分:地方自治体
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 387.5(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
  • 名称:萌芽研究
    研究課題名:細胞内で発現するmicroRNAを標的とするがん治療薬の開発
    代表者区分:代表者
    研究期間:2012年08月~2014年03月
    形態:学内研究費
    資金区分:学内研究資金
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 910(千円)
    2年目 1500(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)
    2年目 0(千円)
  • 名称:大学発新産業創出拠点プロジェクト(START)
    研究課題名:miRNAプロファイルモジュレーションシステムの開発
    代表者区分:代表者
    研究期間:2012年09月~2016年03月
    獲得金額【直接経費】:
    1年目 20773(千円)
    2年目 19500(千円)
    獲得金額【間接経費】:
    1年目 0(千円)

学会活動

所属学会

  • 学会名:日本生物工学会
    2007年~ 和文誌編集委員
  • 学会名:日本分子生物学会
  • 学会名:日本生化学会

学会等における発表

  • 非修飾DNAプローブを用いたPCRによるKRAS遺伝子変異の検出
    発表年月:2014年11月
    発表会議名:第37回分子生物学会
    学会発表区分:国内
  • 細胞内セレクションによるmiRNA阻害剤LidNAの改良
    発表年月:2014年11月
    発表会議名:第37回分子生物学会
    学会発表区分:国内
  • miRNA阻害剤LidNA〜miRNA結合部位の両端の二本鎖が重要である
    発表年月:2014年09月
    発表会議名:2014年度日本生物工学会大会
    学会発表区分:国内
  • ヘリウムプラズマジェットによるアルブミンフィルムの細胞接着性変換
    発表年月:2014年09月
    発表会議名:2014年度日本生物工学会大会
    学会発表区分:国内
  • 乾燥粉末ケラチンの薬剤徐放性
    発表年月:2014年09月
    発表会議名:2014年度日本生物工学会大会
    学会発表区分:国内
  • フルオレセインによるアルブミンフィルムの細胞接着性調節
    発表年月:2014年09月
    発表会議名:2014年度日本生物工学会大会
    学会発表区分:国内
  • microRNAノックダウンによるがん細胞選択的増殖抑制
    発表年月:2013年12月
    発表会議名:第36回日本分子生物学会年会
    学会発表区分:国内
  • 非修飾DNAからなるmiRNA阻害剤LidNAの高活性化
    発表年月:2013年12月
    発表会議名:第36回日本分子生物学会年会
    学会発表区分:国内
  • 化学修飾ケラチンハイドロゲルビーズ/リン酸カルシウム結晶複合体の作製と薬剤徐放担体としての評価
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:第65回日本生物工学会大会
    学会発表区分:国内
  • 一本鎖DNA領域の付加によるRNAサイレンシング効果の向上
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:第65回日本生物工学会大会
    学会発表区分:国内
  • アルブミンフィルムの細胞接着性変換機構の解析
    発表年月:2013年09月
    発表会議名:第65回日本生物工学会大会
    学会発表区分:国内
  • 非修飾DNAを用いたmiRNA検出プローブの開発
    発表年月:2012年10月
    発表会議名:第64回日本生物工学会大会
    学会発表区分:国内
  • アルブミンフィルムの細胞接着性変換機構の解析
    発表年月:2012年10月
    発表会議名:第64回日本生物工学会大会
    学会発表区分:国内
  • modified SBFを用いたケラチン- HA前駆体結晶複合体の薬剤徐放担体の作製
    発表年月:2012年10月
    発表会議名:第64回日本生物工学会大会
    学会発表区分:国内
  • 抗体固定化アルブミンフィルムを用いたFGF-2の検出
    発表年月:2012年10月
    発表会議名:第 64 回日本生物工学会大会
    学会発表区分:国内
  • キチンゲルを用いたFGF2の徐放
    発表年月:2012年10月
    発表会議名:第 64 回日本生物工学会大会
    学会発表区分:国内
  • パッセンジャー鎖にGカルテット構造を持つsiRNAおよびmiRNAの設計
    発表年月:2012年12月
    発表会議名:第35回日本分子生物学会年会
    学会発表区分:国内
  • 長鎖型スター鎖を用いたmicroRNAの高活性化
    発表年月:2012年12月
    発表会議名:第35回日本分子生物学会年会
    学会発表区分:国内
  • 非修飾DNAによるmiRNA阻害剤LidNA
    発表年月:2012年12月
    発表会議名:第35回日本分子生物学会年会
    学会発表区分:国内

教育活動

担当講義

  • 担当年度:2014年
    授業科目名:機能分子工学特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:バイオ工学実験Ⅰ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:化学バイオ工学概論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:バイオ工学実験法
    講義区分:専門
  • 担当年度:2014年
    授業科目名:生化学Ⅰ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:生化学1
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:バイオ工学実験法
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:化学バイオ工学概論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:バイオ工学実験Ⅰ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2013年
    授業科目名:機能分子工学特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:機能分子工学特論
    講義区分:大学院
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:バイオ工学実験Ⅰ
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:化学バイオ工学概論
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:バイオ工学実験法
    講義区分:専門
  • 担当年度:2012年
    授業科目名:生化学1
    講義区分:専門

産学官連携可能情報

専門分野

  • 分子生物学

所属研究部門

  • 工学研究科 化学生物系専攻(化学バイオ工学)

交流可能研究テーマ

  • 蛋白質素材を用いる細胞培養
    研究テーマの分野:生物化学

現在の研究課題

  • 課題名:細胞足場上での細胞増殖因子、分化因子の作用研究
    研究分野:医用生体工学・生体材料学
    キーワード:細胞増殖因子、細胞分化、パターン化細胞足場
  • 課題名:高いRNAi活性を示すsiRNA/miRNAの構造
    研究分野:分子生物学
    キーワード:RNA干渉、siRNA、miRNA
  • 課題名:機能性核酸アプタマーの開発
    研究分野:構造生物化学、機能生物化学
    キーワード:アプタマー、機能性核酸、試験管内選択

交流研究テーマ情報

交流可能研究テーマ

  • 蛋白質素材を用いる細胞培養
    研究テーマの分野:生物化学
    研究テーマの概要:蛋白質を種々加工して(フィルム化・スポンジ化など)あるいは他の物質との複合材料を作製する。それを用いて動物細胞などを良好に生育させる。
    交流可能な時期・期間:現在はいつでも交流可能です
    交流の種別:受託研究
    知識・技術の活用分野・応用方法等:細胞の高密度培養ができることから,有用物質の生産への応用が考えられる。
    キーワード:生体材料、細胞培養

Copyright (c) 2011 MEDIA FUSION Co.,Ltd. | 企画・運用 大阪市立大学 無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。